ブログ

お外10年。さようなら。

スタッフ梅です。

10年近く餌やりをしている猫が2匹いて、家に迎え入れたいが、一匹が用心深く、なかなか捕まらない。とゆう今回のご相談。

猫さん達が来るのは、夜中の3時頃。

警戒心が強い子向けの捕獲器を、前もってセットに、少し早めに現場へ到着。

現場に到着すると、舗装中の道路ににゃんこが2頭。もうおるがなwと、思いながら、しれっとセットします。

↑こちらが、警戒心の強い茶白ねこさん。

↑こちらが、人馴れ黒ねこさん。

ごはんをセットしてもらい、私は電信柱の陰に隠れます。と、そこへ。。

「こんばんは~」と、声をかけられ顔を上げると、2人のお巡りさん。

「こんなとこで何されてるんですか?」と、言われる前に、「ねこの捕獲をしてます。保護するんです」と、捕獲器の存在を理解したお巡りさん達。

「僕たち邪魔やね。」と、言って去って行かれました。ご理解ありがとうございますm(_ _)m

そして、早くも黒猫さんが、警戒心0で中に入っていきますw

中のごはんをパクパク。捕まえようと思えば捕まえられますが、とにかく茶白さんだけでもお願いします!と、強い希望もあり、捕獲器手前で、警戒心強いねこさんが見ているので、何もしないまま食べてもらいました。

多少食べた所で、どこかへ去った黒ねこさん。その一連の流れをしっかり見ていた茶白ねこさん。空腹だ。。ちょーっと警戒しつつも、黒ねこさんが何事もなく食べていたのを見て安心したようで、徐々に中に入ってきました。

(緊張が走る瞬間で、写真がございませんw)

焦らず焦らず粘ること15分ほど。

捕獲完了です!ほっとする依頼者さん。と、依頼者さんのお知り合いさん!「抱きしめていいですか?」と、抱き合い、今まで色々と苦労があったんだなと感じました。

とりあえずこの子さえ捕まってくれたら、一安心です。黒ねこさんは、いつもちょっと食べてどこかへ行ってまた戻ってくるんやけどねーと、依頼者さん。

茶白さん捕獲現場を見ていない黒ねこさん。戻って来るなら捕獲しちゃいましょう!と、黒ねこさんを探しに行く依頼者さん。

「いました。」 真横の敷地にいたようです。

依頼者さんに、ついてくる黒ねこさん。

これまた何の警戒心もなくw

すたすたと、捕獲器内へ。

完了です!人馴れしているとはいえ、いつもと違う環境に顔が強ばる黒ねこさん。

ごめんね。

外猫さんでも、快く受け入れて下さる、一犬猫動物病院さんへ、家に迎え入れるための諸々検査へ。

後にご自宅へお送り。

10年以上お外で暮らしていたねこさん。 10年以上可愛がってもらっていたねこさん。 初めは戸惑うだろうけど、これから来る寒さは、もう耐えなくていいんだよ。

何だか心がほっとする捕獲現場でした!

0泊3日スタッフ研修

9日(土)夕方〜11日(月)

スタッフ小池です。

ねこから目線。スタッフ研修として大阪から車でスタッフ梅さんと福島県に行ってきました。

お問い合わせメールの返信が遅れており申し訳ありません。

10日の日の出前に福島県に到着し、カメラマンの太田さんの福島での活動に同行させていただきました。

帰還困難区域でのノラ猫への給餌台。

イノシシやタヌキが入らないように高く、アライグマが入らないように入口は狭く、様々な工夫が込められた餌台です。

今回の旅の最後には太田さんの手作り捕獲器や観察台などの貴重なアイテムを譲っていただきました!

・・・

希望の牧場で、代表の吉沢さんのお話をゆっくり聞かせてもらいました。

沢山居る被爆牛たち。可愛がるペットではなく、出荷されるまで品質を管理する家畜でもない彼らに対して、どのように接していけばいいのか、どこまで手を加えていくのか、正解の無い「問い」や「葛藤」はノラ猫問題にも共通する部分が多くありました。

・・・

浪江町で犬や猫の保護活動をされている赤間さんのシェルターにもお邪魔させていただきました。

不妊手術済みの印は耳先カットが最近では主流ですが、地域や獣医さんによって様々です。この猫さんは右耳に穴をパンチであけてありました。

TNRはRする場所に人が居ることが大前提です。人が居なくなってしまった場所では、触れない猫さんであっても保護里親探しを地道にされています。

人慣れしていない猫さんの慣らし方や、通常の捕獲器に入らない犬猫の捕獲器への工夫、手作りの仕掛けなど、教えていただきました!

・・・

10日の夕焼け

震災から8年。

単発屋ではなく、試行錯誤や葛藤を繰り返しながら、賛否両論受けながらでも継続して行われている活動に強く関心があります。

理想やスローガンがいくら立派でも、続かない取り組みにはリアリティが無いので関心がありません。

野生動物は生存区域を守り共存する対象で、ペットは共に生き可愛いがる共生する対象だとすれば、野生動物ではなく飼い猫でもないノラ猫とはどのような心の距離感で、介入密度で関わっていくべきなのか。「ねこから目線。」をこれからも考え続け、行動し続けていきたいと思っています。

車で片道9時間の道中、スタッフ梅さんと自分の動物観や考えなど、じっくり話し合うことができてとっても充実した0泊3日の旅でした。眠たいです。笑

お庭ノラ猫さんのTNR

M市でお庭にご飯を食べにくるノラ猫さんのTNRのお手伝いでした。

メインターゲットは黒猫お母さんとその子どもたち2匹。

・・・

早朝、依頼主さんのご自宅に伺います。

到着すると、お庭にはおじいちゃんノラ猫さんがいました。

最近は近所のノラ猫に喧嘩で負け続け、いつもどこかから血が出ているそうです。

確かに、お年寄りっぽいし、痩せていて耳はいたるところがちぎれています。

去勢手術を受けられるかはかなり微妙ですが、手術に耐えられそうなら、これを機に発情期の喧嘩からは解放してあげたいところです。ひとまず捕獲し、獣医さん判断で手術が無理であれば病院でできる治療だけでもしてもらうことになりました。

おじいちゃん、捕獲完了です。

続いて捕獲器を設置し、依頼主さんにいつものようにご飯を出す仕草をしていただきました。

すると、どこで待機していたのか、すぐに黒猫親子が現れました!

カシャン!

子猫2匹が一緒に入りました。

子猫が捕まるところを目の前で見てしまったので、お母さん猫さんは暫く警戒して戻ってこないかも、、

と心配しつつ、子猫たちの捕獲器を包んで車に載せていると

「お母さん捕まりました!」

と依頼主さんが呼びにきてくださいました。

はやーー

お母さん、すぐに戻ってきてくれて良かったです。

3匹をのらねこさんの手術室に搬入して、翌日のリターンまでお手伝いして完了です。

結局おじいちゃんは獣医さん判断で手術はしないとこになりました。補液とノミダニ駆除をしてもらい、病院で栄養たっぷりご飯を3杯もお代わりしたそうです。笑

病院から帰って、依頼主さんにヨダレを拭いてもらってご満悦のおじいちゃん。

ノラ猫生活はとても過酷ですが、おじいちゃんがたどり着いたお庭が依頼主さんのお庭で良かったなぁと思いました( ´ ▽ ` )

ろ、ろ、ろ、ろ、、、

600頭を超えました!

何が?

スタッフ梅です。

すいません、捕獲頭数です!

ねこから目線。捕獲の、600頭目に捕獲されたねこさんは、O市のとある公園。

捕獲を何度か試みるも、なかなか入ってくれない。 力を貸して欲しいとご依頼がありました。

そう。ある程度人慣れしている子は非常に難しいのです。。

いつものご飯の時間より前に、セッティングをしておきます。さぁ、あとは来るのを待ちます。

「もう向こうで、ニャーニャー鳴いて待ってます!」と、依頼者さん。

依頼者さんが呼びに行くと、、、

依頼者さんの足元にまとわりつきながら、ルンルンでやってきた、ターゲットのねこさん。

ほほぅ。なーるほど。懐いておる!!

捕獲器横まで、ごはん待ってたんだよー!お腹空いたよー!と、うきうきでニャーニャー喋りながら、ラストスパートで走ってきたねこさん!

捕獲器が視界に入っていない! いや、捕獲器の存在に、違和感や警戒心が、全くない!

あまりの、るんるん具合に写真がブレブレですww うっすら影がお分かりでしょうか?

あ、ご飯にお気づきになられましたね。。 入るかな入るかな、ドキドキドキドキ。。

依頼者さんの顔を見て、何かを言ってるねこさん。早くちょーだいよーとでも言ってるのでしょうか?

スパーーーん

成功です!現れてから数分後の出来事でした!

写真の技術が乏しいスタッフで申し訳ございませんm(_ _)mこんな可愛い子ちゃんです。

この周辺のTNRを、一生懸命取り組んでおられる依頼者さん。突然現れるようになって、あまりにも懐っこいので、飼育されてたんだろうと。 なぜ、ここに来たのかはわからないが、手術はしなくちゃ!と、頑張っておられました。

600頭目、、700、、900、1000頭。 今後も、よろしくお願いします!

側溝子猫さんの保護

S市で側溝に住む子猫さんの保護のお手伝いでした。

1週間ほど前から、突然商店街に子猫さんが現れたそうです。側溝の中を行き来していて、保護しようにも捕まらない!というご相談でした。

・・・

深夜25時に現場に集合します。

子猫さんの鳴き声がする側溝の隙間すぐに、子猫用の捕獲器を設置して待ちます。。

あ、出てきました。

じーっとおやつの匂いを嗅いで、、

後方確認。

片手をかけて、、

出てきました!

人が通ると側溝に逃げ込む、ということを何回か繰り返した後、無事保護することができました^ ^

保護部屋にお送りしてお手伝い完了です!

お腹空いてたね、頑張って鳴いた声がボランティアさんに届いて良かったね。

2ヶ月半〜3ヶ月くらいの女の子でした。

ボランティアさんが保護して里親募集されるそうです。

素敵な里親さんが見つかりますように。

自主帰宅の母猫さん。

M市で脱走猫さんの捕獲のお手伝いでした。

飼い始めて1ヶ月。

10/24に避妊手術をし、10/31に動物病院に傷のチェックに行った帰りに自宅の駐車場で脱走させてしまったそうです。

術後1週間なのでエリザベスカラーをしている状態。

11月1日の夜に目撃証言があり、春に産んだ子ねこと餌を前に名前読んだのですが来てくれず、こちらから行ってしまい手で触れるところまで行ったのですが、取り逃してしまったそうです。

・・・

相談をいただいた夜に、依頼主さん宅に伺いました。

脱走場所、目撃場所周辺を一緒に歩いて捜索しますが姿は見えません。

ご近所さんも協力して捜索してくれていました。

「飼い始めて1ヶ月しか経っていないので、自宅に愛着がなく、遠くに行ってしまっていないだろいか?」

と心配されていましたが、脱走場所が病院の駐車場や、トライアル中の里親さん宅でも、脱走から1ヶ月ほどは周辺に居ることが多いです。

「きっと近くに居ます。昨晩逃げて少し離れてしまったとしても、夜中になれば、うろうろし始めると思うので、飼い主さん宅には脱走猫さんが使用していた猫トイレの砂と餌を置いておいてあげてください。また、目撃場所付近で協力してくれるご近所さんが居れば、餌の設置と観察をお願いしてください。」

とお伝えしました。

また、捕獲器の使い方を説明し、ターゲットの猫さんが見つかったら手で捕まえに行くのではなく、捕獲器を設置してもらうようお伝えしました。

・・・

翌朝。
依頼主さんからメールがとどきました。

「おはようございます。

昨夜は遅い時間帯に来てくださり、色々と質問に答えてくださり、本当に心強く思いました。
ありがとうございました。

なんと、今朝猫が帰ってきたんです!!

家の周り一周、フードをふやしたものや鰹節やらたくさんたくさん巻いて、1階のベランダ猫が入れるだけの隙間を開けて中にフードを入れておいたんです。

捕獲器の説明であったように少し道をつけるような形でベランダ入り口まで餌をまいておきました。

朝子猫が鳴くのでお腹着いたのかなと思って部屋のドアを開けたらにかいの廊下にいたんです!!

取り急ぎ御礼とご報告まで」

・・・

えええええ!

なんと。母猫さん自主的にご帰宅されたそうです。笑

捕獲器の回収に伺った際に詳しく聞くと、朝、子猫の鳴き声で依頼主さんが起きてお部屋のドアを開けると廊下に母猫さんがちょこんと座っていたそうです。

とっても落ちついていたそうです。

賢い母猫さんです。

飼い主さんが、一階の窓を開けておいてくださったこと、餌で導線を作ってくれたこと、子猫がよく鳴く子だったことも母猫さんが無事に帰ってこれた要因かなと思いました。

帰ってきた日はさすがに疲れたのか、お布団でぐっすり寝たそうです。

無事に母猫さんが帰ってこれて良かったです。

ねこから目線。は何も役に立っていませんが、素敵なエピソードだったのでブログで紹介させていただきました^ ^