ポリシー

猫にとってメリットがあると思えない場合、お手伝いをお断りすることがあります。

・・・

捕獲のお手伝い

ねこから目線。で捕獲のご依頼を受けるのは、下記に限ります。

●TNR(ノラ猫を捕獲し、不妊手術を施した後、捕獲場所に戻す)

●保護のための捕獲

●触れない飼い猫の室内捕獲

※猫の遺棄虐待防止のため、活動経歴のあるボランティアさんからの依頼でない限り、捕獲器やキャリーでの引き渡しは致しません

捕獲場所と違う場所に、猫を放すことは動物遺棄(動物愛護法第四十四条違反)に当たるためお受けできません

※虐待(ネグレクト)防止のため、保護のための捕獲の場合は飼育環境が整っていることを、ねこから目線。にて確認することができない場合はお受けできません。原則飼育場所に搬入するところまでお手伝いさせていただきます。

※ご自分の飼い猫にするための1歳未満のノラ猫さん捕獲の場合は、65歳以上の方からはお受けできません。

・・・

捕獲器

ノラ猫さんの捕獲には、安全性に配慮し、猫専用の捕獲器を使用しています。

・・・

衛生管理

ノラ猫さんには高確率でノミがおり、様々なウイルスを持っている可能性もあります。

毎日沢山のノラ猫さんのTNRをお手伝いするねこから目線。では、ウイルスやノミダニの蔓延防止のため、捕獲したノラ猫さんを捕獲器ごと包ませていただいてから車内に積み、動物病院までの送迎をします。

包んだ状態のまま、動物病院に搬入します。

猫さんの体調確認が必要な場合は、猫さんの精神的な負担の軽減と、感染症防止のため、内部確認用の小窓から覗きます。

1つの現場の猫さんの運搬が終わるごとに、パルボウィルスにも有効なバイオウィルにて車内の消毒をします。

もちろん、カバーも一回ごと洗濯し、使用しています。

捕獲器の使い回しは一切せず、一匹に使用する度に次亜塩素酸消毒プールに浸けて殺菌し、流水ブラシで外中をしっかり洗います。

仕上げにバイオウィルを噴霧し、乾かしてからまた使用します。