写真コンテスト表彰式からの捕獲

今日は、NPO法人いたみ野良猫を増やさない会みゅうみゅうさん主催の写真コンテストの表彰式でした。

伊丹は酒造が多いようです。

街の中にも酒蔵らしき建物があり、色んな建物の雰囲気も蔵っぽく統一されていました。

こちらが写真展会場の「ことば蔵 図書館」

沢山のお酒がある蔵は、酒蔵。

だから、沢山の本がある蔵は、ことば蔵?

素敵なネーミングですね。

会場に入ると沢山の人が写真を見ていました。

応募作品たち。どの写真も素敵です。

最優先賞の作品。母猫さんの爆睡ぐあいも、子猫のくっつき具合も可愛いです。

協賛企業の副賞がめちゃくちゃ豪華。

みゅうみゅう理事長の川瀬さんの挨拶から始まり、伊丹市役所の職員さんの挨拶と続き、表彰式へ。

私は企業賞に入賞したお2人へ賞状と賞品をお渡しさせていただきました!(賞状読むの噛んでごめんなさい)

企業賞に輝いたNさんは受賞のコメントで大阪ねこの会のPRをするという斬新さ。大阪も頑張っているので、伊丹も一緒に頑張りましょう!というエールつきの素敵なコメントでした。

入賞された皆さま、おめでとうございます〜!!

私も集合写真に並んでたハズなんですが、よく見ると靴先だけ参加できてます。笑

もっと寄ればよかった。笑

みゅうみゅうのスタッフの皆さん、審査員長の森田さん、本当にお疲れ様です。

・・・・

そして、夕方はS市で捕獲のお仕事でした。

ベランダにご飯を食べにくる5匹のノラ猫さんのうち、4匹はTNR済み。あと1匹残っている子が女の子なので、妊娠前になんとか不妊手術をしてあげたいというご依頼でした。

目的のノラ猫さんだけを確実に捕まえられるように、手動にできる捕獲器とAmazonで買ったばかりの小型カメラを用意しました。

ベランダに設置した捕獲器に目的のノラ猫さんが食べに来てくれるのをじっと待ちます。

いい感じにカメラの映像がスマホで見れてひと安心。

目的のノラ猫さんが来てくれました。

しっかり奥に入るのを確認してから、捕獲器の扉を閉めて保護完了です。

美味しいご飯食べてたのに、驚かせてごめんね。

捕まったノラ猫さんを、のらねこさんの手術室に搬入して任務完了です。

手術頑張れー。

運の良いことに、目的の子が真っ先に来てくれたおかげで15分で捕獲が終わり、のらねこさんの手術室への搬入完了まで入れてもお手伝い時間は1時間だけで収まりました。

写真コンテスト締切り迫る!

NPO法人いたみ野良猫をふやさない会みゅうみゅうさん主催 猫フォトコンテスト

今月末が締め切りです!

被写対象は、

・地域にすむ飼い主のいない猫

・家族に迎えられた元野良猫

です。

沢山の応募作品が集まれば、それだけノラ猫問題に市民の関心が高いということを行政に知ってもらうことができます。

うまくいけば、来年は伊丹市との共催または後援になるかも…?

個人的には、人気商のイタリアンレストランAntonさんのお食事券が欲しいです…。

猫から目線。では企画のお手伝いをさせていただきました。ちゃっかり審査員にも入れていただいて恐縮です…

3月26日からは応募作品の写真展も開催されます!

応募方法は簡単です!

森野審査員長へメールするだけです!

氏名、タイトル、写真添付

をお忘れなく!

応募アドレスは↓

bzero1jp@yahoo.co.jp

まで!