超遠方TNRのお手伝い

今日はこれまでて最長89キロ、高速を使って片道2時間ちょいのお家へ捕獲された猫さんのお迎えに行きました。

とっ遠い…

TNRのお手伝いの最多は一箇所一日で31匹てますが、今回距離の最長記録更新です。

海が見える〜

お迎えした猫さんは、のらねこさんの手術室へ搬入しました。

長旅お疲れさま。

手術頑張ろうね!

カテゴリー TNRタグ

TNRのバランス…

今朝は先日から15匹TNRした地域にて、追加で朝に捕まったノラ猫さんを病院へお送りしました。

依頼主さん、すっかり捕獲器の使い方をマスターされたので、一台お預けして翌朝にターゲットの猫さんの捕獲をご自分でしてくださいました。

16匹目。模様的に恐らく女の子かなと思います。一犬猫病院さんへ搬入しました。

昨晩、15匹全頭を捕獲場所にリターンしました。

また7人ほどのギャラリーに見守られ、1匹ずつ公園に戻っていきました。

だいたいどの現場もオスメスは半々くらいか、少しメス多め、という事が多いです。

ですが、今回は15匹中12匹がオスでした。これは異常です。

捕獲の中で出会った餌やりさんは1、2ヵ月に1匹のペースでTNRをされていたそうです。

推測ですが、もしかしたらメスばかりを狙って手術をしていたのかな?と思いました。

時々、そういうやり方をされている現場に出会ったり、話を聞いたりします。

率直に言って、メスだけTNRというやり方は、やめた方がいいと思います。

オスメスのバランスが崩れ、残った未手術のメスが発情期のオス達から集団リンチのようになってしまうからです。

子猫が産まれても発情期のオスに殺されてしまう確率が上がると思います。

これは、明確な根拠データがあるわけではありませんが、色んな現場でTNRをしている方からも同じような話を聞いた事があります。

なので、私がお手伝いさせてもらう時は、オスもメスもTNR対象とした方が良いとお伝えさせてもらっています。

それに、苦情の原因になりやすい発情期の喧嘩の声やマーキングスプレーをよくするのはオスです。そこを止めないと、苦情に対応できません。ノラ猫が地域の嫌われ者にならないためにもバランスの良いTNRが必要だと思います。

ーーーーーー

そして、リターンが終わった後に待っている大仕事(?)。

捕獲器の消毒と洗浄です。

一度、猫が入った捕獲器は消毒洗浄せずに他の猫に使い回すことはできません。

強力な消毒液プールに一定時間浸してから、ブラシと流水でジャブジャブ洗います。外側を内側も綺麗にするので、10台あると30分はかかります。

良い運動になります…

広い捕獲器専用洗い場がある、のらねこさんの手術室の洗い場をお借りしています。

それと、捕獲器カバーもその都度洗います。

洗って、干して、たたみます。

地味ですが、大切な作業です(^^)

公園一斉TNR

S区の方から自宅玄関にご飯を食べにくるノラ猫さんと、ワンちゃんの散歩コースにある公園に夜な夜な集まってくるノラ猫さんたちにTNRをしてあげたい、というご依頼でした。

11匹確認済みということなので、車に捕獲器を11台。ばっちり準備していざ現場へ。

手前のクッションは後ろのガラスと捕獲器がぶつからない用に挟んでます。

現場に行ってみると、

ものすごーく開けた公園でした。

フェンスはあるものの、塀は無く、道路から公園を少し隠すような生垣も何も無い。

道行く人から公園の中はどの部分も丸見えです。

人の気配があるうちは、エサに手をつけないノラ猫さんも多くいます。

そのため、普段は物陰などに設置することが多いです。

が、

今回は、捕獲器を隠して設置できるような場所は一切ありません。

内心『ちょっとヤバいかも…』

と思いました。

とりあえず、やるしか無いので捕獲器にご飯を入れて準備開始。

その間に、たまたま通りすがった依頼主さんのご近所さん合流、餌やりさんA、餌やりさんBと続々と増えるギャラリー。

私含め7人。

7人て…

『大丈夫かなぁ…』

と心で思いつつも、依頼主さんたちを不安にさせるわけにはいかないので、自信満々にとりあえず2台設置。

また別の捕獲器の準備をしに車に戻る。

と…

カシャン‼︎

ん?

依頼主さん「入った!」

内心『はやーーーー』

カシャン!

次の子もはやーーー

開けた公園で、毎日ご飯を色んな人に貰っているノラ猫さんたちは、人目を気にせずご飯を食べてくれる子たちでした。

心配をよそに、良いペースで捕まっていってくれました。

そんな中、

自転車に乗ってふらっと登場したほろ酔いのおじさん。

捕獲器のすぐ横の猫たちの所に自転車を停める。

3人目の餌やりさんかな?

と思い、声をかけ今日の趣旨を伝えると、「あぁ、そう」とちょっと迷惑そうに公園の反対側へ移動するおじさん。

ゴソゴソと立ちションをし始めたおじさん。

あぁ、よかった。迷惑そうにされたけど声をかけて。あやうく、7人のギャラリーに見守られながらおじさんはおしっこをするはめになるところでした。

あぁ、よかった。初めてのTNRをカッコイイカメラで撮影している依頼主さんの娘さんのレンズを色んな意味で汚すことにならなくて。

そんなこんなで、公園の子たちを捕獲していると、依頼主さんの玄関に仕掛けた捕獲器にも一番のターゲットのサバ白さんが入ったそう。

「よかった〜」と喜ぶ依頼主さん

サバ白…?

「ちゃうやん!誰やねん!」

キジ白ですね。

メインターゲットのサバ白さん手強そうです。

開始から1時間半で用意していた11台のトラップ全てに猫さんが入ってしまいました。

が…

まだ公園に

2匹ほどのそのそと集まってきます。

メインターゲットのサバ白さんも未捕獲なので、翌日の夜にもう一度リベンジすることに。

ひとまず、捕まった11匹を一犬猫病院さんへ搬入。

1日に多頭の不妊手術を受けてもらえるのは本当に助かります。

翌日、追加で4匹捕まり、合計15匹に。

が…

大本命のサバ白さんは捕まらず。

続く…

ことになりそうな気配…。

※TNRの同じ現場に限り2回目以降は1時間あたり1000円引きです。

TNRのお手伝いハシゴ

今朝は通勤ラッシュの大渋滞に巻き込まれながらもH市で玄関にご飯を食べにくるサビ猫さんを捕獲しました。

先週にのらねこさんの手術室に依頼して玄関でサビ猫さんを捕獲してもらったそう。良かった〜と安心して昼過ぎに玄関を開けると、そこにはいつものサビ猫さん。

ん?

サビ猫違いだったようです。

影武者でしょうか。

模様が似ていると分からないコト、よくあります。

「バレたか…」

今回は、お顔の中心が黒いので毎日ご飯をあげている目的の猫さんで間違いないそうです。

そして、続いて昨晩に捕獲器を仕掛けて捕まっていたN市のノラ猫さんをお迎えに。

2匹揃って、一犬猫病院さんに不妊手術をお願いしてきました。

そして、夜はS区の公園で11匹捕獲でした。

それについてはまた明日…。

大学ねこ連盟の勉強会からのTNR

本日は、所属する大学ねこ連盟の勉強会でした。

大学猫サークルは、どうしても学生の入れ替わりが頻繁にあるので、新しい世代は捕獲の仕方が分からなくなってしまったりします。うる覚えの知識で捕獲器を使うと大変な事故が起きかねません。

そこで、今日は捕獲器の使い方、捕獲を成功させるためのポイント、人も猫も安全な搬送について説明させてもらいました。

遠方の大学猫サークルはスカイプ参加です。

そして、夜は一犬猫病院さんで手不妊手術をしてもらったノラ猫さんを受け取り、依頼主さん宅に送り、もう1匹のノラ猫さん用に捕獲器を預けてきました。

手術頑張ったね。お疲れ様です。

大阪ねこの会一斉有料手術に行ってきました。

昨日10日は大阪ねこの会の一斉有料手術のお手伝いに行ってきました。

※仕事ではありません。

猫の殺処分を減らしていくためにはなるべく多くのノラ猫に不妊手術を実施する必要があります。でもボランティアさんたちのネックになるのはやはり手術費です。良心的な病院でも4000円〜8000円はします。ならば、自分たちで超低価格手術会場を作ってしまおう、と発想し、それを実現して毎月継続できてしまうのが大阪パワー!!すごいです。

毎月2日間手術日があり、4、5人の獣医さんの協力の元、運営はボランティアのみで実施します。獣医さん以外の人件費がゼロで、会場も大阪ねこの会のKさんが無償提供してくださっているので、超低価格が実現しています。

2日間で150〜200匹の不妊手術を実施します。本当に凄いです。

大阪ねこの会の会員数はもう1000人を超えたそうです( ゚д゚)

ちなみに、会には大阪府外からでも入れます。私も兵庫県民ですが会員になっています。

詳しくは、大阪ねこの会代表のブログをご覧下さい。

なるべく一斉手術の日はどちらか1日だけでも参加したいと思っています。

1月、2月に引き続き、3月は10日(日)に参加させていただきました。

私は朝から夕方まで、手術前の猫さんの毛刈りをひたすら担当しました。疲れました。笑

でも楽しいのが不思議です。大阪ねこの会の会場の雰囲気作りが上手なんだなぁ…

会場は写真撮影禁止なので、沢山の猫が居る異様な空間に長時間いたことが分かる写真がこちら↓

履いていた靴の臭いを念入りにかぐ我が家の猫さん。

入れ替わりに嗅ぎにくる猫さん。

「なんか臭うで!」

大阪ねこの会の一斉有料手術についてはこちらをご覧ください。

カテゴリー TNR

遠方TNRのお手伝い

3回目のご依頼の現場でした。

お庭にくるノラ猫さんを順次TNRされています。

捕獲器はご自分で持たれており、新顔のノラ猫がしばらく居つくと捕獲されます。

捕獲作戦をする日には事前に電話をくださいます。

「今晩、捕獲器仕掛けますので、捕まってたら明日の朝お迎えお願いしますね!それで、捕獲器どうやって使うんやっけ?」

不妊手術をする為には動物病院の予約が必要ですので、このように捕獲する前にご連絡をお願いします。

今から来て!のご依頼は私も対応できない場合も多いですし、そもそも動物病院に手術の枠が空いていない事もあります。

捕獲器の使い方など電話対応は無料です。

今回捕まった新顔くん。

一犬猫病院さんで去勢手術をしていただきました。

今朝手術が終わった新顔くんを一犬猫病院さんから受け取り、捕獲現場でリターンしました。

とっても元気に走っていきました(^^)

「どうしたの?あいつもさくら猫になったの?」

と言ってるのでしょうか。

「ちょっと小腹が空いたんですけど。」

と言ってるのでしょうか。

依頼主さんと話していると、様子を見に来たさくらねこさん。この子は避妊手術済みです。

TNRは継続して、1コロニーの全猫に実施した方が効果があります。

TNRのご依頼の場合、同じ現場に限り2回目以降は1時間あたり1000円引きいたします。

相談、お問い合わせはこちら