緊張したり、しなかったり

昨日の早朝にお迎えに行き、のらねこさんの手術室に搬入した2件のノラ猫さんたち。

手術後、病院に一泊して本日リターンでした。

S市の猫さん。

術後、1泊病院に泊まる場合、朝に病院の方がご飯を入れてくれます。

でも緊張から病院では食べないノラ猫さんが多いです。

この子も全く手をつけてません。

捕獲場所で解放すると元気に出ていきました。

「またご飯食べにおいでね〜」

と依頼主さんに声をかけてもらっていました。

依頼主さんと話していると、同じ現場のさくらねこ先輩が登場しました。

「もったいないニャ〜」

とキジ白くんが食べなかったご飯をパクパク。笑

・・・

一方N市の猫さん

しっかり完食していました。

お耳も綺麗になってます。

リターンの時間まで、まだ待ち時間があるので、おかわりを入れてくれました。

ガツガツ。

ペロリ。

「ごちそうさまでした!」

猫さんが食後に前脚を使って、顔まわりをグルーミングする仕草を私は「ごちそうさまでした」と呼んでいます。

捕獲したい猫さんが、捕獲器のご飯を何度か食い逃げした後に「ごちそうさまでした」をしている姿を見ると絶望感に苛まれるのですが、手術を頑張った猫さんが翌日にお腹いっぱい食べて「ごちそうさまでした」をしてくれているのを見ると嬉しいです。

そんなことを考えながらしみじみ見ていると、めっちゃ近寄ってくる猫さん。

「でも、もう一杯くらい食べれるよ!」

・・・

色んな猫さんがいます。

あんまり人懐っこいと外中自由の飼い猫だったりするのかな?と思うこともありますが

猫さんの足元に落ちているおびただしい量のノミのフンと死骸が、猫さんの生活環境を物語っています。

手術の時にノミダニ駆除薬をつけてもらっているので、1ヶ月は痒みから解放されます。

穏やかな猫生を過ごせますように。

カテゴリー TNRタグ