シマダさんとベベタさんのTNR

H市からTNRのご依頼でした。

ご飯をあげてお世話をしている近所のノラ猫さん、お腹が大きいような気がしていると4月半ばに生後1ヶ月くらいの子猫たちを6匹も連れてきたそうです。

慌てて、子猫6匹を保護し、2匹は里親さんにもらってもらい、残った4匹はご自宅で飼ってらっしゃるそうです。

先住猫も居るなかで4匹も増えてしまったなと思っていると、つい先日にまた交尾をしているところを目撃してしまったそうです。

※猫は交尾の刺激で排卵する動物なので、交尾を目撃したらほぼ100%の確率で約2ヶ月後に出産します。そして、一度に1〜7匹ほど出産します。最大9匹出産できるらしいですが、私が見たことあるのは7匹までです。そして、日照時間など条件が揃ってしまうと1年に最大4回出産できるそうです。ちゃんと子育てして、自然界の中で生活しているノラ猫の場合は年2回くらいの子が多い気がします。子猫が早く死んでしまったり、人に保護されたりすると、すぐに次の発情期がきます。

余談が長くなりました。

そんなわけで、1回に6匹も育てきるポテンシャルを持っている子が(6匹育ったということは産んだのはそれ以上かも)、再び出産してしまったらもう、手に負えない、でも捕まえられるほどは慣れていない、と困っていた時にフェリシモ猫部さんのブログを読んでご連絡を下さったそうです!フェリシモ猫部さんありがとうございます。

そこで、本日ターゲットのメス猫さんと、そのおとうさんらしきオス猫さんの捕獲に伺いました。

ちなみに、オス猫はキジトラ模様で、体中に縞模様があるので「シマダ」さん、メス猫さんはベージュっぽい色をしているので「べべタ」さん、と呼んでいるそうです。

ネーミングセンス抜群です。

現場に到着すると、シマダさんがすぐに現れました。

捕獲器2台の設置が完了したところで、依頼主さんにいつものようにご飯を出すフリをしてもらいました。

するとすぐにべべタさんも出てきました。

離れたところで待機していると、3分ほどでべべタさん保護完了しました。その2分後ほどでシマダさんも保護完了しました。

「はじめましてー。猫ら目線。のKと申します。」

「女性なんですね!ブログ読んでおじさんかと思ってましたよ!」

「ブログのどこにおじさん要素ありました??」

から準備含めて15分くらいでした。はやー

深夜早朝に動いているので、おじさんかと思っていたそうです。

貫禄のあるシマダさん。縞田さん。

すっごく美猫のべべタさん。辺々田さん。

一犬猫病院さんに受け入れていただきました。

引っ越し同伴の為捕獲です。

近々引っ越しをするため、長年お世話をしてきた2匹のノラ猫さんを飼い猫として連れて行きたい。というご依頼でした。

ターゲットの猫さん2匹は以前に捕獲器で捕まって不妊手術を受けていました。

1匹の男の子は、あまり警戒心が強くなく、トラップの中のご飯もモリモリ食べます。普通に捕獲器でもまた入ってくれそうです。

一方の女の子は警戒心が強く、なかなか出てきません。

男の子はなんども捕獲するチャンスがありましたが、先に男の子を捕まえてしまうと警戒心の強い女の子がお手上げ状態になってしまう可能性が高いと思い、男の子に協力してもらいつつ、女の子を先に保護することにしました。

捕獲の順番を間違え、悲惨なことになってしまった苦い記憶は多々あります…。

設置から1時間ほど経ち、男の子が山ほど缶詰めを食べたところでやっとターゲットの女の子が戻ってきてくれました。

なかなかトラップに近づいてくれない女の子、、、。

そこで、依頼主さんにトラップの中に缶詰めを追加してもらいました。

しばらくして、食べにくる男の子。

男の子がたっぷり食べ終わると、入れ替わりにターゲットの女の子がトラップの中へ。

無事、保護完了です。

男の子は驚いて、逃げてしまいましたが、依頼主さんがお持ちの捕獲器で十分保護できそうな雰囲気の猫さんでしたので、男の子は依頼主さんにお任せして、保護した女の子を指定病院へ搬入してお手伝い完了です。

無事に男の子も保護されますように。

追記〜

翌々日、男の子も無事保護されました^ ^

迷子猫さん?の室内捕獲

室内捕獲のご依頼でした。

「迷子になってしまった猫を探しています」

のチラシがポスティングされていて、「近所で逃げてしまったんだなー」と気になっていたところ、自宅のガレージにそっくりな猫さんが居る!と気づいた依頼主さん。

3日間ほどご飯をあげてみたところ、ノラ猫にしては人慣れしているようで、やっぱり迷子猫さんではないかと思ったそうです。

ご飯で誘い出して、室内に入ったところで、サッと網戸を閉めて閉じ込めたものの、突然室内に入ってしまった猫さんはパニックになって暴れ回ってしまったそうです。

飼い主さんが、確認に来るまで安全に保護しておくために閉じ込めた室内で捕獲して、2段ケージに入れてほしい。という緊急のご依頼でした。

到着すると、テレビの裏で固まっている猫さん。

ケージに誘導しようと導線を作っていると、頭上のカーテンに飛び上がってしがみ付いたので、猫用のネットでキャッチして保護完了です。

興奮気味で本気の猫パンチを繰り出してきたり、棒を本気噛みしていましたが、ケージ入って落ち着くとちゅ〜る食べる猫さん。確かに人慣れしていそうです。

お尻を見ると、女の子であることが分かりました。迷子猫さんも女の子だそうです。

依頼主さんが用意された2段ケージに入れてお手伝い完了です。

早く飼い主さんと再会できますように。

本命の猫さんでありますように。

〜追記〜

お問い合わせから教えていただきました!

これまで、猫を入れる檻状の物の事を「ゲージ」と書いていましたが、

正しくは「ケージ」だそうです!

ケージ(cage・・・檻)

ゲージ(gauge・・・計測器、計器)

ゲージ、ケージ、ケージ、ケージ・・・

ケージです。

「日本人にありがちな間違いですが、」と優しく教えてくださいました^ ^

ひとつ賢くなりました。

皆さんにも共有します(知ってました?笑)!

S様ありがとうございます!!

ぷち遠方TNR

S市でTNRのご依頼でした。

片道1時間はあまり遠方だと感じなくなってきました。

マンション近くの公園に住み着いたノラ猫さんが今回のターゲットでした。

昨日、一昨日とご飯を食べてれていないそうで、なるべく沢山食べてもらってから捕獲したい。というご希望つきでした。

希望に応えて、ちゅ〜る2本分とカツオ一本を丸々使いボリューム満点な捕獲器にしました。

丁寧に食べる猫さん。

当然、食べるのに時間がかかります。

そわそわする依頼主さん。

ゆっくり、ゆっくり、5分ほどかけて保護完了です。

驚かせてごめんね。

のらねこさんの手術室に搬入してお手伝い完了です。

猫さんをのらねこさんの手術室に搬入すると、スタッフの方から

「一昨日搬入してもらったAさんから、猫から目線。さんにって紙袋預かってますよ^ ^」

と紙袋をいただきました。

引っ越し前に!のTNRの依頼主さんからちゅ〜るとカツオを沢山いただきました。

「がんばってください!」

ぬの付箋が嬉しいです(´;Д;`)

頑張ります^ ^!

引っ越し前に!のTNR

A市でTNRのご依頼でした。

来週に引っ越しを控えた依頼主さん。依頼主さんの地域はノラ猫さんにご飯をあげている方の多い地域だそうです。

確かに、どのさくら猫さんも立派な体格でした。笑

でも、TNRをして不妊手術をしてくれる方は今のところ依頼主さんのみ。。。

なので依頼主さんが。お家の周りのノラ猫さんには全頭TNRをされていました。

そして、県外への引っ越しをひと月後に控えた頃、新しいノラ猫さんが現れたそうです。

しかも、女の子の雰囲気が。

引っ越しまであと1週間ほど。それまでに新しい猫さんにもTNRをしたい!

というご依頼でした。

18時半に現場に集合し、トラップを設置するも、なかなかターゲットの猫さんが現れません。

依頼主さんがご近所さんに

「今日新しい猫さんの捕獲をするので、ご飯あげないように協力お願いします」

と事前にお伝えしてくださったそうなのですが、それをうけて捕獲時間の少し前に餌場付近にスタンバイしていたターゲットの猫さんをご近所さんが「今日はあなたにご飯あげないのよ!」と追い払ったそうなのです。笑

な、なんと、、笑

ご近所さーーん。笑

しょんぼりする依頼主さん、、、。

とはいえ、戻ってきてくれることを期待して待つしかないですね!と待つことに。

待てど暮らせど猫さんが現れません。

2時間が経過しました。

捕獲器の使い方をお伝えし、私は一旦切り上げることにしました。

そして、30分後

「黒ちゃん、捕まりました!」

とお電話が!はやっ!!

もう少し待っていれば良かったです。笑

急いで現場に戻って猫さんを受け取りました。

のらねこさんの手術室に搬入してお手伝い完了です。

不甲斐ない3夜連続TNR

O市の街中でTNRのご依頼でした。

今回の依頼主さんは、ボランティア歴は私の年齢以上という超ベテランボランティアさんでした。そのボランティアさんがどうしても捕まらないメス猫が今回のターゲットでした。

深夜1時に集合し、エサ場の確認をしました。

現れる場所は主に3箇所でした。

●一番よく居るが、フェンスの向こうからは出てこない場所。

●諸々設置しやすいが、時々くる程度の場所

●一旦は出てくるか、他の猫が沢山いてそこではご飯を食べない場所

依頼主さんもご飯をあげてはいるものの、他にも不規則な時間に現れる餌やりさんが数名いそうです。

悩んだ末に、まずは捕獲器を設置しやすい場所を選びました。

車の中でサイドミラーを見つめながら、じっと待機です。猫さんいつでもどうぞ!

が…

くるのは他の猫さんばかり…

1時間半ほど待機してもターゲットの猫さんは出て来ず…。

すると、依頼主さんのうちのお一人が

「ここもお気に入りの場所や」

という第4の場所が現れました。

他の場所より人通りも少なそうなので、そちらに移動することに。

待てど暮らせど出てこないターゲットの猫さん…………。

3時半になったところで、今日は諦めることにしました。

・・・

翌日、場所もばっちり分かったので作成を変更し、第一の場所であるフェンス下に設置することにしました。

設置完了してから、しばらくして依頼主さんに登場していただき、トラップにご飯を置いてもらい、依頼主さんが立ち去る…

と、ターゲットらしき猫さんが出てきました!

ドキドキしながら見守ります…

あと、あと2歩前に出てくれたら…

すると、

「ギャハハ!〇〇××〜」

大音量で電話をしながら通り過ぎるチャリ。

隠れる猫さん。

今、通りますか、、

深夜1時半ですけど、、。

気を取り直して、待っていてもターゲットの猫さんは出て来ず、、。

時間を置いてまた依頼主さんに登場していただきました。

すると、ターゲットじゃないさくら猫さん登場。

トラップの中のご飯をもりもり食べていきます。

他の猫さんがトラップの中のご飯を食べてから安全に出て行く様子を用心深いターゲットの猫さんに見てもらうのは良いことなので、しっかり食べてそのまま帰ってくれるのを期待して待っていると、、

美味しいご飯を食べて満足したさくら猫さん、なんとトラップの一番触って欲しくない部分に思いっきり「スリっ…」と身体をすり寄せる猫さん。血の気の引く私。

と次の瞬間には

「カシャン!」とトラップが稼動してしまいました。

捕まるさくらねさん。

あ、安全に出て行って欲しかった、、、。

捕まってしまったさくら猫さんに驚かせてごめんね、と言いつつすぐに解放します。

ターゲットの猫さんがその一部始終をみていたのか、既に居なかったのかは暗いので分かりませんが、ターゲットの猫さんの気配ゼロ。

…。

明け方4時まで、待つものの現れる気配なく、また翌日リベンジさせてもらうことになりました。

・・・

翌日。

いい加減、警戒レベルが高くなっているのか、ターゲットらしき猫さんは一瞬通りを横切ったのみで現れず。

依頼主さんがもう1箇所捕まらない子がいるからそっちをお願い!ということで、少し離れた場所で別の猫さんを捕まえることになりました。

こちらの猫さんは。すぐに保護完了しました。

依頼主さんの捕獲器に入れ替えてお手伝い終了です。

依頼主さん、喜んでくださいましたが、本当のターゲットの猫さんを捕まえられなかった申し訳なさでいっぱいいっぱいになっている私に気を使ってくださっているんだろうな…(ネガティヴ…)

「難しい子、いい勉強やね!一生懸命やってくれて心強かったよ!また頼むね!」

と優しすぎる依頼主さんたち。

もっともっと経験を積んで、ベテランボランティアさんに恩返しできるように成長したいと思った、不甲斐ない3夜連続TNRでした。

ねこわたさんと遠方TNR

今回は、ねことわたしスペイクリニックKOBEさん通称「ねこわたさん」からのご依頼でした。

不妊手術の為に、淡路島で6匹の捕獲のお手伝いです。

ねこわたスタッフのMさんと現場に行きました。

現場に到着すると、「何しに来たん?」と集まってくる猫さんたち。

とっても人慣れしていました。

明日手術を受けるなんて全く聞いていない様子の猫さん。

あまりにも自由で可愛い猫さんの写真を撮りまくるねこわたスタッフのMさん。

そのうち、ねこわたさんのブログにMさんが撮影した素敵な写真がアップされると思います。楽しみです。

現場には9匹の猫さんが居ましたが、うち3匹は産後間もない状態なので、今回は捕獲対象とせず6匹捕獲でした。

1匹だけ警戒心の強い猫さんが居ましたが(めっちゃブレてる写真の子)、ほとんど慣れてる子たちだったので、スムーズにターゲット全頭の保護が完了しました。

ねこわたさんに搬入して、お手伝い完了です。

淡路島はねこわたさんからなら、高速を使えば1時間ほどでした。

これまでは、大阪市内や池田市まで運んでいたボランティアさんにとっても、運ばれていた猫さんにとっても、近くに素敵な不妊手術専門病院ができて負担軽減ですね^ ^

自然豊かで猫さんものんびりしていて素敵な現場でした。

ねことわたさんは、送迎サービスがあります。その中で捕獲のお手伝いが必要な場合は捕獲サポートもしてくれます。

詳細はホームページをCHECKです☆