腕負傷猫さんの治療とお釣りは猫に使ってね基金

スタッフ梅です。

2か月前、多分妊娠していた猫さん。TNR出来るよう、餌付けをし、ようやく定着し、子猫も安定した頃。。その猫さんの捕獲のお手伝い要請でした。

捕獲当日、以前TNRした子が、姿を見せてくれました!ご近所さんでごはんをもらっており、元気そうで何より!

ターゲット猫さんがごはんを食べにきた後に、最近びっこ引いてる猫さんがたまに来る。と、話を聞きながらターゲットを待ち続けること約1時間。。来ない。。

断念して、帰ろうとすると。その怪我猫さんの登場です。

真横にある捕獲器をフル無視し、でーんと横たわりました。

「え、食べないのごはん?w」

怪我痛々しい。。ひどそうです。

ターゲットを切り替え、怪我猫さんが入るように誘導します。

なかなか入ってくれず、誘導、誘導、誘導で、、、何とか無事捕獲です!

一犬猫病院さんへ運び、しばらく入院することになりました。

この負傷猫さんに、お釣りは猫に使ってね基金より、¥5,000カンパさせていただきました。

お釣りは猫に使ってねと言って下さった皆様、ありがとうございました!!

排水溝一家の保護とTNR

スタッフ小池です。

A市で、「排水溝の中を走り回る子猫2匹と母猫を見つけた。子猫は保護して、母猫はTNRしたい。明日から雨なので、できれば今日捕獲してほい!」というご依頼でした。

ここの下や

この排水溝の中を走っているそうです。

他の水路と繋がっている穴が空いている部分の近くに設置しました。

「餌付けができていないし、今近くに居るかも分からないので、捕獲成功率は低いかもしれないです」

と依頼主さんとご近所の方々と話していると

カシャン!

え?!

母猫さんと子猫が一匹、5分ほどで捕まりました!

それならもう一匹の子猫も近くに居るはず!

と、捕獲器を設置すると、

カシャン!

はやー

ちっちゃな茶白さん。

無事捕まりました!

伊丹スペイクリニックさんで、手術とケアをしていただき、お母さん猫はリターン。

子猫たちは、尼崎の保護猫カフェふみふみさんへお届けしました。

可愛い!!

さっそく里親希望者さんが現れているそうです。早っ

保護猫カフェふみふみさんでは、毎週土日は猫の譲渡会だそうです。

めちゃくちゃ人懐っこくて、肩に乗ってきてくれる可愛い可愛い大人猫たちもいました!

お近くの方はぜひ足を運んでみてください^ ^

5匹家族一斉TNRのお手伝い

スタッフ小池です。

依頼主さんのお家にご飯を食べに来るようになったノラ猫さん5匹家族の一斉TNRのお手伝いでした。

ターゲットは母猫さんと子猫4匹。

ここの穴から出てくるそうです!驚

朝のご飯の時間に合わせて、現場にお伺いするとすでにガレージに集合して、朝ごはん待ちをしている猫さんたち。

なるべく一緒に保護したいので、ロングタイプの大きな捕獲器を用意し、手動にして設置します。

ここ最近、ボランティアさんから「子猫をまとめて保護したい、どうやって捕獲器を手動にしているの?手動にできる捕獲器はどこで売っているの?」というお問い合わせをいただくので、少しだけ解説します。

だいたいどのタイプの捕獲器も、原始的な方法を使えば手動にできます。

捕獲器の扉を、踏み板と連動しているフックや金具に引っ掛けずに開けて、ペットボトルを挟んで止めます。

そして、ペットボトルに紐を結んでながーく伸ばして準備完了です。

あとは、捕獲器の奥に山盛りご飯を入れて、半ばくらいにも小盛りします。ちゅーるの導線も2本くらい引きます。

そして、皆んなが入るまで、誰も足を挟まない所に入るまで、焦らずに待ちます。

・・・

今回の5匹家族の一斉捕獲はこんな感じになりました↓

※ねこから目線。のブログを読んでくださっている方はボランティアさんばかりだと思うので載せますがYouTubeなどにUPすると、悪意のある人の目にもつきやすくなってしまうので、動画のダウンロードやSNSへの転載は禁止させていただきます。ボランティアさんの捕獲成功率が上がることは良いことなので、知り合いのボランティアさんに紹介したい場合は、このブログのリンクを直接紹介してください。「捕獲方法」みたいなタイトル付けてシェアするのも勘弁してください。

捕獲器設置から5分ほどで、保護完了です!

伊丹ねこスペイクリニックさんに搬入して、手術翌日にリターンしてお手伝い完了です!

待ち構える猫さん達のTNR ver2

スタッフ梅です。

以前、待ち構える猫さん達のTNRでお手伝いした現場の第2弾です。前回捕り逃した子、子育て一段落ママが、今回のターゲット。

第1の現場に到着すると、やはり待ち構えていました。

1匹が待ってました!と、勢いよく捕獲器内へ。それにつられ、もう1匹も捕獲器横へ。

「カシャン」

間近で見てしまった黒猫さん、離れた所へ。。。再度、近くに捕獲器設置するも、誘導ごはんのみ食べ警戒心MAXのようで断念。

第2の現場へ。

わらわら集まってきた猫さん達。その中に、前回TNRした子達がちらほら。元気でいてくれて嬉しいよ。

真っ暗闇の中、捕獲器を設置。まずはターゲットだった母猫さんが捕獲器へ。

捕獲器の閉まる音に、一旦退散してしまった猫達。探していると、えさやりさんも見たことない猫達が。。1歳手前くらいの小柄な三毛さん。

むちゃくちゃボス感のあるサバ白さん。

捕まえていくうちに、猫たちの姿がなくなり、第3の現場へ行く前に、第1の現場の黒猫さんがまだいたらリベンジを。と、向かうと、新たなサバ白さんが。真っ暗闇で、遠目では誰がいるかわからず、、、

「カシャン」

黒猫さんは、覚えていました怪しいことを。捕獲器に入ったのは、サバ白さんでした。

と、よく見ると首輪が着いている。外中自由飼い猫さん!?それは、ノミ取り首輪でした。未手術のようなので、手術しましょう。

痒いのから解放してあげたい気持ちは分かります。ですが、一定の力が加わると外れるタイプではない、ノミ取り首輪。事故などの危険がたくさんあります。

首輪の危険

そして、第3の現場へ。がしかし、この日は現れず。。計5匹を、病院へ搬送します。

皆、避妊去勢手術は、無事終わりましたが、1匹が、形質細胞性足底皮膚炎になっており、裂けていたので縫合してもらったようです。

今まで痛かったの我慢してたね。治療出来て良かったね。。この子は、経過観察のため、入院し治ったらリターンで、他の4匹は、翌日のリターンで元気よく戻っていきました!

形質細胞性足底皮膚炎の猫さんの治療費に、お釣りは猫に使ってね基金より、5,000円カンパさせていただきました!

お釣りは猫に使ってねと、言ってくださった皆様、ありがとうございます!

親子一緒に保護

スタッフ小池です。

S市で親子一緒に捕獲のお手伝いでした。

現場に到着すると、車の下で遊び回る子猫たちと、その様子を静観する母猫さんが居ました。

子猫は全部で4匹のはずですが、3匹しか姿が見えません。

できれば、小さい子猫はいっぺんに保護したいので、ロングタイプの捕獲器を手動にして設置します。

続々と中に入っていく子猫たち。

ひとまず、姿が見える3匹が入ったところで、扉を閉めて保護完了です。

驚かせてごめんね。子猫たちは設置から5分ほどで捕まってくれました。

子猫たちが捕まる様子をじーっと見ていた母猫さんは警戒して一旦隠れてしまいました。

・・・

1時間ほど待つと、やっと母猫さんがもう一匹の子猫を連れて帰ってきました!

とはいえ、捕獲器に警戒モード。

投げたカツオは食べるけど、捕獲器には近寄りません。というスタンスを崩さない母猫さん。

あれこれと試行錯誤しながら、捕獲器に誘導します。

やっと保護完了です!

母猫さんと子猫さん一緒に捕獲器に入ってくれました。良かった。

母猫さんはTNRになるので、ねこから目線。でお預かりして動物病院に搬入します。

お母さん、子育てお疲れ様でした。これからはゆっくりと自分のために生きてください。

子猫たちは保護になるそうで、依頼主さんが病院に連れて行く用のキャリーに入れてお手伝い完了です!

玄関前のノラ猫さんたち

スタッフ小池です。

S市でTNRのお手伝いでした。

玄関先でノラ猫さん1匹に餌をあげていたら、徐々に増えてきてしまったのでTNRをしたい。というご依頼でした。

早朝に依頼主さん宅に到着すると、猫さんが塀の上で朝ごはんお待ちかねでした。

さっそく捕獲器を設置していきます。

良い匂いがする、、と集まる猫さんたち。

順調に捕獲器に入ってくれます。

5匹が次から次へと捕獲器に入ったのを見て、最後の一匹の猫さんは姿を隠してしまいました。

捕獲器に入った5匹のうち、一匹の猫さんはTNR済みの子なのでその場で放し、4匹を一犬猫病院さんに搬入しました。

捕獲を依頼主さんにお預けし、翌朝の餌の時間は他の猫さんたちが不在のタイミングに再度捕獲リベンジをしていただきました。

無事、依頼主さんが最後の一匹を捕獲してくださいました^ ^

4匹のリターン時に、最後の1匹を受け取りました。

とっても可愛い玄関先猫さんたちの一斉TNRでした!

脱腸猫さんの治療捕獲

スタッフ梅です。

自宅の敷地内にごはんを食べに来る三毛猫さんのおしりから、赤いものがでているのを発見。脱腸かもしれないので、捕獲して治療してあげたい!と、依頼が入りました。


もし脱腸なら、放置すると粘膜が乾いてしまい、壊死に至ります。すぐに段取りを組み、向かうことに。


現場に到着し待つも、この日はターゲットの猫さんは現れてくれませんでした。。代わりに、これから手術予定だった、3頭を捕獲して、病院に運びました。

その日の夕方前。。

「今来ました!」と、電話が入り、直ぐに向かいました!


敷地内に座り込む、ターゲットのミケ猫さんいました。捕獲器を設置し、待ちます。


入口から、すごーく丁寧にゆっくり食べ進めています。

食欲があって、よかった。。

無事捕獲です!すぐに病院へ!

確かに、2~3㌢ほど赤いものが出ています。

診察終了間際でしたが、急遽整復手術をすることに。合わせて避妊もしてもらいます。

手術は無事終わり、数日は依頼者さんの自宅で排便が出来るかなど見ていただけることになりました。


見つけてもらえてよかったね!回復してまた元気にごはん食べに来ますように!!

手術頑張ったミケ猫さんに、お釣りは猫に使ってね基金から、
10,000円カンパさせていただきました。

「お釣りは猫に使ってね」と、言ってくださった皆さま、ありがとうございました!!

バルコニー猫さんのTNRのお手伝い

スタッフ小池です。

バルコニー猫さんたちの継続TNRのお手伝いでした。

以前に10匹の一斉TNRをお手伝いしたバルコニー猫さんたち。

そこに未手術の猫さんがいるそうなので、追加TNRのご依頼をいただきました。

現場に到着すると、すでにお待ちかねの猫さんたち!

なんと、先月壁に挟まってしまっていた茶白ちゃんもご飯メンバーに仲間入りしていました^ ^

レスキューして、しばらくしてから食べにくるようになったそうです!

捕獲器を設置すると、逃げるさくら猫さんと、すぐに戻ってきて捕獲器のご飯に興味深々なターゲットの猫さんたち。

ターゲットの3匹以外にTNR済みのさくらねこさんが10匹も居るので、捕獲器を手動にして観察します。

順調に3匹保護完了です!

時々しか来ない猫さんが1匹はいったので、翌日に捕獲リベンジをしました。

今回は計4匹の猫さんを伊丹ねこスペイクリニックさんで手術をしていただきました。

キジ猫多めなTNR

スタッフ梅です。

近所でごはんをあげている猫さんたちのTNRのお手伝いでした!

到着して、すでに数匹がスタンバイ。お腹空かせて待っておられます。

まずは、キジさん。

黒猫さん。

キジさん。

キジさん。。。

キジ猫率!笑

1時間半程で8頭が捕獲出来ましたが、1頭はすでにさくらねこさんだったので、その場でリリースしました。

一犬猫病院さんで手術してもらい、その際に7頭中3頭が臍ヘルニアだったことがわかり、全て治療もしてもらった猫さん達。

優しい依頼者さんでよかったね!

翌日リリース時に、前日捕まらなかった子を再度リベンジ!なかなか捕獲器に入らず、警戒心強い子向けの捕獲器を設置。3時間粘ってようやく捕まった子は、さくらねこさんでした!

捕獲器入らないわけだ!

依頼者さんの他にも、活動者がいるようですね。

捕獲中、通りがかりのご近所さんが、これなんだと覗くことが幾度とあり、その度に、趣旨を説明すると、理解してくださる方が多く、依頼者さんも少し肩の荷がおりたようです。

無事、皆元気に帰っていきました!

ご近所ノラ猫さんのTNR

スタッフ小池です。

H市でTNRのお手伝いでした。

一匹のノラ猫さんにご飯をあげていたら続々と他のノラ猫さん達もご飯を食べくるようになったそうです。

このまま増えてしまわないように4匹のTNRのご依頼をいただきました。

・・・

捕獲日。

早朝に現場にお伺いすると、すでに一匹の三毛猫さんがお待ちかねでした。

捕獲器を設置すると、すぐに入ってくれました。

三毛猫さんを包んでから、急いで次の捕獲器をセットします。

続々と集まる猫さんたち。

2匹が連続して捕獲成功です。

15分ほどで3匹も捕まったため、さすがに様子がおかしいことに気付いてしまった白系猫さん。一旦姿を消してしまいました。

待つこと、30分。

お帰りなさい。無事4匹とも保護完了です。

のらねこさんの手術室に搬入して、退院日にリターンにお届けして、お手伝い完了です!