家猫になるための捕獲

スタッフ梅です。

O市で、以前からお外でごはんをあげていた、手術済みの猫さんの、保護のお手伝いでした。引越し先のお家で生涯過ごすため、自身で捕獲試みたがうまくいかず、ねこから目線に要請が入りました!

現場に到着すると、早めに到着したものの、もうすでにうろちょろしている長毛猫さんが。。

すぐに警戒心強い子向けの捕獲器を設置し、離れて待ちます。

依頼者さんに、いつも通りごはんをおいてもらうと、ニャーニャー、スリスリと甘えた動きと声で催促(笑)

誘導してもらうも、なかなか入ってくれずら知らない人が通っても割と堂々としていたので、ちゅーるを持って近づいてみました。

うん。逃げない。そして、知らない私からちゅーる食べる。。いい子~!

ちまちま、おやつを投げ捕獲器へ誘導し、無事保護です!(捕獲時の写真撮れませんでした)

その後、一犬猫病院さんで、保護のための検査を諸々していただき、ご自宅にお送りです。

とっても落ち着いてはいるものの、不安そうです。。

少しずつ環境に慣れていってね。