ブログ

めーめー君トライアルスタートです!

めーめー君トライアルスタートです!

7月はじめに母子同時保護のお手伝いをさせていただいた、子猫のめーめー君の里親探しのご依頼をいただきました。

写真撮影にお伺いすると、めちゃくちゃ甘えん坊で可愛くなっているめーめー君がいました!

里親募集を掲載すると、すぐに素敵なご夫婦から応募をいただきました。

8月2日の面会を経て、里親さんの連休に合わせ8日からトライアルに入りました^ ^

キャットタワーに隠れるめーめー君。とっても性格の良い先住猫のネルちゃんが挨拶してくれました。

トライアル誓約書を記入している間に遊び始めるネルちゃんとめーめー君。

打ち解けるのが早すぎます。笑

トライアル2日目までは、先住猫のネルちゃんが軟便気味で心配でしたが、3日目以降は落ち着いたそうです^ ^

約2週間トライアルの予定です。上手くいきますように!

お庭猫さんのTNR第2弾

スタッフ梅です。

以前、お庭にごはんを食べに来るようになった猫さんの、TNRのお手伝いをしたお宅。新たに猫さんが来るようになり、TNRのご依頼をいただきました。

早朝、現場に向かいますと、お待ちになられておりました。

捕獲器を設置していると、警戒して逃げてしまいました。。

依頼者さんに、いつものようにご飯をあげるルーティーンをしてもらうと、すぐ戻ってきました。

このお庭にごはんを食べに来る猫さんは、いつも、この渡り棒を器用に降りてくるのです。10分程で無事捕獲できました。

手術し、翌日リリースしてお手伝い完了です!

お疲れ様!またごはん食べに戻っておいでね!と、願いながら、、、いつもの塀を、すたすたすたー去っていきました。

後日

依頼者さんより、リターンして2日後に戻ってきましたと連絡が!ちゃっかり朝早くからごはん待ってたそうです(笑)

待つキジ君(笑)

食べるキジ君(笑)

こーして元気な姿を見れるのは、何度経験しても、やっぱりいいものですね!

キジ君が、健やかな毎日を過ごせますように。。

触れない猫さんたちの引越しのお手伝い

スタッフ小池です。

T市で触れない猫さん6匹の引越しのお手伝いでした。

1年前にノラ猫さんを保護された依頼主さん。

室内に入れてから1年がたちますが、保護した時には既に成猫だったため、まだしっかり触れる状態にはなっていなく、ねこから目線。にお手伝いのご依頼をいただきました。

6匹分の移動用キャリーも無いとのことでしたので、ワイヤーケージを貸し出し、引越し後に送り返してもらうことになりました。

送り返しやすいようにワイヤーケージの片側は結束バンドで固定します。

余分な部分を切り落として片側完成です。

開け閉めする側はナスカンでとめます。

6個作ります。

そして、ケージの中でシャーシャー怒り気味の猫さんや、怖がって固まってしまっている猫さんを一匹ずつ洗濯ネットに入れていきます。

洗濯ネットに入れた猫さんを先ほど組み立てたワイヤーケージに入れます。

ペットシートを敷いて風呂敷包みして完成です。

クーラーをしっかりかけた飼い主さんの車で、無事新居に到着できたそうです^ ^

断尾手術とお釣りは猫に使ってね基金

スタッフ梅です。

しっぽに怪我を負った子の捕獲依頼が、ねこから目線に入りました。その子は術済みで、なかなか捕まえられないとのこと。。

翌日、ご飯の時間に合わせて向かいます。

エサやりさん姿が視界に入ると、スタスタスターっとやってきました!

踏み板式の捕獲器はなかなか入ってくれず、警戒心強い子向けの捕獲器に変更。30分程粘り、無事捕獲完了です!

確かにしっぽが付け根からずる向けになっています。。イタタタタ…泣

どうしてこんなことになってしまったんでしょうか。。病院で診察してもらい、断尾することになりました。

手術は無事に終わり、退院後、餌やりのおじいちゃんに見守られ、元いた場所へ帰っていきました!

痛みが消え、またこの場所でたくさんのえさやりさんに見守られながら、この猫さんが健やかに過ごせますように(><)

断尾の猫さんに、お釣りは猫に使ってね基金より、カンパさせていただきました!

お釣りは猫に使ってねと言ってくださった皆様、ありがとうございました!

偶然か運命か。2匹の里親さん募集中です!!

産まれた場所も、育った環境も全く違う2匹の猫が強い友情を育み、周囲の人々を大きく動かしたお話です。

・・・

1匹目はタイガ君。

強面の大柄。池田市の住宅街で生活をする生粋のノラ猫でした。

大きな身体に大きな顔。毎日のように他のノラ猫と命がけの喧嘩を繰り返していました。

ある日、喧嘩で顔に大怪我を負ってしまいました。

見かねた保護主のYさんが、ねこから目線。に捕獲と病院搬送の依頼をしてくださいました。

その時のブログはこちら→頬負傷猫さんの保護

右の頬の皮がごっそり剥けてしまっていました。

広範囲にわたり、皮膚が無くなってしまっているため、のらねこさんの手術室にて長期の入院治療になりました。

名無しのままではと、「タイガ」という名前を保護主のYさんが付けてくれました。

・・・

タイガ君の入院からほどなくして、

伊丹市の脚に大怪我を負っている猫がいる。

と、ねこから目線。に捕獲と病院搬送の依頼が入りました。

伊丹市の公園のアイドル的な存在「ぼっちゃん」。

子猫の頃に患ったねこ風邪の後遺症で、片目が悪いものの、持ち前の愛嬌で沢山の人に可愛がられている猫さんでした。

ある日、ぼっちゃんの左後脚が、途中からちぎれ骨が飛び出ている状態になってしまっていました。

あまりにも痛々しい状態に気がついた保護主のMさんが、ねこから目線。に捕獲と病院搬送の依頼をしてくださいました。

その時のブログはこちら→小さきものを救う優しさ

のらねこさんの手術室で、断脚手術となりました。

そうして、全く違う境遇の2匹は、同じ動物病院に同じ時期に長期入院することになるのでした。

生粋のノラ猫タイガ君は人に触られたことなんてありません。

ケージに居られながらも、「シャー!シャー!!」と近づく人に威嚇をします。

それでも入院が2ヶ月を超える頃には・・

看護師さんにデレデレに。笑

一方のぼっちゃんは、小さな身体で断脚の手術を乗り越えました。

同じ部屋、別々のケージで生活していた2匹。

一方が鳴くと、もう一方が鳴き返します。

一方がご飯を食べると、もう一方もつられてムシャムシャ。

別々のケージに居ながらも、なんとなくお互いを意識している2匹。

長期の入院が終盤にさしかかった頃

ほんの少しだけ、ケージから出して合わせてみたそうです。

お互いに近寄って・・

スリ・・。

入院から約4ヶ月。

ずっと一緒のお部屋に居たけれど、初めて出会えた2匹。

「やっと会えたね。」

お互いの存在を確かめ合うかのように寄り添う2匹。

きっとこれまでも触れ合わずともずっと精神的に支え合ってきたのでしょう。

その姿は、病院のスタッフの心を打ちました。

もちろん、それぞれの保護主さんの心も。

入院から4ヶ月目に入り、退院の日取りが近くなってきました。

本来なら、タイガ君は保護主Yさんのお家へ行き、坊ちゃんは保護主Mさんから依頼を受けたNPO法人動物愛護・福祉協会 60家さんのシェルターに受け入れてもらうことが決まっていました。

ですが、「できればこの2匹を一緒に居させてあげたい。」と、関係者で相談し、なんと2匹一緒に60家(ロワヤ)さんが保護してくださることになったそうです!!

右の頬から口元にかけて怪我の後遺症で毛が生えてこないタイガくん。

3本脚で、片目も不自由な坊ちゃん。

ハンディを抱える猫さんの里親探しは大変です。

それも、2匹セットとなると尚更です。

それでも、

2匹が2度と辛い思いをするとこがないように。

末永く一緒に寄り添って暮らせるように。

理解ある里親さんを探すお手伝いをねこから目線。でもさせていただくこととなりました。

とっても光栄です。

人も大好きな2匹を家族として迎えてくださる方を募集しています!!!

【譲渡までの流れ】
お申込み

60家さんシェルターにて面会(宝塚市)

トライアル

正式譲渡

保護場所:宝塚市
NPO法人動物愛護・福祉協会 60家さん
年齢:タイガ君6〜8歳 坊ちゃん3歳
性別:オス
健康状態:タイガ君FIV(+)、Felv(-)
坊ちゃんFIV(-)、Felv(-)
三種混合ワクチン摂取済。
去勢手術済み
譲渡金:30,000円(2匹分)

お申込み・お問い合わせはこちら

お問い合わせお待ちしています!!

責任として出来ること

スタッフ梅です。

見かけた1匹の猫さんにごはんをあげると、いつしか毎日来るように…

ごはんをあげるだけはダメだと、知人よりねこから目線を紹介してもらい、捕獲~ご依頼いただきました。

早朝。現場へ。もう来てますと依頼者さん。

渡り廊下で、まだかまだかと待つ可愛い子ちゃんが。

捕獲器をセットし、離れます。

すると…すぐに捕獲器内へ!スピード捕獲完了です!

手術をしてもらうと、産後間もないことがわかり、まだまだ小さな子猫の元へ帰れるように、リターンをすることに。

このエサ場に、子猫達を連れてくるようになれば子猫達も手術をしてもらう予定です。

お母さん頑張ってね!!

隻眼のくろすけ。里親募集スタートです!

ノラ猫さんがたくさん居るエリアの一斉TNRの際に大人猫に混じって捕獲された片目の子猫さん。

まだ生後3ヶ月弱くらいのようです。

ボランティアさんたちが相談した結果、保護して里親さんを募集することになったそうです!

ねこから目線。に里親探しのご依頼をいただきました。

かなり小さな頃に怪我をしたのか、左眼は退縮してしまっています。

まだ3ヶ月弱くらいの身体で痛いことも辛いことも乗り越えてきたくろすけ君。

少し怖がりですが、撫でていると少しずつゴロゴロ言ってくれます。

ゴロゴロからのゴロ〜ン。笑

可愛い!まだまだ子猫ですね。

短いかぎしっぽがチャームポイントです。

猫じゃらしを振ると・・

ちょいっ!と、独特なじゃれ方です。笑

あまりにもしぐさが可愛いので、おふざけ動画にしてみました。笑

もちろん普通にも遊べます。笑

初めてのちゅ〜るは二足立ちできるほど美味しかったようです。

う、うま・・

室内飼育であれば、片目が無いくらい日常生活になんの支障もありません。

カッコイイ隻眼のくろすけ君の里親になりたい!と思った方はこちらからご応募ください。

【プロフィール】
くろすけ オス♂
生後3ヶ月
FIV/FelV ともに陰性
3種混合ワクチン1回目摂取済
未去勢

【応募条件】
・60歳以下の方
・ペット可物件にお住まいの方
・先住猫が3匹以下の方
・学生一人暮らし、シェアハウス不可
・生後6ヶ月までに去勢手術をしてくださる方

応募はこちら

他の里親募集中の猫さんはこちら

保護とTNRのお手伝い

スタッフ梅です。

玄関にごはんを食べに来る猫達の、保護とTNRのお手伝いでした。

早朝、現場に到着。すでに、ターゲットの子猫発見。キジトラのちっちゃいのが、せかせか走り裏路地へ。すばしっこい子猫さんです。。

そんな間に、第2のターゲット三毛母さん登場です。
静かに捕獲器設置。

隠れて見守り、すぐに入ってくれました!

続いて、早くごはん食べたくて、うろちょろしているキジトラ子猫さん。逃げ込んだ路地裏から出てきて、いつもエサ場から、美味しい香りが!

気付いて、覗き込んでいます。。こちらもすぐ入ってくれました!

さぁ、続いて第3ターゲットのサビ猫さん。気持ちいいくらい、バラバラに来てくれたので、こちらもスムーズに捕獲完了!

伊丹スペイクリニックさんへ運び、手術、翌日リターンで、お手伝い完了です!

幹線道路沿いに住む猫さんの保護捕獲

スタッフ梅です。

幹線道路沿いの一角に、突如現れた茶トラ猫さん。警戒心は少しあるものの、人慣れした感のある猫さん。もしかしたら棄てられたのかも。。と、捕獲を試みるもなかなか捕まらず、ご依頼いただきました。

現場に到着すると、塀の上で寝てる茶トラさん。すぐにエサやりさんに気づき、動き始めました。餌場をお聞きし、急いで捕獲器をセッティングします。

そのセッティングも、バッチリ見ており、道具の紐で遊び出す始末!警戒心のなさ!若い!

ちゅーるがお好きなようで、誘導するために近づいてみると、、、

「あ、あなた見ない顔だけど、何かくれるの?」

と、ジロジロ(笑)

少しずつ植え込みから出てきた、茶トラさん。

数分で捕獲器に入り、無事保護完了です!

お預かりボランティアさんのお宅へお送りし、お手伝い完了です!

少しずつ慣れていってね茶トラさん!

子猫5兄弟の一斉保護

スタッフ小池です。

ペットの会議室さんからのご依頼で、子猫5匹兄弟の一斉保護のお手伝いでした!

関係者のスケジュールの兼ね合いで、タイムリミットは1時間でした。汗

現場に到着しますが、子猫さんの姿がありません。

相談者の方と一緒に周辺を探すとお家の裏側に子猫と母猫さんを発見!

さっそく捕獲器を設置します。

捕獲器を手動にしてしばらく待つと、ひょこっと母猫さんが顔を出しました!

真っ先に捕獲器に入る母猫さん。

つられて、ひょこひょこと子猫さんたちが出てきました!

母猫さんがガッツリ食べているので、捕獲器に入れない子猫たち。笑

今回は子猫がターゲットです。母猫さんは後日TNRになるそうなので、とりあえず母猫さんが食べ終わるのを待ちます。

やっと食べ終わった母猫さん。

何故かカメラの前で休憩。

頑張ってに子育てしている立派なお腹です。

母猫さんがほぼ全てのご飯を食べきってしまったので、再度ご飯を入れ直します。

出てくる子猫さんたち。

なかなか5匹一緒には入ってくれないので、3匹入ったところで捕獲し、再び捕獲器を設置して残りの2匹を一緒に捕獲できました!

希望の時間を5分過ぎてしまいましたが、なんとか5匹兄弟をペットの会議室さんにお届けすることができました。

可愛いー!!

待機してくださっていた往診の先生に駆虫とウイルス検査を受けた子猫さんたち。

里親募集になるそうです!