触れない猫さんたちの引越しのお手伝い

スタッフ小池です。

T市で触れない猫さん6匹の引越しのお手伝いでした。

1年前にノラ猫さんを保護された依頼主さん。

室内に入れてから1年がたちますが、保護した時には既に成猫だったため、まだしっかり触れる状態にはなっていなく、ねこから目線。にお手伝いのご依頼をいただきました。

6匹分の移動用キャリーも無いとのことでしたので、ワイヤーケージを貸し出し、引越し後に送り返してもらうことになりました。

送り返しやすいようにワイヤーケージの片側は結束バンドで固定します。

余分な部分を切り落として片側完成です。

開け閉めする側はナスカンでとめます。

6個作ります。

そして、ケージの中でシャーシャー怒り気味の猫さんや、怖がって固まってしまっている猫さんを一匹ずつ洗濯ネットに入れていきます。

洗濯ネットに入れた猫さんを先ほど組み立てたワイヤーケージに入れます。

ペットシートを敷いて風呂敷包みして完成です。

クーラーをしっかりかけた飼い主さんの車で、無事新居に到着できたそうです^ ^

保護っ子5頭のお引越し

スタッフ梅です。

お庭にごはんを食べに来ていた猫さん一家。一度捕獲器に入ったこともあり、なかなか自身で捕獲が出来ず、ねこから目線にご依頼が入りました。捕獲の際のアドバイスをさせていただき、時間をかけて、一家を保護することが出来た依頼者さん。その時は、保護っ子達の、検査の代理診察をお手伝いしました。

それから2ヶ月。猫さん一家のお引っ越しと、そのついでに爪切りの、お手伝い依頼が入りました。

ご自宅にお伺いすると、警戒心MAXな猫さん一家。

まだまだ人慣れ訓練中の子達。一頭ずつネットに入れ、網目から爪を出して切っていきます。ついでにノミダニ駆除のスポットも。

ケージを半解体し、お引っ越し先へ。。。

2時間かけてお引っ越し終了です!猫さん達、驚かせてごめんね。。。

お引っ越し先は、とってもキレイなお部屋で、いつかはフリーに。。と、毎日奮闘中だそうです。

移動後、ごはんを食べてるところを盗撮した動画が送られてきました!バレましたねw

数時間後には、何とかリラックス出来るようにもなり、一安心です。

先住猫さんには、構って構ってのアピールをするのだとか!少しずつ人との距離も縮まりますように。。。

ふくすけ君のお引越し

S市から室内捕獲のご依頼でした。

生後4ヶ月ごろに保護主さんから譲渡を受け、2年間家族として暮らしている「ふくすけ君」。

とっても臆病な性格で、普段リラックスしている時は甘えて来てくれるものの、動物病院は大っ嫌いでキャリーに入れようとすると大騒ぎになってしまうそうです。

今回は体調不良ではありませんが、8月12日に引っ越しをするため、前日の11日に室内捕獲をして引っ越し先に連れて行ってほしい、というご依頼でした。

・・・

当日、依頼主さんのご自宅にお邪魔すると、ベットの下の奥の端っこで不穏な空気を感じ取っている様子のふくすけ君。

逃げ込みそうなところに捕獲をセットして、動いてもらいます。

すると、いい感じに捕獲器へ!

と思いきや、、、

あと一歩進んでくれたら、、という所で出てきてしまいました。

再び、ベットの下に籠城するふくすけ君。

ベットの下が狭すぎで、私が入れず、、、

依頼主さんとベットを少しずつ解体します。

と、シュッとベットの下から飛び出し、キャットタワーにかけ登るふくすけ君。

猫用のネットで捕獲できました。

捕獲器に入れて移動準備完了です。

ビックリ顔のふくすけ君。本当はとってもイケメンなんです。

驚かせてごめんね。

新居に移動し、ふくすけ君専用のお部屋に放します。

お外がよく見える窓に登って、室内を探査。

新しいお家に早く慣れるといいね。

坂本さん(猫)のお引越し

T市からノラ猫さんの捕獲のご依頼でした。

今月に引越しをすることになり、何年も依頼主さん宅のベランダにご飯を食べに来ている黒猫さんを、これを機に一緒に連れて行って家族として迎えたい。

でも、一度捕獲器で捕まえてTNRしている為、捕獲を試みるもなかなか入ってくれず、ねこから目線。に捕獲のお手伝いのご依頼をくださいました。

ターゲットの坂本さん。

美猫〜!!

「なぜ坂本さんって名前なんですか?」

と聞くと

依頼主さんの好きなアニメの中に「坂本さん」という喋る黒猫が登場するそうです。

さらに

「ペット不可のマンションだから、猫っぽい名前だと呼びにくいんですよ。でも坂本だと、今日坂本さんご飯たべたよ、って喋ってても普通じゃないですか。笑」

ということでした!笑

なるほどーーー。笑

・・・

約束の捕獲日に依頼主さん宅へ。

いつものご飯の時間より早めに伺うも、

すでにベランダで待っている坂本さん。

※画質の良い素敵写真は依頼主さん提供。

警戒心の強い子向けの捕獲器を設置して、依頼主さんにご飯をあげてもらいましたが、とっても警戒している坂本さん。

手前のちゅ〜るしか食べてくれません。

じっと待つも、ベランダでじっと考えている坂本さん。

一旦仕切り直しをしようとすると、坂本さんの姿が見えなくなってしまいました。

そこで、初日は長時間粘らず、捕獲器を設置したままにさせていただいて、2日後に捕獲作戦をリベンジすることにしました。

依頼主さんから、

その日の深夜と、翌日の夜、ひと通り観察した後に捕獲器の中でご飯を食べました。

とご報告をいただきました。

準備ばっちりです!

・・・

そして2日後、依頼主さん宅に再びお邪魔して捕獲作戦決行です。

少し警戒している坂本さん・・

私は隣の和室でじっと待機です。

警戒している坂本さんと、和室から覗き見した瞬間に目が合ってしまうと最悪なので、依頼主さんにいつも通り坂本さんに話しかける感じに実況していただきました。

「坂本、どうしたの?お食べよー。

そうそう、中に入って

おいしいね

食べ始めたね

坂本さん奥のご飯も食べ始めました。」

奥のご飯を食べ始めると、坂本さんは私に背を向けている状態になるので、そっと襖の隙間から状況を目視して、捕獲器を稼動しました。

依頼主さんの全面協力のもと、

無事、坂本さん保護完了です。

坂本さん、驚かせてごめんなさい。

・・・

翌日、一犬猫病院さんでノミダニ駆除や血液検査などをしてもらいました。

3歳以上なので、腎臓や肝臓の数値に何かしらの異常値が出てしまうかも、、と心配していましたが、結果は全く問題ナシでした!

よかった!

依頼主さん宅に用意されたケージに坂本さんを入れてお手伝い完了です。

突然捕まって、病院に連れていかれたので不機嫌な坂本さん。

3年以上前に突然ベランダに現れた坂本さん。子猫を連れてきたこともあったそうです。

坂本さんの第2の猫生が依頼主さんご家族のもとで、素敵な毎日になりますように。