断尾手術とお釣りは猫に使ってね基金

スタッフ梅です。

しっぽに怪我を負った子の捕獲依頼が、ねこから目線に入りました。その子は術済みで、なかなか捕まえられないとのこと。。

翌日、ご飯の時間に合わせて向かいます。

エサやりさん姿が視界に入ると、スタスタスターっとやってきました!

踏み板式の捕獲器はなかなか入ってくれず、警戒心強い子向けの捕獲器に変更。30分程粘り、無事捕獲完了です!

確かにしっぽが付け根からずる向けになっています。。イタタタタ…泣

どうしてこんなことになってしまったんでしょうか。。病院で診察してもらい、断尾することになりました。

手術は無事に終わり、退院後、餌やりのおじいちゃんに見守られ、元いた場所へ帰っていきました!

痛みが消え、またこの場所でたくさんのえさやりさんに見守られながら、この猫さんが健やかに過ごせますように(><)

断尾の猫さんに、お釣りは猫に使ってね基金より、カンパさせていただきました!

お釣りは猫に使ってねと言ってくださった皆様、ありがとうございました!

ケンケン猫さんの捕獲と代理診察とお釣りは猫に使ってね基金

スタッフ梅です。

TNR済の猫さんが、片足をあげてケンケンするように歩いているのを見かけた依頼主さん。

どこか悪いなら治療してあげたいとお手伝い要請が入りました。

事前に猫さんの写真や動画をいただきました。
動画を見ると、確かに左手後肢を完全に浮かせて歩いていました。

近所の人達から色々情報を得ることが出来、どうやら1ヶ月くらい前からこの状態が続いてるそう。

捕獲当日。依頼主さんを待っていると
遠くの方に、片足を浮かせながら歩いてくる猫さん。現れてくれました!

依頼主さんと合流し、警戒心強い子向けの捕獲器を設置。ごはんを置くと、すぐに捕獲器内へ。

でも、なぜかその足は地面に着いています。。あら??さっきまで痛そうにしていたのに。。着けるくらいなら、もう少し様子見るか悩みに悩んだ末、やはり痛そうな動きが見られたため、捕獲器を作動させ、無事に捕獲完了です!

また捕まった!おいしいの食べてたのに!と、とっても不服な猫さん。。

ごめんね。でもね、痛いの取ってあげたいんよ。ちょっと辛抱してね。。

翌日。検査の結果、骨折などはなく、パッドが一部分腫れており、外傷から痛みがあるのではということが分かりました。
痛みをとる処置などしてもらい、その日のうちに、元いた場所へ。

痛みが和らぎ、また元気よくごはん食べに来てくれますように…。。

びっこ引きの猫さんに、お釣りは猫に使ってね基金より、5,000円カンパさせていただきました!

お釣りは猫に使ってねと言って下さった皆様、ありがとうございました!

家猫になるための捕獲

スタッフ梅です。

O市で、以前からお外でごはんをあげていた、手術済みの猫さんの、保護のお手伝いでした。引越し先のお家で生涯過ごすため、自身で捕獲試みたがうまくいかず、ねこから目線に要請が入りました!

現場に到着すると、早めに到着したものの、もうすでにうろちょろしている長毛猫さんが。。

すぐに警戒心強い子向けの捕獲器を設置し、離れて待ちます。

依頼者さんに、いつも通りごはんをおいてもらうと、ニャーニャー、スリスリと甘えた動きと声で催促(笑)

誘導してもらうも、なかなか入ってくれずら知らない人が通っても割と堂々としていたので、ちゅーるを持って近づいてみました。

うん。逃げない。そして、知らない私からちゅーる食べる。。いい子~!

ちまちま、おやつを投げ捕獲器へ誘導し、無事保護です!(捕獲時の写真撮れませんでした)

その後、一犬猫病院さんで、保護のための検査を諸々していただき、ご自宅にお送りです。

とっても落ち着いてはいるものの、不安そうです。。

少しずつ環境に慣れていってね。

罠にかかった猫さんの保護

スタッフ小池です。

針金が腕に巻きついているノラ猫さん保護のお手伝いでした。

依頼主さんは、ベランダにご飯を食べにくるノラ猫さんをTNRして見守ってくださっていました。

するとある日、ノラ猫さんの腕から細い針金がのびていることに気がついたそうです。

取ろうと引っ張ってみても取れず、しっかり絡まっているようでした。

そこで、ねこから目線。にノラ猫さんの捕獲と代理受診のご依頼をいただきました。

餌の時間に合わせ、依頼主さん宅へお伺いし警戒心の強い猫さん向けの大きな捕獲器を設置します。

しばらくすると、ターゲットの猫さんが現れました!

すぐに捕獲器の中のご飯を食べ始めます。

ところが、まだ去勢手術ができていないオスのノラ猫さんも登場してしまいました。

相談の結果、2匹とも捕獲することに。

オス猫さんは、翌日に伊丹ねこスペイクリニックさんに搬入し去勢手術をしていただきました。

針金が巻きついている猫さんは、すぐに病院で診察してもらいました。

見えますか?

黄色の線の横に同じ長さの針金があります。

腕にキツく巻きついています。

幸い、発見と保護が早かったおかげで皮膚は裂けていませんでした。

先生が針金を切ってくれました。

明らかに人口的に輪が作られていました。

広げた輪に動物が引っかかると輪が締まり、動けば動くほどキツく締まる簡易的な手作りの罠のようです。

軽い気持ちの悪戯でしょうか。

どす黒い悪意を持った人の行為でしょうか。

いづれにせよ、動物虐待です。

心底腹が立ちます。

早期に見つけてくださった依頼主さんに感謝です。

今回の緊急捕獲と代理受診に、お釣りは猫に使ってね基金から5,000円カンパさせていただきました。

「お釣りは猫に使ってね!」

と言ってくださった皆さま、ありがとうございました!!

猫さんは依頼主さんのお家の中で保護してもらえることになりました。

取り外した針金の罠は、警察に証拠品として提出できるように依頼主さんにお渡ししました。

1年越しの再会から家猫へ

スタッフ梅です。

毎年夏になると、お店の発電設備で過ごすサビちゃん。去年から姿がなく心配していましたが、1年振りに姿を確認でき安心し、ご飯をあげ見守りを再開した依頼主さん。

ところが、お店の人から注意を受けたり、サビちゃんの毛艶が悪く健康状態も気になったりで、モヤモヤしていると、ある人に背中を押され保護を決意されたそうです。

この矢印の奥でお昼寝中のサビちゃん。おやつでちょこちょこ誘導します。

15分くらいすると、ひょこっと出てきました。

ちらっとこちらを確認し

にょきっ

いい匂いのするの見っけ。

無事保護完了し、そのまま一犬猫病院さんへ保護のための診察へ。エイズ陽性、りんご猫さんだということが分かりましたが、依頼主さんにサビちゃんを家族に迎えない、とゆう選択肢はありません。

放心状態のサビちゃん。。

ここは快適だよ。少しずつ慣れてってね!

サビちゃんの心と身体がゆっくり癒えていきますように。

甘えたサビちゃんの保護

スタッフ梅です。

さくら耳の猫達がたくさんいる現場で、1年前に出会った、とっても懐こい猫さんの保護のお手伝いでした。

集まるグループの中に馴染めず、さらに新たに現れた猫さんに追いかけられ、道路を行ったり来たり。ある日、突然姿を消し、時間を変えて見に行くもなかなか会えず心配していると、ある方がその猫さんの居場所を教えてくださり、再会出来たそう。再会出来た嬉しさから、その場でごはんをあげているのを見た方から、餌やりを禁止されてしまいました。

毎日他の猫に追いかけられ、道路を行ったり来たりするのも怖い。とても懐いているのもあり、保護を決意された依頼者さん。自分で捕獲を試みるもなかなかうまくいかず、ねこから目線にご依頼頂きました。

捕獲当日。

依頼者さんの姿が見えると、ルンルンで擦り寄り甘えたモード。可愛い!

捕獲器をセットし待つも、他の猫さんたちがわらわら。人通りも多く、なかなか誘導がうまくいかない。。。

おもちゃやご飯で、他の猫さん達の気をそらし、捕獲器手前までは来たサビちゃん。でも、あと一歩が進まない。。いつもの逃げ場に逃げ込んでしまい、出たり入ったりの繰り返し、、、粘るも出てこなくなってしまい、今日は諦め、翌日再チャレンジすることに。

再チャレンジの日。

惜しくも雨。。にも、関係なく猫さんたちはごはんを待っています。他の猫さんたちが来ない場所に捕獲器を設置し、依頼者さんに誘導してもらうと、、、

開始から15分程で無事保護出来ました!ふぅーよかったー!!

移動中不安で鳴きっぱなしだったサビちゃん。。

おやつどうぞ。わざわざ手から食べる可愛い子!おいしいかい??

毛繕いも始めて、ちょっとずつ落ち着いてきたサビちゃん。

翌日、保護のための検査へ。一犬猫病院で診察してもらいます。

スムーズに検査も終わり、依頼者さんのご自宅へ!

初めは緊張していましたが、大好きな依頼者さんの顔を見て、安心したようで、尻尾もあがり何だか嬉しそう。そしてすぐに毛繕い。ごはんも食べてくれたようです!

もう誰にも邪魔されずにたくさん甘えられるね。お幸せに~!!

シニアグループ6匹の保護のお手伝い

スタッフ小池です。

S市で保護のお手伝いでした。

元々ノラ猫さんたちのお世話をしていた方が亡くなり、残されたノラ猫さんたちのお世話を引き継がれた依頼主さん。

ノラ猫さん達がかなり人慣れしていることと、ご飯の催促に深夜の住宅地でもお構い無しに爆音で要求鳴きすることから、保護を決断されたそうです。

ターゲットの猫さんたちはTNR済みのさくらねこさんたち。皆んな捕獲器経験者という難しい現場でした。

ねこから目線。の統計では一度捕獲器で捕まった経験のある猫さんが、再度捕獲器に入る可能性は50%です。

50%の猫さんはもう一度捕獲器で捕まってくれますが、50%の猫さんは二度と捕獲器には入ってくれません。

・・・

捕獲日当日。

まずは通常タイプの捕獲器を設置し、入ってくれるよう祈ります。

やはり、手前だけしか食べない猫さん、捕獲器には一切近づかない猫さんたち。

それでも30分程待っていると、、

2匹の猫さんが入ってくれました!

良かった。

後の猫さんは通常の捕獲器では無理そうです。

警戒心の強い子向けの捕獲器を設置し、様子を見ます。

興味を持って近づいてくる猫さんたち。

観察の結果、

茶トラ×2匹

茶白×1匹

白×1匹

が残っており、白猫さんが一番経過心が強いようです。

というか、、4匹も残っています、、。汗

警戒心の強い子向けの捕獲器では一度に2匹までが限界です。

今回は依頼主さんが、同じ警戒心の強い子向けの捕獲器を所有されていたので、それもお借りして少し距離をあけて2台設置しました。

茶トラ君と茶白君は何度も捕獲器の餌を食べに来ますが白猫さんはなかなか入りません。

そこで、白猫さんを最優先に捕獲することにしました。

待つこと1時間、、、

白猫さんが捕獲の中に入り、ご飯を食べ始めてくれました!

すぐに捕獲器を作動させ保護完了です!

一番警戒心の強い白猫さんが捕まったので、もう一台の捕獲器の中で白猫さんが捕まった音にも驚かずにモリモリご飯を食べ続けている茶白君も捕獲器を作動させて、ほぼ同時に保護完了です!

あとは、茶トラ君を一匹ずつ捕獲器に誘導して、全頭保護完了です!

ふーーー

依頼主さんとヘトヘトになった3時間の長丁場でしたが、捕獲器経験済みのシニア猫さんたち6匹を全頭一緒に保護できて良かったです!

依頼主さん指定の動物病院に運んで、初期医療をしてもらい、依頼主さんたちのシェルターに猫さんをお送りしてお手伝い完了です!

お年を召したシニア猫さんたちの顔はなんとも尊いですね。

老後はゆっくりと生活を送れますように。

壁に挟まったノラ猫さんのレスキュー

スタッフ小池です。

緊急レスキューのご依頼でした。

以前にTNRと子猫の里親探しをお手伝いさせていただいた依頼主さんから

「今すぐ来て欲しい!」

と21時頃お電話がありました。

自宅の裏手で、壁と柱の間に挟まって身動きが取れず鳴いているノラ猫さんが居るとのことでした。

幸い、現場まで15分ほどの場所に居たので、急いで向かいます。

発情期の喧嘩などで逃げている際に普段通らないような場所に突っ込んでしまったんでしょうか?

色々と考えながら現場に到着すると、、

木の柱と壁の間に、挟まっている猫さんがいました。

木の柱と壁は、上部は幅が広いのですが、下の方にいくに連れて隙間が狭くなっていました。

塀の上から木の柱を伝って降りる時に、誤って隙間に挟まってしまったのでしょうか。

上に持ち上げる事ができれば抜けられそうなので、初めは依頼主さんが持ち上げようとしたものの、顔と手がフリーなのでパニックになっているノラ猫さんは依頼主さんに酷く噛み付いてしまったそうです。

とりあえず、バスタオルで顔を隠して、首根っこと背中を掴んで引き上げようとしてみましたが、かなりキツく挟まっていてびくともしません。

依頼主さんが現場を発見したのは21時頃ですが、普段と違う猫の鳴き声がどこからかすることに気づいたのが19時頃だったそうです。

となると、少なくともすでに2時間半は逆さ吊りの状態です。

危険な状態なので、深夜でしたがいつもお世話になっている動物病院さんに無理を言って駆けつけていただきました。

その場で、ノラ猫さんに鎮静の注射を打っていただき、脱力したところで引き抜きました。

22時15分頃でした。

そのまま病院で診察してもらいます。

まだ1歳未満のようです。

地面に着いていた前脚で懸命に地面をかいたのでしょうか、前脚の爪が全部折れていました。涙

それでも懸命に鳴いた声が依頼主さんに届きました。

低体温で心拍も弱く、一時は危険な状態でしたが保温など色々と処置をしていただいて持ち直した猫さん。

そのまま後遺症を見て治療してもらうために入院になりました。

翌日、病院を覗くとだいぶ復活している感じです!

が、、、まだ脚に麻痺が残っているようなのでしばらく入院になりました。

はやく良くなりますように!!

見ず知らずのノラ猫さんを助けてくださった依頼主さんと頑張った猫さんにお釣りは猫に使ってね基金から5,000円カンパさせていただきました。

「お釣りは猫に使ってね!」と言ってくださった皆さま、ありがとうございました!!

美人ちゃんのミラクルストーリー

スタッフ小池です。

O市で「美人ちゃん」とボランティアさんたちに呼ばれているノラ猫さんの再捕獲と病院の代理受診、そして里親さん宅への送迎のお手伝いでした。

約1年前に一斉TNRをした現場で、とても人懐っこい美猫さんがいました。TNRの際に病院に連れて行くと手術済みだったことが分かりました。

昔は飼い猫だったのかな?他のノラ猫たちと違い、昼間は排水溝の所でじっとして、夜の餌やりボランティアさんが来る時間にだけ出てくる生活をしている美人ちゃん。

この子↑

人懐っこい性格なのもお外暮らしでは心配です。なんとかお家を見つけてあげられないかとお外にいる状態で↑の写真を使って里親募集をしてみたそうです。

『お外にいる状態じゃダメだよなぁ…』

とダメ元で掲載したそうですが、なんと里親申し込みが入ったそうです!!

まずは面会ということで、深夜の餌の時間に合わせ美人ちゃんが現れる公園で待ち合わせ。

が、、

美人ちゃん現れず。笑

結局、当の美人ちゃんとは面会できずじまいでしたが、里親希望者さんとお話しする中で、以前飼っていた猫さんは共通の知り合いのボランティアさんから里親になっていたとても優しい方だと分かったそうです。

「直接は会えていないけど、一目惚れなので。病気があってもいいです。」

と里親希望者さんが言ってくださったそうです。

なんと…

そこで、ねこから目線。に美人ちゃんを深夜に再捕獲して、翌日病院受診をしてから里親さん宅にお届けするお手伝いを依頼してくださいました。

・・・

捕獲日、深夜の公園でボランティアさんたちと待ち合わせます。

警戒心の強い向けの捕獲器を設置すると、餌さんの誘導ですんなり保護完了です。

一晩、ねこから目線。の空調のあるお部屋でお預かりします。

相変わらず美人ちゃんです。

明日は手術ではなく、診察だけなのでご飯を入れてあげます。

小池特製スペシャル御膳。

食べてね〜

・・・

翌日、ボランティアさんと待ち合わせをして、一犬猫病院さんで診察してもらいます。

洗濯ネットに入れて、先生に診察してもらいます。

複数の餌やりさんからいっぱいご飯もらっているので、60cm×60cmの洗濯ネットがパンパンです。笑

推定年齢5歳くらいだそうです。

ワクチン、エイズ白血病検査、爪切り、ノミダニ駆除をしてもらいました。

そして、ボランティアさんと里親さん宅へ!

用意していただいたケージの中をすぐに散策する美人ちゃん。

クッションで寛ぐの早くないですか?笑

猫さんが使う度に体重測定ができてスマホに情報が送られてくる猫トイレや、カメラにもなる給餌器など、最新猫家電の数々にはしゃぐボランティアさん。笑

美人ちゃんは「フランちゃん」という素敵な名前をもらって譲渡成立です^ ^

これからは、暖かいお家で里親さんを独り占めして暮らせるね。

ボランティアさんたちもホッとされていました。

美人ちゃんのミラクルストーリーに立ち会えて嬉しかったです!

三本足猫さんの保護と代理診察

スタッフ梅です。

知人から、足の不自由な子がいて、保護してくれる人を探していると聞いた、今回の依頼者さん。気になって見に行き、ご飯をあげるうちに保護を決意したそうです。

以前に、避妊手術も済ませており、自身で捕獲試みるも、対象外の猫達がぐいぐい来るため断念。。。何とか保護してあげたい。と、ねこから目線。に依頼をくださいました。

普段の生活場所。

夜。現場に出向くと、3頭の猫さん達がお腹を空かせて待っていました。

「ごはん、まだにゃのか?!お腹空いたよー!」と、依頼者さんである、えさやりさんの足元をグルグルすりすり。

こちらが、今回の保護する三毛さん。三本足で器用に、ひょこひょこ近づいてきました。

いつものエサ場に、警戒心強い子向けの捕獲器を設置中も、周りをウロウロする猫さん達。。。

ち、近いっっ!w

何の警戒心もなく、1頭は捕獲器にすりすりする始末。。

(ひゃー!動かさないでねー!)←心の声

すりすりさんは、少し離れたえさやりさんの近くでごはんを食べてもらい、その間に、ごはんを捕獲器内におき、離れるも一瞬で食べ終え、捕獲器内に。すると、もう1頭も捕獲器内に入り、2頭でばくばくと食べ始めました。

メインターゲットの三毛さん、爆食いする2頭を横目に、もじもじ。。。いつも最後に食べるんですこの子。と、依頼者さん。なんて健気なんでしょう。。

食べることに集中しているせいか、近くにいても普通に食べる猫さん達。満足して出ていったところで、三毛さんを捕獲器内に誘導し、作動させて保護完了です!

翌日、ノラ猫さんも快く診察してくださる、一犬猫病院さんへ、代理受診です。

保護する前の検査を諸々すると、エイズキャリア、全身の皮膚がアレルギーでひどく荒れてしまったり、年齢が10歳前後なこと、不自由だった前足は、恐らく交通事故か何かで失ってしまったのではないか。。ということがわかりました。

診察を終え、依頼者である、保護主さんのお宅へ。

今までお外でよく頑張ったね。

環境が変わりドキドキだけど、もうごはん1番目に食べれるよ!

これから素敵な猫生になるね!

素敵な保護主さんに感謝です^ ^