洗濯ネットで捕まった猫さんのTNR送迎

T市で子猫2匹のTNRをお手伝いした現場で、前回の捕獲日に現れなかった母猫さん。

昨晩、N市のTNR現場でリターンが終わった夜、T市の依頼主さんから電話が入りました。

「あの時来なかった母猫、捕まえました!」

えっ?!どうやって捕まえたんですか?

と聞くと

「洗濯ネットで捕まえたの!それからキャリーに入れました」

とのことでした。

洗濯ネットで捕まった猫さん。人にも猫にもケガが無くて良かったです。

捕まった母猫さん。

だいぶ慣れているようでした。

翌朝、猫さんをお迎えに行き一犬猫病院さんへ搬入しました。

・・・・

洗濯ネットや網でノラ猫さんを自分で捕まえようと試みる方が多くいらっしゃいます。

今回のように、とっても人慣れしている猫さんの場合は無事に捕まることもありますが、個人的にはオススメしません。

失敗した場合、猫さんに過剰に警戒心を植え付けてしまう心配もありますし、いつもは大人しい猫さんでも押さえつけられたショックでパニックになり、暴れて噛んだり引っ掻いたりしてしまうこともあります。

そうなると、猫も人も傷ついてしまいます。

それと、洗濯ネットの目が細かいタイプはこれから熱中症に注意が必要です。

洗濯ネットの目の細いものに猫さんを入れて、キャリーケースに入れている場合、車の冷房をガンガンしたとしても熱中症の危険があるので、搬送をお断りする場合があります。

もし、猫さんが口を開けて呼吸をし始めたら命の危機のサインです。

洗濯ネットに入れる場合は、目の荒いタイプで、ネットのサイズは60×60以上のものを使用してください。