脱走猫凛ちゃん捕獲のお手伝い

スタッフ小池です。

脱走猫さん捕獲のお手伝いでした。

6月下旬にトライアル中の里親さん宅から脱走してしまった凛ちゃん。

保護主さんが連日必死に探し回り、あるアパートのお庭に居ることを発見されたそうです!すごい!

ところが、お庭と道路を隔てる塀が高いからから、どうしても出てきてくれなかったそうです。

ご自分で捕獲器を購入し、住民の方に協力してもらって設置するも、イタチが入ってしまったそうです。そして、それっきり、道路側の住民の方の協力を得られなくなってしまったそうです。

保護主さんがSNSでSOSを発信したところ、ペットの会議室さんの目にとまり、ねこから目線。に捕獲のご依頼をいただきました。

・・・

・塀で囲まれたマンションのお庭に閉じ込められている。

とのことでしたが、保護主さんと20時半頃現場で待ち合わせると、凛ちゃんの姿はありませんでした。

各お部屋の仕切りの下を潜って、道路側からは見えない方のお家のお庭に行ってしまっている可能性もありますが、保護主さんも体力と精神力の限界がきているようでしたので、一旦調査から任せていただくことにしました。

・・・

イタチが捕まって怖い思いをしてしまった住民さんに再度協力をお願いするのは酷なので、別のお部屋の住民の方に事情を説明して協力をお願いしました。

お庭にカメラを設置させてもらいました。

そして、猫のフードを沢山とお皿をお渡しして、雨が上がったらカメラの前に給餌してもらうようにお願いしました。

後日、カメラの確認にお伺いすると、20時頃に餌を食べにくる凛ちゃんが写っていました!

撮影時間を確認すると、この日は朝7時以降は姿が全く映らず、夜の20時から深夜2時頃までお庭をウロウロしています。

翌日も明るい時間帯は、お庭に現れず20時過ぎ頃から深夜2時頃までアパートのお庭に登場することがわかりました。

雨降りではありましたが、少しの晴れ間に一度捕獲器を1時間限定で設置させてもらいました。

設置後、しばらくして画面左端の塀を越えて空き家から登場した凛ちゃん。

日中は隣の空き家に潜んでいるようです。

張り込みをしていると、凛ちゃんが現れるアパートの隣りにある雑木林のような空き家に住みついているノラ猫さんたちに餌をあげに来られた餌やりボランティアさんと深夜0時頃にお会いすることができました。

ボランティアさんによると、数日前に凛ちゃんが現れてからは、ノラ猫たちに餌をあげるついでに、お庭で鳴いている凛ちゃんにも餌をあげてくれていたそうです。

凛ちゃんは、捕獲器の手前のご飯は食べたものの、何かの物音に驚いて一旦空き家に戻ってしまいました。

そうこうしていると土砂降りになってしまったため、この日は断念し、後日リベンジすることにしました。

・・・

後日。

思ったより体格が大きかったので、前回よりひとまわり大きな捕獲器を用意し、多少雨が降っても大丈夫なように加工して20時頃設置しました。

設置から約1時間、21時少し前に凛ちゃん登場しました!

警戒しつつも、捕獲の中へ。

21時7分無事、凛ちゃん保護完了です!

保護主さん宅にお送りしてお手伝い完了です^ ^

・・・・

余談ですが・・

隣の空き家に住むノラ猫さん達のうち、1匹だけめちゃくちゃ人懐っこい子が。

「なーなー何してんのー?遊ぼーやー!さっきあいつにあげてたオヤツちょーだーい!!」

って・・・

お前さんノラ猫向いてなさすぎるだろっ!!

餌やりボランティアさんは一匹ずつTNRされているものの、高齢のため保護里親探しはできないそう。

ねこから目線。では、猫の引き取りは一切行っていません。

基本的には、出逢ってしまった人がそれぞれ頑張るしかないんです。

そう、出逢ってしまった人が・・・。

あまりに足元をうろちょろするので、捕獲器に入らないように連日餌をあげて懐かせてしまった責任もあるので、小池が個人的に保護することにしました。

落ち着いたら里親探しします!

・・・

凛ちゃんお帰り!保護主さんの元でゆっくり休んでね。

脱走りー君の帰宅

5月末に、自宅の玄関から逃げ出してしまった、リー君。歩き回り探したが検討もつかず、脱走した当日にご依頼をいただきました。

まずはチラシを撒き、情報収集をすぐにされた飼い主さん。リー君は、大柄のふさふさキジ猫さん。特徴のある、わかりやすい猫さんです。

ですが、有力な情報がないまま2週間が過ぎてしまいました。情報から、可能性がある時に、数回張り込み捕獲を実行しましたが、リー君は現れてくれず、、、

と、途方に暮れていると、自宅の駐車場に設置していたカメラにリー君の姿が!今まで目撃情報がなかったのに!生存確認ができ、一安心です。ですが、帰ってきたものの、タイミング悪く雨の日が続き、リー君の姿がなくなってしまいました。。雨が落ち着けば、また来る可能性は高いです!

ふっさふっさの、キジ猫さん。間違いありません。

せっかく見つけたのに、すぐに捕まえられない不安から、焦る飼い主さん。お気持ちは痛いほどわかります。ネガティブになってしまう気持ちを持ち上げ、「今日来てくれたら、これ食べてもらおうっと!」くらいの、前向きな気持ちで、諦めずに頑張らなくてはいけません。

そして、、、その願いが叶います。

雨があがった深夜。また駐車場にリー君の姿が!そこから、近所でもリー君の目撃情報が入るようになり、目視もできた飼い主さん。

また数日雨が続き、晴れの予報の深夜に、再度捕獲のご依頼をいただきましたが、その当日深夜。。

リー君来てくれないかなぁと、ご自身で購入された捕獲器を設置すると、リー君が中に!無事に帰ってきたと、連絡がありました!

ねこから目線。保護の役には立ててませんが、無事に帰宅できて良かったです!脱走した子あるある?なのか、ビビりさんだったリー君。脱走前より、かなり甘えんぼさんになったとか!

おかえりリー君!

脱走猫ダリ君捕獲のお手伝い

スタッフ小池です。

K市でお家のベランダから脱走してしまった猫さん捕獲のお手伝いでした。

飼い主さんのお家の二階のベランダから出てしまい、お隣のお家と、お隣のお家のお隣のお家の壁(ややこしい。笑)の10〜15cmほどの隙間に入ってしまったそうです。

断面図で見ると↑な感じ。

ベランダの下と一階の屋根の隙間に入り込んでいる感じです。

そのまま進んで、地上に飛び降りるか、Uターンしてベランダ側に戻ってくるか、という状況でした。

ひとまず、依頼主さんと一緒にUターンしてベランダにもどってきた場合に備えて、二階のベランダの奥に捕獲器を設置し、ほかの出入口をワイヤーメッシュや布で塞ぎました。

初日と2日目は動きませんでした。

3日目に動いてくれたものの、風の影響もあり、ワイヤーメッシュの隙間をこじ開けて地上に降りた様子でした。泣

籠城から迷子に切り替えて、飼い主さんと対策を練り直します。

迷子チラシの印刷とポスティングを業者に依頼していただき、動物観察カメラを設置していただきました。

ポスティングと観察の結果、ノラ猫も餌やりさんもめちゃくちゃ多く、ダリ君と同じキジトラ模様の猫さんも沢山居ることが分かりました。

そこで、しばらくはやみくもに捕獲器を設置せず、観察と呼びかけをしていただくことに。

脱走から10日。

有力な情報が無く、やきもきする中で、夜に飼い主さんがベランダから「ダリー」と呼ぶと「ニャー!」と鳴き返してきた気がして、外に出ると隣の家の塀にダリ君が居たそうです!!

ちゅーる3本とカツオをバクバク食べるも、抱き上げたら塀の奥に逃げ込んでしまったそうです。

ずっと室内で生活していた猫さんはお外ではかなりの緊張状態にあります。

めちゃくちゃお家に帰りたくて、飼い主さんの声にも反応するのに近づくと逃げてしまったり、抱き上げると暴れてしまったりします。

ダリ君も、慌てずに餌付けをすることに。

飼い主さんのカメラ観察の結果、早朝と夜に塀の上に現れることが分かり、その塀から飼い主さん宅の窓まで手作りの橋を作られた飼い主さん。めっちゃ覗いているダリ君。

橋を渡って帰宅してくれることを願いつつ、並行して捕獲器での捕獲を試みていただくことに。

ダリ君が現れる場所は、簡単には入れない場所なので、お隣さんに了解を得て捕獲を塀の上からベルトで下ろして設置することになりました。

工夫が必要な作業の丁寧さがめちゃくちゃすごい飼い主さん。

上手に捕獲器を設置してくれました。

初日は、捕獲の3分の1くらいまで食べ進んで、姿を消してしまったダリ君。

今日、3分の1まで食べで安全に出た経験をした猫さんは、明日は更に奥まで入ってくれます。

焦らず、明日再捕獲をチャレンジすることに。

捕獲器の中のご飯設置を細かくお伝えしたかったので、翌日は20時頃に飼い主さん宅にお伺いし、捕獲器にご飯を入れさせてもらい、飼い主さんに設置してもらいました。

飼い主さんが設置すると、直ぐに食べに出てきたダリ君!

このまま捕獲なるか、、

と思いきや、半分まで食べで出てしまいました。泣

後の張り込みは飼い主さんにお任せして、私は再びチャチャ君の現場へ。

捕獲器には再び近づかないものの、ウロウロしている様子がカメラに写っていたダリ君。

飼い主さんが、深夜2時43分に再度捕獲器にご飯を入れ直し、再設置してくださいました。

すぐに出てくるダリ君。

深夜3時ジャストに無事、捕獲器に入ってくれたそうです!!!!!ダリ君お帰り!!!

脱走から13日目でした。

毎日のようにLINEでやり取りをしていました。1つ提案すると、そこから10も20もアイデアを出してあれこれ工夫してくださった飼い主さん。

飼い主さんの気持ちがダリ君に届いて本当に良かったです^ ^

飼い主さんもダリ君もお疲れ様でした!!

帰宅してからのダリ君はめちゃくちゃ甘えん坊さんになったそうです!笑

脱走チャチャ君捕獲のお手伝い

スタッフ小池です。

K市で脱走猫さん捕獲のお手伝いでした。

里親さんのお家から脱走してしまったチャチャ君。

里親さんがすぐに保護主さんである保護ねこの家さんに連絡されたので、ボランティアさんたちがすぐに現場に駆けつけることができたそうです。

飼い主さんとボランティアさんたちの素早い捜索でだいたいの居場所が特定されたそうです(凄い)!!

ボランティアさんが捕獲器を設置するものの、なかなか捕獲器の場所まで来てくれてない状況が2日続いていました。

ねこから目線。に協力のご依頼をいただき、脱走から3日目の夜に現場にお伺いしました。

狭い民家と民家の間にいるチャチャ君。

チャチャ君がいる所は少し幅が広いんですが、そこに入るには塀や雨水の配管や柵があるため、人が入ることができず、捕獲器も差し込めない場所でした。

飼い主さんが覗くと、写真のようにリラックスしていますが、他の人が覗くと、塀と家の隙間に隠れてしまうチャチャ君。

ここの隙間は、塀と家の壁の間にトタンが張られているため両端からしか覗くことができません。

狭い隙間にスマホを差し込んで中を撮影すると↓な空間でした。

ギリギリスマホを差し込める程度の隙間しかないので、ひとまず脱走経路を塞ぐことにしました。

↑隙間の先に、2×4の長い木材を差し込み封鎖。

↑民家と民家の間の空間に捕獲器を設置。捕獲器の上から逃げないように、隙間をダンボールやワイヤーメッシュで塞ぎます。

これで、このL字からは出られなくなったはずのチャチャ君。

できれば、なるべく怖がらせたくないので、カツオを投げて、捕獲器の方へ導線を作り、2時間ほど待ってもらいました。

(その間、同じくK市で脱走中のダリくんの捕獲器設置に一旦抜けさせもらいました。ダリ君のブログはまた明日!)

約2時間後に現場に戻りますが、全く捕獲器の方に行く気配の無いチャチャ君。

作成変更です。

次の作戦は、チャチャ君がパニックにならない程度のささやかな嫌がらせをして、捕獲器の方へ移動してもらうことにしました。

まずは、スマホのフラッシュ撮影です。

光とシャッター音に警戒して動いてくれることに期待します。

パシャリ。奥の方にいるチャチャ君。

パシャリ。うわぁぁ近づいてきた!汗

好奇心旺盛???

逆効果なので、作戦変更です。

・・・

次は、ペットボトルのお水をちょろちょろと流し、じわっと迫ってくるお水を嫌がって動いてもらおうと試みます。

と、なる予定でしたが、排水の向きが予想と真逆。差し入れたお水はチャチャ君がいる左側に行くことはなく、右側にちょろちょろ流れ出てきました。泣

・・・。

次の作戦です。

・驚かせすぎない

・怪我をさせない

・ゴミを残さない

・騒音で民家の人を起こさない

という条件をクリアする必要があるので、石を投げたりするわけにはいきません。

そこで、次は水鉄砲を使うことを提案しました。

すると、めちゃくちゃ仕事の早い保護ねこの家さんがすぐに近所のコンビニに電話をして、水鉄砲を購入してきてくださいました!

作戦としては、私が水鉄砲でチャチャ君を刺激し、壁と塀の隙間から出たところで、飼い主さんがワイヤーメッシュで作った柵を差込み、隙間を封鎖する。そして、捕獲器の方へ誘導する。という内容でした。

ワイヤーメッシュの柵をギリギリまで下げておきましょう!と保護猫の家さんがナイスな提案してくださり、30cmほど地面から隙間を開けた所で、棒を使って固定。チャチャ君が出てきたら、飼い主さんに棒を引き抜いて、ワイヤーメッシュの柵を落としてもらいます。

そして、思惑通りにチャチャ君は移動。そして、飼い主さんが隙間を封鎖!!

良かった!!でも猫に水鉄砲を向けるのはめちゃくちゃ罪悪感がありました(><)泣

チャチャ君、ごめんね、、、

保護ねこの家さんが待機してくれている捕獲にそのまま行ってくれるか、と思いきや、捕獲器の手前で座り込んでしまったチャチャ君。

塀側からはさすがに水鉄砲も届きません。

塀側からは人が通れるとは思えないくらいの隙間しかないのですが、隙間を見つめていたら、『そういえばここ2週間ほどの繁忙期と夏バテで3kgほど痩せたので、頑張ったら通れるんじゃないか』と思えてきました。

塀に登り、ボランティアさんに支えていただきながら、隙間に身体を無理矢理差し込みます。

ほ、ほんとにギリギリ、、ほぼ落ちるように入り込むことができました!汗

チャチャ君のための夏バテだったんですね!

中にさえ入れれば、こっちのものなので、猫用の網を構えてこちらに走り込んできた場合は捕獲する態勢をとりながら、ゆっくりチャチャ君のもとへ近づきます。

チャチャ君が捕獲器を飛び越えようとした場合に備えて、保護ねこの家さんが奥で構えてくれています。

じわじわ近く私に警戒したチャチャくん、くるっと向きを変え、捕獲器の中に逃げ込んでくれました!

カシャン!!

捕獲器の扉が閉まって、無事保護完了です!!

飼い主さん、ボランティアさんたち、皆で安堵した瞬間でした。

良かったー。

無事、お家に帰れたチャチャ君。

連日3名ものボランティアさんが現場に張り込み、飼い主さんもほぼ寝ずに探していたそうです。沢山の人に愛されているチャチャ君。これからも幸せにね。

脱走猫さんのスピード帰宅

スタッフ小池です。

K市で脱走猫さんの保護のお手伝いでした。

来客があった際に、玄関からお外に出てしまったそうです。

現場にお伺いして、玄関横のガレージに捕獲器と観察用カメラを設置します。

が、、

飼い主さんが置いていてくださってきた餌に大量のアリが集まってきていました。

どうしても、アリさんにバレやすい場所はあるので仕方ありません。

アリ防止にはチョークがあるの便利なんですが、手持ちのチョークが無かったので依頼主さん宅の園芸用石灰をお借りして、捕獲器周りに防壁をつくります。

何故かアリさんはチョークや石灰が嫌いなようです。

そして、深夜1時前、ターゲットの猫さん登場です!

警戒しつつも、捕獲器のオヤツをパクパク。

無事、保護完了です^ ^

半日の大冒険お疲れ様。もうお外に出ないでね。

お帰り、脱走猫さん。

スタッフ小池です。

O市で脱走猫さんの保護のお手伝いでした。

1週間前に4階のベランダから脱走してしまったそうです。

飼い主さんはすぐにチラシを作成し、マンションの方々や周辺の方々に協力要請をされていました。

協力的な方が多く、付近で数回目撃情報があったそうです。

そして脱走から一週間目にして、飼い主さん自身も猫さんを目撃することができたそうです!

がしかし、保護猫さんでまだまだ人慣れ過程のため、室内だったとしてもまだ触れないそうです。そこで、ねこから目線。に相談してくださいました。

ご相談いただいた日の19時に現場にお伺いし、捕獲器とカメラを貸し出しました。

捕獲器の使い方等お伝えし、ひとまず一台仕掛けて話していると

あ!

駐輪場にターゲットの猫さんが居ました!

飼い主さん以外に私や大家さんも居たため、いったん隠れてしまった猫さん。

猫さんが座っていた自転車の間に捕獲器をもう一台設置します。

人の気配を消すために部屋に戻っていただき、15〜30分おきに捕獲器の確認をお願いしました。

駐輪場に捕獲器を設置してから約1時間。

21時頃に

「帰ってきました!!」

と連絡が!

良かったーーーー

お帰り〜〜

スピード帰宅で安心しました^ ^

ガツガツご飯食べているそうです。笑

一生懸命な飼い主さんの気持ちが猫さんに届いて良かったです!

迷子猫みーちゃんの帰宅

スタッフ小池です。

K市で迷子猫さんの保護のお手伝いでした。

3月7日にお家から出てしまったみーちゃん。

チラシを作成し、近隣にポスティングをし、知り合いに捕獲器を3台借り設置するも捕まらない、、

でも16日に近所の方の防犯カメラにみーちゃんが映っていることが確認できたそうです!

みーちゃん保護のお手伝いの相談を18日にいただしました。

翌日19日に現場にお伺いし、捕獲器の餌の入れ方をお伝えし、カメラを貸し出ししました。

飼い主さんの近所には、沢山のノラ猫さんが居ました。ノラ猫さんに置き餌をしているお家があったので、まずはそこに食べにきていないかカメラを設置させてもらい観察しました。が、、、映らず。。

他にも、山が近いのでハクビシンやイタチ、タヌキなどなど、様々な野生動物が住宅エリアに出没するそうです。汗

連日のように捕獲を試みるも、入るのは違う猫さんばかり、、野生動物に捕獲器を破壊されてしまったことも、、

16日以降有力な目撃情報も無く、カメラにも映らない状況が続いていました。

が!

30日の深夜にみーちゃんがカメラに映りました!

脱走から23日目。

にしては、、痩せてない、、、。

カメラに映った翌日に捕獲器を設置してもらいましたが入りません。他の餌場にも食べにきている様子はありません、、、。

これは別にしっかりした餌場があるはず!

ということで、再度ポスティングをしてくださった飼い主さん。

すると、脱走エリア近くの方から「自分の家のベランダでノラ猫に不妊手術をして、餌をあげている。みーちゃんに似た猫を何度か見た」と連絡があったそうです!

飼い主さんがベランダにカメラを置かせて欲しいとお願いすると、快諾してくださった猫ボラさん。

カメラを仕掛けた結果、なんと連日きちんと食べにきている事が分かりました。

慣れた感じに入ってきて

モリモリ食べてらっしゃる!

カメラ設置から4日目。猫ボラさんがみーちゃんの時間に合わせて捕獲器を設置してくれることに。

「今から捕獲器設置してみますね」

と飼い主さんに猫ボラさんが電話をしてくださった10分後

「みーちゃん入りました!」

と連絡が!大喜びで迎えに行く飼い主さん。

脱走から1ヶ月と8日後のことでした。

みーちゃん、お家に帰って安心してぐっすり。

痩せてないように見えましたが、実際は1.2kgも体重が減って居たそうです。

無事お家に帰れてよかったです!!

ねこから目線。は、またまた直接はあんまり役に立ってません。笑

連日LINEでやりとりをして、時々折れそうになる飼い主さんの心を励まし続けることと、カメラの設置場所の相談や再度ポスティングするタイミングの相談に乗っただけで、ほとんど飼い主さんが頑張ってくださいました。

1ヶ月と8日。飼い主さんにとって長く苦しい時間だったと思います。

「本当に諦めなかったら戻ってきてくれるんだって思いました。諦めなくて良かったです。」

と仰っていたのが印象的でした^ ^

みーちゃんお帰り!

家族だから。

スタッフ梅です。

窓の隙間から脱走してしまった猫さん。脱走してから約1週間経過し、マンションの下の階の方が協力してくださり、えさを置き、食べに来ていることが確認出来たので、捕獲器を借りて捕まえようも、なかなか入ってくれず、ねこから目線。に、お手伝い要請が入りました。

・・・

ひとまず現場にお伺いして、捕獲器のご飯の入れ方をお伝えさせていただき、観察カメラを貸し出しました。

・・・

夜に、声をかけながら見回っていると、反応があり、側溝に身を隠す脱走猫さんを目視できた飼主さん。

その翌日、同じ時間くらいに現場へ向かい、捕獲器を数台置いて、1時間ほど待ってみるも現れず、断念。。カメラを、ごはんを食べに来ていた1階の方の庭に設置させてもらい、様子を伺います。

すると翌日、早速食べにくる姿が確認できました!が、その翌日は写らず、また飼い主さんが夜に探し回ってかいると、近くから鳴き声が!姿を現した脱走猫さん!

ごはんを目の前に置くと、お腹が空いていた猫さん。すごい、勢いでごはんにバクついたそう。これはいけるかも!と、慌てて捕獲器を取りに行き設置すると、すんなり入ってくれたようです!

ご連絡をもらい、喜ぶ飼い主さんに、私も安堵しました!

一生懸命毎日探し回った飼い主さん。色んな所にごはんを置き、食べに来ているかなど教えてくれた、とても協力的だったマンションの住人さん。ねこから目線。あまり役に立ってないです。笑 でもお家に帰れて本当に良かったです。

逃げないようにするのは、もちろんのことですが、それでも逃げてしまう時もあるかもしれない。逃げてしまったことを諦めて後悔する前に、見つかるまで諦めないで探し続けましょう。猫さんだって帰りたいはずです。大切な家族、HOMEですから。。。

帰りたかった猫さん

スタッフ梅です。

3日前、自宅から脱走し、隣のお宅の庭に逃げ込んでしまった猫さんの捕獲依頼が入りました。

今朝、2階の自室から猫さんの名前を呼ぶと、お庭の真ん中から、ニャーニャーと、助けを求める猫さん。お隣の方に了解を得て、慌てて近くに行くも、逃げられ納屋に入り込んでしまったそう。

一度現場にお伺いし確認に行くも、お留守のようで、どのような状況かわからず、カメラを置いて様子を見てもらうことにし、一旦帰宅。

現状報告をと、スタッフ小池氏に相談していたところ、、

「今、お庭に入れて確認したら、猫さんの声がしました!」と、飼い主さんから電話が! すぐさま2人で現場へ!

ここにいます!と、目線を納屋下に向けると。

いましたね。 早速、捕獲器を置き、30分後にまた見に来ますと伝え、その場を後にし、車に乗り込もうとすると1匹の猫さんが目の前を走っていき、〇〇ちゃん(探しているターゲット猫さん)に似てる!と、依頼者さん。

んん、、?こっちから出てきた?

自宅の庭から、お隣の庭を覗くと、カシャン!と、捕獲器の閉まる音が、ナイスタイミングで聞こえたスタッフ小池氏。

入った入った!と、急いで捕獲器まで走ります。さっきのは違う子だったようです。w

よかったー!と、安堵の飼い主さん。お部屋まで運び、汚れた足を、飼い主さんにふきふきしてもらう猫さん。

素直にふきふきしてもらう、何とも言えないこの表情w猫さんもお家に帰ってこれて安心したのかな?

置いていたカメラに、ばっちり一部始終が記録されてました!捕獲器をセットして、わずか6分後にはinする猫さんw お腹空いてたんやね。。今日はおいしいのもらいね!

気持ちが滅入るこんな時期に、スピード解決でききた嬉しい現場でした!

降りられない猫さんの捕獲

スタッフ小池です。

お家から脱走してしまい、ご近所さんの屋根の上から降りられなくなってしまった猫さんの捕獲のご依頼でした。

火曜日にお家から脱走してしまった猫さん。

飼い主さんが探したところご近所さんの屋根の上で鳴いているのを見つけたそうです。

呼びかけに反応するものの、降りてこれない様子で、どうしたらいいのか悩んでいるうちに、かれこれ5日もたってしまったそうです。汗

そこで、ねこから目線。に捕獲のご依頼をくださいました。

屋根の上となると、色々大変そうなのでスタッフ梅さんと2人で現場へ。

現場に到着すると、確かに屋根というか、門の上に猫さんが居ます。

自分で降りられそうな高さですが、かれこれ5日間も降りてこないそうなので捕獲器を仕掛けます。

大型の三脚の一番上に乗って手を伸ばしてやっと載せられる高さでした(怖)。

捕獲器を設置すると、すぐ近寄ってくる猫さん。すごくお腹が空いていたんですね。泣

設置から10分程ほどで保護完了です!

屋根から降ろす時に足がプルプルしました。汗

気合で屋根から降ろして、三脚下で待機している梅さんに受け取ってもらいます。

猫さんが大きいので、捕獲器も大きいタイプ。めちゃくちゃ重たかったです。汗

受け取る梅さんの表情もめちゃくちゃ必死そうでした。笑

屋根の上で飼い主さんを呼び続けた猫さん。

無事お家に帰れました。

もうお外に出ないでね。

・・・

降りられない猫さんの捕獲で、ねこから目線。の通算捕獲頭数が900匹になりました!