お外10年。さようなら。

スタッフ梅です。

10年近く餌やりをしている猫が2匹いて、家に迎え入れたいが、一匹が用心深く、なかなか捕まらない。とゆう今回のご相談。

猫さん達が来るのは、夜中の3時頃。

警戒心が強い子向けの捕獲器を、前もってセットに、少し早めに現場へ到着。

現場に到着すると、舗装中の道路ににゃんこが2頭。もうおるがなwと、思いながら、しれっとセットします。

↑こちらが、警戒心の強い茶白ねこさん。

↑こちらが、人馴れ黒ねこさん。

ごはんをセットしてもらい、私は電信柱の陰に隠れます。と、そこへ。。

「こんばんは~」と、声をかけられ顔を上げると、2人のお巡りさん。

「こんなとこで何されてるんですか?」と、言われる前に、「ねこの捕獲をしてます。保護するんです」と、捕獲器の存在を理解したお巡りさん達。

「僕たち邪魔やね。」と、言って去って行かれました。ご理解ありがとうございますm(_ _)m

そして、早くも黒猫さんが、警戒心0で中に入っていきますw

中のごはんをパクパク。捕まえようと思えば捕まえられますが、とにかく茶白さんだけでもお願いします!と、強い希望もあり、捕獲器手前で、警戒心強いねこさんが見ているので、何もしないまま食べてもらいました。

多少食べた所で、どこかへ去った黒ねこさん。その一連の流れをしっかり見ていた茶白ねこさん。空腹だ。。ちょーっと警戒しつつも、黒ねこさんが何事もなく食べていたのを見て安心したようで、徐々に中に入ってきました。

(緊張が走る瞬間で、写真がございませんw)

焦らず焦らず粘ること15分ほど。

捕獲完了です!ほっとする依頼者さん。と、依頼者さんのお知り合いさん!「抱きしめていいですか?」と、抱き合い、今まで色々と苦労があったんだなと感じました。

とりあえずこの子さえ捕まってくれたら、一安心です。黒ねこさんは、いつもちょっと食べてどこかへ行ってまた戻ってくるんやけどねーと、依頼者さん。

茶白さん捕獲現場を見ていない黒ねこさん。戻って来るなら捕獲しちゃいましょう!と、黒ねこさんを探しに行く依頼者さん。

「いました。」 真横の敷地にいたようです。

依頼者さんに、ついてくる黒ねこさん。

これまた何の警戒心もなくw

すたすたと、捕獲器内へ。

完了です!人馴れしているとはいえ、いつもと違う環境に顔が強ばる黒ねこさん。

ごめんね。

外猫さんでも、快く受け入れて下さる、一犬猫動物病院さんへ、家に迎え入れるための諸々検査へ。

後にご自宅へお送り。

10年以上お外で暮らしていたねこさん。 10年以上可愛がってもらっていたねこさん。 初めは戸惑うだろうけど、これから来る寒さは、もう耐えなくていいんだよ。

何だか心がほっとする捕獲現場でした!

シニア猫ちぃち、トライアル開始しました!

長年一緒に暮らしてきた飼い主さんが施設に入所してしまい行き場をなくしてしまった猫さんの里親探しのご依頼です。

飼い主さんの担当ケアマネージャーさんからの相談でした。

名前ちぃち。メス。年齢7〜10歳。エイズキャリア。

飼い主さんは、どんどん出来ない事が増えていく中でも最後の方まで出来ていたのは自分の身支度よりも愛猫ちぃちのお世話だったそうです。

そんな飼い主さんの想いを後見人さんもケアマネージャーさんも尊重し、里親探しをすることになったそうです。

昨年レオンくんの里親になってくださったご家族から「同じマンションに住む祖母が猫を飼いたいと言っていて、自分たちもサポートしたいのですが高齢の祖母でも里親になることはできるのでしょうか?」と相談をいただいていました。

そこで、今回ちぃちの里親探しのご依頼が来たタイミングで、直接打診させていただきました。

昨年里親になってくださった、レオンくんもエイズキャリアなので、病気への理解も十分でした。そして、万が一お祖母さんに何かあった場合は、ご家族が猫後見人となり、猫の所有権と譲渡誓約事項を引き継いでくださることが確認できましたので、面会を経てトライアルに入っていただくことになりました!

人見知りのカケラも無いちぃち。

半月ほど病院の入院室だったので、のびのびできて嬉しそう。

里親さんにスリスリ甘えまくる。

とっても優しい里親さんです( ´ ▽ ` )

「ちぃち〜」と呼ぶと…

ズンズン…

ゴン…。笑

大事に大事に育てられてたんだなーと分かる性格です。

シニア猫であっても65歳以上の方に、猫を譲渡することに批判的なボランティアさんも多くおられます。

私の考えとしては時間とお金と愛情がある方が下記の悪循環になってしまうくらいなら、動物の幸せを考える人たちこそが、積極的にシニア猫とシニア世代のマッチングを考えていくべきだと思っています。

【現在の悪循環】

愛護団体やボランティアが65歳以上の方に譲渡しない

でも猫を飼いたい高齢者は多い

ペットショップが健康寿命を延ばすという名目で高齢者に子犬子猫を売りだす

高齢者が子犬子猫を購入

飼えなくなって飼育放棄

保健所または愛護団体へ。

また、保護猫の里親になろうと思う人の中でも、シニア猫の里親になろうと考えくれる人は少数です。理想的な里親を待ち続け、何年もあるいは、終生シェルター暮らしになってしまう保護猫も珍しくありません。もう一度家が変わってしまう可能性があったとしても、今の瞬間を、自分だけを大切にしてくれる里親さんとのびのび過ごすことができる方が猫にとってもいいんじゃないかと私は思います。

高齢者に譲渡する際は、いくら書類上に猫後見人が明記されていても万が一の時に本当に機能するかは分かりません。後見人さんにも何か起きる可能性だってありえます。

でもそれは、一般譲渡も同じです。里親さんが30代でも人生何が起こるか分かりません。もしもの時は、全力で猫の進路探しに奔走するしかありません。笑

最近奔走した話はこちら

里子に出た子たちが、それぞれのお家で守られ、幸せに健康に過ごす事ができますように。

里親さんたちが、里子たちと心穏やかに、幸せに健康に暮らすことができますように。

以前の飼い主さんから引き継がれた、ちぃちのベット。

素敵なお家に来れて良かったね。

里親探しの流れはこちら