ブログ

ノラ猫君の家猫デビュー

スタッフ小池です。

T市でノラ猫さんの保護のお手伝いでした。

ターゲットはマンション周辺に居ついているノラ猫君。

マンションの住人の方々に可愛がられていたそうで、お腹がすくと餌やりさんのお家の玄関の前で出待ちしていることもあるそうです。

とはいえ、猫をよく思わない人もいるので、保護して飼い猫として迎えたいと決意されたそうです。

撫でることもできるので、キャリーに入れて保護しようとして、失敗。

次は洗濯ネットで捕獲しようとして、失敗。

もう業者に頼もう!とねこから目線。に捕獲のご依頼をくださいました。

・・・

捕獲日、現場にお伺いしましたが、猫さんの気配がありません。

「ちょっと探してきます」

と、餌やりさんと依頼さんがウロウロ。

5分ほど待っていると

「居ました!」

と餌やりさんの後ろをルンルンで歩いている猫さんが^ ^

さっそく、捕獲器を設置してようすを見ます。

むむ、これはなんだ?と警戒する猫さん。

なんだ?なんだ?と念入りに調査。

そして、やっとおやつを食べてくれました。

無事保護完了です!

病院で去勢手術やノミ駆除、ワクチンなどお家猫さんになるための処置をしていただしました。

ウイルス検査の結果、ねこエイズ陽性でしたが、先住猫さんが居ない依頼主さんは快くお家に迎えてくださいました^ ^

お庭猫さんの怪我治療

スタッフ梅です。

以前、お庭からお部屋にINしてごはんを食べに来る、3頭のTNRをお手伝いしたお庭猫さん。この中の1頭が、どうやら新参者とやり合ったようで、顔に怪我を負ってしまい、治療をしたいと依頼が入りました。

いつもダンボールハウスで、餌やりさんの帰宅を待っている猫さん。この日もしっかりハウスで待っていました。

捕まることを優先で。と、まさかのお部屋設置に。

設置が完了し、窓を開けると、出てきました。
むむ。これ何だ。

まぁ、いっか。あぁ~お腹空いた。

いや、待てよ。何か嫌な予感。 と、後ずさり。

そして、、、目の前に持ってきてくれよスタイルで、座り込み餌やりさんに訴える猫さんw

進まないので、誘導ごはんを置くとサラッと入ってきました。

お腹空いてたね。

中のご飯を食べた所で作動させ、無事捕獲です。

捕獲が終わると、前回お会いした時はまだ子猫さんだった子が!
あたし(僕かも)おっきくなったでしょ!と、挨拶しに来てくれました。嬉しい!

当の怪我猫さんは、、

傷が膿んでしまいガビガビになっていましたが、傷口を綺麗に洗浄し、縫合してもらい、翌日元いたお庭へ!

またお庭で待っててね!

怪我猫さんの保護のお手伝い

スタッフ小池です。

以前に怪我をしているノラ猫さんを捕獲して、動物病院で、治療と去勢手術をしてもらい、元居た場所に戻してあげた依頼主さん。

ひと安心したのも束の間、相当喧嘩に弱いらしく、また痛々しい怪我を負ってしまったそうです。

獣医さんからも「ノラ猫に向いていないタイプ」と言われたそうです…。

悩んだ末に、保護することを決断されたそうです。

ただ、一度捕獲器で捕まえているため、どうしても捕獲器に入ってくれず、ねこから目線。に捕獲のご依頼をくださいました。

・・・

現場に到着し、警戒心の強い猫さん向けの捕獲器を設置して依頼主さんの到着を待っていると、ターゲットではないムギラワ猫さんが中のご飯を完食。

ムギラワさんはTNR済みのさくら猫さんでした。

そうこうしていると、ターゲットの猫さん登場です。

初対面の私が投げたカツオもパクパク食いついてくれるので、そのまま捕獲器の方へ誘導します。

パクパク、テクテク、、

捕獲器付近までは順調に来たものの、なかなか警戒している猫さん。

依頼主さんが「これが好きです」と持ってきてくださった茹でたササミと美味しいドライフードを使わせていただいて再度誘導すると、、

無事保護完了できました!

依頼主さんかかりつけの動物病院さんで、怪我の消毒や縫合をしてもらったそうです!

保護してもらえて良かったね^ ^

早くお家の環境に慣れてくれますように。

バルコニー猫さんのTNRのお手伝い

スタッフ小池です。

バルコニー猫さんたちの継続TNRのお手伝いでした。

以前に10匹の一斉TNRをお手伝いしたバルコニー猫さんたち。

そこに未手術の猫さんがいるそうなので、追加TNRのご依頼をいただきました。

現場に到着すると、すでにお待ちかねの猫さんたち!

なんと、先月壁に挟まってしまっていた茶白ちゃんもご飯メンバーに仲間入りしていました^ ^

レスキューして、しばらくしてから食べにくるようになったそうです!

捕獲器を設置すると、逃げるさくら猫さんと、すぐに戻ってきて捕獲器のご飯に興味深々なターゲットの猫さんたち。

ターゲットの3匹以外にTNR済みのさくらねこさんが10匹も居るので、捕獲器を手動にして観察します。

順調に3匹保護完了です!

時々しか来ない猫さんが1匹はいったので、翌日に捕獲リベンジをしました。

今回は計4匹の猫さんを伊丹ねこスペイクリニックさんで手術をしていただきました。

キジ猫多めなTNR

スタッフ梅です。

近所でごはんをあげている猫さんたちのTNRのお手伝いでした!

到着して、すでに数匹がスタンバイ。お腹空かせて待っておられます。

まずは、キジさん。

黒猫さん。

キジさん。

キジさん。。。

キジ猫率!笑

1時間半程で8頭が捕獲出来ましたが、1頭はすでにさくらねこさんだったので、その場でリリースしました。

一犬猫病院さんで手術してもらい、その際に7頭中3頭が臍ヘルニアだったことがわかり、全て治療もしてもらった猫さん達。

優しい依頼者さんでよかったね!

翌日リリース時に、前日捕まらなかった子を再度リベンジ!なかなか捕獲器に入らず、警戒心強い子向けの捕獲器を設置。3時間粘ってようやく捕まった子は、さくらねこさんでした!

捕獲器入らないわけだ!

依頼者さんの他にも、活動者がいるようですね。

捕獲中、通りがかりのご近所さんが、これなんだと覗くことが幾度とあり、その度に、趣旨を説明すると、理解してくださる方が多く、依頼者さんも少し肩の荷がおりたようです。

無事、皆元気に帰っていきました!

動画作成のお手伝い

スタッフ小池です。

ねこのわ−なら」さんから里親募集用の宣材動画作成のご依頼をいただしました。

主役は、

りんごねこ兄妹のマイケルとあすかちゃん。

約1年前にも里親募集用の写真撮影をさせていただいた2匹。

でもご縁には繋がりませんでした(>_<)

最近では、大手里親募集サイトのペットのおうちもアプリ版では動画掲載ができるようになりましたし、ボランティア団体の応援に力を入れてくださっている里親募集サイトOMUSBIも動画掲載ができます。

そこで、今回は里親募集用の動画作成をご依頼くださいました。

多くの努力によって殺処分ゼロを達成した奈良市。

「殺処分ゼロでもボランティアの所に保護猫がたまる一方ではダメ。譲渡をきちんと回していかないと。」

と、大きな目標を達成しても冷静な代表のHさん。

ベテランボランティアさんのお手伝いをさせていただけるのはとても光栄です!

・・・

預かりボランティアさんのお家にお伺いすると、めちゃくちゃ人慣れしているマイケルとあすかちゃんが居ました!すごい!

すぐに撮影を始めます。

撮影中の写真を、Hさんが撮ってくださってました^ ^

・・・

完全した動画がこちら↓

2匹一緒バージョン

マイケルvr

あすかちゃんvr

・・・

キュンと来た方は、ねこのわ-ならさんに連絡してください^ ^

2匹がとっても可愛くって、楽しいお仕事でした^ ^

・・・

ねこから目線。は猫にメリットがあることなら、なんでも全力でお手伝いします!

今回は、

撮影1時間+編集1時間+交通費

のお手伝い費でした。

ご相談お待ちしております!

ご近所ノラ猫さんのTNR

スタッフ小池です。

H市でTNRのお手伝いでした。

一匹のノラ猫さんにご飯をあげていたら続々と他のノラ猫さん達もご飯を食べくるようになったそうです。

このまま増えてしまわないように4匹のTNRのご依頼をいただきました。

・・・

捕獲日。

早朝に現場にお伺いすると、すでに一匹の三毛猫さんがお待ちかねでした。

捕獲器を設置すると、すぐに入ってくれました。

三毛猫さんを包んでから、急いで次の捕獲器をセットします。

続々と集まる猫さんたち。

2匹が連続して捕獲成功です。

15分ほどで3匹も捕まったため、さすがに様子がおかしいことに気付いてしまった白系猫さん。一旦姿を消してしまいました。

待つこと、30分。

お帰りなさい。無事4匹とも保護完了です。

のらねこさんの手術室に搬入して、退院日にリターンにお届けして、お手伝い完了です!

空き家の親子猫

スタッフ梅です。

現れたサビ猫さん。手術をしようと餌付けをしていると、突然姿を消してしまい、後に地域の集会所として使っていた空き家で、子猫を産んでいることがわかった今回の依頼者さん。数日前、その空き家の屋根まで上がり、降りられず鳴いていると思ったら、どこかから降りて、子猫のいる空き家へ戻ったサビ母さん。

その声が大きかったようで、近所からも苦情が出るほどだったそう。

知り合いが親子ごと保護するため、捕獲を試み子猫はすぐに保護できたが、母猫はパニックで手がつけられなくなり、数日経ってしまったそう。そこで、ねこから目線にお手伝い要請が入り、すぐに向かいました!

どんな状況なのか、サビ母さんがいる空き家へ。

押し入れに隠れていました。

覗き込む、初対面のあたしに、逃げないし、威嚇もしない。あら?割と落ち着いている?

ちゅーるを差し出してみると、、スンスンスン。。

なんと、すぐにペロっ!笑 ありゃ、慣れてらっしゃる!

外への逃げ場はないようだが、念には念をで、捕獲器を近くに設置し、お部屋を真っ暗にして、外に出て待ちました。

お腹減ってたんですね。。15分程で無事保護出来ました!暴れる様子もなく、とっても大人しい可愛い子でした。

まさかこんなにすぐ捕まるとは思ってなかった!と、依頼者さん。サビ母さん、突然のことにびっくりしたんだね。。捕獲器から移したケージの中でも、ちゅーるをペロリ笑

パニックになってしまった猫さんは、想像以上の行動をとります。無理に行動せず、ご相談ください。

保護先で落ち着いたら不妊手術をするようです。子育て頑張ったサビ母さん。すくすく育った子猫達。素敵な猫生になりますように!

脱走猫さんのスピード帰宅

スタッフ小池です。

K市で脱走猫さんの保護のお手伝いでした。

来客があった際に、玄関からお外に出てしまったそうです。

現場にお伺いして、玄関横のガレージに捕獲器と観察用カメラを設置します。

が、、

飼い主さんが置いていてくださってきた餌に大量のアリが集まってきていました。

どうしても、アリさんにバレやすい場所はあるので仕方ありません。

アリ防止にはチョークがあるの便利なんですが、手持ちのチョークが無かったので依頼主さん宅の園芸用石灰をお借りして、捕獲器周りに防壁をつくります。

何故かアリさんはチョークや石灰が嫌いなようです。

そして、深夜1時前、ターゲットの猫さん登場です!

警戒しつつも、捕獲器のオヤツをパクパク。

無事、保護完了です^ ^

半日の大冒険お疲れ様。もうお外に出ないでね。

助けられる命と失われる命と。

スタッフ小池です。

H市で子猫の捕獲のご依頼でした。

迷子の猫さんを探してウロウロしていると、大声で鳴いている子猫さんを見つけたそうです。

捕獲器を保健所から借りて設置し、徹夜で粘ったもののどうしても入ってくれず、ねこから目線。にご依頼くださいました。

現場に到着して、子猫の鳴き声を出すと物置の下から大声で鳴く声がします。

端っこに居ました。2ヶ月くらいの黒子猫さんです。

子猫さんも好みそうな餌で、捕獲器を設置しますが鳴くばかりで全く動く気配がありません。。

仕方がないので、待つのをやめることにしたした。

依頼主さん曰く、触ろうとしてもギリギリまでは動かずにじっとしていて、ギリギリのところでピャーッと走って逃げるそうです。

依頼主さんが物置があるお家の方に捕獲許可を取ってくださっていたので、子猫がいる物置の穴を板やゴミ箱で塞ぎます。

覗き込むと、奥の隅っこに頭を突っ込んでお尻だけ見えている状態でした。

ゆっくり手を伸ばすと、なんとかギリギリお尻を触れる距離感。

うーん、、、

お尻を掴んで引っ張り出したら、お口も前足もフリーなので150%の確率で噛まれます。

絶対噛まれる。

でも私の腕は自慢じゃないですが短い方です。

正直言って、痛いのは嫌いです。できるなら噛まれたくありません。

でも、餌でも鳴き声でも動かないし、私の腕は短いし、これはもう覚悟を決めるしかありません。

意を決して、お尻の上をギュッと摘んで引っ張り出します。

突然引っ張り出された子猫さん、当然パニック。

カプカプカプ!とやられましたが無事保護完了です!!

またまた可愛い黒猫さん。

驚かせてごめんね。優しい保護主さんが家族にしてくれるって^ ^

・・・

子猫さんの捕獲をする中で、突然「バンッ!」という大きな音がしました。

驚いて振り向くと、道路で車と猫がぶつかった瞬間でした。

猫さんは、ほぼ即死でした。

夜間だったので、ねこから目線。の事務所に連れて帰り、翌日、ペット眠りの森さんにお願いしました。お釣りは猫に使ってね基金から火葬代を出させていただきました。

人によって助けられた命

人によって失われた命

嬉しい気持ちと、ショックな気持ちと入り混じった現場となりました。

・・・

保護された黒猫くんは、ユニ君という素敵な名前をつけてもらったそうです。

翌日には、保護主さんのお腹で安心しきって寝ている写真をいただきました。ユニ君、幸せに長生きしてね。