お庭の住猫さんTNR

スタッフ梅です。

立派なお庭に来る猫さん達のTNRのお手伝い依頼でした。現場へ向かう途中、ものすごい山道を越え、何とか辿り着きました。

吉津で目隠しされた軒下で食べるとのことで、早速、捕獲器を設置したら、まずはキジさん無事捕獲です。

入るところを目の前で見てしまった三毛さん。一旦姿は消すものの、裏から回って戻ってきました。

捕獲器の方へ誘導し、三毛さんも無事捕獲です!

そして、最後に現れた、これまた三毛さん。ゆっくりゆっくり食べ進め、、、

3匹、みんな捕獲完了です!

伊丹ねこスペイクリニックで手術してもらい、翌日リリースして、お手伝いは終了です!

ゆるりなTNR

スタッフ梅です。

ねこから目線、事務所から約80㌔先のM市より、お庭の猫さん達のTNRのお手伝い依頼でした。

とっても長閑な田園風景の中にあるおうち。お待ちかね?みな、お庭でくつろぎ中でした。

平和〜

とってもフレンドリーな愛想の良い茶白ーズ。

捕獲器設置を手動にし、中に進んで行ってもらうよう、ここにあるよ!と、指さしながら教えても、あなた美味しいの持ってるじゃない!なんでそれをくれないの?!と、なかなか入らず(笑)

ひょいっと、もう抱っこ。

その間に、もう1匹のターゲットのビビりちゃんは、少し離れた所で、、、

あと1匹は、姿がなく本日はここまで。

皆、無事に手術も終わり、風邪の治療もしてもらいました!

健やかに過ごせますように。。。

猫に優しい捕獲講座

スタッフ小池です

人と動物の共生センターさん主催

「猫問題解決ボランティア育成プログラム」

の連続講座のうち、「猫の捕獲について」の講師を担当しました。

LIVE配信は100名満員だったそうです!驚

LIVEで見られなかった方はYouTubeで見ることが

https://youtu.be/Leu1yCZvd8o

捕獲講座の講師を引き受けたものの、どんな内容がいいか、何を伝えたいか悩みました。

悩んだ結果、一番伝えたいことは「猫に優しい捕獲」だと思いました。

TNRは必要なことですが、猫にとっては一生で一番怖い経験かもしれません。

捕まえるだけなら捕獲器さえあれば誰にでもできます。猫ボランティアとして活動するなら、手術を受けてくれる猫さんたちになるべく負担をかけないように配慮してほしいと思いながらたっぷり1時間お話しさせていただきました。

コロナ禍ですので、ZOOMを使ったオンライン講座でした。初めてのことなので、パソコンを低い机に置いて撮影したところ、とっても上から目線。な構図になってしまいました(笑)。スミマセン。

撮影場所は閉店後の、のらねこさんの手術室をお借りしました^ ^

照明に手術ライトまで貸してくださいました。めちゃくちゃ眩しかったです。笑

講義の後は、センターの鈴木さんと一緒に質疑応答コーナーです。

YouTubeは1時間半もあるので、見る方は眠気に注意してください。自分が話しているとこを見る機会が無いのですが、なかなか淡々と喋るので眠くなるということが分かりました。笑

2021年は話し方に抑揚をつけられるようになる事を目標にしたいと思いました。

捕獲講座のYouTubeはこちら↓

https://youtu.be/Leu1yCZvd8o

公園猫さんのTNR。part2

スタッフ梅です。

以前、お手伝いした現場で、捕まらなかった子猫さんと、新たな黒猫さんのTNRのお手伝いでした!

約束の時間に現場へ行くと、前回TNRした子猫達が!の、後ろに今回のターゲット黒猫さん。

元気そうで嬉しい!

さて、黒猫さんの捕獲へ。スムーズに捕獲完了です!入る所を見ていたキジトラさん達。サササーっと散りましたが、近くをウロウロ。でもとっても警戒モード。

と、そこへ、前回捕まえれなかった黒子猫さんがやってきました!警戒モードの子達は捕獲器近くには来なさそうなので、そぉっと草陰へ設置。

無事捕獲完了です!

一犬猫病院さんで、手術していただき、翌日元気に帰っていきました!

これで、今のところ公園猫さんのTNRは完了です!お疲れ様でした!

にゃいんですけど。なTNR

スタッフ梅です。

T市で、家に来る猫さんのTNRのお手伝いでした。

早朝現場に到着し、餌場を聞くと……何とキッチンの一角!!窓を開けると入ってくるのだとか!捕獲器を設置し、部屋の隅へ。

そして、いつものように窓を開けてもらうと、待ってましたぁ!と、ルンルンで入ってきたキジトラさん。

捕獲器の中のごはんに気付いてはいるものの、いつものごはん皿が空っぽなことに、依頼者さんに、「お皿にごはんにゃいやん。」と、目で訴えるキジトラさん。可愛い。。

待っても、誘導しても、捕獲器はフル無視のキジトラさん。

知らない私が近くにいても全然逃げる様子がないので、出入りしている窓をそっと閉め、ちゅーるを直接あげてみると、すぐに食いついた!!(笑)触ってみると、そんなに悪くない反応。。。

よしっ!抱っこしちゃいます!

布で包み、ゆっくりin。

のらねこさんの手術室に運び、手術してもらい、翌日リリースです!

リリース直後、喉をたっぷり潤し、物陰へ去っていきました。キジトラさんお疲れ様!!

5匹TNRのお手伝い

スタッフ小池です。

先月にさくら猫さんたちの中で、まだTNRができていない2匹の成猫のTNRをお手伝いさせていただいた現場の続編です。

さくら猫さんたちの中で。

あの時にTNRをしたキジ白猫さんの子猫たちが1ヶ月たち充分手術ができる大きさに育ったので、TNRを実施することになりました。

ターゲットは子猫4匹と新参者の成猫1匹です。

早朝に現場にお伺いすると、ノラ猫さんたち安定の勢揃いです。笑

前回TNRした2匹も元気そうです。

捕獲器経験者のハズの子たちもガツガツ捕獲器に入ってくる現場なので、捕獲器を手動にして丁寧にターゲットのみ捕まえていきます。

3匹が順調に捕まりました。

最後に残った三毛猫の子猫さんだけ、離れた所で警戒しているので、捕獲器を自動にして、依頼主さんに置いてもらい、無事捕獲完了です。

1匹はすでに保護されているので、5匹全頭病院に連れていくことができました。

手術翌日に現場にお届けしてお手伝い完了です^ ^

6匹の一斉TNRのお手伝い

スタッフ小池です。

5匹の子猫さんと、1匹の成猫さんの一斉TNRのお手伝いでした。

朝7時に依頼主さん宅にお伺いします。

触れるほど慣れている子猫2匹は、依頼主さんが先にキャリーに入れて確保してくださっていました。

残りの子たちに捕獲器を設置していきます。

お兄ちゃんと子猫さんが一緒に捕獲器へ!

時間と場所の餌付けがばっちりだったおかげで15分ほどで残りの4匹も捕獲器に入り、無事6匹全頭の捕獲が完了しました!

伊丹ねこスペイクリニックさんに搬入し、手術翌日に捕獲現場に放してお手伝い完了です!

鳥居の猫さんTNR

スタッフ梅です。

とある神社の鳥居の周りに集まる猫たち。全頭手術をすることを考えていたが、1匹妊娠してるかもしれない。その子を先に手術する依頼を受け、現場へ。坂のてっぺんまで登ると、、わらわら猫さんがお待ちかねでした。

ごはんを置く前から、にゃーにゃー走り回る猫達。

朝のお散歩をしている方がたくさん通る場所。そんな人通りが多い場所でも、ぐいぐい捕獲器に入り、がつがつごはんを食べる猫さん達。

お腹が空きすぎてる様子。少し痩せてるのが気になる子も。。

今回のターゲット猫さんは、この黒ちゃん。妊娠疑惑は、ぱっと見なさそうです。

自分の番を、うろうろしながら、待っている黒ちゃん。

15分後くらい、やっと黒ちゃんの番が来て無事捕獲です。

のらねこさんの手術室にて、手術、風邪の治療もしてもらい、妊娠も、子育て中でもなく一安心。翌日リリースして、お手伝い完了です!

リリースの瞬間を、石の影から覗くオスの黒猫さん。可愛すぎてパシャリ。笑

お散歩してる方から、カステラをもらう猫さん。群がりすごい勢いで食べてました。。ごはんが食べられるムラがありそうですね。。手術に備え、食事の管理等お願いしました。

順次、TNRを進めて行く予定です!

自分の番まだですか?なTNR

スタッフ梅です。

敷地内でごはんを食べに来る子達のTNRのご依頼でした。

お伺いすると、白黒さん大と、白黒さん小、サバ白さんが待っておりました。

TNR済みの子もいるので、捕獲器を手動にして設置します。

捕獲器を設置すると、我が先にとぐいぐいやってくる3匹。先陣をきったのは、手術済の白黒さん大。

捕獲器がパツンパツンになる程の大きさの、白黒さん大。ひとまず食べ終わるのを待ちます。サバ白さんは、自分の番が来るのを冷静に待っていますね。

こちら白黒さん小。まだまだ子猫さんですね!

ちょっと、おじさんまだ?おじさん大きいから入れないんだけど!と、急かす白黒さん小。笑

5分程して、食べ終え出てきた白黒さん大。ごはんを入れ直し、白黒さん小が入るのを待ちます。

そして、ウロウロするサバ白さん。もう1つの捕獲器を、少し離れた反対方向にも設置し、同時に捕獲作戦です。

サバ白さんが、踏み板を踏んで扉が閉まると同時に、手動にした捕獲器も作動させ、2匹同時に捕獲成功です!

そして、キジトラさん。

捕獲器近くに来るものの、落ち着きのないキジトラさん。依頼者さんに、捕獲器内に誘導してもらい、粘ること20分。。

3匹、全頭捕獲完了です!

一犬猫病院さんにて、手術してもらい、翌日リリースして、お手伝い終了です!

110km先で一斉TNRのお手伝い

スタッフ小池です。

たまたまお仕事で行った先で、沢山のノラ猫を発見された依頼主さん。

見て見ぬふりができず、餌やりをしている地域の方々と丁寧にお話しをされ、TNRの了解を取り付け、ねこから目線。にお手伝いのご依頼をいただきました。

ターゲットの猫さんたちが非常に痩せていたため、事前に沢山のフードを餌やりさんにお渡しすることもされていました。

すごいです。

場所はねこから目線。事務所から110km離れた日本海が見えるのどかなエリア。

そして依頼主さんも、わざわざTNRのためにホテルを取って現場に来られていました。

捕獲日。

朝7時半に現場で待ち合わせをします。

人の気配を感じると、わらわらとターゲットの猫さんたちが登場します。

テンポよく、5匹が捕まりました。

あと2匹いるハズですが、姿が見えません。

一旦離れ、もう1現場の親子3匹の捕獲へ行くことに。

捕獲器を手動にして設置しますが、子猫さん1匹しか食べ進んでくれません・・・。

しかし、警戒心の薄い子猫さんがたっぷり食べるのを遠目で見ていたようで、ご飯を追加したところ、母猫さんともう1匹の子猫さんも出てきてくれました!

3匹一緒に入ってくれたところで、扉を閉めて捕獲完了です。

病院の搬入時間があるため、捕獲開始から1時間半で区切り、8匹をのらねこさんの手術室と伊丹ねこスペイクリニックさんに分けて搬入しました。

ちょうど1000gで手術を受けた生後3ヶ月くらいのメスの子猫さんは、右側の卵巣嚢腫になっていました。

早期のタイミングで避妊手術ができて本当に良かったです。

手術翌日に現場にリターンしてお手伝い完了です。

リターンの時は、猫は3メートルくらいはとりあえず何も考えずにダッシュする子が多いです。

そのため、安全な向きと方向に向けて放してあげることはとっても大切です。

猫さんの寝ぐらで捕獲器の扉を開けるよりも、3〜5メートルくらい離れた場所で扉を開けてあげると、走りながら冷静さを取り戻して、寝ぐらに入っていくような気がします。

リターン風景。

ダッシュしつつも、ちゃんと寝ぐらのお家の中に入ってくれてひと安心です。

2日間で現場の滞在時間は計2時間でしたが、運転時間は約8時間弱の遠方TNRでした。

猫さんたちも依頼主さんもお疲れ様でした!!