ねこから目線。とは

ねこから目線。とは

関西圏を中心に活動しているノラ猫・保護猫専門のお手伝い屋さんです。

サポートが必要なことがあれば、なんでもお気軽にご相談ください。
ちこさんPC

15年以上、猫の保護活動や、殺処分の予防的取り組みとしてのTNR活動、地域猫活動、多頭飼育崩壊ケースなど猫が絡む問題への支援に取り組んできキャリアのあるスタッフが対応いたします。

保護猫活動がすべてボランティア任せにならずきちんとした社会システムの中で機能する社会的企業となることでボランティアの負担軽減と保護活動のスピードアップと充実を図りたいと考えています。

STAFF

スタッフ

(左)小池 (右)梅本

代表小池経歴

立命館大学大学院応用人間科学研究科 2015年修了
猫を切り口に、共生と共存社会のリアリティについて研究
現:NPO法人FLC安心とつながりのコミュニティネットワーク
「人もねこも一緒に支援プロジェクト」プロジェクト代表
猫活動歴15年(2004年〜)

【コメント】
常に、考え続け、問い続け、行動し続けていきたいと思っています。
対人援助学会発行、Web無料マガジン「対人援助学マガジン」連載しています。
連載タイトル「そうだ、猫に聞いてみよう」21号から連載開始

 

STAFF梅本経歴

公益財団法人の動物保護施設にて10年勤務
を経て2019年より、ねこから目線。スタッフに。
前職では主に保護猫の飼育と譲渡を担当

【コメント】
殺すのではなく生かす術を。これが、この活動の入口でした。
感情的な批判だけでは何も改善しません。まずは、自分が出来ることを一つ一つ取り組みたいと思います。