脱走チョコちゃん保護のお手伝い

スタッフ小池です。

里親さんのお家から脱走してしまったチョコちゃん保護のお手伝いでした。

里親さん宅に行き約2ヶ月経った頃の8月11日に脱走してしまい、保護主さんと里親さんで周辺を探しまわるも手がかりが無いと、脱走から約1ヶ月後の9月19日にねこから目線。にご相談をいただきました。

ひとまず、チラシを作成し、2,360部のポスティングを発注しました。

10月6日にポスティングが完了し、少しずつ目撃情報が寄せられてきました。

ただ、チョコちゃんは最も多い柄であるキジトラ模様のため、違うノラ猫さんの目撃情報も多く寄せられました。

保護主さんと里親さんが、目撃情報があるたびにに一軒一軒現場に行きカメラと餌を設置してチョコちゃんかどうか確かめる、という地道な作業を繰り返してくださいました。

その結果、「1ヶ月ほど前から痩せていた猫に餌をあげている。その子がチョコちゃんに似ている」という情報のお家で10月11日のカメラにチョコちゃんが映りました!

保護主さんがLINEで写真を送ってくださり、一緒に検証します。

こちらは背中の薄めの縞模様と左手の太い縞模様がバッチリ映っているのでチョコちゃん。

こちらの子は縞模様の濃さと配置的に違う猫さん。

と2匹のキジトラさんが深夜から早朝にかけてご飯を食べに出没することが分かりました。

暗闇の捕獲では、2匹の違いを見分けるのは困難ななめ、もしもチョコちゃんではない方のノラ猫さんが捕まった場合はTNRをするこということで、捕獲依頼をねこから目線。にいただきました。

・・・

18日の深夜3時。

張り込みから20分ほど経った頃

キジトラの猫さんが現れました!

捕獲器の中に入ったことを確認して、捕獲器を作動させます。

チョコちゃんでした!!

雨上がりでお腹が空いていたのか、すぐに現れてくれました。

良かったー。

一晩ねこから目線。でお預かりし、翌日に動物病院でノミダニ駆除と去勢済みのオスであることを確認してもらい、保護主さんのお家にお届けしてお手伝い完了です。

脱走から約2ヶ月でした。

チャコちゃん捕獲のお手伝い

スタッフ小池です。

二階のベランダからお外に出てしまったチャコちゃん捕獲のお手伝いでした。

「10月10日の深夜にお外に出てしまった!」

と翌日の11日に相談が入りました。

ひとまずカメラを貸し出しさせていただき、逃げたベランダの下辺りにご飯の設置をお願いしました。

するとその日の深夜と早朝に、猫の大きな鳴き声がして、外に出てみるとチャコちゃんだったそうです!

近くに居るし、お家の場所も認識していそうなので、13日の0時から張り込み捕獲のご依頼をいただきました。

警戒心の強い子向けの捕獲器を設置し、車の中で張り込みます。

張り込み開始から15分。

「ニャー!うニャー!!ニャー!!」

叫び声のような鳴き声で、チャコちゃんが登場しました。

少しずつ飼い主さんのお家に近づいて、飼い主さんのお家を見上げながら鳴いています。

めちゃくちゃ帰りたそうです(T-T)

ウロウロする中で、捕獲器近くのオヤツに気が付き、少しずつ捕獲器の中へ。

確実に捕獲器の中心に入ったことを確認して捕獲器を作動させます!

無事、保護完了です!

張り込み開始から30分のスピード捕獲でした。

疲れたのか、めいっぱい飼い主さんに甘えた後はぐっすり寝たそうです^ ^

チャコちゃんお帰り!

迷子猫ぽんちゃん1ヶ月越しの保護

スタッフ小池です。

迷子猫ぽんちゃん保護のお手伝いでした。

8月31日の夜に見知らぬ土地で迷子になってしまったぽんちゃん。

ボランティアさんたちで周辺を捜索するも、見つからないと9月15日にねこから目線。に相談してくださいました。

迷子になった場所周辺にはすでに迷子チラシをポスティングしてくださっていましたが、ポスティング済みのエリアも含めて1300部のポスティングを発注することにしました。

ラクスルという会社のサービスを利用すれば印刷費+ポスティング費で12,982円です。

あわせて、動物観察用のカメラを貸し出し、現場のボランティアさんに観察をお願いしました。

そして、ポスティングが始まった10月1日から目撃情報が沢山入ってくるようになりました!

迷子になった場所から200mほど先の場所で、目撃情報が有力そうな目撃情報が集中していました。

目撃情報を寄せてくださる方、ボランティアさんのお家に猫情報を話にきてくださる方がとっても多く、あたたかい地域だなと思いました。

そして、目撃情報が入り出してから3日目。

深夜の23時過ぎに、ボランティアさんからお電話がありました。

「ぽんちゃんが目の前におる!きて!」

目撃情報が多い場所を深夜に見回りをしていて、ばったりぽんちゃんに出会ったそうです!

ボランティアさんの執念がすごい・・・。

急いで現場に向かいます!

到着するまでの40分間、ササミを少しずつあげながらぽんちゃんの足止めをしてくださったボランティアさん。

捕獲器を準備し、近くに設置します。

誘導のカツオを置いて、離れて待ちます。

ぽんちゃんはTNRの時と、保護の時と、既に2回捕獲器で捕まった経験がある猫さんです。

もしかしたら、通常の捕獲器には入らないかも・・・。

ソワソワしながら、待つこと5分

「カシャン!」

ぽんちゃん保護完了です!!

良かったーー!とボランティアさんとガッツポーズ!

脱走から1ヶ月と5日でした。

飼い主さんは事情があり、超遠方にいらっしゃるので、ひとまず保護サークルへ移動します。

飼い主さんが後日お迎えにきてくださるそうです^ ^

保護翌日にはだいぶリラックスしたそうです。笑

ぽんちゃん見つかりました!の張り紙を見て、「良かったね!」と言いにきてくれる地域の方もいらっしゃったそうです。

ボランティアさん、ぽんちゃん、お疲れ様でした!!

サラビちゃん2週間ぶりの帰宅

スタッフ小池です。

脱走猫さん保護のお手伝いでした。

9月13日の深夜にお家から脱走してしまったサラビちゃん。

飼い主さんと、保護主さんがお家周辺を探すと、日中にサラビちゃんの姿を複数回確認できたそうです!

脱走してすぐから周辺をウロウロできるとはなかなか度胸があるようです。

時間は特定できないものの、昼間から夕方にかけて数回目撃しているので、脱走から1週間目の22日に15〜18時で張り込み捕獲のご依頼をいただきました。

サラビちゃんは一度捕獲器で、保護された経験があることと、周辺にノラ猫か放し飼いの猫さんが沢山いるため、警戒心の強い子向けの捕獲器で張り込むことにしました。

しかし、残念ながら初回の3時間では、サラビちゃんの姿はありませんでした。

そこで、動物観察用のトレイルカメラを貸し出しさせていただき、何時にどんな猫が現れるか観察していただきました。

その結果、サラビちゃん含め4匹の猫さんが確認できました。

画像右下がサラビちゃんです。

頻繁に映っています。

何時に確認できたのか、細かく記録してくださる飼い主さん。

飼い主さん「お昼にノラ猫と喧嘩をしていました💦」

ねこから「追われて遠くに行って前に保護したいですね!」

飼い主さん「喧嘩には勝っていたみたいです。」

「・・・。」

地域のノラ猫さんたちの安全のためにも、早く保護しなくては。

なかなか出没時間が定まりませんが、11時代には必ずカメラに映っているので、10時半から張り込み捕獲リベンジをすることになりました。

・・・

捕獲日!

現場に到着すると、なんとサラビちゃんが居ました。空っぽの餌皿を舐めていました!

捕獲器を設置すると、一旦逃げてしまったサラビちゃん。

車の中で張り込みます。

まず到着したのは、めちゃくちゃ可愛い白黒くん。

続いてキジトラ君。

ムギワラちゃん。

全員出てきました。汗

いつもカメラに映っている3匹はお腹いっぱい食べていったので、あとはサラビちゃんを待つのみです。

張り込み開始から2時間半

サラビちゃん登場しました!!

めちゃくちゃ警戒しつつも、捕獲器の中へ。サラビちゃんに間違いないことを確認して、捕獲器を作動させます。

保護完了です!!おかえりー!

脱走から約2週間でした。

・・・

サラビちゃんも脱走猫さんあるあるの、甘えん坊さんに変身したそうです( ̄▽ ̄)

初めて抱っこもさせてくれたと飼い主さんから写真をいただきました!

サラビちゃんも、飼い主さんも、保護主さんも皆さまお疲れ様でした!!

フワちゃん2週間ぶりの帰宅

スタッフ小池です。

9月10日にお家から脱走してしまった猫さんの捕獲のご依頼でした。

脱走から約1週間目にフワちゃんらしき猫を近くのお家の駐車場で発見したとのことで、ねこから目線。に張り込み捕獲のご依頼を下さいました。

たしかにフワちゃんっぽいですが、ちょっと映像が不鮮明です。

似てるけど、違う猫さんも居るようです・・・。

カメラに映っているのがフワちゃんだという確証は無いけれど、確認のためにもと深夜1時〜5時の張り込み捕獲のご依頼を下さいました。

結果、初回の張り込みでは、同じキジトラ模様ではありますが、違うノラ猫さんが現れたのみでした。

ねこから目線。からもカメラを貸し出しさせていただき、二台体制で再度観察調査をお願いしました。

あやしそうな場所と、定点観察用として脱走したお家の窓の下にカメラを設置してくださった飼い主さん。

また協力してくださっているボランティアさんと夜な夜なフワちゃんを探していると、すぐ近くの大きな貯水槽辺りでフワちゃんを発見したそうです!

そこに餌とカメラを設置すると、バッチリフワちゃんが映りました!

さらに、脱走したお家の窓の下に設置してあったカメラにもフワちゃんが!

お外に慣れてウロウロし始めたのでしょうか?

お家の場所も分かっていそうです。

翌日は、お家の所のカメラには映らなかったので、潜んでいる拠点は貯水槽エリアと考え、そこで張り込み捕獲リベンジをすることに。

深夜0時半〜3時くらいにカメラに数回映っていたので、深夜0時から張り込むことに。

「この辺りです」

と飼い主さんにカメラと餌を設置していた場所を案内してもらっていると

「あっ」

ささっとフワちゃんらしき影が貯水槽の下に入っていきました。

これはいけそうです!

フワちゃんが潜り込んだ辺りに警戒心の強い子向けの捕獲器を設置します。

フワちゃんにバレないように、駐輪場の1番端っこから、車輪と車輪と車輪の隙間を使って観察します。

近くが緑地帯のため、尋常じゃないくらい蚊に襲われる現場でした。

お願いだからフワちゃん、早く出てきておくれ・・という願いが通じたのか(おそらく違う)、張り込みから約30分。

フワちゃんがもそもそもと貯水槽から出てきて、慎重に捕獲器の中へ!

確実にフワちゃんであることを確認して捕獲器を作動させます。

無事、フワちゃん保護完了です^ ^

脱走からちょうど2週間目でした。寝不足になりながらも探し続けてくださった飼い主さんと、飼い主さんを励ましながら協力してくださったボランティアさんのおかげです!

捕獲完了後に、近道をしようと横着をして私が有刺鉄線に引っ掛かり、飼い主さんにレスキューしてきただくというハプニングもありましたが、無事フワちゃん保護のお手伝いができてよかったです^ ^

飼い主さんもフワちゃんもお疲れ様でした!

そして、脱走猫さんあるあるですがフワちゃんも帰宅後から、ゴロゴロ、サイレントニャーに抱っこに膝乗りetcと、初めてさせてくれること盛り沢山の甘えん坊さんに変身したそうです( ̄▽ ̄)

5ヶ月ぶりの帰宅

スタッフ小池です。

脱走猫さん保護のお手伝いでした。

今年の4月7日に飼い猫さんが脱走してしまったと相談がありました。

すぐにチラシ作成とポスティングをお手伝いし、カメラを貸し出し捜索がはじまりました。

いくつか目撃情報が入るものの、飼い主さんの地域は何故かターゲットの子と同じ三毛猫が沢山いる地域でした。

目撃情報があれば、ターゲットの猫さんか確認し、また目撃情報が無くなったらチラシを配る。

諦めず地道に繰り返してきた飼い主さんのもとに

「チラシの猫がお庭に来るようになった」

と連絡があったそうです!

飼い主さんが確認したところ、ターゲットの猫だと確認。

2日連続で情報提供者の方のお庭に現れたため、ねこから目線。に捕獲のご依頼をくださいました。

19〜21時くらいに現れるそうなので、18時に現場に集合に警戒心の強い猫さん向けの捕獲器を設置します。

ターゲットの猫さんは既にTNR時と保護時の2回捕獲器で捕まっているため、通常タイプの捕獲はもう通用しません。

警戒心の強いねこさん向けの捕獲器を設置して待つこと1時間。

ひょこっとターゲットの猫さんが現れました!

警戒しながらも少しずつ捕獲器の中へ。

無事!保護完了です!!

飼い主さんに確認していただくと「もっちで間違いありません!」とのことでした。

良かった!

飼い主さん宅のケージに入れてお手伝い完了です。

蚊のアレルギーで耳もお鼻も痛そうな状態になっていました。

翌日に飼い主さんと動物病院に行くそうです。

目撃情報が途絶えてしまった苦しい期間も諦めずに探し続けてくださった飼い主さんの気持ちが届き、5ヵ月と11日ぶりに帰宅することができました。

もっちお帰り!!

脱走猫凛ちゃん捕獲のお手伝い

スタッフ小池です。

脱走猫さん捕獲のお手伝いでした。

6月下旬にトライアル中の里親さん宅から脱走してしまった凛ちゃん。

保護主さんが連日必死に探し回り、あるアパートのお庭に居ることを発見されたそうです!すごい!

ところが、お庭と道路を隔てる塀が高いからから、どうしても出てきてくれなかったそうです。

ご自分で捕獲器を購入し、住民の方に協力してもらって設置するも、イタチが入ってしまったそうです。そして、それっきり、道路側の住民の方の協力を得られなくなってしまったそうです。

保護主さんがSNSでSOSを発信したところ、ペットの会議室さんの目にとまり、ねこから目線。に捕獲のご依頼をいただきました。

・・・

・塀で囲まれたマンションのお庭に閉じ込められている。

とのことでしたが、保護主さんと20時半頃現場で待ち合わせると、凛ちゃんの姿はありませんでした。

各お部屋の仕切りの下を潜って、道路側からは見えない方のお家のお庭に行ってしまっている可能性もありますが、保護主さんも体力と精神力の限界がきているようでしたので、一旦調査から任せていただくことにしました。

・・・

イタチが捕まって怖い思いをしてしまった住民さんに再度協力をお願いするのは酷なので、別のお部屋の住民の方に事情を説明して協力をお願いしました。

お庭にカメラを設置させてもらいました。

そして、猫のフードを沢山とお皿をお渡しして、雨が上がったらカメラの前に給餌してもらうようにお願いしました。

後日、カメラの確認にお伺いすると、20時頃に餌を食べにくる凛ちゃんが写っていました!

撮影時間を確認すると、この日は朝7時以降は姿が全く映らず、夜の20時から深夜2時頃までお庭をウロウロしています。

翌日も明るい時間帯は、お庭に現れず20時過ぎ頃から深夜2時頃までアパートのお庭に登場することがわかりました。

雨降りではありましたが、少しの晴れ間に一度捕獲器を1時間限定で設置させてもらいました。

設置後、しばらくして画面左端の塀を越えて空き家から登場した凛ちゃん。

日中は隣の空き家に潜んでいるようです。

張り込みをしていると、凛ちゃんが現れるアパートの隣りにある雑木林のような空き家に住みついているノラ猫さんたちに餌をあげに来られた餌やりボランティアさんと深夜0時頃にお会いすることができました。

ボランティアさんによると、数日前に凛ちゃんが現れてからは、ノラ猫たちに餌をあげるついでに、お庭で鳴いている凛ちゃんにも餌をあげてくれていたそうです。

凛ちゃんは、捕獲器の手前のご飯は食べたものの、何かの物音に驚いて一旦空き家に戻ってしまいました。

そうこうしていると土砂降りになってしまったため、この日は断念し、後日リベンジすることにしました。

・・・

後日。

思ったより体格が大きかったので、前回よりひとまわり大きな捕獲器を用意し、多少雨が降っても大丈夫なように加工して20時頃設置しました。

設置から約1時間、21時少し前に凛ちゃん登場しました!

警戒しつつも、捕獲の中へ。

21時7分無事、凛ちゃん保護完了です!

保護主さん宅にお送りしてお手伝い完了です^ ^

・・・・

余談ですが・・

隣の空き家に住むノラ猫さん達のうち、1匹だけめちゃくちゃ人懐っこい子が。

「なーなー何してんのー?遊ぼーやー!さっきあいつにあげてたオヤツちょーだーい!!」

って・・・

お前さんノラ猫向いてなさすぎるだろっ!!

餌やりボランティアさんは一匹ずつTNRされているものの、高齢のため保護里親探しはできないそう。

ねこから目線。では、猫の引き取りは一切行っていません。

基本的には、出逢ってしまった人がそれぞれ頑張るしかないんです。

そう、出逢ってしまった人が・・・。

あまりに足元をうろちょろするので、捕獲器に入らないように連日餌をあげて懐かせてしまった責任もあるので、小池が個人的に保護することにしました。

落ち着いたら里親探しします!

・・・

凛ちゃんお帰り!保護主さんの元でゆっくり休んでね。

脱走りー君の帰宅

5月末に、自宅の玄関から逃げ出してしまった、リー君。歩き回り探したが検討もつかず、脱走した当日にご依頼をいただきました。

まずはチラシを撒き、情報収集をすぐにされた飼い主さん。リー君は、大柄のふさふさキジ猫さん。特徴のある、わかりやすい猫さんです。

ですが、有力な情報がないまま2週間が過ぎてしまいました。情報から、可能性がある時に、数回張り込み捕獲を実行しましたが、リー君は現れてくれず、、、

と、途方に暮れていると、自宅の駐車場に設置していたカメラにリー君の姿が!今まで目撃情報がなかったのに!生存確認ができ、一安心です。ですが、帰ってきたものの、タイミング悪く雨の日が続き、リー君の姿がなくなってしまいました。。雨が落ち着けば、また来る可能性は高いです!

ふっさふっさの、キジ猫さん。間違いありません。

せっかく見つけたのに、すぐに捕まえられない不安から、焦る飼い主さん。お気持ちは痛いほどわかります。ネガティブになってしまう気持ちを持ち上げ、「今日来てくれたら、これ食べてもらおうっと!」くらいの、前向きな気持ちで、諦めずに頑張らなくてはいけません。

そして、、、その願いが叶います。

雨があがった深夜。また駐車場にリー君の姿が!そこから、近所でもリー君の目撃情報が入るようになり、目視もできた飼い主さん。

また数日雨が続き、晴れの予報の深夜に、再度捕獲のご依頼をいただきましたが、その当日深夜。。

リー君来てくれないかなぁと、ご自身で購入された捕獲器を設置すると、リー君が中に!無事に帰ってきたと、連絡がありました!

ねこから目線。保護の役には立ててませんが、無事に帰宅できて良かったです!脱走した子あるある?なのか、ビビりさんだったリー君。脱走前より、かなり甘えんぼさんになったとか!

おかえりリー君!

脱走猫ダリ君捕獲のお手伝い

スタッフ小池です。

K市でお家のベランダから脱走してしまった猫さん捕獲のお手伝いでした。

飼い主さんのお家の二階のベランダから出てしまい、お隣のお家と、お隣のお家のお隣のお家の壁(ややこしい。笑)の10〜15cmほどの隙間に入ってしまったそうです。

断面図で見ると↑な感じ。

ベランダの下と一階の屋根の隙間に入り込んでいる感じです。

そのまま進んで、地上に飛び降りるか、Uターンしてベランダ側に戻ってくるか、という状況でした。

ひとまず、依頼主さんと一緒にUターンしてベランダにもどってきた場合に備えて、二階のベランダの奥に捕獲器を設置し、ほかの出入口をワイヤーメッシュや布で塞ぎました。

初日と2日目は動きませんでした。

3日目に動いてくれたものの、風の影響もあり、ワイヤーメッシュの隙間をこじ開けて地上に降りた様子でした。泣

籠城から迷子に切り替えて、飼い主さんと対策を練り直します。

迷子チラシの印刷とポスティングを業者に依頼していただき、動物観察カメラを設置していただきました。

ポスティングと観察の結果、ノラ猫も餌やりさんもめちゃくちゃ多く、ダリ君と同じキジトラ模様の猫さんも沢山居ることが分かりました。

そこで、しばらくはやみくもに捕獲器を設置せず、観察と呼びかけをしていただくことに。

脱走から10日。

有力な情報が無く、やきもきする中で、夜に飼い主さんがベランダから「ダリー」と呼ぶと「ニャー!」と鳴き返してきた気がして、外に出ると隣の家の塀にダリ君が居たそうです!!

ちゅーる3本とカツオをバクバク食べるも、抱き上げたら塀の奥に逃げ込んでしまったそうです。

ずっと室内で生活していた猫さんはお外ではかなりの緊張状態にあります。

めちゃくちゃお家に帰りたくて、飼い主さんの声にも反応するのに近づくと逃げてしまったり、抱き上げると暴れてしまったりします。

ダリ君も、慌てずに餌付けをすることに。

飼い主さんのカメラ観察の結果、早朝と夜に塀の上に現れることが分かり、その塀から飼い主さん宅の窓まで手作りの橋を作られた飼い主さん。めっちゃ覗いているダリ君。

橋を渡って帰宅してくれることを願いつつ、並行して捕獲器での捕獲を試みていただくことに。

ダリ君が現れる場所は、簡単には入れない場所なので、お隣さんに了解を得て捕獲を塀の上からベルトで下ろして設置することになりました。

工夫が必要な作業の丁寧さがめちゃくちゃすごい飼い主さん。

上手に捕獲器を設置してくれました。

初日は、捕獲の3分の1くらいまで食べ進んで、姿を消してしまったダリ君。

今日、3分の1まで食べで安全に出た経験をした猫さんは、明日は更に奥まで入ってくれます。

焦らず、明日再捕獲をチャレンジすることに。

捕獲器の中のご飯設置を細かくお伝えしたかったので、翌日は20時頃に飼い主さん宅にお伺いし、捕獲器にご飯を入れさせてもらい、飼い主さんに設置してもらいました。

飼い主さんが設置すると、直ぐに食べに出てきたダリ君!

このまま捕獲なるか、、

と思いきや、半分まで食べで出てしまいました。泣

後の張り込みは飼い主さんにお任せして、私は再びチャチャ君の現場へ。

捕獲器には再び近づかないものの、ウロウロしている様子がカメラに写っていたダリ君。

飼い主さんが、深夜2時43分に再度捕獲器にご飯を入れ直し、再設置してくださいました。

すぐに出てくるダリ君。

深夜3時ジャストに無事、捕獲器に入ってくれたそうです!!!!!ダリ君お帰り!!!

脱走から13日目でした。

毎日のようにLINEでやり取りをしていました。1つ提案すると、そこから10も20もアイデアを出してあれこれ工夫してくださった飼い主さん。

飼い主さんの気持ちがダリ君に届いて本当に良かったです^ ^

飼い主さんもダリ君もお疲れ様でした!!

帰宅してからのダリ君はめちゃくちゃ甘えん坊さんになったそうです!笑

脱走チャチャ君捕獲のお手伝い

スタッフ小池です。

K市で脱走猫さん捕獲のお手伝いでした。

里親さんのお家から脱走してしまったチャチャ君。

里親さんがすぐに保護主さんである保護ねこの家さんに連絡されたので、ボランティアさんたちがすぐに現場に駆けつけることができたそうです。

飼い主さんとボランティアさんたちの素早い捜索でだいたいの居場所が特定されたそうです(凄い)!!

ボランティアさんが捕獲器を設置するものの、なかなか捕獲器の場所まで来てくれてない状況が2日続いていました。

ねこから目線。に協力のご依頼をいただき、脱走から3日目の夜に現場にお伺いしました。

狭い民家と民家の間にいるチャチャ君。

チャチャ君がいる所は少し幅が広いんですが、そこに入るには塀や雨水の配管や柵があるため、人が入ることができず、捕獲器も差し込めない場所でした。

飼い主さんが覗くと、写真のようにリラックスしていますが、他の人が覗くと、塀と家の隙間に隠れてしまうチャチャ君。

ここの隙間は、塀と家の壁の間にトタンが張られているため両端からしか覗くことができません。

狭い隙間にスマホを差し込んで中を撮影すると↓な空間でした。

ギリギリスマホを差し込める程度の隙間しかないので、ひとまず脱走経路を塞ぐことにしました。

↑隙間の先に、2×4の長い木材を差し込み封鎖。

↑民家と民家の間の空間に捕獲器を設置。捕獲器の上から逃げないように、隙間をダンボールやワイヤーメッシュで塞ぎます。

これで、このL字からは出られなくなったはずのチャチャ君。

できれば、なるべく怖がらせたくないので、カツオを投げて、捕獲器の方へ導線を作り、2時間ほど待ってもらいました。

(その間、同じくK市で脱走中のダリくんの捕獲器設置に一旦抜けさせもらいました。ダリ君のブログはまた明日!)

約2時間後に現場に戻りますが、全く捕獲器の方に行く気配の無いチャチャ君。

作成変更です。

次の作戦は、チャチャ君がパニックにならない程度のささやかな嫌がらせをして、捕獲器の方へ移動してもらうことにしました。

まずは、スマホのフラッシュ撮影です。

光とシャッター音に警戒して動いてくれることに期待します。

パシャリ。奥の方にいるチャチャ君。

パシャリ。うわぁぁ近づいてきた!汗

好奇心旺盛???

逆効果なので、作戦変更です。

・・・

次は、ペットボトルのお水をちょろちょろと流し、じわっと迫ってくるお水を嫌がって動いてもらおうと試みます。

と、なる予定でしたが、排水の向きが予想と真逆。差し入れたお水はチャチャ君がいる左側に行くことはなく、右側にちょろちょろ流れ出てきました。泣

・・・。

次の作戦です。

・驚かせすぎない

・怪我をさせない

・ゴミを残さない

・騒音で民家の人を起こさない

という条件をクリアする必要があるので、石を投げたりするわけにはいきません。

そこで、次は水鉄砲を使うことを提案しました。

すると、めちゃくちゃ仕事の早い保護ねこの家さんがすぐに近所のコンビニに電話をして、水鉄砲を購入してきてくださいました!

作戦としては、私が水鉄砲でチャチャ君を刺激し、壁と塀の隙間から出たところで、飼い主さんがワイヤーメッシュで作った柵を差込み、隙間を封鎖する。そして、捕獲器の方へ誘導する。という内容でした。

ワイヤーメッシュの柵をギリギリまで下げておきましょう!と保護猫の家さんがナイスな提案してくださり、30cmほど地面から隙間を開けた所で、棒を使って固定。チャチャ君が出てきたら、飼い主さんに棒を引き抜いて、ワイヤーメッシュの柵を落としてもらいます。

そして、思惑通りにチャチャ君は移動。そして、飼い主さんが隙間を封鎖!!

良かった!!でも猫に水鉄砲を向けるのはめちゃくちゃ罪悪感がありました(><)泣

チャチャ君、ごめんね、、、

保護ねこの家さんが待機してくれている捕獲にそのまま行ってくれるか、と思いきや、捕獲器の手前で座り込んでしまったチャチャ君。

塀側からはさすがに水鉄砲も届きません。

塀側からは人が通れるとは思えないくらいの隙間しかないのですが、隙間を見つめていたら、『そういえばここ2週間ほどの繁忙期と夏バテで3kgほど痩せたので、頑張ったら通れるんじゃないか』と思えてきました。

塀に登り、ボランティアさんに支えていただきながら、隙間に身体を無理矢理差し込みます。

ほ、ほんとにギリギリ、、ほぼ落ちるように入り込むことができました!汗

チャチャ君のための夏バテだったんですね!

中にさえ入れれば、こっちのものなので、猫用の網を構えてこちらに走り込んできた場合は捕獲する態勢をとりながら、ゆっくりチャチャ君のもとへ近づきます。

チャチャ君が捕獲器を飛び越えようとした場合に備えて、保護ねこの家さんが奥で構えてくれています。

じわじわ近く私に警戒したチャチャくん、くるっと向きを変え、捕獲器の中に逃げ込んでくれました!

カシャン!!

捕獲器の扉が閉まって、無事保護完了です!!

飼い主さん、ボランティアさんたち、皆で安堵した瞬間でした。

良かったー。

無事、お家に帰れたチャチャ君。

連日3名ものボランティアさんが現場に張り込み、飼い主さんもほぼ寝ずに探していたそうです。沢山の人に愛されているチャチャ君。これからも幸せにね。