自主帰宅の母猫さん。

M市で脱走猫さんの捕獲のお手伝いでした。

飼い始めて1ヶ月。

10/24に避妊手術をし、10/31に動物病院に傷のチェックに行った帰りに自宅の駐車場で脱走させてしまったそうです。

術後1週間なのでエリザベスカラーをしている状態。

11月1日の夜に目撃証言があり、春に産んだ子ねこと餌を前に名前読んだのですが来てくれず、こちらから行ってしまい手で触れるところまで行ったのですが、取り逃してしまったそうです。

・・・

相談をいただいた夜に、依頼主さん宅に伺いました。

脱走場所、目撃場所周辺を一緒に歩いて捜索しますが姿は見えません。

ご近所さんも協力して捜索してくれていました。

「飼い始めて1ヶ月しか経っていないので、自宅に愛着がなく、遠くに行ってしまっていないだろいか?」

と心配されていましたが、脱走場所が病院の駐車場や、トライアル中の里親さん宅でも、脱走から1ヶ月ほどは周辺に居ることが多いです。

「きっと近くに居ます。昨晩逃げて少し離れてしまったとしても、夜中になれば、うろうろし始めると思うので、飼い主さん宅には脱走猫さんが使用していた猫トイレの砂と餌を置いておいてあげてください。また、目撃場所付近で協力してくれるご近所さんが居れば、餌の設置と観察をお願いしてください。」

とお伝えしました。

また、捕獲器の使い方を説明し、ターゲットの猫さんが見つかったら手で捕まえに行くのではなく、捕獲器を設置してもらうようお伝えしました。

・・・

翌朝。
依頼主さんからメールがとどきました。

「おはようございます。

昨夜は遅い時間帯に来てくださり、色々と質問に答えてくださり、本当に心強く思いました。
ありがとうございました。

なんと、今朝猫が帰ってきたんです!!

家の周り一周、フードをふやしたものや鰹節やらたくさんたくさん巻いて、1階のベランダ猫が入れるだけの隙間を開けて中にフードを入れておいたんです。

捕獲器の説明であったように少し道をつけるような形でベランダ入り口まで餌をまいておきました。

朝子猫が鳴くのでお腹着いたのかなと思って部屋のドアを開けたらにかいの廊下にいたんです!!

取り急ぎ御礼とご報告まで」

・・・

えええええ!

なんと。母猫さん自主的にご帰宅されたそうです。笑

捕獲器の回収に伺った際に詳しく聞くと、朝、子猫の鳴き声で依頼主さんが起きてお部屋のドアを開けると廊下に母猫さんがちょこんと座っていたそうです。

とっても落ちついていたそうです。

賢い母猫さんです。

飼い主さんが、一階の窓を開けておいてくださったこと、餌で導線を作ってくれたこと、子猫がよく鳴く子だったことも母猫さんが無事に帰ってこれた要因かなと思いました。

帰ってきた日はさすがに疲れたのか、お布団でぐっすり寝たそうです。

無事に母猫さんが帰ってこれて良かったです。

ねこから目線。は何も役に立っていませんが、素敵なエピソードだったのでブログで紹介させていただきました^ ^

脱走猫しらすちゃんの保護 

スタッフ梅です。

譲渡した猫さんが、里親さん宅から逃げてしまった。。 堺市にある、おおさかねこ倶楽部さんから協力依頼が入りました。

経緯を聞くと、8/2に脱走。 ご相談を受けたのは9下旬。。。 わぁお!2ヶ月近く経っている!

現場は滋賀県。。闇雲に探しに行ける距離ではないところ。。 一度、チラシは撒いたものの、反応がなかったそう。。 周囲にいるかどうかもわからない状態。とにかく、まずは所在をつきとめなくてはいけません。

10月初旬。確認するため、暗視カメラを、脱走した自宅にセットしにスタッフこいけさんが向います。

おおさかねこ倶楽部の方々も全く諦めておらず、範囲を広げてチラシをポスティングされました。

すると、数日後。

チラシを見た方から「うちに似た猫がご飯食べに来てるよ」と電話が。 ヒットしました!!

場所は、里親さん宅から、徒歩5分くらいのところ。。

依頼主さんが写真で確認すると…

「間違いないです!しらすちゃんです!」

「ほぼ毎日、夕方にご飯を食べにくるようになったので、捕獲をお願いします」

と出動依頼をいただきました。

スタッフこいけさんが向かいます。

現場に到着すると、しらすちゃんらしき猫さんがいました。

走って姿を消してしまいましたが、きっとまた戻ってくるはずです。

捕獲器を設置し、待ちます。。

(ライブカメラの映像です)

がしかし、、

来ない!! いつまで経っても来ない。。

もしかしてお腹すいてない?それとも、捕獲器がダメ?

なんて事を考えながら、スマホでカメラの映像を見ながら後向きに移動していたこいけさん。

ザザーっ。と、深さ1m水路に綺麗に落ちたそうですw ご、ご愁傷さまです。。w

犬の散歩の人が言うには、深夜1時ごろにも少し離れた所でご飯をもらっているそうです。

この日は5時間ほど粘りましたが、一旦切り上げて、作戦を立て直すことになりました。

・・・

と、その後日。

ご飯をもらっていた先の方から「納屋でご飯食べてる時に、逃げ場がないように鍵をしました!」と、おおさかねこ倶楽部さんに連絡が。

すぐさま、梅が向かいます。

いた。。お目目がハッキリと。網で捕獲を試みようと考えていた私。

と、と、遠いよー。。。対角線上で、約2mはあります。中に潜り込みたくても、縦横レンガ1.5個分くらい。体が入る隙間すらなく、頭を抱えました。。

捕獲器を設置するも反応なし。

捕獲器を1度諦め、つんつんして、この狭い床下から出すことを試みます。

つんつんされ、逃げる所を探すしらすさん。 そうだよね。逃げたいよね。 ジャっとゆー音と共に、どこかの隙間へ。。

あら?逃げれる隙間があるの? あぁ、、やってしまった、、なんて思っていると、キィーキィーと、ステンレスに爪を立てているような音が。。

写真で中の天井を撮ってみると、ありました隙間。断熱材とプラスチックの壁の間の、この隙間を登り、爪を立てて耐えているんだとわかりました。。

ごめんね、怖い思いさせて。

これは出てくるまで待つしかないと判断し、お腹が空いてか、外に出ようとしたら捕獲器に入らざる得ない状況を作ることに。

ひとつしかない出入口を捕獲器で塞ぎます。 とびきり香りの出る猫缶を入れ、納屋の持ち主さんに、後を託しました。

・・・

翌日、入ってるよと連絡が!

すぐに、こいけさんが迎えに!

脱走してから約3ヶ月。。全く痩せてる様子がない。ちゃんとごはんもらえてたんやね。優しい地域だね。。

依頼者さんの元へ。

よく鳴くそうですが、撫でるとゴロゴロ喉をならし、甘えるそうです。

よかったね、しらすちゃん。

無事保護完了デス!

しらすちゃんの無事を信じて、諦めなかったおおさかねこ倶楽部の方々のおかげで、無事保護することができました。

そういえば今日見てないなー。まぁ、家のどこかにいるか。気付いた時には、窓が開いていた。なんてことがあると思います。

ん?と、なった時点で1度確認してみましょう。 窓を開ける時、ロックなど、そばにいることが当たり前の毎日に、忘れがちになります。

そして、いないとわかってからの、初動が大事になります。 猫たちも、今までと違う雰囲気に不安なはずです。

あたり前の毎日を守るのは、ご家族のみなさんです。大事な家族ですから。。

脱走猫カイ君の保護

S市で脱走猫さんの捕獲のお手伝いでした。

スタッフ小池です。

依頼主さんは泉南市の保護猫シェルターhibinecoさん

マンション4階の里親さん宅でトライアル中だった猫さんが脱走してしまったそうです。

しかも脱走したことに里親さんが気付いておらず、家の中ばかり探して家の外に出たと分かるまで3日経ってしまっていたそうです。

そこからポスティングと捜査を連日しているものの、目撃情報が1度あったきり。初動が遅れてしまったとめちゃくちゃ後悔されているhibinecoさん。何か手立てはないかというご相談でした。

脱走から8日目のことでした。

すでにチラシはかなり配られているので、猫さんの目撃情報があった場所に動物観察カメラを設置しに伺いました。

・・・

しかし

6日経ってもカメラには映りません。

それでも諦めずに、ポスティングと連日の捜索をされるhibinecoさんとボランティアさん。

泉南市からS市は高速で1時間半くらいで片道1000円以上かかります。

・・・

そして脱走から14日目

近隣の公園で目撃情報が寄せられたそうです。急いでhibinecoさんが公園に行くと、そこにはカイ君(脱走猫さん)が!

しかし、捕獲器で1度捕まっている猫さんを外で保護するのは容易ではありません。しかもカイ君はキャリーも嫌いな猫さん。あげた餌を食べ、撫でられもする、でも捕まえてネットに入れようとした瞬間に大暴れして逃げてしまったそうです。泣

その時点で、お電話をもらい現場に捕獲器を持って急行しました(たまたまS市に居たのですぐに行けました)。

通常の捕獲器と、警戒心が強い子向けの捕獲器を設置し、数時間粘りましたが、カイ君は現れませんでした…。

その日は一旦断念し、切り上げることに。

・・・

その3日後までは、同じ公園で目撃情報があるのに、4日後からパタリと目撃情報が途絶えてしまったそうです。

・・・

そして脱走から24日目

最後の目撃場所から3.5kmも離れたチャトラのノラ猫が多い公園で目撃情報があったそうです。

3.5kmも離れていてチャトラが多い公園となると希望薄か?とも思ってしまいそうですが、hibinecoさんはすぐに現場に行き、ポスティングと捜索をされたそうです。

・・・

脱走から27日目

目撃情報を頼りに行ったチャトラが多い公園でカイ君を発見したそうです!

hibinecoさんには、ねこから目線。の迷子猫捜索専門スタッフになってほしいくらい、猫を見つけるのが上手いスーパーボランティアさんがおられます。

この捜索期間中に何度もカイ君を見つけているスーパーボランティアさん。今回も発見したそうです。

すぐにねこから目線。に電話をくださいました。

小池は出先だったので、スタッフ梅さんに警戒心の強い子向けの捕獲器を持って現場に直行してもらいました。

梅さん到着するも、再びカイ君の姿が見えなくなってしまいました。

梅さんは捕獲現場に行かないと行けないので、hibinecoさんに捕獲器を預け、別現場へ。

1時間ほど遅れて小池が現場へ。

数時間粘りましたが、カイ君の姿は見えません。今日も一旦撤収しましょうと捕獲器を片付けて帰路についた瞬間

「カイ君いました!」

とhibinecoさんから電話が!

急いで引き返し、公園に警戒心の強い子向けの捕獲器を設置します。

さらに日付が変わるまで粘りますが、捕獲器に近寄ってくれないカイ君。またまた姿を消してしまいます。

翌朝には、K市で捕獲依頼があったので、25時半頃に準備の為帰らせてもらうことに。でもここで撤収するのは勿体なさすぎるので、警戒心の強い子向けの捕獲器をhibinecoさんに貸し出しして、現場を後にしました。

・・・

翌朝5時半。

K市へ捕獲に向かう道中でhibinecoさんから電話が!

「カイ君捕まりました!!!」

良かったーーーー!!!!!!!!

梅さんを電話で起こして、現場に向かってもらい、警戒心の強い子向けの捕獲器から持ち運び可能な捕獲器にカイ君を入れ替えてもらいました。

hibinecoさんのスーパーボランティアさんが車で仮眠から目覚めて捕獲器を見に行くと、カイ君が捕獲器の中のご飯を食べていたそうです!

やっぱりすごいスーパーボランティアさん!

靴を脱いで、そっと捕獲器に繋がる紐を掴み、捕獲器を作動させて見事にカイ君の保護に成功したそうです!!

凄い!!!泣

脱走から約1ヶ月のことでした。

無事シェルターに戻ったカイ君。

大変だったね、無事でいてくれてありがとう。

今回、ねこから目線。はカメラも役にたってないし、捕獲の役にもほぼたっていません。笑 捕獲器は役にたってくれました。笑

hibinecoさんからの諦めない執念がカイ君との縁を繋ぎ留めたんだと思いました。

迷子チラシは2000枚配ったり掲示したりしたそうです!

100匹以上の保護猫が居ても、hibinecoさんにとってカイ君はかけがえのない猫さんです。

飼い主さんや保護主さんの気持ちは迷子猫さんを見つけるうえで本当に大切だなぁと改めて実感しました。

今回の顚末はhibinecoさんのInstagramに詳しく載っています!!必読です!

カイ君の写真も沢山載っています^ ^

捕獲器回収ついでにhibinecoさんのシェルターを見せていただきました!

見せられない所が無いシェルターをモットーにされているそうです。

とっても清潔感があって素敵なシェルターでした!

詳しくは

hibinecoさんHPをご覧ください!

脱走猫。緊迫の24時間。

「Kさん!(スタッフ)猫が家から出ちゃった!落ちたら死んじゃう!どうしようどうしよう。。」

そんな緊急の電話を受けたスタッフKも、スタッフUも各々、別現場に。。。

11階にあるお部屋の玄関の扉をすり抜け、真正面にあった階段をぐるぐると降り、行き着いたのが、8階の角部屋のポーチ。

2人ともすぐにはS市の現場に着く事が出来ない。緊急性が高いので、以前のブログに投稿していた、S市のTNRボランティアさんに、応援を要請。すぐに捕獲器を持って駆けつけてくれました!

猫ちゃんの近くに捕獲器を設置。

ここからは見えませんが、この柱の裏の壁に張り付いて固まっているのです。。

入るかどうか。。静かに待ちます。。

そーこーしてる間に、スタッフUが現場を終え、違うタイプの捕獲器やら網やらを揃え急いで現場へ!

逃げ出してから約3時間。微動だにせず固まったまま。捕獲器にいれた美味しそうなご飯にも反応せず。。とゆーことは、違う捕獲器を設置したとしても、反応は変わらないと判断。自分の置かれた状況を理解できずひたすら固まる猫ちゃん。

さて、どうしたもんか。。ここ。8階です。どえらく高い。網で捕まえることも考えますが、万が一すり抜けられ、手すりの壁を越えると、、最悪の状況が脳裏をよぎります。

焦りは禁物。今置かれた状況を、猫ちゃん自身が理解し落ち着かなくては、きっと動かないだろう。とにかく一晩、捕獲器に入るか待つことに。飼い主さん、徹夜で付き添います。

翌朝、どーしても休むことが出来ない仕事へ行かれる飼い主さんの代わりに、Uが張り込み。

あら?少し移動してる。ご飯も全く食べず。これでは捕獲器に入らないので、一度撤収。

昨日は暗がりの中だったので、改めて見ると。。やはり高いです。。

さぁ、方法を考えます。この前の部屋が空き家と聞き、扉が開いたら逃げ込まないかな?と、管理会社、不動産へ交渉。が、部屋内は無理ですと。ですよね。。泣

捕獲器がダメなら、もっと広いスペースに、お気に入りのベッドなどをいれ、そこに逃げ込まないか作戦。

それだ!!決行です。 朝から違う現場へ行ってたKさん。終わり次第、Lサイズのケージを購入し合流してくれました。

いそいそと組み立て、周囲の視界を塞ぎ、中にはお気に入りのドーム型ベッドをいれ、中に入っていった所で、紐を引き扉を閉める作戦です。

ゆっくり近づき、静かに置いて退散します。

シーーーーン。。。 遠めから確認します。 い、いる。うごいてない。

んー。。次の作戦を考えながら、ひたすら待機します。1~2時間ほど待ちましたが、変化なし。 ケージ入口の角度を、ジリジリと猫側へ。

そーしてから、少しすると、、、隙間から顔が!わわーーー!右見て左見て、行けるのか確認。 ダメダメー戻って戻って!心で叫ぶ私たち。

すると、今度は。。

手すりに上がって逃げ場を探す猫ちゃん。ひぇーーーー!!!!これはまずい。頭を抱えるスタッフ。

とにかく、これ以上刺激をしないよう、祈り待つしかない。

隣の広場に行きたかったようだが、無理だと判断したようで、元の位置に戻った。

いや、もー、ほんとに、心臓に悪い。いや、心臓が痛い。この時間がほんとに地獄だった。

平面からは、姿が確認出来ず、上の階からケージに入っているのかいないのか、確認します。

うん、入っていない。。 焦ってはダメだ。とにかく落ち着き、焦らず時間かけてやろうと。

少しずつうろちょろし出す猫ちゃん。時間が経つにつれ、状況にも慣れてきたのか、毛繕いをする姿が。 ね、猫ちゃんの方が落ち着き出している!!こっちは、気が気じゃないのに!!

最悪の状況も考え、ネットも用意しようという話になり、Kさんが購入に走ります。 そーこーしてる間に、仕事が手につかない!と、飼い主さんが帰ってこられました。

まずは、最悪の状況時のため、ネットを張ります。再度言いますが、8階です。出来れば使いたくはないネット。飼い主さんの、布団を借り、クッション替わりに。万が一に備え準備します。

あとは、もう飼い主さんについてもらうしかない!声をかけてもらい、ちゃんと反応する猫ちゃん。

うんうん、そーよね。怖いよね、早く帰りたいよね。

1人がネットで受け止める役。1人はネット係に状況を逐一連絡する役に分かれます。

この日は雨。真上を向くと、顔面はもちろん、口や目にも雨が、、、そして、首が痛くなってくる。。追い打ちをかけるように、大量の蚊が発生、あちこち吸われる始末。 そんなことはどーだっていい。

なだめる飼い主さん。なかなかケージに入ってくれない猫さん。長期戦になりそうです。

連絡、ネットの係を交代し、飼い主さんと色々策を練り、網を渡すも、警戒心がやはり強く断念。

ケージの入口を猫さんの方に向け直し、飼い主さんの誘導で入らないかな作戦。 そう簡単にはいきません。

んーー、、、ベニヤ板を屋根にし、飼い主さんも壁になり、逃げ場を、ケージしかないようにしてみようか?と、ベニヤ板を買いに行こうと走り出した瞬間。。

『入った!入った入った!!!!』 と、飼い主さん!すぐに、ネット係へ、入りましたーーーーと、叫び、ケージの扉を確実に閉めに。

歓喜!!ハイタッチで喜び合い、胸をなでおろしました!!この時、夕刻、18時。

脱走から24時間後のことでした。 ほんとにほんとに、無事に帰れてよかったね。

最近、脱走の猫さんのご相談がとても多いです。 「今までそんな事なかった。いつもそんな事しない。そんな子じゃない。」

ずっと同じなんて、ないんです。猫だって、毎日違う動きするし、気が変わるし、想定外なんて、いつ起こってもおかしくない。

だから、その子の事をよく知る。日頃の予防策。が、大事になってくると思う。失ってからでは遅いのです。

遅くなりましたが、先月からお世話になっております。スタッフUと申します。

とある動物保護施設で10年間従事し、現在に至りますw

わからないことも多々あり、毎日奮闘いたしております!よろしくお願いします!

病院脱走猫さんの捕獲お手伝い

T市で脱走猫さんの捕獲のお手伝いでした。

動物病院の帰りに駐車場でキャリーの扉が開いて猫さんが逃げてしまったそうです。

相談をいただいた夜、

脱走現場で待ち合わせます。

逃げた場所に数日以内に戻ってくる猫さんがほとんどなので、病院の駐車場に許可をもらって、ターゲットの猫さんの匂いのついたタオルと、餌、観察カメラを設置しました。

そして、チラシをその場で作成し半径200m圏内の住宅にできる限りのポスティングをお願いしました。

逃げた晩、翌日の早朝とカメラを確認しますがまだターゲットのぐれちゃんは写っていません。

チラシを見た方からの連絡もまだ無しです。

が、

なんと!

昼夜連日、ぐれちゃんを探し回っていた飼い主さんが脱走現場から150m離れた民家の駐車場に座っているぐれちゃんを見つました!

すごい!!

「ぐれちゃん、居ました!!でも近づくと逃げてしまいました。どうしましょう?」

とすぐにお電話をくださいました。

追いかけず、見守っていてもらうようお願いし、捕獲器を持って現場に急行しました。

発見場所から少し移動した所でじっとしているぐれちゃん。

外は水瓶をひっくり返したようなどしゃ降りです。

捕獲器の準備をして、飼い主さんに設置をお願いしました。

ノラ猫の多い場所なので、ぐれちゃんの匂いがしっかり染み込んだタオルを上にかけ、他のノラ猫避けをした上で、オヤツで導線を作ってもらいました。

・・・

待つこと20分!

無事、ぐれちゃんの保護に成功しました!

脱走から2日目の夕方でした。

飼い主さんの執念と努力が身を結すび、早期に保護することができました!!

捕獲できた頃には雨はすっかりあがっていました。

脱走猫さん保護のお手伝い

K市で脱走猫さん保護のお手伝いでした。

連休中に実家に飼い猫さんを預けて泊まりで出掛けていたら、早朝に猫さんが脱走してしまった!とのことでした。

急いで旅行を切り上げて実家に帰って皆で13時から21時まで探しまわったものの、見つからないんですと、ご相談くださいました。

夕方に現場に行けそうだったので、まずは下記のことをお願いしました。

●飼い主さん以外は探し回らないでください。

猫さんにとって馴染みの無い人がウロウロしていたり、ガサガサしてしまうと、猫さんが怖がり、かえって追い払う結果になってしまいます。

居ても立っても居られず、皆んなで呼びかけて歩き回ったり、隙間に隠れてないか物という物を動かしたり覗いたりしたくなる気持ちはとても分かります。でも、ぐっと我慢です。

夕方、現場に到着し

猫さんが使っていたトイレを出していてくださった場所に、動物観察カメラと餌、捕獲器二台を設置しました。

あとは、「きっとまだ近くにいるので、大丈夫です!夜にならないと動き出さないと思うので、ひとまず休んでください。」と心配しきってしまっている飼い主さんと責任を感じてしまっているお母さんを励まします。

・・・・

深夜、近所のノラ猫さんが捕獲器に入ってしまったそうです。残念、、、。

なかなかビックサイズのノラ猫さんです。

・・・

ですが、その騒動の後にターゲットの猫さんが現れているのが確認できたそうです!

一度捕獲器で捕まった経験があるからか、捕獲器には入ってくれず、脇の餌を少し食べて帰っていきました。

・・・

翌日も夜に姿を現したターゲットの猫さん。

前日、カメラに映っていた時間に合わせ、この映像の直後に飼い主さんが現れます。

そして、猫さんを呼んだそうです。

「呼びかけたらすぐに、鳴き返してくれて、オモチャとオヤツでゆっくり近づいて、抱っこで保護できました!」

とのことでした!

抱っこで保護できたのは凄いです!!

無事にキャリーに入れ終わったシーンがカメラに映ってきました。

良かったー!!!

脱走から2日、ねこから目線。にご相談いただいた翌日に無事保護することができたそうです!

捕獲器は全然役に立ちませんでしたが、カメラが役に立ったようで良かったです( ´ ▽ ` )

脱走猫さんの保護手伝いのご依頼はあまり多くないですが、今のところ、開業から6件お手伝いしました。

振り返るとそのうち5件で無事保護できています。見つからなかった1件はご相談いただいた時に既に脱走から1ヶ月半が経過していました。

脱走してしまって、すぐに動くことはとっても大切だなと思います。

迷子のご相談は早めにお願いしますm(_ _)m

迷子猫さんの保護のお手伝い

T市から迷子猫さんの捜索のご依頼でした。

引っ越したてのマンションのベランダから飼い猫さんが飛び出してしまったそうです。

5日間ほど自分で探したものの、手がかりがなく、ねこから目線。にご相談くださいました。

マンション前に置いておるエサは誰かが食べに来ているので、きっとターゲットの猫だと思う。とのこでしたので、

観察カメラを貸し出し、飼い主さんが毎日置いているエサを食べに来ている猫が誰なのかまず確認しました。結果、ターゲットの猫さんではない別のノラ猫さんたちとカラスが食べていることが分かりました。

そうとなれば、再度情報取集のやり直しです。

周辺にチラシを追加で配っていただき、そこから目撃情報が複数寄せられました。

また夜な夜な探しまわっていた飼い主さんと、捕獲器設置場所さがに私が伺った時にターゲットらしき猫さんを見かけた場所が目撃情報の場所と一致しました。

そこで、捕獲器を指定場所に設置していただくようお願いしました。

そして、昨夜「無事捕獲器に入りました!」とお電話をいただき保護できたことが確認できました。

飼い主さんがご近所さんに配られたお礼チラシをいただきました。

約2週間ぶりに飼い主さんの元にもどれて良かったです( ´ ▽ ` )