先輩さくらねこさん。

スタッフ小池です。

S市で、お庭にご飯を食べにくるノラ猫さんのTNRの送迎のお手伝いでした。

常連猫さんはすでにTNR済みです。新入りさんが来たら「明日捕獲したいと思うねん!」とねこから目線。に病院の予約送迎を依頼してくださる依頼主さん。

捕獲器を購入するところからお手伝いさせてもらい、かれこれ2年間で4回ほどTNRのお手伝いさせてもらっています。

今回のターゲットは早朝に現れるチャトラくん。

「捕まったわ!お迎え来てね!」

と早朝にお電話がありました。

依頼主さんの捕獲技術がどんどん上がっている気がします。

のらねこさんの手術室に搬入し、手術翌日にリターンしてお手伝い完了です。

リターンが終わって室内で精算をしていると、いつも様子を見に来てくれるさくらねこさんが今日も来てくれました^ ^

『あら、今日も誰かさくらねこになったのかしら?』

『クンクン。ふむふむ。』

『あの茶トラ坊やね。』

『朝ごはん残ってるじゃない。もったいないわ。』

先輩さくらねこさんの元気そうな姿を見ると嬉しくなりますね^ ^

ビルの谷間の住猫TNR

超ど繁華街のビルに住む猫達のTNRのお手伝いでした。

休日の昼間ということもあり、賑わう街。ビルの住人たちは、皆、猫が好きだそうで、寝床がある。そこで寝ている猫さんが。。。

まずここの子から…

捕獲器を置くと、すぐにムギワラの子猫さんが。1分程で、「カシャン」捕獲完了。

音にびっくりする猫が多い中、何事もなかったように、静かに食べ続ける猫さんw

ちらっと後ろを見ると出口がなくなっていることに、、気付いたか、、?何とも冷静な子猫さんw

次は階段下で、サビ子猫さん。周りをうろちょろしながらも、捕獲完了です!

次に現れたのは茶白さん!ターゲット猫ではなく、依頼者さんも初めて見た猫の茶白さん!こちらもスムーズに捕獲完了!(写真取り損ね…)

お次に、お母さんの茶トラ猫さん。こちらもわりとすんなり捕獲へ。。

もう1頭母猫がいたが、他の子が入ったところを見てしまったのか、顔だけ出して姿を消してしまいました。。

最後はこの子。捕獲中ずっと、他の子が入るのを見ながら、ビビることなく、落ち着いていた茶トラ君。捕獲器入らず、、いや、無視?目の前に誘惑ごはんをおいても、食べない。。

お腹空いてないのかしら?(お顔は何だかムスッとモード)

そこへ、本命のエサやりママさん登場。たぁーーっと駆け寄り甘々モードへ。むちゃくちゃ懐いてますやん。。w

洗濯ネット捕獲に変更。なでなで甘やかしながら、しれっと洗濯ネットをかぶせ、無事捕獲完了です!

ねことわたしスペイクリニックへ搬入し、リターンしてお手伝い完了です!

この日は、猫の不妊去勢手術、 『SPAY WEEK 2020 in KOBE』期間限定の一斉キャンペーン中のクリニック。(受付は終了しています)

たくさんの猫さんが手術を待っていました!

不幸になる命を増やさないため、早期の段階での手術が大切です。

可哀想だから、えさあげてるの。。と、猫を可愛がるなら、その命の先まで、可愛がってあげてほしいな。。と、思います。

もっともっと、もっともっと、手術の大切さが浸透していきますように。。。

キッチン裏のノラ猫さんたち

スタッフ小池です。

キッチン裏の勝手口に毎日ご飯を貰いに来るノラ猫さん5匹の一斉TNRのご依頼でした。

朝8時に依頼主さん宅にお伺いし、勝手口に案内していただくと待ちきれない子猫さんたちがドアにしがみついていました。汗

急いで捕獲器を設置すると、我先に食べに入ってくる子猫たち!を押しのけて三毛お母さんがIN!!

母優先の教育方針なんですね。

続いて子猫3匹が次々捕獲器へ!

残るは白黒お母さんです。

さすがに警戒モードになってしまった白黒さん。

捕獲器を設置してしばらく待ちます。

「カシャン!」

あ、入った!

ん?白黒??じゃない、、、、

たまに現れるノラ猫でした!汗

もう一度、仕掛け直してまつことしばらく、、

念願の白黒さんも捕獲器に入ってくれました!

依頼主さんが既に保護している2匹も一緒に、計8匹をのらねこさんの手術室に搬入して、翌日リターンに伺ってお手伝い完了です!

近所猫たちのTNR

スタッフ梅です。

家の近所で生活する、外猫さん4頭のTNRのお手伝いでした。

深夜0時過ぎ、現場へ到着。

いつも、すでに待ってるんやけどねー。寒いからかなー、今日おらんね。。と、依頼者さん。

この日は、暖冬と言われている今年、やっと冬が来た。と、ニュースでやっていた日。風がものすごく冷たかった。

捕獲器設置から1時間程が経った頃、お家とお家の隙間から、猫さんがひょっこり!w

出てきてくれました。

と、そこへ、違う方向から新たな猫さんが!

すんなり、捕獲器へ!

1頭、無事捕獲です! 猫さんが入った捕獲器を包んでいると、また新たな猫さんが!

こちらを凝視。。

速やかに捕獲器設置し、私は車内に身を隠すと、キジ猫さんと、サバ白さんが、お互いすりすりと、体を寄せ合い、捕獲器近くにやってきました。

わぁ、、1頭入るとこ見ちゃうな。。あぁ、困った、、

おっと。あたしがいるのバレた?? 極力身を隠し、入るのを待ちます。

捕獲器周りをぐるぐる。確認し、キジ猫さんが入っていき、サバ白さんは、少し物陰へ。

「カシャン」

サバ白さんは、音に驚き去っていってしまいました。。ごめんね、、怖かったよね、、

2頭目、無事捕獲です。

サバ白さん、周りをウロウロしているものの、やはり警戒して、捕獲器には入らず、今回は断念。

現場出発間際。パトロール中の、お巡りさんの職質を受けました。そういえば、車に隠れて、2時間ほどいた間に、数回パトカーが通っていたな。怪しまれていたのか。。

「のらねこの不妊手術での捕獲」ということを、説明しても、ピンときていないお巡りさん。最後は、理解してくれたようだが、まだまだ浸透していないのが、現実なのかな。。

2頭を、のらねこさんの手術室へ運んで、去勢手術を施し、翌日リターンで、お手伝い完了です!

残り2頭は、次回チャレンジです!!

世間は狭い?のTNR

O市でTNRのご依頼でした。

自宅近くの近くにノラ猫さんたちのたまり場があることに気がついた依頼主さん。

TNRのご依頼をくださいました。

現場の猫さんには、色んな人がご飯をあげてくれているようです。

・・・

捕獲日、依頼主さん宅に到着して現場を案内していただきます。

おっ、たしかに黒猫さんが座っています。

三毛猫さんも登場しました。

あ、もう一匹黒猫さん!

ん?

あれ?

こ、ここ、私知ってる気がする、、、

なんと!昨年の10月に別の方からご依頼をいただいて、気合いで全頭TNRした「強い気持ちでTNR」の現場でした!

「ここの子たち、別の方からご依頼いただいて、私5匹TNRしました!」

とお伝えすると驚きながらも、喜ばれる依頼主さん。

気になっていた子たちはTNR済みと分かって一安心です。

あの時の黒猫さんと三毛さん、ひとまわりふっくらしたようです^ ^

「それなら、もう1箇所気になっている場所があるので、そちらに行きましょう!」

と依頼主さん。少し離れた現場へ移動します。

こちらも多い時は10匹近くのノラ猫さんがたまっているそうです。

現場に到着すると、2匹の黒猫さんがいました。

とても人慣れしているようで、足元まで近寄ってきます。

1匹の黒猫さんは耳カットが入っていました。

ここも誰かがTNRしてくれているようです!

小柄なもう一匹の黒猫さんは耳カットなかったので、捕獲することに。

今日は2匹しかいないですねー、と諦めて帰ろうとしたら、ゴロゴロとご機嫌そうに寝ている黒猫さんが居ました!

黒猫さんばっかり!笑

ちゅ〜るでスムーズに捕獲完了です。

驚かせてごめんね、、、お口にちゅ〜るがついたままです、、。

今回は2匹の黒猫さんをのらねこさんの手術室に搬入してお手伝い完了です!

・・・

人間同士の面識は無くても、同じ猫さんを複数の人たちが気にかけてくれているんですね。

ご近所白くんのTNR

TNRのお手伝いのご依頼でした。

依頼主さんは、昨年からお家の周辺のTNRを積極的に取り組まれている猫ナースさん

ノラ猫たちの妊娠率が高くなる前にTNRをしたい猫がいます、とご連絡くださいました。

お家の周辺で見かけるノラ猫さんがいつどこでご飯をもらっているのかリサーチされたそうです。

そして、予想以上にご近所に餌やりボランティアさんが居られたことを発見し、TNRの協力をとりつけたそうです!

猫ナースさんは捕獲器をお持ちなので、ねこから目線。は病院の送迎のお手伝いです。

・・・

捕獲日初日、ターゲットの白猫君が捕獲器に入ったものの、暴れて逃げてしまったそうです(>_<)

翌日リベンジするも、捕獲器の奥まで入ると危険だと理解してしまった白猫君。

見事にギリギリまで食べて食い逃げしたそうです。

賢いです。

一度捕獲器で怖い思いをすると、二度と捕獲器に入ってくれない猫さんも多いです。

そこで、一旦捕獲を延期して1週間かけて捕獲器慣らし作戦を実施していただくことに。

・・・

そして約1週間後、3度目の正直の日。

どーん!と立派な白猫君の捕獲に成功したそうです。

「捕まりました!」

のご連絡をいただき、白猫君をお迎えに行って一犬猫病院さんに搬入してお手伝い完了です^ ^

手術翌日。捕獲現場に白猫君をお送りします。

餌やりボランティアさんにも見守られながら、さくらねこデビューした白猫君。

・・・

「妊娠シーズンに入る前にTNRしたい!」

とご依頼をくださった猫ナースさんはじめ、1月はコアなボランティアさんからのご依頼が多いです。その一方で、一般の方からのご依頼はとっても少ない傾向にあります。

1月からノラ猫さんたちがどんどん発情期に入ってきています。

これは、年間7,652匹の不妊手術をしているのらねこさんの手術室が出している統計です。

毎年、3月は妊娠率がピークになります。

3月後半からはどんどん産まれていきます。

猫は交尾をした刺激で排卵する動物なので、交尾をすればほぼ100%の確率で妊娠します。

そして、約2ヶ月後に1〜8匹の子猫を出産します。

目視でお腹が大きく見えるのは、すでに妊娠後期に入っています。

「ずっとご飯あげているノラ猫のお腹が大きくなってきたから急いでTNRをしたい」という一般の方からのご依頼が3月頃が急増します。

でも、妊娠していると母猫さんの手術の負担が大きくなります。傷口も妊娠後期になればなるほど大きくなります。

もし、今ご飯をあげているノラ猫さんが発情期に入っているのであれば、確実に2ヶ月後には出産します。

それを知っているから、コアなボランティアさんからは、どうしても捕まらないノラ猫さんの捕獲のご依頼が1月に入ります。

発情期がくる前に、妊娠する前に、できればTNRしてあげてください。

猫さんのためにもTNRのピークは出産シーズンの春ではなく、発情期前の10〜1月であるべきです。

TNRのご依頼お待ちしています!

中猫一族のTNR

スタッフ梅です。

S市の、公園入口付近に集まる猫さん達の、TNRのお手伝いでした。

「私が来たら、みんな一気に出てくるから」と、依頼者さん。依頼者さんには姿を隠してもらい、現場に捕獲器を一気に4つセットします。

依頼者さん登場すると、静まり返っていた公園入口に、猫達がニャニャーと走ってきました!警戒されるだろうと、捕獲風景を遠目で見ます。

まず入ったのが三毛さん。

入ったところから、布をかぶしてもらい、2、3頭目と、順番にすんなり入っていきました!!

最後の1頭がウロウロ。なかなか入らない。。 みんなの入るとこばっちりみてたもんね。。w とりあえず、猫さんの入った捕獲器を、車へ移動。

捕獲器には、入らないけど、付近をウロウロするので、まだお腹空いてるだろうなと、慣れてそうな雰囲気があったので、近くに行き、美味美味ごはんで捕獲器へ誘導。

ちょこまかしながら、手からも食べる中猫さん。10分ほど、格闘し、誘導で捕獲器内へ。

「カシャン」

捕獲完了です!

翌日、一犬猫病院に運び手術。その翌日、リターンで、元いた場所に元気に走っていきました!!

遠くへ行くこともなく、近くでこちらを見ながらウロウロw可愛いなぁ(๑ ́ᄇ`๑)

念願のサビ猫さんTNR

T市でTNRのお手伝いでした。

10匹ほどのノラ猫さんがいる現場で、どうしても捕まらない1匹のサビ猫さんが居るそうです。

お食事風景。

サビ、キジ、サビ、サビ、黒、黒、黒、サビ、黒、、

ほ、保護色の子ばっかりの一族のようです。

依頼主さん曰く、現場にはカラスが多いため、淡い色合いの子猫は目立ってしまいカラスに襲われてしまうそうです。

ターゲットのサビ猫さん。何度も出産を繰り返している賢い母猫さんだそうです。

餌やりボランティアさんが複数居る現場だそうです。不特定多数の方が連携せずに給餌している現場は捕獲が難しいです、、。

そこで、依頼主さんたちが時間をかけて、いつどこに餌やりボランティアさんが現れるのか、そのタイミングに集まる猫は何匹いるのかを調査され、コンタクトを取られたそうです!!すごい!

そして、夕方ならターゲットのサビ猫さんが単独または2、3匹で現れてくれることが分かったそうです!すごいです!!

そして、時間をかけて餌付けと人づけをされたそうです。

しかし、どうしても通常の捕獲器には入ってくれないので、ねこから目線。に捕獲のご依頼をくださいました。

・・・

捕獲日当日。現場近くで依頼主さんと待ち合わせします。

人通りや猫さんの出没経路を考慮して、依頼主さんと相談しながら警戒心の強い子向けの捕獲器の設置場所を決めます。

設置場所が決まったところで、依頼主さんには離れて待機していただき、ねこから目線。で捕獲器を設置します。

設置が完了したところで、依頼主さんに連絡していつも通り登場していただきます。

ここまでのところでは、猫さんの気配は全くありません。本当に10匹もいる現場なの?という雰囲気でした。

じっと待っていると、依頼主さんがいつも通り自転車で登場しました。

茂みの方に呼びかけています。

すると、3分ほどで、、

ターゲットの猫さんが登場しました!

どこに居るかわかりますか?

正解は・・・

ココです!

拡大すると、、

保護色って有効ですね。

そして、そのままスーッと捕獲器の元へ。

奥のご飯を食べてくれたところで、捕獲器を作動させて保護完了です!

サビさん、驚かせてごめんね。

依頼主さんの餌付けと人づけが完璧だったおかげで、打ち合わせから捕獲完了まで30分かからずにスピード捕獲することができました。

これで、この餌場のノラ猫さんのTNRは100%になったそうです!ボランティアさんたちの努力のおかげで、ノラ猫さんたちの生活守られていました^ ^

のらねこさんの手術室に搬入してお手伝い完了です。

出来ることをコツコツと。

今回のご依頼は、ねこから目線。事務所から片道100キロのW市。

昨年夏ごろから、お庭に来るようになった外猫さん。我が家の庭がごはん場と寝床になり、室内にまで入り、少し遊ぶようになりました。

やってきた当初。(がっつりシャー猫さん。。w)

お部屋まで範囲を広げてきた頃。

お顔の変わりよう!だいぶと優しいお顔になってます!

そんなこんなで、1度、捕獲試みるも失敗。ねこから目線。にご依頼がありました。

捕獲当日まで、キャリーで、箱に入る練習をしてもらい、いい感じに慣れてきました。

朝8時高速運転中、キレイな朝日を見ながら、猫さんのごはんの時間に、現場に到着し、猫さんお庭で待機中。すぐに捕獲器をお部屋の中にセットします。

扉を閉めて、隙間からカメラを通して確認します。

窓を開けてもらうと、すぐ入ってきました。からの、まず毛繕いw毛繕いが済むと、入口部分から食べ進めます。いい感じいい感じ。おっけーおっけー。

カシャン!!

すんなり捕獲完了です。

依頼者さんと、和歌山スペイクリニックさんへ。

無事、お手伝い完了です!!

捕獲当日よりも、捕獲日までの準備が、実はけっこう大切なんです。

今回は、キャリーに入る練習を、依頼者さんが、実施していてくれたおかげで、スムーズに捕獲が進みました!(1例です。全ての猫さんに通用するわけではありません)

お庭にある、猫さん用のお部屋に、爪研ぎ。帰ってきたら美味しいの用意してもらってね。

TNRと白ねこ姉妹の保護

スタッフ小池です。

O市でTNRと保護のお手伝いでした。

メインターゲットは、人慣れ抜群の白猫姉妹です。

ご飯よりも遊んでほしい!というノラ猫さんにしては珍しい性格だそうです。

ただ、人懐っこすぎる子はその分虐待にあってしまうリスクも高いです。

しかもノラ猫さんたちの住むエリアは猫が嫌いな方と好きな方とのトラブルが日常化しており、餌やりボランティアさんが水皿が置いては誰が踏みつけて割る。餌やりボランティアさんがお世話をしていると隣接しているマンションの上階から水をかけられ妨害されることもあれば、別の上階の方がチクワを投げて一緒にご飯をあげようと協力(?)してくれる人も居たりと、カオスな現場だそうです。

そんな中、元々は3姉妹だった白猫さんのうち、1匹が何者かによって毒殺され、警察がかけつける大騒動になったそうです。

これ以上、トラブルを大きくしてはいけない、虐待に合う危険性が高い子はそのままにできない、、とTNRと保護を決心されたそうです。

・・・

捕獲日当日、現場で依頼主さんと待ち合わせします。

早い時間に白母猫さんが現れ、気まぐれにキジトラ猫さん3匹と、黒猫さん1匹、夕方に白猫姉妹2匹が現れるそうです。

今回のメインターゲットは白猫親子です。

現場に到着してしばらく待つと、キジトラ猫さんが登場しました。

メインターゲットの3匹以外に2匹までは手術の空きがあるので、先着2匹を捕獲することに。

捕獲器の準備をしていると

「これ、いつもあげてるので使ってください!」

と依頼主さんが焼きガツオを出して、

トプトプトプ、、

ゆ、湯煎!!

手厚いー。

お外のノラ猫さんたちへの気遣いが素敵です。

ホカホカになったカツオを捕獲器に入れて、設置します。

無事、キジトラ猫さん2匹が捕獲器に入ってくれました。

さらに待つこと1時間、、

やっと母猫さんが登場しました!

捕獲器を設置して、そっと待つと、、

カシャン!

無事メインターゲットの母猫さんが入ってくれました!

ここまでの3匹は警戒心がきちんとあるのでTNRになります。

残るは、人慣れしすぎている白猫兄弟です。

・・・

待つこと15分ほど、、、

・・・

白猫姉妹が仲良く登場しました!

登場するなり、ゴローンっと甘えてきます。

奥の子は依頼主さんの猫じゃらしで遊んでもらっています。

うーん、確かにノラ猫としては危ない性格です。

か、可愛い、、

ご飯より、人が好き!という感じで、捕獲器に見向きもしません。

なので、捕獲器の横について、「おたべ〜」と見守っていると、、

やっと食べ進む白猫さん。

奥まで食べ進んで、、

保護完了です!!

続いて、もう一匹の姉妹も、、

保護完了です!

人懐っこすぎる白猫姉妹は保護して募集になるそうです。

厳しい環境でも、人を信頼しきって育った2匹の里親になりたい!と思ってくださった方はお問い合わせからご連絡いただければ、保護主さんにお繋ぎします^ ^

・・・

病院への搬入と、リターンと保護場所への送りまでお手伝いさせていただいて、お手伝い完了です!