ブログ

降りられない猫さんの捕獲

スタッフ小池です。

お家から脱走してしまい、ご近所さんの屋根の上から降りられなくなってしまった猫さんの捕獲のご依頼でした。

火曜日にお家から脱走してしまった猫さん。

飼い主さんが探したところご近所さんの屋根の上で鳴いているのを見つけたそうです。

呼びかけに反応するものの、降りてこれない様子で、どうしたらいいのか悩んでいるうちに、かれこれ5日もたってしまったそうです。汗

そこで、ねこから目線。に捕獲のご依頼をくださいました。

屋根の上となると、色々大変そうなのでスタッフ梅さんと2人で現場へ。

現場に到着すると、確かに屋根というか、門の上に猫さんが居ます。

自分で降りられそうな高さですが、かれこれ5日間も降りてこないそうなので捕獲器を仕掛けます。

大型の三脚の一番上に乗って手を伸ばしてやっと載せられる高さでした(怖)。

捕獲器を設置すると、すぐ近寄ってくる猫さん。すごくお腹が空いていたんですね。泣

設置から10分程ほどで保護完了です!

屋根から降ろす時に足がプルプルしました。汗

気合で屋根から降ろして、三脚下で待機している梅さんに受け取ってもらいます。

猫さんが大きいので、捕獲器も大きいタイプ。めちゃくちゃ重たかったです。汗

受け取る梅さんの表情もめちゃくちゃ必死そうでした。笑

屋根の上で飼い主さんを呼び続けた猫さん。

無事お家に帰れました。

もうお外に出ないでね。

・・・

降りられない猫さんの捕獲で、ねこから目線。の通算捕獲頭数が900匹になりました!

天ちゃん正式譲渡成立です!

スタッフ小池です。

昨年にお引越しのための捕獲をお手伝いした坂本さん(猫)

あれから保護主さんの努力の甲斐あり、少しずつお家に慣れきていた坂本さん。とはいえ人慣れスピードはゆっくりでした。

ちゅーるは手から食べれるようになり、その際に少し額を触れるようになってきたものの、飼い主さんが部屋に入るとすぐ隠れてしまったり、イカ耳になってしまう状態の坂本さん。

だいぶ慣れて、トンネルに入れるようになってもカメラを向けるとこんな感じ。

人慣れしていない大人のノラ猫を、飼い猫にするのは大変な道のりです。

ケージ → 一部屋フリー → お家フリー

とテンポ良く進んでいきたいものの、一部屋フリーからは、なかなか思うように進んでくれません。

そこで、

「坂本さん、ノラ猫時代に子育て経験もありますし、人とどんな風に接したら良いかを見て学べるように、人懐っこい子猫を迎えてみてはどうでしょう?」

と提案しました。

猫を飼うのが初めての飼い主さんご夫婦と、人に飼われるのが初めての坂本さん。

お互いにどう接したらいいのか分からなくて気を遣いあってしまっている気がしたので、その間に入って無邪気に遊びまわってくれる子猫の存在は、坂本さんにとってもご夫婦にとってもプラスに働くんじゃないかと思いました。

「まだ、坂本さんが慣れきってないのに、新しい子を迎えることは坂本さんに失礼じゃないだろうか、ショックを受けないだろうか」

と真剣に悩んでくださった保護主さん。

まだまだ遊び盛りの若い坂本さんにとって、ひとりぼっちよりも遊べる相棒ができることは、坂本さんのためにもなると考えてくれました。

ちょうどそんなやり取りをしていた頃に、以前お庭のノラ猫さんのTNRをお手伝いした依頼主さんから、保護猫の里親探しのご依頼をいただきました。

写真撮影にお伺いすると、丸顔で可愛い子猫くんでした!しかもめちゃくちゃ人懐っこい。

さっそく、坂本さんの保護主さんに打診するとご夫婦で面会に来てくれました。

保護主さんが愛情をたっぷりに子猫を抱いたり触ったりする様子をみて、

「ねこってこんなに触らせてくれるんだ…」

と感心されていました。

そして、後日トライアルに進むことが決まりました!

坂本さんのお部屋のケージに子猫君を入れます。坂本さんの反応を見るために観察カメラを設置しました。

尻尾を少し太くしつつもケージに近寄る坂本さん。

君は、、誰??

初日は子猫君をケージから出さずに、坂本さんにじっくり観察してもらう時間をとります。

夜中もじっくり観察する坂本さん。

2日目には坂本さんも子猫君も、食欲排便ともに良好になったので、子猫君をお部屋フリーに。

仲良くなってくれますように。。

3日目には

にゃーん!!

一緒にトンネルで寝てくれるように!早い。

子猫君はすっかりキャットタワーも制覇して、

新居を楽しんでいます。

そして、坂本さんにも嬉しい変化が。

里親さんご夫婦が部屋に居ても、普通に出歩いてくれるようになったそうです!

里親さんが子猫君と遊んでいると周りをぐるぐる。笑

トライアル4日目の里親さんからのLINE

『坂本さん、今面白いです。おチビさんが私達と遊んでいてゴロゴロ喉を鳴らしているのを聞いて気になるにでしょう、潜っているところから頭だけ出して、こちらに顔を向けてなんか良さそうという興味全開です。
こっちにくればちゅーるもあげるし、ブラッシングもしてあげるよと一生懸命声をかけています😊』

トライアル6日目の里親さんからのLINE

『おはようございます。いやぁ、坂本さんが変わってきてくれているのに感謝感激です。今も一緒の部屋にいるのですが、坂本さんがキャットタワーの上の陽だまりでお昼寝を僕らのすぐ脇でしてくれるなんて!おチビはゴロゴロ鳴らしながら膝の上でまったりしてくれます。折角坂本さんをここに連れてくるならこうしたいという形がしっかり見えてきました。大感謝です。こんないい子の里親募集してくださった保護主さんにも。ありがたい限りです。今の坂本さんの写真です。』

里親さんの写真は愛情に溢れていて、いつも素敵です。

子猫君は「天ちゃん」という可愛い名前も付けてもらい、本日正式譲渡となりました^ ^

天ちゃん、坂本さん、仲良く幸せにね^ ^

いっぱい甘えても大丈夫だよ!

増やさない。

スタッフ梅です。

近所の、とある駐車場に現れる猫さんの、TNRのお手伝いでした。

この隙間から出てくる。と、状況説明を聞き、表に出てくる所に、捕獲器をセットします。

猫さんの気配が全くなく、パウチの袋をこすり、カサカサ音を鳴らして、ごはんやでーおいでやー!と、呼んでみたら、、

開始から15分くらい経った頃。。

キジさんが、隙間から出てきました!

おいしい香りがする方へ。。

「カシャン」

無事捕獲です!

ご飯の袋をこすり、かさかさ音を鳴らして、ごはんだよーおいでー作戦。第2回目のチャレンジです。

すると、違う通路からスタスタスターと、走ってくる猫さんが!

急いで隠れて、入るのを待ちます。。

茶トラくん。無事捕獲です!

同じように、捕獲器セット、音ならし、おいでー作戦。。

なかなか来ないなぁ。と、思っていたら、新たなキジ猫さん。頭が捕獲器内に!

いい感じいい感じ。。

「カシャン」

扉が閉まっても、ひたすら食べているキジさん。お腹空いてたんやなぁ。。

3頭を、一犬猫病院に搬入し、手術して、翌日リターンで、お手伝い完了です!

今回の依頼者さんは、えさやりさんではなく、家族に、○○(現場)に猫いるで!と、言われ、気にかけてみていたら、未手術の猫達が。。自分の住んでいる周りは、TNRを進めている。 この場所は、えさあげてないけど、聞いた以上気になって仕方なくて。。

猫の殺処分を減らすためには、避妊去勢手術を。これが先決。

対人援助学マガジン40号発行されました!

スタッフ小池です。

楽しみにしてくださっている方が居るのか居ないのか分かりませんが、

私が連載している対人援助学会発行の対人援助学マガジン40号が発行されました!

というお知らせです!

今回は、多頭飼育ケースへの対応について、社会が進んでいっている方向への危機感、不安、不満を書きたくってしまいました。

対人援助学マガジン

そうだ、猫に聞いてみよう40号

対人援助学マガジンの公式ページはこちら

・・・・

・・・・

【バックナンバー】

「そうだ、猫に聞いてみよう」

40号「多頭飼育ケースへの支援のあり方

39号「第6回大学猫シンポジウム

38号「ねこから目線。開業1年を振り返って

37号「有効な予防を考える〜予防の次元〜

36号 「社会的企業について

35号「多頭飼育崩壊支援、ケース2

34号「餌をやるからノラ猫が増えるのか

33号「子猫遺棄事件ルポ

32号「猫を保護してほしいという相談

31号「多頭飼育崩壊ケース支援事例報告

30号「人もねこも一緒に支援プロジェクト

29号「眼差しよる承認、システム論で考える大学猫

28号「のらねこ、対馬に行く

27号「排除のシステムと共生と共存と

23号「背後ストーリーを理解する

22号「3つの視点で捉える

21号「ノラ猫問題、問題の再焦点化

保護猫さんトライアルのお手伝い

スタッフ小池です。

年末年始の捕獲作戦で無事保護されたノラ猫さん一家のうち、黒猫2匹に里親さんが決まったそうです!

保護主さんの努力の甲斐あって、猫じゃらしが大好きになった2匹。

まだまだ人慣れ過程ですが、それでもうちの家族に!と言ってくださる素敵な里親希望者さんが面会に来られ、トライアルに進むことに決まったそうです!

とはいえ、抱っこしたり撫でたりすることはまだできないので、トライアルに連れていくための室内捕獲と送迎のお手伝いのご依頼をねこから目線。にくださいました。

・・・・

当日、依頼主さん宅にお伺いします。

「ここの部屋にいます」

と案内されました。

ここ???

ここの棚が好きな猫さんが多いそうで、中に物は入れずにタオルを敷いて猫の隠れ家にしてあげているそうです。

そーっと大きな引き出しを取り外してみると、、

ゴソゴソ、、笑

隣に慌てて移動していく猫さんたち。

なんか、いっぱい居ます。笑

ターゲットではない猫さんたちに引き出しから出て行っていただいて、黒猫さんを1匹ずつキャリーに入れます。

ターゲットではない猫さん、5匹くらいいました。引き出しの人気具合がすごいです。笑

キャリーに入れることが完了したら、いよいよ里親さん宅へ!

依頼主さんと里親さんがトライアルに入るにあたってのお話をしている間、キャリーの中で固まる2匹。

早く慣れて、いっぱい遊んでもらってね^ ^

パンフレット作成のお手伝い

スタッフ小池です。

今回は、

北摂TNRサポートのらねこさんの手術室さんのNEWパンフレット作成のお手伝いでした。

ノラ猫問題を改善したい、という強い想いをもって活動されているスタッフさんと何度も何度も校正を重ねて、やっとOKをいただけました!笑

気持ちがいっぱい詰まったパンフレット作成のお手伝いをさせていただけて楽しかったです!

保護とTNRのお手伝い

スタッフ梅です。

数頭の猫たちが住んでいた場所が、取り壊しになるため、里親になりたい子を保護してほしいという、今回のご依頼。

現場へ行くと、3頭がお腹を空かせてお待ちかねでした。

保護するのはこの子達。

一度捕獲器に入ったことがある子達なので、警戒心強い子向けの捕獲器を設置します。

この日は、雨。。駅前なので、ちらほら人通りもあり、表になかなか出てこれない猫さんたち。。

焼きかつおが大好物なようで、誘導しながら、1時間粘って、やっと白黒さんが、捕獲器内へ!

とりあえず、白黒さんを里親さん宅へお送りし、お手伝いは一旦終了。

数日後の日が暮れた時、前回捕まえられなかった三毛ちゃんの捕獲へ。

現場に着くと、キジさんが、駅から帰宅中の人達に猛烈アピール!こうやって、色んな人がごはんをあげるようです。。あなたおねだり上手ねー!

と、そこへ現れた茶トラさん。この子はまだ、さくらねこさんではないので、TNRします。

無事捕獲完了です!

三毛さんこないなぁ。。なんて思っていると、

「ででんっっ」

と、座ってこっちをみている三毛さんがw

誘導するも、キジさんが、捕獲器内のごはんをひたすら食べているw

むちゃくちゃ食べたいのに、誘導するも、捕獲器近くに、なかなか行かない。。

シレっと、隣の駐車場に一旦身を置きに行く三毛さん。

捕獲器の場所をかえ、再度誘導!

無事保護出来ました!

三毛さんを、里親さん宅にお送りし、茶トラ君をのらねこさんの手術室に運んで、手術し、翌日リターンで、お手伝い完了です!

ちょっとずつ慣れていってね。。

ゴロスリ丸のマル君里親募集開始です!

箕面市より、愛想抜群な「マル君」里親さん募集中です!

性別:男の子(去勢手術済)
年齢:1~2歳
健康状態:FIV(-)、Felv(-)
三種混合ワクチン接種済

マンション猫のTNRと保護で、保護された猫さん。

初対面の人でも、何の警戒心も持たず、ゴロゴロスリスリを披露するマル君。初めて見た時は、ゴミ捨て場をあさっており、胸が締め付けられた。。こんなに人慣れしている子、、どこかで可愛がられていたのかも。。

マンション前は、通行量の多い道路なので、交通事故や、声をかけられれば、誰にでもついていってしまうので、虐待の不安もあり、保護を決意しました。

保護場所での、マルくんはというと、、

にゃーに、写真撮ってんのよー!僕のこと可愛い可愛いしてよー!と、おしゃべりw

とにかく、ゴロゴロスリスリ、ゴロスリ丸w初対面の人でも、両足ふみふして、構ってアピール。。

撫でるのやめると、もっとー!と、催促してくる、むちゃくちゃ可愛い子ですw

お腹もすぐ出しちゃう!

↓前足、グーパーが止まらないマルくんw

チュールも好き。いや、全然好き嫌いもしない!何でもおいしく食べるよ!

テヘペロ顔がキュート!

真面目な写真もいただきました!

横顔もイケメンですねー。

猫飼育初心者の方にも、とっても優しい猫さんです!

マル君に、素敵な出会いがありますように。。。

【応募条件】

・完全室内飼育

・ペット可の物件にお住まいの方

・60歳未満の方

・単身可

お申し込みはこちら

他の里親募集中の猫さんの情報はこちら

マンション猫のTNRと保護

スタッフ梅です。

マンションに住み着いた3頭の猫さんの捕獲のご依頼でした。

深夜2時。現場に到着し、依頼者さんに電話すると。。
にゅにゅっと白黒さん登場。

もーお腹空いたんだけど!ずっと待ってるんだけど!と、言わんばかりに、にゃーにゃー文句を言いながらこちらに向かってくる。。

ぐいぐい来る白黒さん。

警戒心一切ゼロw初対面のあたしにもゴロスリw君の名前はゴロスリ丸のマル君やなw

なんだ、お前。可愛いやっちゃなーと、戯れながら、依頼者さんを待っていると。

新たな白黒さんが。こちらは警戒心お持ちのようですね。
依頼者さんも来られ、早速捕獲開始です。

あらぁ。真横。。
見たら、、音聞いたら嫌だな。。と、思いながら、ゴロスリ君すぐに捕獲完了。

一瞬隠れたビビり君。お腹が空いてるんですね。。戻ってきて、これまたすぐ捕獲完了。。
そして、素晴らしいタイミングで現れた、最後のシャム猫さん。さっそく捕獲器を設置し。。

非常に見にくいのですが、これまたすんなり入って、3頭のスピード捕獲完了です!

のらねこさんの手術室に運び、手術して翌日リターンで、お手伝い完了です!

ゴロスリ丸のマル君は、保護して里親さんを募集するようです!

絆の強い2匹の保護。

スタッフ小池です。

O市で保護のための捕獲のお手伝いでした。

ノラ猫さんの多い場所で、人通りの多い茂みから出てくる黒猫兄弟(?)が今回のターゲットです。

数年前に突然現れ、その時には既に不妊手術済みの印の耳カットが2匹ともあったそうです。

一匹は生まれつきなのか、事故にあったのか前足が悪く、ピョコピョコと肘を使って一生懸命歩いています。

もう一匹の猫さんが、そんな足の悪い猫さんのことをいつも守っていて、足の悪い子がご飯を食べている時に他のノラ猫が来たら追い払い、歩く時はペースを合わせてゆっくり歩いてあげているそうです。

はじめは、経過心の強かった2匹ですが、多くの人にご飯をもらって可愛がってもらったおかげで最近は、餌やりボランティアさんは触れるようになったそうです。

そんな中、守り手の猫さんが耳の後ろを怪我してしまったそうです。なかなか治らず、皆んなが心配していました。

『一匹は足が不自由だし、一匹は怪我が治らないし、、、。もう、見てられない!保護する!』

とボランティアさんが決意され、ねこから目線。に捕獲の依頼をくださいました!!

状況としては

●一回は捕獲器で捕まっているハズなので、普通の捕獲器では難しい可能性が高い。

●餌は色んな餌やりボランティアさんが、猫さんが居るところにデリバリーする形のようで餌の場所が決まっていない。

●餌やりさんが沢山いるので、常にそんなにお腹は空いていない。

そして、絶対条件として

●「2匹同時に捕獲してほしい。」

というご依頼でした。

これが長期戦の捕獲作戦となりました。。

・・・

【トライ初日の朝】

早朝に現場に集合しますが、ターゲットの一匹が出て来ず断念。

【トライ2日目の朝】

2匹とも出来てきました!

が、一匹だけは入ってくれたものの、足の悪い子がなかなか警戒心の強い子向けの捕獲器に近寄ってくれません。

そして、餌やりさんが沢山集まってくれるので、たった1時間ほどで7人ほど現場に集まってしまいました。

朝はあまりにも人が多く、猫もソワソワしてしまうので、夜にリベンジすることに。

【トライ2日目夜】

夜の餌やりさんは餌場が固定だったので、そこに警戒心の強い子向けの捕獲器を設置して待ちます。

夜の餌やりさんが登場してくださってから2匹ともご飯を食べに出てきてくれたものの、、2匹同時に入ってくれず断念、、、。

でもこの感じならタイミングさえ合えば保護できるはず!

【トライ3日目夜】

トライ4回、、、今度こそ捕まえたい、、、

餌やりさんが来られる前に捕獲器を設置します。離れて待機していると、、

すると、ターゲットじゃない白猫君が捕獲器の中を陣取っています、、汗

手前でターゲットの黒ちゃんタジタジです。

餌やりさんが登場され、ご飯を捕獲器内へ。

やっぱり、先に白猫君が食べます。

近くで順番待ちする黒ちゃん。

ん?しっかり食べてるのに白猫君のお尻が捕獲器からはみ出してます。

餌の場所が手前すぎる可能性があるので、餌やりさんに再度ご飯を入れ直していただきました。白猫君グッジョブ!!!

順番待ちしていた黒ちゃんがすぐに食べ始めます。

すると、左手から足の悪い黒ちゃんが少しずつ近づいてきました。

警戒しつつもだいぶ近くまできました。

2匹仲良く食べてくました!!

捕獲器を作動させて保護完了です!

良かった!!!泣

依頼主さんご指定の一犬猫病院さんに搬入してお手伝い完了です!

ノミダニ駆除や血液検査諸々をしてボランティアさんのお家に行くそうです。

これからは安心して毎日を過ごせるね。

かなり長期戦になってしまい、ボランティアさんたちにもお手間を取らせてしまいましたが、無事2匹を離れ離れにすることなく保護することができてよかったです!