次から次へと

スタッフ梅です。

とある繁華街の一角。

この隙間から、猫が溢れ出てくる。 という、今回の現場。

夜中1時。現場に到着し、捕獲器をセット。

写真に収めたかったのですが、置いた瞬間から、猫さん達が、すぐさま捕獲器内に!

あたふたしながら、依頼者さんにも手伝って頂き、

捕獲器セット→猫入る→包んで暗くする→次の捕獲器セット→。。。

捕獲器に入る瞬間を目の前で見ても、次から次へと出てくる猫さん達。。 よほどお腹が空いていたんでしょう。。警戒しながらも、始まって30分程で・・・6頭捕獲できました!

ここから、一気に猫さんの姿が消えました。 「裏側も見てきます」と、依頼者さん。

いない。。

少しご飯を、捕獲器の外においてみます。

すると。

黒い頭がチラチラと!

出てきましたね。

何度も、手前まで入っては出てを繰り返し、5分後。。

「カシャン」

7頭目が捕獲完了です!

ここから完全に猫さんが出てこなくなり、1番捕まえたかった子は、3時くらいに来るんですと。。

2時半前。 待ちます。ということで、3時まで粘ることに。

なかなか姿が見えないので、裏側を見に行ってもらうと、、、いました。

依頼者さんに捕獲器をセットしてもらい、すぐに入りました!

8頭、捕獲できました!

天神橋バンビ動物病院へ、手術に。

翌日6頭は、リターンへ。 生後半年くらいの子猫さん2頭は、一時預かりさんがいるようで、そこで里親さんを募集することに。

2頭のお送りは、車で1時半くらい走り、田んぼ道を抜けた所にあるお宅です。

街灯がなく、車のライトを消すと真っ暗です!w

慣れるまではケージ暮らしです。慣れれば、猫部屋を自由に生活できます!

この子達以外にも、保護猫がいました! この黒猫さん以外にも、茶トラの子猫と、白黒さんがいました。

白黒さんは、近々新しい家族さんの元へ行くことが決まったようです!

わんちゃん、猫さん、合わせて総勢20頭ほどがいました。。 おーーきなお家で、各々がのんびり過ごせる空間でした!

みな、それぞれの道へ。

外猫さんにも、温かい目が向けられる時まで。。 突っ走ります!

ワイヤーケージ作り

10匹ほどの捕獲が続くと、捕獲器の数が足りなくなります。

そこで、役に立つのがYさん考案のワイヤーケージです。

Yさんに作り方を教えていただいて、隙間の時間にせっせと作ります。

保護っ子たちが邪魔お手伝いしてくれています。

捕獲器やワイヤーのように、下部が大きめの格子状だと猫さんがおしっこやうんちをしても、すぐに下に敷いているペットシートを替えてあげることができます。市販のキャリーよりも断然便利です。

TNR病院としても、中の猫さんの状態を外から目視でき、手術の際には横から注射を打てるので、キャリーよりも捕獲器のままかワイヤーケージの方が助かるそうです。

↑捕獲器内のノラ猫さん。

猫さんには、捕獲器から移動してもらう手間をかけてしまいますが、捕獲器よりもすこし広々とします。

↓ワイヤーに入れ替えたノラ猫さん。

100円ショップのワイヤー×6個とホームセンターで売っているステンレス片サドル×48個で作れます。総額800円くらいです。

ワイヤーとワイヤーを片サドルで繋いでいきます。

ペンチでぎゅーっと。

作るのは結構力がいるので、大変です。

指にマメができました。イタタ、、

使わない時は折りたたんでおきます。

キャリーよりも消毒と洗浄も簡単です^ ^

お外10年。さようなら。

スタッフ梅です。

10年近く餌やりをしている猫が2匹いて、家に迎え入れたいが、一匹が用心深く、なかなか捕まらない。とゆう今回のご相談。

猫さん達が来るのは、夜中の3時頃。

警戒心が強い子向けの捕獲器を、前もってセットに、少し早めに現場へ到着。

現場に到着すると、舗装中の道路ににゃんこが2頭。もうおるがなwと、思いながら、しれっとセットします。

↑こちらが、警戒心の強い茶白ねこさん。

↑こちらが、人馴れ黒ねこさん。

ごはんをセットしてもらい、私は電信柱の陰に隠れます。と、そこへ。。

「こんばんは~」と、声をかけられ顔を上げると、2人のお巡りさん。

「こんなとこで何されてるんですか?」と、言われる前に、「ねこの捕獲をしてます。保護するんです」と、捕獲器の存在を理解したお巡りさん達。

「僕たち邪魔やね。」と、言って去って行かれました。ご理解ありがとうございますm(_ _)m

そして、早くも黒猫さんが、警戒心0で中に入っていきますw

中のごはんをパクパク。捕まえようと思えば捕まえられますが、とにかく茶白さんだけでもお願いします!と、強い希望もあり、捕獲器手前で、警戒心強いねこさんが見ているので、何もしないまま食べてもらいました。

多少食べた所で、どこかへ去った黒ねこさん。その一連の流れをしっかり見ていた茶白ねこさん。空腹だ。。ちょーっと警戒しつつも、黒ねこさんが何事もなく食べていたのを見て安心したようで、徐々に中に入ってきました。

(緊張が走る瞬間で、写真がございませんw)

焦らず焦らず粘ること15分ほど。

捕獲完了です!ほっとする依頼者さん。と、依頼者さんのお知り合いさん!「抱きしめていいですか?」と、抱き合い、今まで色々と苦労があったんだなと感じました。

とりあえずこの子さえ捕まってくれたら、一安心です。黒ねこさんは、いつもちょっと食べてどこかへ行ってまた戻ってくるんやけどねーと、依頼者さん。

茶白さん捕獲現場を見ていない黒ねこさん。戻って来るなら捕獲しちゃいましょう!と、黒ねこさんを探しに行く依頼者さん。

「いました。」 真横の敷地にいたようです。

依頼者さんに、ついてくる黒ねこさん。

これまた何の警戒心もなくw

すたすたと、捕獲器内へ。

完了です!人馴れしているとはいえ、いつもと違う環境に顔が強ばる黒ねこさん。

ごめんね。

外猫さんでも、快く受け入れて下さる、一犬猫動物病院さんへ、家に迎え入れるための諸々検査へ。

後にご自宅へお送り。

10年以上お外で暮らしていたねこさん。 10年以上可愛がってもらっていたねこさん。 初めは戸惑うだろうけど、これから来る寒さは、もう耐えなくていいんだよ。

何だか心がほっとする捕獲現場でした!

側溝子猫さんの保護

S市で側溝に住む子猫さんの保護のお手伝いでした。

1週間ほど前から、突然商店街に子猫さんが現れたそうです。側溝の中を行き来していて、保護しようにも捕まらない!というご相談でした。

・・・

深夜25時に現場に集合します。

子猫さんの鳴き声がする側溝の隙間すぐに、子猫用の捕獲器を設置して待ちます。。

あ、出てきました。

じーっとおやつの匂いを嗅いで、、

後方確認。

片手をかけて、、

出てきました!

人が通ると側溝に逃げ込む、ということを何回か繰り返した後、無事保護することができました^ ^

保護部屋にお送りしてお手伝い完了です!

お腹空いてたね、頑張って鳴いた声がボランティアさんに届いて良かったね。

2ヶ月半〜3ヶ月くらいの女の子でした。

ボランティアさんが保護して里親募集されるそうです。

素敵な里親さんが見つかりますように。

自主帰宅の母猫さん。

M市で脱走猫さんの捕獲のお手伝いでした。

飼い始めて1ヶ月。

10/24に避妊手術をし、10/31に動物病院に傷のチェックに行った帰りに自宅の駐車場で脱走させてしまったそうです。

術後1週間なのでエリザベスカラーをしている状態。

11月1日の夜に目撃証言があり、春に産んだ子ねこと餌を前に名前読んだのですが来てくれず、こちらから行ってしまい手で触れるところまで行ったのですが、取り逃してしまったそうです。

・・・

相談をいただいた夜に、依頼主さん宅に伺いました。

脱走場所、目撃場所周辺を一緒に歩いて捜索しますが姿は見えません。

ご近所さんも協力して捜索してくれていました。

「飼い始めて1ヶ月しか経っていないので、自宅に愛着がなく、遠くに行ってしまっていないだろいか?」

と心配されていましたが、脱走場所が病院の駐車場や、トライアル中の里親さん宅でも、脱走から1ヶ月ほどは周辺に居ることが多いです。

「きっと近くに居ます。昨晩逃げて少し離れてしまったとしても、夜中になれば、うろうろし始めると思うので、飼い主さん宅には脱走猫さんが使用していた猫トイレの砂と餌を置いておいてあげてください。また、目撃場所付近で協力してくれるご近所さんが居れば、餌の設置と観察をお願いしてください。」

とお伝えしました。

また、捕獲器の使い方を説明し、ターゲットの猫さんが見つかったら手で捕まえに行くのではなく、捕獲器を設置してもらうようお伝えしました。

・・・

翌朝。
依頼主さんからメールがとどきました。

「おはようございます。

昨夜は遅い時間帯に来てくださり、色々と質問に答えてくださり、本当に心強く思いました。
ありがとうございました。

なんと、今朝猫が帰ってきたんです!!

家の周り一周、フードをふやしたものや鰹節やらたくさんたくさん巻いて、1階のベランダ猫が入れるだけの隙間を開けて中にフードを入れておいたんです。

捕獲器の説明であったように少し道をつけるような形でベランダ入り口まで餌をまいておきました。

朝子猫が鳴くのでお腹着いたのかなと思って部屋のドアを開けたらにかいの廊下にいたんです!!

取り急ぎ御礼とご報告まで」

・・・

えええええ!

なんと。母猫さん自主的にご帰宅されたそうです。笑

捕獲器の回収に伺った際に詳しく聞くと、朝、子猫の鳴き声で依頼主さんが起きてお部屋のドアを開けると廊下に母猫さんがちょこんと座っていたそうです。

とっても落ちついていたそうです。

賢い母猫さんです。

飼い主さんが、一階の窓を開けておいてくださったこと、餌で導線を作ってくれたこと、子猫がよく鳴く子だったことも母猫さんが無事に帰ってこれた要因かなと思いました。

帰ってきた日はさすがに疲れたのか、お布団でぐっすり寝たそうです。

無事に母猫さんが帰ってこれて良かったです。

ねこから目線。は何も役に立っていませんが、素敵なエピソードだったのでブログで紹介させていただきました^ ^

脱走猫しらすちゃんの保護 

スタッフ梅です。

譲渡した猫さんが、里親さん宅から逃げてしまった。。 堺市にある、おおさかねこ倶楽部さんから協力依頼が入りました。

経緯を聞くと、8/2に脱走。 ご相談を受けたのは9下旬。。。 わぁお!2ヶ月近く経っている!

現場は滋賀県。。闇雲に探しに行ける距離ではないところ。。 一度、チラシは撒いたものの、反応がなかったそう。。 周囲にいるかどうかもわからない状態。とにかく、まずは所在をつきとめなくてはいけません。

10月初旬。確認するため、暗視カメラを、脱走した自宅にセットしにスタッフこいけさんが向います。

おおさかねこ倶楽部の方々も全く諦めておらず、範囲を広げてチラシをポスティングされました。

すると、数日後。

チラシを見た方から「うちに似た猫がご飯食べに来てるよ」と電話が。 ヒットしました!!

場所は、里親さん宅から、徒歩5分くらいのところ。。

依頼主さんが写真で確認すると…

「間違いないです!しらすちゃんです!」

「ほぼ毎日、夕方にご飯を食べにくるようになったので、捕獲をお願いします」

と出動依頼をいただきました。

スタッフこいけさんが向かいます。

現場に到着すると、しらすちゃんらしき猫さんがいました。

走って姿を消してしまいましたが、きっとまた戻ってくるはずです。

捕獲器を設置し、待ちます。。

(ライブカメラの映像です)

がしかし、、

来ない!! いつまで経っても来ない。。

もしかしてお腹すいてない?それとも、捕獲器がダメ?

なんて事を考えながら、スマホでカメラの映像を見ながら後向きに移動していたこいけさん。

ザザーっ。と、深さ1m水路に綺麗に落ちたそうですw ご、ご愁傷さまです。。w

犬の散歩の人が言うには、深夜1時ごろにも少し離れた所でご飯をもらっているそうです。

この日は5時間ほど粘りましたが、一旦切り上げて、作戦を立て直すことになりました。

・・・

と、その後日。

ご飯をもらっていた先の方から「納屋でご飯食べてる時に、逃げ場がないように鍵をしました!」と、おおさかねこ倶楽部さんに連絡が。

すぐさま、梅が向かいます。

いた。。お目目がハッキリと。網で捕獲を試みようと考えていた私。

と、と、遠いよー。。。対角線上で、約2mはあります。中に潜り込みたくても、縦横レンガ1.5個分くらい。体が入る隙間すらなく、頭を抱えました。。

捕獲器を設置するも反応なし。

捕獲器を1度諦め、つんつんして、この狭い床下から出すことを試みます。

つんつんされ、逃げる所を探すしらすさん。 そうだよね。逃げたいよね。 ジャっとゆー音と共に、どこかの隙間へ。。

あら?逃げれる隙間があるの? あぁ、、やってしまった、、なんて思っていると、キィーキィーと、ステンレスに爪を立てているような音が。。

写真で中の天井を撮ってみると、ありました隙間。断熱材とプラスチックの壁の間の、この隙間を登り、爪を立てて耐えているんだとわかりました。。

ごめんね、怖い思いさせて。

これは出てくるまで待つしかないと判断し、お腹が空いてか、外に出ようとしたら捕獲器に入らざる得ない状況を作ることに。

ひとつしかない出入口を捕獲器で塞ぎます。 とびきり香りの出る猫缶を入れ、納屋の持ち主さんに、後を託しました。

・・・

翌日、入ってるよと連絡が!

すぐに、こいけさんが迎えに!

脱走してから約3ヶ月。。全く痩せてる様子がない。ちゃんとごはんもらえてたんやね。優しい地域だね。。

依頼者さんの元へ。

よく鳴くそうですが、撫でるとゴロゴロ喉をならし、甘えるそうです。

よかったね、しらすちゃん。

無事保護完了デス!

しらすちゃんの無事を信じて、諦めなかったおおさかねこ倶楽部の方々のおかげで、無事保護することができました。

そういえば今日見てないなー。まぁ、家のどこかにいるか。気付いた時には、窓が開いていた。なんてことがあると思います。

ん?と、なった時点で1度確認してみましょう。 窓を開ける時、ロックなど、そばにいることが当たり前の毎日に、忘れがちになります。

そして、いないとわかってからの、初動が大事になります。 猫たちも、今までと違う雰囲気に不安なはずです。

あたり前の毎日を守るのは、ご家族のみなさんです。大事な家族ですから。。

すももちゃん・あんずちゃん正式譲渡成立です!

1ヶ月半のトライアル期間を経て、音ちん・花ちゃん改め、あんずちゃん・すももちゃん正式譲渡成立です!

慣れるまでにはかなり時間がかかる見込みだった2匹。

気長に向き合います、と受け入れてくださった里さん。

無理に構ったりせず、猫たちのペースに合わせて見守ってくださったおかげで、すももちゃんは半月ほどで、すっかり慣れて甘えん坊を発揮!

挨拶がわりに「シャー!」と言ってしまう怖がりのあんずちゃんも、オモチャで遊べるようになったそうです!

触れるまでにはもう少し時間がかかりそうですが、それもこの調子なら時間の問題のようです^_^

立派なキャットタワーを貰って楽しそうな2匹。

保護主さんと一緒に正式譲渡の手続きに再訪問しました。

久々の再会に感慨深く話しかける保護主さん。

感動の再会!、、、とはなかなかならず。笑

すっかり警戒モードの2匹。笑

1ヶ月半も空いているので、無理もありません。引かれる後ろ髪がないことは良いことです。笑

すっかり里親さんのお家の子になっていました。

正式譲渡証を交わし、手続きも完了です。

ついでに爪切りのお手伝いもしました^ ^

ある程度の月齢になると、いくら子猫でも環境や人なら慣れるまでに時間がかかります。

お外で生活してきた猫たちは子猫であっても色んな経験をしています。

人から怖い思いをさせられたこともきっとあると思います。

保護されたからといって、すぐに心を開くことは難しいです。

でも、それは人馴れができない性格の猫なのではなく、これまでの経験から、安心できるまでに時間が必要なだけです。

すももちゃんとあんずちゃんにたっぷりと時間をくださった優しい保護主さんと、優しい里親さんに感謝です^ ^