自分の番まだですか?なTNR

スタッフ梅です。

敷地内でごはんを食べに来る子達のTNRのご依頼でした。

お伺いすると、白黒さん大と、白黒さん小、サバ白さんが待っておりました。

TNR済みの子もいるので、捕獲器を手動にして設置します。

捕獲器を設置すると、我が先にとぐいぐいやってくる3匹。先陣をきったのは、手術済の白黒さん大。

捕獲器がパツンパツンになる程の大きさの、白黒さん大。ひとまず食べ終わるのを待ちます。サバ白さんは、自分の番が来るのを冷静に待っていますね。

こちら白黒さん小。まだまだ子猫さんですね!

ちょっと、おじさんまだ?おじさん大きいから入れないんだけど!と、急かす白黒さん小。笑

5分程して、食べ終え出てきた白黒さん大。ごはんを入れ直し、白黒さん小が入るのを待ちます。

そして、ウロウロするサバ白さん。もう1つの捕獲器を、少し離れた反対方向にも設置し、同時に捕獲作戦です。

サバ白さんが、踏み板を踏んで扉が閉まると同時に、手動にした捕獲器も作動させ、2匹同時に捕獲成功です!

そして、キジトラさん。

捕獲器近くに来るものの、落ち着きのないキジトラさん。依頼者さんに、捕獲器内に誘導してもらい、粘ること20分。。

3匹、全頭捕獲完了です!

一犬猫病院さんにて、手術してもらい、翌日リリースして、お手伝い終了です!

110km先で一斉TNRのお手伝い

スタッフ小池です。

たまたまお仕事で行った先で、沢山のノラ猫を発見された依頼主さん。

見て見ぬふりができず、餌やりをしている地域の方々と丁寧にお話しをされ、TNRの了解を取り付け、ねこから目線。にお手伝いのご依頼をいただきました。

ターゲットの猫さんたちが非常に痩せていたため、事前に沢山のフードを餌やりさんにお渡しすることもされていました。

すごいです。

場所はねこから目線。事務所から110km離れた日本海が見えるのどかなエリア。

そして依頼主さんも、わざわざTNRのためにホテルを取って現場に来られていました。

捕獲日。

朝7時半に現場で待ち合わせをします。

人の気配を感じると、わらわらとターゲットの猫さんたちが登場します。

テンポよく、5匹が捕まりました。

あと2匹いるハズですが、姿が見えません。

一旦離れ、もう1現場の親子3匹の捕獲へ行くことに。

捕獲器を手動にして設置しますが、子猫さん1匹しか食べ進んでくれません・・・。

しかし、警戒心の薄い子猫さんがたっぷり食べるのを遠目で見ていたようで、ご飯を追加したところ、母猫さんともう1匹の子猫さんも出てきてくれました!

3匹一緒に入ってくれたところで、扉を閉めて捕獲完了です。

病院の搬入時間があるため、捕獲開始から1時間半で区切り、8匹をのらねこさんの手術室と伊丹ねこスペイクリニックさんに分けて搬入しました。

ちょうど1000gで手術を受けた生後3ヶ月くらいのメスの子猫さんは、右側の卵巣嚢腫になっていました。

早期のタイミングで避妊手術ができて本当に良かったです。

手術翌日に現場にリターンしてお手伝い完了です。

リターンの時は、猫は3メートルくらいはとりあえず何も考えずにダッシュする子が多いです。

そのため、安全な向きと方向に向けて放してあげることはとっても大切です。

猫さんの寝ぐらで捕獲器の扉を開けるよりも、3〜5メートルくらい離れた場所で扉を開けてあげると、走りながら冷静さを取り戻して、寝ぐらに入っていくような気がします。

リターン風景。

ダッシュしつつも、ちゃんと寝ぐらのお家の中に入ってくれてひと安心です。

2日間で現場の滞在時間は計2時間でしたが、運転時間は約8時間弱の遠方TNRでした。

猫さんたちも依頼主さんもお疲れ様でした!!

哀愁漂う背中猫さんのTNR

スタッフ梅です。

エサやりさんによく懐いていて、一度捕まえて、手術のために病院に行ったものの、手術出来ないまま元の場所に戻ってしまった猫さん。

学習した猫さんは、警戒してなかなか捕まえることが出来ず、ねこから目線にお手伝い要請がありました。

現場へ向い、警戒心強い子向けの捕獲器を設置。いつもなら、エサやりさんが来たら姿を現すのに、なかなか出てこない。。

何か勘づいているか?と、思いきや!

「あの子、あの子!」

出てきました。

と、合わせて反対方向から濃いめのキジトラさんが!

ふつーに入ってごはんを食べていきます。それを真横で見ていたターゲット猫さん。

この中にごはんあるけど、あれ?エサやりさん行っちゃうの?と、何とも哀愁漂う背中。

エサやりさんがいなくなると、同じように姿を消してしまうターゲット猫さん。再度来てもらうよう頼むと、やはり出てきました。

エサやりさんに、近くにいてもらうと、少しずつ中で食べるように!

完全に中で食べてるのを確認し、作動させます!

無事捕獲完了です!

のらねこさんの手術室で、手術してもらい、翌日リリースでお手伝い終了です!

大阪ねこの会TNRに寄付デンキ

スタッフ小池です。

チラシ作成のお手伝いでした。

大阪ねこの会TNRに寄付デンキ??

大阪ねこの会さんとは

地域で暮らす猫の環境が少しでも良くなるように、猫にまつわる活動をしている 個人ボランティアさんが支えあえるように、以下のことを行い、地域への 啓蒙・活動を浸透させることが目標です。

◎年2回(3月・9月)定期集会
◎猫にまつわる情報交換・情報提供
◎ボランティア間の情報交換・コーディネイト
◎臨時的な勉強会・講演会
◎各地域でタウンミーティング
◎TNR一斉手術の開催
◎関連機関への提案・要望の提出や話し合い

HPより。

やっていることが多いので、特徴を簡単に説明します。

一般的なボランティア団体の「会員」は会の活動を応援するためのサポーターであることが多いと思います。

一方、大阪ねこの会さんは、猫の活動をしているボランティアさんたちが「会員」になっており、会は会員さんたちの活動をサポートすることをメインの活動としています。

会員に会を支えてもらうのではなく、会員を会が支えることによって、猫のための活動をより広く、より活発にしていこうという素敵な発想です。

そのため、会員になるための会費はゼロ円。定期集会に参加するとフードや無料の不妊手術券がもらえたり、相談に乗ってもらえたり、良いことしかありません。

誰でも入れるので、気になる方は↓からどうぞ。

大阪ねこの会

大阪ねこの会さんの活動の中で特に、関西圏内のボランティアさんたちが助かっているのが、「一斉手術会」です。

毎月2日間、運営スタッフも獣医さんも沢山の有志が集まって超低価格の不妊手術病院をオープンしています。

2日間で100〜230匹の不妊手術が行われます。

になみに

大阪市は所有者不明猫適正管理事業の中で、TNRを実施していますが、平成30年度の年間実績が551匹です。

・・・

前置きが長くなりましたが、大阪ねこの会のTNRサポート活動を応援できる取り組みがスタートするそうです!

その名も「大阪ねこの会TNRに寄付デンキ」

ここまで聞いてやっとネーミングの意味が分かっていただけるかと思います。

寄付付き電気というキャッチコピーで宣伝されているものは多くありますが、そういったものは

新電力に変えることで、安くなった電気代が寄付に回るというもので、利用者自身にはあまりメリットがなかったそうです。

「それ関西じゃ誰もやらんわ」

というやりとりがあったのかなかったのかは知りませんが、

大阪ねこの会に寄付デンキは、

新電力に変えることで、利用者さんの電気代が先ず安くなる。そのうえで、電力会社が売り上げの一部を大阪ねこの会に寄付をする。

という仕組みだそうです。

つまり、利用者側は切り替えに基本的にお金もかからず、月々の電気代も安くなるうえに大阪ねこの会への応援にもなっている。

という、うまい話すぎてほんまに?

と聞きたくなる内容になっているそうです!

そのチラシ作成をご依頼いただき作成しました。

電気の話ほんまに?

と思う方は、直接↓のQRコードからLINEにてお問い合わせしてみてください!

ドキドキなTNR

スタッフ梅です。

お庭にごはんを食べに来る、猫さん達のTNRのお手伝いでした!

夕方、現場へ向かい、状況を説明してもらっていると、いつも先に来るクロちゃんがひょっこり。

すぐに捕獲器設置。

まっすぐ捕獲器へ。

スムーズに捕獲完了です!

そして、その後すぐ、ばっちりなタイミングで、白黒さん登場です。

すんすん。おいしい香り。

そんな捕獲の風景を、カーテン越しに静かに眺めるご家族さん(笑)

そして、白黒さんもスムーズに捕獲完了です!

伊丹ねこスペイクリニックさんで手術して、翌日リターンで、お手伝い完了です!

お庭に、ごはんを食べに来るだけでなく、トイレや、寝るスペースも確保されていて、大事にされてるんだなぁと、嬉しい気持ちになりました!

3世代一斉TNRのお手伝い

スタッフ小池です。

たまたまお庭にきたノラ猫さんにご飯をあげたら、3匹ほどの子どもを産み、その子たちが育ってきたと思ったら、また子猫が生まれ、あっという間にお庭にご飯を食べにくるノラ猫一族が8匹になってしまったそうです。

「これ以上増えないようにTNRをしたい!」

というご依頼でした。

夕方に依頼主さん宅へお伺いすると、猫さんたちが勢揃いしていました。

捕獲器を設置すると、我先にとご飯を食べに入ってくる子猫たち。

捕獲器を設置して、入ったら包んで、よけて、また設置して・・・を繰り返していきます。

比較的警戒心が薄いようで、1時間半弱で8匹が無事捕まりました!

次々と捕獲器に入ってくれるので、忙しくて捕獲中の写真が一切撮れませんでした。汗

全頭、伊丹ねこスペイクリニックさんに搬入し、手術翌日に捕獲現場にリターンしてお手伝い完了です!

さくら猫さんたちの中で。

スタッフ小池です。

4匹の成猫がご飯を食べにくるお庭で、捕まらない2匹の猫さんのTNRのお手伝いでした。

不妊手術が終わっている2匹の猫さんはかなり人慣れしているため、依頼主さんが抱っこでキャリーに入れ病院に連れて行かれたそうです。

そのため、4匹とも捕獲器への警戒心はゼロ。

捕獲器を手動にして設置すると、4匹が集まってきます。

まず、食べ始めたのはターゲットではないキジ白さん。かなりガツガツするタイプなので、まずはこの子に気が済むまで食べてもらい、ターゲットの子たちにこの箱は特に怖い物では無いらしいと見て学んでもらいます。

キジ白さんがたらふく食べて捕獲器から出たところで、ご飯を入れた次の捕獲器に差し替えます。

ターゲットの黒猫さんが入ってくれました。

それをもう1匹のターゲットのキジ白さんがガン見・・・。

ターゲットのキジ白さんが目を離した隙に黒猫さんを捕獲しました。

続いて、ターゲットのキジ白さん用に捕獲器を設置し直します。

すると、さっきたらふく食べたはずの手術済みの方のキジ白さんが再び捕獲器へ。

手術済みのキジ白さんが食べ終わったところで、ようやくターゲットのキジ白さんが捕獲器の中へ。

無事、ターゲット2匹の保護完了です!

動物病院に搬送し、手術翌日にお庭にお送りしてお手伝い完了です。

深夜のTNR

スタッフ梅です。

以前もご依頼いただいた、N市の依頼者さん。前回8匹。今回も7匹程のご依頼です。

まずは、塀の上でお待ちかねの茶白君。

すんすん。いい匂い。5分程で、捕獲完了です。

次の現場へ。2現場でそれぞれ1匹ずつ捕獲が完了。

捕獲しながらエサ場へ回るものだから、ごはんの時間がズレ気味に。待ちきれずに、塀に手をかけ落ち着きない猫さん。

か、可愛い。まん丸な白ちゃんもお待ちでした。

この子達は、前回TNRした子達。会えて嬉しい!

この日は、ターゲット猫さんが現れなかったり、入ってくれなかったりと、3匹で終了。リターンの際に、再度リベンジです!

……

リベンジ日。

前回捕獲器に全然入ってくれず、黒猫さんとケンカしてたキジ君。今回はスムーズに入ってくれました!

こちらは茶白くん。手前のだけサッと食べてえさやりさんを追いかけどこかへ走って行ってしまいました。汗

再度呼び戻してもらい、無事捕獲完了です!

この日も3匹の捕獲になり、何と、見事に6匹全頭立派な男の子!

手術も無事終わり、みんな元気に元いた場所に帰っていきました!

ものすごーく、個人のニュースですが。。。。

本日、35歳の誕生日でした!(笑)もうそろそろ、お祝いが嬉しくなくなってくる歳に近くなってきました。。笑

まだまだ出来ること、やるべき事は、果てしなくあります!出来ることからコツコツと!地道に頑張ってまいります!

特に深い意味はありませんが、一応、ねこから目線。欲しい物リストを貼っておきます。笑

https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/129AELRBGZWM7?ref_=wl_share

※ねこから目線。はボランティア団体ではありませんので、プレゼントをすると、ただただ、経費が浮いて、スタッフ梅本、小池が喜ぶだけです。

90km先で12匹の一斉TNR

スタッフ小池です。

遠方からのご依頼が続いています。

今回は90km圏内の場所で、ターゲットは子猫2匹と親猫1匹の計3匹の保護と、近くの別現場にてご飯をもらっているノラ猫さん10匹ほどのTNRのご依頼でした。

・・・

捕獲日当日。

依頼主さんと待ち合わせをし

まずは、TNR現場に取りかかります。

10匹もいれば、どんどん入ってくれるかと思いきや、なかなかまったりしている猫さんたち。

時間をかけて1匹ずつ捕獲器に入っていきます。

その様子を見守っていると、別現場で保護予定だった母猫さんが登場しました。

別現場と言っても、そんなに遠くは無いのでご飯の臭いつられて来たのか、今までも時々食べに来ていたのかもしれません。

予定外ですが、結果オーライです。

そうこうしている間に、依頼主さんが近所を探し回り、メインターゲットの子猫2匹の居場所を発見!

捕獲器を設置して、1匹ずつになってしまいましたが、2匹とも保護完了です。

可愛い・・・!!

・・・

TNR現場の方は6匹捕獲できたところで、猫さんの気配が無くなってしまったため、この日は切り上げることに。

確実にあと4匹は居るようなので、捕獲器をお渡しし、翌日の夜と翌々日の早朝に依頼主さんと餌やりさんでリベンジしていただくことになりました。

ひとまず、捕まった9匹を伊丹ねこスペイクリニックさんに搬入しました。

手術翌日の午前中に現場に猫さんをお送りします。

そして、前夜と早朝に依頼主さんが捕獲リベンジをして捕まえてくださった残りの3匹を受け取り、また伊丹ねこスペイクリニックさんに搬入しました。

放浪癖のあるオス1匹は捕まりませんでしたが、依頼主さんと餌やりさんの粘りのおかげで、ターゲット10匹中9匹をTNRすることができました。

手術を終えた9匹は現場にリターンになります。元気に走っていくサビ猫さん。

餌やりさんが引き続きお世話をしてくださいます。

保護になる3匹は保護場所へお送りしてお手伝い完了です。

合計12匹の一斉TNRと保護のお手伝いでした!

公園の親子猫保護とTNR

スタッフ梅です。

O市の公園にいる、猫一家の保護とTNRのお手伝いでした。

現場に行くと、たくさんの餌やりさんが。そして待ち構える子猫達。

さっそく捕獲器を設置していきます。

すぐ入っていったキジちゃん黒ちゃん。

外にはもう1匹のキジちゃん。狭くて入れないのかうろうろしながらもなかなか入ってくれず、ひとまず2匹で作動させます。

再度捕獲器設置。キジちゃんは警戒しながらも、お腹はペコペコなので、すんなり入っていきました。

そして、母猫さんもすんなり無事保護完了です!

翌日、手術し、リターン。保護の子達は、ご自宅にお送りして、お手伝い完了です!

保護し、人慣れ訓練して、里親さんを募集するそうです。