これからは家猫に。

O市からノラ猫さんの保護のご依頼でした。

長年一緒に過ごした愛猫が亡くなり、喪失感の中で過ごしていた頃に、ビルの間にちょこんと座る2匹のノラ猫さんに気がついたそうです。

そこから、毎日ご飯をあげに行くようになり、気がつくとノラ猫さんたちも依頼主さんのことを待っているようになったそうです。

ビルには「ここで猫に餌をやらないで下さい」の貼り紙があり、自分の家には猫を飼う余裕がある。そこで、その2匹を自分の家の飼い猫として迎えいれる決断をされたそうです。

ねこから目線。に捕獲と動物病院での健康診断のご依頼をくださいました。

・・・

捕獲初日。

餌の時間に現場に行くと、すでに2匹が待っていました。

捕獲器を仕掛けてすぐにターゲットの猫さん1匹が入ってくれました。

右耳に耳カットがありました。

どうやら、2匹とも以前にTNRされ、不妊手術を受けたことがあるさくら猫さんのようです。

となると、既に捕獲器で捕まったことのあるノラ猫さん。もう1匹の茶トラくんの捕獲は苦戦が予想されました、、、。

やはり捕獲器に強い警戒心を持っているのか、なかなか入ってくれません。

しばらく待ったところ、ターゲット猫さんの気配が消えてしまったので、翌日リベンジすることに。

・・・・

翌日は、私の仕事の都合で1時間遅く現場に集合しました。

すでに待っているターゲットの茶トラ猫さん。

この日は大型の捕獲器を用意しました。セットすると、すぐに反応が!

捕獲器を確認しに行くとそこには、黒猫、、、。

だ、誰、、、。

依頼主さんに確認していただくと、時々この辺で見かける子だそうです。

たまたま通りがかったのか、、泣。

黒さんはすぐにリリースして、再度捕獲器を設置します。

茶トラくん、戻ってきて、、

と待っていると、目の前を横切るイタチ。

また、イタチ。

あ、またイタチ。

イ、イタチ、、多くない??

嫌な予感がしつつ待機していると、捕獲器の作動音が!

茶トラくんでありますように!!

すぐに確認しにいくと

そこには、

イタチ、、、。

そんな予感はしてました。泣

その場ですぐに放しました。

イタチさん、驚かせてごめんね、、。

黒さんとイタチさん騒動で、茶トラくんの気配はすっかり消えてしまいました。

用意していた2台の捕獲器も黒さんとイタチさんが入ってしまったので、臭いと細菌の懸念もあるので使いまわさず、翌日リベンジすることに。

・・・

捕獲作戦3日目。

前日より30分早く集合することにしました。

現場に到着すると、まだ茶トラくんの姿は見えません。

前日の2日間とは作戦を大きく変えることにしました。

いつもの餌場ではないものの、確実に茶トラくんが通る場所に警戒心の強い子向けの捕獲器を設置。

相変わらず茶トラくんの気配はありません。

3日連続なのでさすがに警戒してしまっているかもしれません、、、

捕獲器を設置し、少し時間を置いてから依頼主さんにお電話して登場をお願いしました。

依頼主さんが登場して、餌を置いたふりをしてもらってしばらくしてから茶トラくんは登場するだろう。そう思って気を緩めて待機してました。

ん?

トラップの中に誰かいる。

茶トラくん!!

めっちゃ食べてる。

慌てて、でも茶トラくんにバレないようにそっとそっと近づいて仕掛けを動かします。

無事、保護することができました。

3度目の正直になってよかったです(T-T)

2匹ともしっかり耳カットがあるので、不妊手術ではなく、健康診断と初期医療を一犬猫病院さんにお願いしました。

いつも2匹一緒に行動している猫さんたちを引き離すことにならなくて良かったです。

これからは、飼い猫として素敵な飼い主さんと第2の猫生を全うできますように。