側溝こねこの緊急保護

スタッフ小池です。

T市で子猫の保護依頼でした。

I区で捕獲器に入らない子猫2匹の同時捕獲の依頼がスムーズに成功して依頼主さんがとっても喜んでくださったのでルンルン♪で帰路についていた道中、電話が入りました。

「職場の近くの細い側溝で3日間も子猫が鳴き続けている。保護先が見つかったので、明日から雨だし緊急で捕獲してほしい!」

というご依頼でした。

目的地変更です。

細い溝に居るということは、通常の捕獲器は使えない可能性があります。

イタチ用の細長い捕獲器を事務所から取って現場に向かいます。

現場に到着。子猫の鳴き声はしません。

移動してしまったのでしょうか。

スマホに録音してある子猫の鳴き声を再生すると、、、

「ミャー!ミャー!!」

反応がありました!

どうやらここに居るようです。

間に合って良かった!

子猫がいる溝はかなり細いです。

嫌なことに、もう少し手前に進んでしまうと、川に繋がる水路に出てしまう場所でした。

イタチ用の細長い捕獲器にちゅ〜るをたっぷり入れて溝にセットします。

ジャストサイズでした。

しばらく待っても出てくる気配がありません。

匂いでダメなら鳴き声作戦です。

子猫の鳴き声をスマホで再生し、捕獲器の奥に置きます。

すると

「ミャー!ミャー!!」

と鳴き声が捕獲器の方に移動していきます。

後は、待つだけです。

待つだけ、、、

、、、

待つだけ、、

長くない?

そっと捕獲器の近くに近づいて耳をすますと

「ペチャ、ペチャ、、」

と、捕獲器の中に敷いた新聞紙についているちゅ〜るを食べる音がします。

そこそこ奥に入っていそうなのに、扉が閉まりません。

もしや、体重が軽すぎて、踏板を踏んでいるのに扉が落ちないのかもしれません。

嫌な予感です。

これは手動で扉を閉めるしかありません。

そっと手を伸ばして閉めようとするものの、いつも使っている捕獲器じゃないので

『どこにフックがあったかな、、』

と、捕獲器の上に被せていた布をそっとめくったら

タタタタッ!!

と白い小さな子猫が捕獲器から側溝へ走り戻っていきました。

『やってしまった、、、』

やはりかなり小さい子猫なようです。

なのに、音に敏感。でもお腹はかなり空いていそうです。

再度、捕獲器にちゅ〜るを入れて、子猫の鳴き声の再生ボリュームを上げて設置します。

カサカサ、、

と子猫が溝から出てきます。

何度か車が通り過ぎましたが、車では逃げないようです。

子猫さんが捕獲器に入ったのを確認して、今度は靴を脱いでそっと近づきます。

車が通り過ぎる瞬間に、捕獲器の扉を支えているフックを一気に外します。

「カシャン!」

無事、子猫さんを保護することができました。

は〜緊張した〜。

良かった〜。

捕獲が終わったとたん、小雨が降ってきました。

お腹ペコペコだったようです。

多めに入れたご飯を朝までに完食。

いいうんちをしてくれました。

3日間も力の限り鳴き続けたおかげで、依頼主さんの耳にとまり、雨の前に保護することができました。

子猫さんが自分の未来を自分で切り開いたように感じました。

翌日、動物病院でノミダニ駆除やウイルス検査をしてもらいます。

体重600gの女の子でした。

月齢にしては痩せています。

この子猫さんはラッキーなことに地元の保護猫カフェさんが受け入れてくださることになったそうです!

保護猫カフェさんにお届けしてお手伝い完了です。

保護主さんに撫でてもらってゴロゴロしている子猫さん。怖かったね。

やっと安心して眠れますね。

素敵な里親さんが見つかりますように!

野良から家猫へ

スタッフ梅です。

ご飯をあげてる猫さんを、家に迎えたいけど、捕まえ方がわからない。という、今回のご依頼。

「1度下見に来て!」 ということで、下見に。

お母さんが見えると、すぐに寄ってきた白黒猫さん。足元をスリスリ。。。 あら?むちゃくちゃ懐いている。もしかしたらあたしも触れるかも?

お尻をカリカリ。。クイッと上がるしっぽ。。気持ちよさそうに鳴く白黒さん。調子に乗ってわしゃわしゃ撫でると、猫パンチを1発(笑) す、すみません(笑)

右耳がサクラ耳になってる。避妊手術終わってますね!と、話をすると、昔は飼われていたが、突然飼い主がいなくなり猫だけが残されたそう。

ここ最近、水をかけられたり、石を投げつけられたりしているところを目撃し、保護を決心した依頼主さん。 下見を終え帰宅。

サクラ耳になっているということは、きっと一度捕獲器に入ったと思うので、2度目は入らないかもしれない。 そして1番の難題。。。

懐いている。ということ。 ある程度人馴れしてる子の捕獲は難しいと、最近教えてもらった新人の私。 アドバイスを受け、大きめの捕獲器と、警戒心が強い子向けの捕獲器を持って、捕獲当日。

大きめの捕獲器↓↓↓

入口でスリスリしてしまい、振動でガシャン。

失敗。

警戒心強い子向けの捕獲器↓↓↓

こちらもスリスリ。中に入らない。。

こりゃ困った。

何だか場になれたのか、私の足元にもスリスリするようになり、ゆっくり撫で、とりあえず仲良くなってみた。

もしかしたら、洗濯ネットに入れれるかも。 依頼主にネットを借り、ジワジワ慣らし、入れ込む作戦に。

いざ!!試みるも、手が1本だけ入らず失敗に終わってしまいました。。 やってしまった。。

サーっと逃げていくもまだ視界にはいる白黒さん。ごめんね、嫌なことして。許してもらおうと、撫でるも、少し距離が。。 今日はこれ以上、何も出来ないと、帰宅。

・・・

捕獲器系のものは、もう可能性が薄いので、地べたにネットを置いて、入り込んだ所を狙って入れ込み、封をする作戦に変更です。

自作しようと、ネットやらを購入し、作ってみるものの、自分の不器用さに改めて気付かされました。。

業務用の洗濯ネットがあると教えてもらい、調べると、けっこう大きいサイズがあったので、購入。お金で解決しました。(笑)

さぁ今度こそは、はずせない!!

スタッフのこいけさんも応援に駆けつけてくれました。心強い!

何だか警戒気味。 じわりじわりと、距離を縮ませます。

マタタビに反応したので、ネットに沢山ふりかけて、ネットに慣れてもらうことから始めます。

ただ、少し怪しい動きをするとサッと距離を取られます、、長期戦になりそうです。

撫でてほしくて、頭からすりすりーと。

怖くないよーと、なでなで。

いい感じいい感じ。だんだん、ネットの存在に違和感がなくなってきた白黒さん。30分ほど経過。

遠くから、こいけさんが、焦らず焦らずと声をかけてくれます。

ここで頭だけがネットにin!

写真協力者→こいけさんw

マタタビでゴロゴロしているうちに、ネットの入口がぐちゃぐちゃに(笑) むちゃくちゃ困ったお相撲さんみたいな顔してました私(笑)

さらに20分くらいでしょうか。。

完全にネットのど真ん中でごろ寝し、目線がそれている隙に、ちみちみネットをお尻から被せ、最後は一気に封!!

成功です! そのまま、保護のための諸々検査へ。 ニャーニャー言うものの、怒ることなくすんなり終了。

保護したてのノラ猫さんでも快く診てくださる一犬猫病院さんでノミダニ駆除やウイルスチェックをしてもらいました。

ここどこよー! ごめんね、帰ろうね。

お家に到着。

さぁ、まずは環境慣れから。

え、これに入れと?と、言わんばかりの顔(笑)

え?ん?と、戸惑う白黒さん。

よしよしすると。

すぐご機嫌になる白黒さん。

慣れたらお部屋にフリーにしても、大丈夫ですよ。ただ、脱走だけはほんとに注意してくださいねと、お話し、あとにしました。

後日。

一日中鳴いてて、寝れず近所からも苦情が、、と、相談が入りました。 今は環境も変わってるし、今後鳴かないとも限らないですよ。と、色々お話し、沢山構ってあげて、ここは嬉しいことがある場所なんだと教えてあげてください。と、伝えました。

野良生活から家猫になるには、たくさんの苦悩があります。そう簡単にはいきません。 こちらの目線だけではなく、猫からの目線で考えることも必要です。

わからないことがあれば、些細なことでもご相談下さい。

忍者猫さんのTNR

O市でTNRのお手伝いでした。

以前にも3分捕獲と下心のTNRをした現場です。

前回のTNRでここの餌場にご飯を食べにくるノラ猫さんはTNR実施率100%をキープしていました。

ところが、ここ最近、新参者のチャトラ猫さんが度々目撃されたそうです。

定着するようならTNRをしなくては!ということで、ねこから目線。にご依頼をくださいました。

・・・

当日、依頼主さんと現場に集合です。

餌場にはTNR済みのさくらねこさんがお待ちかねでした。

ターゲットのチャトラ猫さんはまだ人が居る所ではご飯を食べないので、ひとまずご飯を置いてカメラで観察します。

もりもり食べるさくらねこさん。

ターゲットのチャトラ猫さん、現れません。

依頼主さんが今回もスタバを買ってきてくださいました!都会!!

すっかりホットラテを飲み終わっても現れません。

1時間が経過し、猫さんが登場するであろう方向を2人で見ていると

「発情期で、たまたま遠くまでウロウロしに来てただけだったのかも。今回は撤収しましょう」

と依頼主さん。

そうですね、と撤収しようと振り返ると

「あ!茶トラ!!」

こっちから来るだろうと、2人で思い込んでいた方向と正反対の背後の茂みからササッと顔を出している茶トラ猫さん。

シュッと出てきて何かをくわえました

「あ!私の銀スプ!!」

匂いが強いので、ノラ猫さんたちに気付いてもらおうと半分使って、半分残して置いていた銀のスプーンのパウチ。

荷物の中から忍者の如くさっと銀スプだけをくわえて茂みに消えていきます。

なんと素早い、、、。

取られました、、。うかつでした、、。

・・・

とはいえ、パウチは半分くらいしか残っていません。

きっと食べ足りずに戻ってくるハズ。

新しい銀スプのパウチを開けて、捕獲器を設置して、チャトラ猫さんが戻ってきてくれるのを待ちます。

・・・

15分ほどして

「カシャン!」

良かった良かった!やっぱり戻ってきてくれたんですね、と茂みの裏に置いた捕獲器を覗くと

「イタチーーー!!汗」

イタチさんでした。

速やかに捕獲器から出します。

イタチが入ると捕獲器は恐ろしい臭いになります。泣

えづきながら、バイオウィルを大量に使って捕獲器を洗います。泣泣

・・・

背後から忍び寄って、パウチ持ち去るし、現れたと思ったらイタチの影武者使うし、、

完全に振り回されています。

・・・

でも、ターゲットのチャトラ猫さんは必ずまた銀のスプーンの匂いにつられて戻ってくる気がしました。

捕獲器を再度仕掛け、待ちます。

恐ろしいイタチの臭腺の臭いが付いた手を洗いに行って戻ると、チャトラ猫さんらしき影が捕獲器の近くにあります。

影武者じゃありませんように、、、

と待つこと数分。

無事ターゲットのチャトラ猫さんを保護することができました!

大阪ねこの会の一斉有料手術会場に搬入し、手術の翌日に捕獲場所に忍者猫さんを戻してお手伝い完了です。

賢い4匹猫さんの捕獲

O市でTNRと保護のための捕獲のお手伝いでした。

ターゲットは子猫3兄弟と、子猫たちの仲の悪い成猫さん1匹の計4匹です。

現場に到着すると、成猫さんがお待ちかねでした。

さっそく捕獲器を設置します。

スムーズに入ってくれそう!と思ったのが間違いでした、、、。

入り口のオヤツをひと口食べた以降、全く入る気配無し。

包んでいるタイプの捕獲器もダメ。

一匹目から苦戦の予感です、、、

・・・

そうこうしていると、ターゲットの子猫さんが一匹登場しました。

捕獲器のオヤツを少し食べて、、

そのまま食べ進、、まない。泣

全然入る気配無し。

子猫なのに手強い、、

仕方がないので、一度捕獲器で捕まった経験がある猫さんや、警戒心の強い猫さん向けの捕獲器を組み立てます。

無事一匹目の子猫さん保護完了です。汗

・・・

続いて、もう一匹の黒子猫さんが登場しました。

設置している捕獲器に、やっぱり入りません。

どんな母猫の教育を受けて育ってきたのでしょうか、、、

こちらの黒子猫さんも警戒心の強い子向けの捕獲器で無事保護完了です。

続いて、キジトラの子猫さんも登場。

同じく警戒心の強い子向けの捕獲器で保護完了です。

順番に出てきてくれるのが救いでした。

だいぶ人慣れしているけれど、抱っこはできないくらいの距離感の猫さんの捕獲が一番難しい気がします。

警戒心の強い子向けの捕獲器の連続使用は消耗します。汗

・・・

子猫三兄弟の捕獲が無事に終わった頃、一旦姿を消してしまっていた成猫さんが戻ってきました。

警戒心の強い子向けの捕獲器に入ってくれそうです。

こちらの姿や気配があると警戒されてしまうので、離れた建物の影に隠れて、ちょこちょこスマホのカメラで様子を伺います。

そろそろ中の餌を食べてくれているかな?

とスマホのカメラを起動して、ズームにしてかは壁からそっと覗くと、、

『ギャー!!汗』

心の中で叫んでしまいました、、

近い!バレてるー。。。

めっちゃ可愛い顔で見つめられても困ります、、。

ズームを解除してもう一度カメラで様子を見ると、やっぱりこちらをガン見しています。

て、手強い、、、

初捕獲の4匹現場で、4匹とも警戒心の強い子向けの捕獲器を使うことになるとは驚きです、、、

その中の最後の成猫さんはもうめちゃくちゃ手強いです、、、

捕獲時間を1時間延長して粘ります。

隠れてもバレてしまうので、依頼主さんの提案で隠れるのをやめることに。

普段も離れれば、見ている前でもご飯を食べてくれるそうなので、2人で少し離れたとそろに座って待ちます。

意識をターゲットの猫さんに集中すると感じ取られてしまいそうなので、ねこから目線。届いていたお問い合わせメールにいそいそと返信を打っていると

「入りました・・」

と依頼主さんが小声で囁きます。

はっと顔をあげると、ターゲットの猫さんが捕獲器中のご飯を食べています!

返信に集中しすぎてました。汗

無事、最後のターゲットの成猫さんも保護完了です。

警戒心の強い子向けの捕獲器も猫専用の捕獲器なので、通常の捕獲器への入れ替え口がついています。

4匹なのに2時間半の長丁場になりましたが、無事全頭保護することができました。

病院への搬入と、術後のリターンまでをお手伝いして、お手伝い完了です。

仲良しの子猫3兄弟は依頼主さんのお家の飼い猫になるそうです^ ^

10匹捕獲現場並みに消耗した4匹現場でした。汗

黒猫一族のTNR

O市でTNRのお手伝いでした。

ターゲットは依頼主さん宅の周辺に住み着く黒猫一族8匹です。

早朝、現場にお伺いするとちょろちょろっと走る黒猫さんが見えます。

まずは、少し離れた所に捕獲器を2台設置して食いしん坊さんを捕まえる作戦です。

すぐにお母さんらしき猫さんと子猫さんが一緒に入ってくれました。

写真では見にくいですが、奥に子猫さんが居ます。

続いて、中猫さんと子猫さんが一緒に捕獲器に入ってくれました。

捕まった4匹を包んでから、また2台設置します。

次に現れたのは、黒猫ではないけれどよくご飯を食べにくるノラ猫さん。大きいです。

しばらくして、子猫さんが入ってくれました。

まだ結構小さいです。

・・・・

2匹を包んで、またもう2台設置します。

ここで、もう2匹いるハズの猫さんの気配がなくなってしまいました。

待つこと30分。

中猫黒さんが戻ってきてくれました。

最後の子猫さんが戻ってきてくれず、捕獲器を依頼主さんに預けることに。

・・・

夕方、最後の子猫さんも無事捕まり、8匹全頭を保護することができました。

一犬猫病院さんに搬入し、翌日現場にリターンしてお手伝い完了です。

近所の方へTNRの説明をしたいとのことでしたので、実施報告書を作成してお渡ししました。

脱走猫。緊迫の24時間。

「Kさん!(スタッフ)猫が家から出ちゃった!落ちたら死んじゃう!どうしようどうしよう。。」

そんな緊急の電話を受けたスタッフKも、スタッフUも各々、別現場に。。。

11階にあるお部屋の玄関の扉をすり抜け、真正面にあった階段をぐるぐると降り、行き着いたのが、8階の角部屋のポーチ。

2人ともすぐにはS市の現場に着く事が出来ない。緊急性が高いので、以前のブログに投稿していた、S市のTNRボランティアさんに、応援を要請。すぐに捕獲器を持って駆けつけてくれました!

猫ちゃんの近くに捕獲器を設置。

ここからは見えませんが、この柱の裏の壁に張り付いて固まっているのです。。

入るかどうか。。静かに待ちます。。

そーこーしてる間に、スタッフUが現場を終え、違うタイプの捕獲器やら網やらを揃え急いで現場へ!

逃げ出してから約3時間。微動だにせず固まったまま。捕獲器にいれた美味しそうなご飯にも反応せず。。とゆーことは、違う捕獲器を設置したとしても、反応は変わらないと判断。自分の置かれた状況を理解できずひたすら固まる猫ちゃん。

さて、どうしたもんか。。ここ。8階です。どえらく高い。網で捕まえることも考えますが、万が一すり抜けられ、手すりの壁を越えると、、最悪の状況が脳裏をよぎります。

焦りは禁物。今置かれた状況を、猫ちゃん自身が理解し落ち着かなくては、きっと動かないだろう。とにかく一晩、捕獲器に入るか待つことに。飼い主さん、徹夜で付き添います。

翌朝、どーしても休むことが出来ない仕事へ行かれる飼い主さんの代わりに、Uが張り込み。

あら?少し移動してる。ご飯も全く食べず。これでは捕獲器に入らないので、一度撤収。

昨日は暗がりの中だったので、改めて見ると。。やはり高いです。。

さぁ、方法を考えます。この前の部屋が空き家と聞き、扉が開いたら逃げ込まないかな?と、管理会社、不動産へ交渉。が、部屋内は無理ですと。ですよね。。泣

捕獲器がダメなら、もっと広いスペースに、お気に入りのベッドなどをいれ、そこに逃げ込まないか作戦。

それだ!!決行です。 朝から違う現場へ行ってたKさん。終わり次第、Lサイズのケージを購入し合流してくれました。

いそいそと組み立て、周囲の視界を塞ぎ、中にはお気に入りのドーム型ベッドをいれ、中に入っていった所で、紐を引き扉を閉める作戦です。

ゆっくり近づき、静かに置いて退散します。

シーーーーン。。。 遠めから確認します。 い、いる。うごいてない。

んー。。次の作戦を考えながら、ひたすら待機します。1~2時間ほど待ちましたが、変化なし。 ケージ入口の角度を、ジリジリと猫側へ。

そーしてから、少しすると、、、隙間から顔が!わわーーー!右見て左見て、行けるのか確認。 ダメダメー戻って戻って!心で叫ぶ私たち。

すると、今度は。。

手すりに上がって逃げ場を探す猫ちゃん。ひぇーーーー!!!!これはまずい。頭を抱えるスタッフ。

とにかく、これ以上刺激をしないよう、祈り待つしかない。

隣の広場に行きたかったようだが、無理だと判断したようで、元の位置に戻った。

いや、もー、ほんとに、心臓に悪い。いや、心臓が痛い。この時間がほんとに地獄だった。

平面からは、姿が確認出来ず、上の階からケージに入っているのかいないのか、確認します。

うん、入っていない。。 焦ってはダメだ。とにかく落ち着き、焦らず時間かけてやろうと。

少しずつうろちょろし出す猫ちゃん。時間が経つにつれ、状況にも慣れてきたのか、毛繕いをする姿が。 ね、猫ちゃんの方が落ち着き出している!!こっちは、気が気じゃないのに!!

最悪の状況も考え、ネットも用意しようという話になり、Kさんが購入に走ります。 そーこーしてる間に、仕事が手につかない!と、飼い主さんが帰ってこられました。

まずは、最悪の状況時のため、ネットを張ります。再度言いますが、8階です。出来れば使いたくはないネット。飼い主さんの、布団を借り、クッション替わりに。万が一に備え準備します。

あとは、もう飼い主さんについてもらうしかない!声をかけてもらい、ちゃんと反応する猫ちゃん。

うんうん、そーよね。怖いよね、早く帰りたいよね。

1人がネットで受け止める役。1人はネット係に状況を逐一連絡する役に分かれます。

この日は雨。真上を向くと、顔面はもちろん、口や目にも雨が、、、そして、首が痛くなってくる。。追い打ちをかけるように、大量の蚊が発生、あちこち吸われる始末。 そんなことはどーだっていい。

なだめる飼い主さん。なかなかケージに入ってくれない猫さん。長期戦になりそうです。

連絡、ネットの係を交代し、飼い主さんと色々策を練り、網を渡すも、警戒心がやはり強く断念。

ケージの入口を猫さんの方に向け直し、飼い主さんの誘導で入らないかな作戦。 そう簡単にはいきません。

んーー、、、ベニヤ板を屋根にし、飼い主さんも壁になり、逃げ場を、ケージしかないようにしてみようか?と、ベニヤ板を買いに行こうと走り出した瞬間。。

『入った!入った入った!!!!』 と、飼い主さん!すぐに、ネット係へ、入りましたーーーーと、叫び、ケージの扉を確実に閉めに。

歓喜!!ハイタッチで喜び合い、胸をなでおろしました!!この時、夕刻、18時。

脱走から24時間後のことでした。 ほんとにほんとに、無事に帰れてよかったね。

最近、脱走の猫さんのご相談がとても多いです。 「今までそんな事なかった。いつもそんな事しない。そんな子じゃない。」

ずっと同じなんて、ないんです。猫だって、毎日違う動きするし、気が変わるし、想定外なんて、いつ起こってもおかしくない。

だから、その子の事をよく知る。日頃の予防策。が、大事になってくると思う。失ってからでは遅いのです。

遅くなりましたが、先月からお世話になっております。スタッフUと申します。

とある動物保護施設で10年間従事し、現在に至りますw

わからないことも多々あり、毎日奮闘いたしております!よろしくお願いします!

チャイロさんTNRのお手伝い

T市でTNRのお手伝いでした。

お庭にご飯をもらいに来るようになった猫さんが今回のターゲットです。

住み着き始めの頃に、庭で赤ちゃんを産み、その子猫たちは依頼主の飼い猫として保護されたそうです。

また次の発情期が来る前にTNRをしたいというご依頼でした。

朝6時に現場に到着すると、すでに猫さんもスタンバイOKのようです。

捕獲器を準備して、依頼主さんにお渡しし、そっとテラスに置いていただきます。

猫さんが捕獲器に入ったら直ぐに動けるように、耳をすませながら空を見上げると雲率高めな空模様でした。

どうやら、捕獲器の途中まで食べてターゲット猫さんは出てきてしまったようです。

お家の中に移動して、テラスを覗くとターゲットの猫さんがもっと食べたそうにこちらを見ています(^^;

依頼主さんに、指定の場所にフードの追加をお願いして、見守ること数分。

無事、ターゲットの「チャイロ」さんを保護することができました。

驚かせてごめんね。

ハッピータビークリニックに搬入し、手術後に現場にお送りしてお手伝い完了です。

ハッピータビークリニックさんへ向かう道中、すっかり晴れていました。

・・・

避妊手術の際にチャイロさんは子宮と膀胱が癒着してしまっていたことが分かったそうです。このタイミングに手術をしてあげられて良かったです。

チャイロさん、依頼主さん、お疲れ様です。

穏やかに余生を過ごせますように。