ブログ

ぷち講師3連続

今週は勉強会やセミナーの講師依頼が続きました!

まずは

火曜日、NPO法人KATZOCさん「地域猫事業部」の皆さんと「保護猫部門」の方々とクローズドな勉強会でした。

会場は休診日のねことわたしスペイクリニックさんで。

事業部としてガッツリ活動されていく中で、「地域猫活動」や「TNR」の理解が曖昧だったり、メンバー同士の認識が食い違ってしまう事は良くないので、それぞれの理屈的な部分と、現場での応対例など「理論と実践」を意識した構成で喋らせていただきました。

リアクションが薄くてやりにくい事は経験がありますが、リアクションが濃すぎてやりにくい場面があるというのは初体験でした(笑)。

それくらいめちゃくちゃノリの良い大阪ボランティアさんが多く、とっても楽しい勉強会でした!

フリータイムでは捕獲の際のちっちゃなコツの共有や、里親捕獲をする際のデータの共有などさせていただきました。

※里親捕獲サイトを通して来たお問い合わせは、「何曜日」の「何時」にきたのか、そのお問い合わせの「成立率」はどれくらいか、など100件以上のデータをちまちま集計しています。

・・・

続いて、金曜日には

S区の地域包括支援センターで、第3回目の福祉関係職の方々と猫ボランティアのミックス勉強会でした!

こちらは仕事としてではなく、私がボランティアで取り組んでいるしているNPO繋がりです。回を重ねるごとに参加者が増え今回は多機関から21名の参加でした。

猫の多頭飼育崩壊や高齢者の飼育放棄問題など、飼い猫の問題を予防的に取り組むためには、福祉と猫ボラが手を取り合ってアイデアを出し合うことがとっても大切だと思っています。

今回は「意外と身近な猫の多頭飼育崩壊」というタイトルで喋らせていただきました。後半のミーティングの時間では、色んな質問や話などが出てきて、とても有意義な会でした。

次回の第4回は、10月にノラ猫をテーマに実施予定です!

大阪市内で福祉関係のお仕事をされている方や、猫ボランティアさんで関心のある方は、お問い合わせからご連絡いただければ日時などご案内させていただきます。

勉強会兼ミーティングの後に社会福祉協議会の方から取材を受けました。

・・・・

そして、土曜日の本日は、ペットライフネットさんのセミナーでした!

「ペットを愛する方のための新サービス」という会で、「ねこから目線。」の仕事の話を40分自由に喋らせていただきました。

断捨離やかたづけのお手伝いをされている「かたづけ ねこの手」の尾崎蜜柑さんの次が出番でした。断捨離は得意ですが、かたづけはとっても苦手なので、しっかりお話を聞かせていただきました!

以前にお仕事を依頼してくださった依頼主さんが来てくださっていたり、一生懸命活動されているボランティアさんが行き詰まった活動のヒントを求めてきてくださっていたりしていました。

素敵な機会を提供してくださったペットライフネットさんに感謝です!

実施率100%を目指して

K市でTNRのお手伝いでした。

遡ること3月。

黒猫さんたちが沢山いる現場のTNRをお手伝いしました。

くろくろくろくろなTNR

1回目の一斉TNRで10匹のTNRが完了しました。

が、あと数匹捕獲漏れの黒猫さんが居そうな雰囲気でした。

6月、残ったノラ猫さんは依頼主さんがご自分で捕獲され、見事捕獲した黒猫さんの病院送迎をお手伝いしました。

が、その時すでに黒猫さんは子猫4匹の子育て中でした。汗

あと1匹だから、という油断が数ヶ月で5匹になってしまう、猫って油断なりません。汗

・・・

依頼主さんから再度ご相談をいただき、子猫が手術できる大きさになるまで待ち、依頼主さんと育った子猫3匹のTNRを一緒に実施することになりました!

・・・

早朝、現場に集合し捕獲器を準備して設置します。

すぐにターゲットの子猫さん1匹が捕獲器に入ってくれました。

しばらくして、もう1匹の子猫さんも入ってくれました。

ターゲットの子猫さんはあと1匹。

一旦母猫さんと姿を消してしまいました。

母猫さんは6月にTNR済み。

仕方がないので、じっと待つことに。

戻ってきそうな場所に捕獲器を設置して、しばらく離れ、待ちます。

30分ほど経過して、

猫さんが入った!

と思ったら、TNR済みの母猫さんでした。

ガーン。

再度設置しますが、子猫さんは入らず。。

暑くなってきてしまったので、残りの1匹は断念しました。

ねことわたしスペイクリニックさんに搬入してお手伝い完了です。

ねことわたしスペイクリニックさんの保護猫フトウ君。

同じ現場の1回目の一斉TNRの際に捕まったフトウくん。右前足をひどく骨折していました。ねことわたしスペイクリニックさんの保護猫となり断脚手術を受け、人慣れトレーニングを受け、今ではすっかり人慣れしているイケメン君です。

きっと今回の子猫たちの遠くない親戚だと思います。

・・・

この現場の未手術の猫さんはあと2匹!

今回の取り残しの子猫さんと、たまに現れるさすらいの黒猫さん(やっぱり黒猫)です。

実施率100%を目指して、依頼主さんの努力が続いています。

※同じ現場の継続TNRに限り、お手伝い費1時間あたり1000円引きしています。

お盆TNRで400匹目!

O市でTNRのお手伝いでした。

東京からお盆で帰省いしている間に、実家の最寄り駅近くで見つけたノラ猫親子をTNRしたい!とのことでした。

素敵なお盆の過ごし方ですね!

深夜、現場に早めに到着したので、捕獲器の準備を軽くして依頼主さんを待ちます。

「なんか、今ここからいい匂いした気がしましたけど?!」

と、車の下にターゲットらしき子猫が集まってきてしまいました。汗

・・・

しばらくして、約束の時間になり依頼主さん登場です。

ターゲットの猫さんを確認していただき、捕獲器を設置すると、、

2匹仲良く子猫たちが捕獲器に入ってくれました!

残るはターゲットの三毛猫お母さんです。

一旦気配がなくなってしまいました。

依頼主さんと周辺を探してみますが、見当たりません。

仕方ないので、待っていると15分ほどで三毛猫お母さんさんが戻ってきてくれました!

捕獲器を設置して、オヤツで少し誘導します。

あとは、離れて依頼主さんとじーっと観察します。

間近で見ると三毛猫さんの気が散ってしまうので、10メートルほど離れた場所でしゃがんで車の下に少し見える三毛猫さんの足を見ながら、捕獲器内のオヤツの食べ進み具合を見守っていました。

外から見ると柄の良いヤンキーに見えていたかもしれません。

見守ること数分。

無事、三毛猫お母さんも捕獲器に入ってくれました。

もう1匹茶白の猫さんを見かけることもあるらしいのですが、この日は現れず3匹を一犬猫病院さんに搬入しました。

本来であれば、明日15日がリターンの日でしたが、台風の中リターンするのは心配なので、一犬猫病院さんに1泊延泊させていただき、台風が去った16日に捕獲場所にリターンしてお手伝い完了です。

・・・

なんと、今回の一緒に捕まってくれた子猫さんたちで、ねこから目線。として捕獲した頭数が400匹になりました!

400匹目と401匹目になってくれた子猫さんたち。

記録を集計してみると7月の捕獲数は最多の25現場、81匹でした。

もうすぐ、「ねこから目線。」を開業して1年になります。多くの方々がご依頼をくださり、沢山のノラ猫さんたちのTNRをお手伝いすることができました。

本当にありがとうございますm(_ _)m

甘いマスクの甘えん坊マロンくん!【里親募集中】

大阪市平野区から里親募集のご依頼です!

マロンくん(仮)

・生後約4ヶ月、オス

・ワクチン摂取済み

・FIV/FelVともに陰性

・来週去勢手術予定

【保護の経緯】

ノラ猫さんたちの餌場に兄弟で現れたそうです。中でもマロンくん(仮)はガリガリに痩せ弱っていたため、保護されたそうです。

現在は体調もすっかり回復しました。

写真撮影におじゃますると、ちょっと緊張気味のマロンくん。

ちゅ〜るは、、

偉大!笑

あっという間に1本完食です。

しっぽがピンと立ってご機嫌です♪

猫じゃらしも大好き!

とっても元気で人懐っこいマロンくん!

めちゃくちゃ性格良いです。

里親さん募集中です!!!

お問い合わせはこちら

8月25日の譲渡会に参加します!!!

ふくすけ君のお引越し

S市から室内捕獲のご依頼でした。

生後4ヶ月ごろに保護主さんから譲渡を受け、2年間家族として暮らしている「ふくすけ君」。

とっても臆病な性格で、普段リラックスしている時は甘えて来てくれるものの、動物病院は大っ嫌いでキャリーに入れようとすると大騒ぎになってしまうそうです。

今回は体調不良ではありませんが、8月12日に引っ越しをするため、前日の11日に室内捕獲をして引っ越し先に連れて行ってほしい、というご依頼でした。

・・・

当日、依頼主さんのご自宅にお邪魔すると、ベットの下の奥の端っこで不穏な空気を感じ取っている様子のふくすけ君。

逃げ込みそうなところに捕獲をセットして、動いてもらいます。

すると、いい感じに捕獲器へ!

と思いきや、、、

あと一歩進んでくれたら、、という所で出てきてしまいました。

再び、ベットの下に籠城するふくすけ君。

ベットの下が狭すぎで、私が入れず、、、

依頼主さんとベットを少しずつ解体します。

と、シュッとベットの下から飛び出し、キャットタワーにかけ登るふくすけ君。

猫用のネットで捕獲できました。

捕獲器に入れて移動準備完了です。

ビックリ顔のふくすけ君。本当はとってもイケメンなんです。

驚かせてごめんね。

新居に移動し、ふくすけ君専用のお部屋に放します。

お外がよく見える窓に登って、室内を探査。

新しいお家に早く慣れるといいね。

負傷猫さんの保護のお手伝いと、お釣りは猫に使ってね基金のご報告

T市から負傷猫さんの捕獲のご依頼でした。

T市といっても拠点である川西市から15分程度でいける2つのT市ではなく、深夜でも1時間半かかるT市からはるばるご依頼をくださいました。

依頼主さんは、りるさんというペンネームで猫の保護活動家として活動されているそうです。

ご自分で既に10匹ほど保護され、最後の最後に残った怪我をしている1匹の猫さんが通常の捕獲器にはどうしても入ってくれない警戒心の強い猫さんだったそうです。

・・・

深夜23時半

現場に集合し、依頼主さんと捕獲器の設置場所の相談をします。

警戒心の強い子向けの捕獲器の設置が終わり、次の打ち合わせに入ろうとすると、、

ん?

ちょこんと座っている猫さん。

猫さん、今日は来るの早いですね。汗

慌てて依頼主さんと待機の体制に入ります。

尻尾の先がちぎれ、肉と骨が見えてしまっています…。

・・・

かなり警戒心の強い猫さん。

なかなか捕獲器の中のご飯を食べてくれません。

それでも、依頼主さんが2ヶ月かけて餌付けして信頼関係を作ってくださっていたおかげで、少しずつ捕獲器の中のご飯に近づいてきてくれます。

二度とほど餌の置き方を変えます。

捕獲器から少し離れた所で座り込んでしまう猫さん。

それでも、信じて依頼主さんとじっと待ちます。

猫さんが立ち上がり、再び捕獲器の近くへ。

依頼主さんとじっと待つこと40分。

無事、ターゲットの猫さんを捕獲することができました!

怪我をしている尻尾からは血が滴っていました…。

すでに依頼主さんが動物病院さんに相談されているらしく、近日中に治療を受けることができるそうです。

依頼主さんの保護部屋へ猫さんを搬入してお手伝い完了です。

猫さんは断尾手術になるため、医療費が多くかかる見込みです。そのため、「お釣りは猫に使ってね基金」から5000円カンパさせていただきました。

お釣りは猫に使ってね!と言ってくださった皆様、ありがとうございました!!

おかげさまで、ずっと諦めなかった依頼主さんと、猫さんの役に少し立つことができました。

依頼主さんの活動ブログはこちら

オペ済み?なTNR

O市でTNRのお手伝いでした。

ここ1年ほど、依頼主さんが深夜にご飯をあげてお世話をしているノラ猫さんたちが今回のターゲットです。

いつも2匹一緒にご飯を待っているキジトラコンビ。ご飯の時間に現場に到着すると、すでに待っていました。

さっそく捕獲器を二台設定します。

5分ほどで、

「カシャン!」

1匹捕まったようです。

二台設置しているので、すぐには見に行かず、待つこと30秒…

「カシャン!」

もう1匹も入ってくれたようです!

キジトラさんと、

キジ、、三毛さん!!?

依頼主さんに確認してもらうと、いつもはもう少し離れた所でご飯をあげている三毛猫さんでした。

「この三毛猫さんはとても人懐っこくて、ここ一年くらいお世話をしているけれど、一回も妊娠したり発情期になっている感じは無かった。だからたぶん、手術済みで昔は飼い猫だったんじゃないかと思います。だから、放してしまっていいかなと思うんですけど、どうでしょうか?」

とのことでした。

手術済みだとしても、ノラ猫としてこれからずっと生きていくなら、本当にオペ済みかの確認と、耳カットを入れてあげるだけでもした方がいいのでは? 一度捕獲器で捕まえて放してしまうと、もう一度捕まえるのはかなり難しくなります。

と、私の意見を伝え、相談の結果、「口内環境も診てもらいたいし、念のため病院に連れて行ってください!」と依頼主さんは決断されました。

もう1匹いるキジトラさん用に捕獲器をもう一台設定します。

だいぶ警戒しているキジトラさん。

15分ほど待ったところで、無事捕獲できました。

まだ若そうです。

ハッピータビークリニックさんに搬入させていただきました。

・・・

3匹の不妊手術が終わり、三毛猫さんは子宮蓄膿症になっていたことが分かりました。

膿で通常の子宮の10倍以上の大きさになってしまっていました。手術済みだったわけではなく、健康上の理由で妊娠できなかったようです。

最終的に病院に連れて行くと依頼主さんが判断してくださったおかげで、三毛猫さんの命は救われました。よかったです。