工務店TNRのお手伝い

I市でTNRのお手伝いでした。

工務店の敷地に住み着いているノラ猫さんたちをTNRしたいというご依頼でした。

現場にはオス2匹、母猫1匹、子猫が2匹がいるそうです。優先的に慣れてるメス猫を妊娠する前に一刻も早く手術をしたい、とのことでした。

現場に伺うと、

大きなフルーツ籠に猫を入れてさらに大きなゴミ袋で包んだ状態のメス猫さんを片手に「捕まえといた!」と依頼主さんが出迎えてくださいました。汗

私も見て3秒で袋を破って逃げ行った猫さん。。。

捕獲器を仕掛けさせてきただき、すぐに逃げた猫さん捕獲完了です。

よかった、、、。

※写真撮り忘れました!

続いてターゲットのオス猫さん。

警戒しつつも、無事捕獲完了です。

※写真撮り忘れました!!

もう1匹のターゲットのオス猫さんは、建材の上から降りる気配ナシ、、。

「降りてくる気配無しですね、、」

と話していると、ちょろちょろ出てくる子猫たち。

生後2ヶ月くらいとのことだったので、手術はもう少し経ってからにしましょうと依頼をいただいた際のお電話では話していましたが、出て来た子猫さんは生後3、4ヶ月はいってそうな体格でした。

今回手術を依頼していたのらねこさんの手術室では1000gから不妊手術可能です。月齢でいうと3ヶ月くらいです。

早いと生後4、5ヶ月で発情期がくる猫さんもいます。まだまだ子猫だと思われていた6ヶ月の猫さんが手術をして、妊娠していたと分かることも度々あります。

依頼主さんと相談した結果、初日は捕まった2匹をのらねこさんの手術室にお願いし、 後日のらねこさんの手術の予約を取り直して、2匹の子猫とオス猫と3匹のTNRを追加ですることにしました。

・・・・

後日

再び工務店に早朝お邪魔して、捕獲器を設置します。

すぐに子猫2匹が仲良く入ってくれました。

前回、ターゲットのオス猫さんは私の気配があるだけで建材の上から全く降りて来てくれなかったので、今回はサッと仕掛けて気配を消すことにしました。

ちょこちょこ様子を見たい気持ちを抑えて、死角でじっと待機です。

待つこと15分・・・

カシャン!

無事、捕獲器に入ってくれましたー!

よかったです!

これで、ターゲット全頭にTNRが完了です^_^

3匹をのらねこさんの手術室に搬入してお手伝い完了です。

祠(ほこら)親子の一斉TNR

O市からTNRと保護のための捕獲のご依頼でした。

祠の裏に住み着き、一生懸命に子育てをしている母猫さんをたまたま見つけてしまった依頼主さん。

それ以来、気になって現場に通われ、子猫がしっかり離乳したタイミングで、母猫のTNRと子猫の保護のための捕獲をご依頼くださいました。

早朝、依頼主さんと待ち合わせします。

祠の裏からひょこっと顔を出す子猫たちと母猫さん。

捕獲器をまず二台設置して、

カシャン!

真っ先にご飯に食いついて捕獲器に入ってくれたのはサビ子猫さんでした。

かっ可愛い!!耳毛長い。

続いて

お母さん猫さん!

と、お母さんにいつもくっついている

黒子猫さん!

親子仲良く捕獲器に入ってくれました。

残るは、サビ猫の子猫さん1匹です。

捕獲器を設置して少し待つと、、

カシャン!

無事捕獲器に入ってくれました^ ^

依頼主さんがきちんと定時に餌付けしてくださったおかげで、

15分ほどで、4匹全頭捕獲完了です。

一犬猫病院さんに搬入しました。

明日、母猫さんのリターンと、子猫たちを保護場所にお届けしてお手伝い完了です。

お墓一斉TNR

S郡でTNRのお手伝いでした。

お墓に住み着いたノラ猫さんたちに不妊手術をして毎朝ご飯をあげ、お世話をしているボランティアさんたちからのご依頼でした。

長い方はもう25年ほど続けており、初めは沢山いたノラ猫さんも残すところあと2匹だけになっていたそうです。

10歳超えの2匹を見守って、長かったお墓猫たちのお世話も終わりかと思っていたところ、立て続けに捨て猫があったそうです。

新しく捨てられてしまった猫さんたちがある程度懐いたらTNRをしようと思っていましたが、その猫たちが次々と出産。

あっという間に14匹ほどになってしまったそうです。

手術済みの2匹を除いた12匹の一斉TNRのご依頼でした。

早朝、5時半に現場に到着し、依頼主さんたちと合流します。

依頼主さんたちが現れるとどこからともなく集まってくるノラ猫さんたち。

ひとまず、2台捕獲器を設置します。

設置した捕獲器に駆け寄る若い猫さんたち。

いきなり2匹一緒に入りました。

もう一台にも2匹入りました。

は、早い。。

追加で捕獲器を設置します。

早朝とはいえ、梅雨明けの7月は暑いです。

湿度もそこそこ高いので、捕まった猫さんたちが熱中症にならないように急いで包んでクーラーをかけっぱなしにしている車内に入れます。

車内に入れる頃にはまたノラ猫さんが捕獲器に。

ボランティアさんたちのおかげで、きちんと餌の時間を学習しているノラ猫さんたちの捕獲はスピードが早いです。

捕まった猫さんを包んで車に乗せて、

捕獲器におやつを入れて設置して、

また捕まった猫さんを包んで車に乗せて、

捕獲器におやつを入れて設置して、、

汗だくだくです。。

開始30分で10匹捕まりました。

あとの2匹は来たり来なかったりするそうです。

ターゲットのノラ猫さんたちが出てきてくれるのを少し待ちます。

アメショ風のノラ猫先輩は手術済みだそうです。もう10歳になるとか。

しばらくすると、ターゲットの白黒猫さんが登場しました。

捕獲器をしかけ、誘導してもらうとすぐに入ってくれました。

45分ほどで今朝姿を見せたターゲットの11匹全頭を捕獲することができました。

私も依頼主さんたちもめっちゃ汗かきました。笑

最後の1匹の猫さんは残念ながら今日は現れませんでした。

捕まった11匹の猫さんたちをねことわたしスペアクリニックKOBEさんに搬入してお手伝い完了です。

お墓の猫さんたちとボランティアさんたちが心穏やかに暮らすことができますように。

TNRと保護と。

O市で成猫のTNRと子猫の保護のご依頼でした。

現場に集合し、まずはマンション付近に住み着いている成猫さんたちの捕獲です。

順調に5匹が捕まりました。

うち1匹は手術済みの印の耳カットが入っていたのでその場で放しました。

続いて、少し移動して3匹の子猫がいる現場へ。

生後2カ月くらいで、すでに里親さんが決まっているそうです。

捕獲器を仕掛けてすぐに、2匹が入りました。

2カ月、、?

すでに3、4ヶ月はいってそうな大きさでした。

お外で見ていると小さく見えたそうです。

思ってたより、大きい!小さい!はよくあります。

続いてもう1匹もすぐに捕獲器に入ってくれました。

依頼主の予想の倍くらいの月齢でした。

そこで、相談した結果、子猫たちも不妊手術をして里親さんにお渡しすることにしました。

合計7匹をありす動物病院さんに搬入しました。

退院後、成猫さんたちのリターンと、子猫を里親さん宅に送り届けてお手伝い完了です。

親子TNRのお手伝い

K市でノラ猫さんの親子TNRのお手伝いでした。

依頼主さんのお家に居ついき、しっかり子育てを終えた母猫さんと、しっかり育った子猫さんのTNRです。

早朝、お家に到着し捕獲器を二台設置します。

すると、5分程で子猫さんが捕獲器に入ってくれました。

かっ可愛い!!

続いて、すぐに母猫さんも捕獲器へ。

無事スムーズに保護完了です^ ^

親子一緒にTNRできて良かったです。

のらねこさんの手術室に搬入させていただきました。

親子一斉保護のお手伝い

親子一斉捕獲のご依頼が続きます。

O市でお母さん猫と子猫3匹の捕獲のご依頼でした。母猫さんはTNRとなり、しっかり離乳した子猫3匹は保護して里親さんを探すそうです。

依頼主さんは現場エリアのTNRや保護を何年も活動されているボランティアさんで、捕獲日までの事前準備をばっちりしてくださっていました^ ^

・・・

深夜に現場に集合です。

長めの捕獲器を二台設置し、様子を見ます。

設置からほどなくして、チラッと様子を伺うと子猫2匹が捕獲器の中のオヤツを食べ始めていました。

すると、もう1匹の子猫が

「皆んな何してるのー?!」

と何故か捕獲器の上へ。

どうなるのか見守っていると、捕獲器上の子猫さんがトコトコと入口の方へ。

「カシャン!」

と捕獲器の入口を閉めてくれました。笑

無事に2匹保護完了です。

続いて、母猫さんともう1匹の子猫さん用に依頼主さんが捕獲器を一台追加してくださいました。

夜の細い道ですが、そこそこ人通りがあり、なかなか食べに出てこれない猫さんたち。

依頼主さんとじっと待ちます。

しばらくして、無事最後の子猫さんが捕まりました!

残るは母猫さんです。

捕獲器は一台設置中ですが、依頼主さんと相談した結果、母猫さんには入口の広いタイプが良さそうですね、となり新しく捕獲器を準備することに。

依頼主さんにいつものご飯を入れていただいて、さあ準備OK!となったその時

「カシャン!」

ん??

母猫さん無事に設置していた捕獲器に入ってくれました^ ^

子猫たちは、依頼主さんが保護し、人慣れトレーニングをしてから里親募集をされるそうです。

素敵な家族が見つかりますように!

お庭家族の一斉TNR

O市から自宅のお庭で出産した母猫と子猫たち4匹のTNRのご依頼でした。

依頼主さんのお宅に到着すると、すでに待っている猫一家。

とっても素敵なお庭です。

ひとまず、母猫さんを狙って捕獲器をセットしました。

すぐに母猫さん、入ってくれました。

よかった〜。

続いて、子猫たちに捕獲器を置いていきます。

綺麗なサバトラ模様の子猫さんたちが続々と入ってくれました。

残るは、黒猫さんと、キジトラさんです。

お母さんや兄弟が捕まったので一旦逃げてしまいました。

戻ってくるのを待っていると、依頼主さんが

「庭にたくさん盆栽があるでしょ? 主人が大事にしていて、孫が触っても怒るんです。でもね、この前の七夕の日にふとお庭を見たら子猫が4匹も盆栽にぶら下がってたんです。思わず「お父さん、七夕の短冊のようですね」と言うと、笑いながら「そうやな〜笑」って言ってくれたんですよ。」

と、とってと素敵なほのぼのエピソードを教えてくださいました( ´ ▽ ` )

子猫たちの可愛いさには、人の心を寛容にする魔法がありそうです。笑

そんな話しで盛り上がっていると

「カシャン!」

黒ちゃんが捕まりました!

最後のキジトラくん、捕獲器の踏み板の手前までのオヤツを食べて捕獲器から出てしまいます。

そ、そのワザを子猫でするとは、、、

賢そうです。。。

ネットでの捕獲を試みようと思いましたが、大切そうな盆栽の間を縫って走っていく子猫さんを捕まえるうえで、盆栽を傷つけてしまう自信しかないので諦めました。

ひとまず、捕まった4匹を一犬猫病院さんへ搬入しました。

搬入が終わり次第、現場にとんぼ返りして残してしまった子猫さんの捕獲リベンジです。

やはり、あまり餌への執着がありません。

「ニャー、ニャー」と家族を呼ぶ声が切ないです。

警戒心が強い子向けの捕獲器を設置し、餌を置きます。

が、

全然出てきません。

また、「ニャー、ニャー」と切ない声で家族を呼びます。

あ、そうか、と思いつき

スマホでYouTubeを開き、子猫の鳴き声を再生します。

そしてスマホを捕獲器の中へ。

すると、ターゲットの子猫さんダッシュで捕獲器に近づいてきました。

スマホごと保護完了です!

一犬猫病院さんに滑り込みで搬入させてもらえました。

・・・

そして手術翌日、一家をお庭に戻しました。

リターン後すぐにお水を飲む黒ちゃん。

お疲れ様。

元気に遊ぶ子猫さんたち。

家族みんな一緒にTNRができて本当に良かったです。