裏路地TNRのお手伝い

スタッフ小池です。

S市でTNRのお手伝いでした。

依頼主さんの地域では、ノラ猫を可愛がってお世話してくれているおじいちゃんが居たそうです。

しかし、11月初めにそのおじいちゃんが亡くなり、約6匹のノラ猫さんが残されてしまいました。

そして立て続けに、3匹のノラ猫さんがおじいちゃんの家の近くで亡くなっていたそうです。

死の真相は分かりませんが、残った3匹が心配で、ご飯をあげるようになったそうです。でも、どうやら不妊手術はされていないようなので、ねこから目線。にTNRのご依頼をくださいました。

ターゲットは白黒猫さん1匹と、首輪のついた黒猫2匹ともう1匹黒猫がいるようないないような。

3匹か4匹いるとのことでした。

模様が似ていたりすると、正確な頭数が分からないこたは良くあるので、その場合は多目に見積もって病院の予約を取ります。

病院さんによりますが、1日に15匹以上の不妊手術をこなす病院さんの場合、ノラ猫の不妊手術の予約では、捕まらないということはよくあることなので、病院としてもキャンセルは問題無いそうです。でも予約数より沢山捕まえてしまった!というケースは病院さんとしては対応が難しいそうです。

なので、頭数が正確でない場合は最多で4匹、おそらく3匹でお願いします。というように予約をします。

・・・

手術日の朝5時、現場にお伺いします。

猫さんたちが出没する裏路地を見せていただくとさっそく2匹が待っていました。

若くて首輪のついた黒猫さんはとても人慣れしていて、初対面の私でも抱っこできるほどでした。

捕獲器を設置して、待ちます。

カシャン!

すぐに2匹が捕まってくれました。

もう一台設置してしばらく待つと、首輪の無い黒猫さんが捕獲器に入ってくれました。

写真では見えませんが、首の所を怪我していました。

いるかもしれないもう一匹のために捕獲器を設置して待ちますが、猫さんの気配がありません。

念のため、捕獲器を一台依頼主さんにお預けして、捕まった3匹をのらねこさんの手術室に搬入しました。

・・・

手術の際に、首の怪我を診てもらったところ、噛まれた傷ではないそうで、もう一匹の黒猫さんについていたおじいちゃんがつけてくれた首輪がノミ取り首輪だったので、この黒猫さんにも同じものがつけられていたのだとすれば、ノミ取り首輪のアレルギーかもしれないとのことでした。

手術と同時に耳カットが入るので、効果の切れた首輪は取ってもらってリターンすることに。

近隣の方への説明資料として、実施報告書の作成をお手伝いしました。

裏路地には依頼主さん手作りの超素敵な猫ハウスがありました。

大好きなおじいちゃんが亡くなって、猫さんたちは辛かったと思いますが、近くに素敵な方々が居て命が繋がりました。

手術を頑張った猫さんたちが地域の人たちに見守られて穏やかな余生を送ることができますように。

親子公園TNRのお手伝い

スタッフ小池です。

O市でTNRのお手伝いでした。

母猫と4、5匹いる子猫を一斉にTNRしたい。というご依頼でした。

「できれば、子猫は5匹いっぺんに大きなワナで捕獲できないですか?」

と依頼者さんのご希望でしたが、子猫といってもすでに生後5ヶ月以上になっているそうなので、さすがに大きな捕獲器でもいっぺんに5匹捕獲は無理です。確約はできませんが、なるべく全頭捕獲できるように頑張ります!とお伝えしました。

・・・

現場の公園に到着し、依頼者さんに案内されたフェンスの中を見ると、ターゲットのキジトラの猫さんが4匹団子になって寝ています。

できれば2匹いっぺんに、あわよくば3匹一緒に入ってくれることを期待して、ロングタイプの捕獲器を手動にして設置します。

まず1匹猫さんがフェンスから出てきました。

・・・ちょっと、大きくないですか??

続いて、もう一匹猫さん登場です。

先ほどの猫さんよりは小柄です。

一匹目は母猫さんでしょうか?

子猫も小柄といえど予想以上に大きいです。汗

さらにもう一匹出てきてくれましたが、捕獲器大渋滞です。

一匹目の猫さんが大きすぎて2匹も途中まで捕獲器に入っているものの尻は捕獲器の入口からはみ出しているし、3匹目は入れなくて捕獲器の後ろで順番待ち・・。

作戦変更です。

普通タイプの捕獲器を一台用意して、すこし離れたところに設置します。

ちょいちょい、とどうしても捕獲器の入口を見つけられない子猫さんが保護器の中でお食事中の兄弟にちょっかいを出している間に、母猫さんはそっと自分だけ新しい捕獲器の方へ。

この2匹ならギリギリ一緒に入ってくれそう、、

ですが、やっぱり一匹の子猫さんがどうしても捕獲器の入口が分からないらしく、今度は入口と反対側からチョイチョイ、、

入口に気付いてくれーー。

と、子猫たちにヤキモキしている間に、母猫さん捕まりました。

どうしても入口を見つけられない子猫さんは一旦諦めて、満腹になってしまいそうな子猫さんを先に捕まえることに。

げふー。良く食べたね。

捕まった2匹を包んで落ち着けてから、フェンスを覗くと、残りの2匹が寄り添って遊んでいます。

あと2匹だけなら、警戒心の強い子向けの大きな捕獲器でいっぺんに捕まえられそうなので、急いで設置します。

無事、2匹一緒に捕獲成功です!

「あと1匹いた気がするんですけど、、」

と周辺を探す依頼主さん。

「あ、いた!」

離れていたキジトラさんも捕獲完了です。

無事、予定数の5匹を捕獲しきることができましたが、サイズにだいぶばらつきがあるようなので、本当にターゲットの4兄弟かはちょっと怪しそうです、、。

私が捕獲をしている間に依頼主さんは公園の清掃の方や利用者さんたちとお話しされ、ノラ猫情報を収集されていました。

どうやら夕方に集まってくる別集団も居るそうで、また追加TNRの計画を立ててくださるそうです!

続く、、?

庭から魚屋さん

スタッフ梅です。

家の裏庭に、姉妹猫が現れるようになって、手術したいので、捕獲してほしいという、今回のご依頼。

早朝の出発時間、、、 どしゃ降りの大雨。。あちゃー、これ猫さん出てくるかな。。と、思い、依頼者さんに連絡。

自宅の猫ハウスにはいないけど、魚屋さんにいることもあるので。。ということで、現場へ向かいました。

到着して、いつものエサ場に捕獲器を設置します。降り続ける雨。

私が来るまでは、声はしていたみたいなのですが、猫さんなかなから現れず。。 魚屋さんにいるかも。と、依頼者さんが見に行くもおらず。。

雨が少しずつ止み始めた頃、何度か、魚屋さんと依頼者さん宅を行き来を繰り返していると。。

ん?

いた。

魚屋さんまで50mほど。。

魚屋さんにいましたーと、依頼者さんに伝えに行くと、こちらも近くにいるんです。と。

確かに声がする。近くでにゃーにゃー、依頼者さんの声に反応するものの、なかなか捕獲器に入ってくれない。。

お庭の猫さんは、依頼者さんに託して、私は魚屋さんへ捕獲器を設置しに行きます。

ん?あら?猫増えている。。

ターゲットの猫さんは、お腹が空きすぎて、なかなかもらえないごはんに、いてもたってもいられないw

よくその魚屋さんから、ごはんをもらっていると聞いていたので、開店準備をしていたご主人に、いつもあげてるカニカマを頂きました。

いつもの美味しいカニカマを嗅ぎ付け、捕獲器近くに。

お腹が空いていた、猫さん。警戒しながらも、カニカマを食べ進め、、

「カシャン」

1頭捕獲出来ましたと、依頼者さんの元へ。 よかったー。と、とりあえず一安心。

さぁ、あとは鳴いている猫さん。

いるもののなかなか捕獲器近くにも行ってくれず。。

そっちには行かないよ!と、どこかへ、スタスタと姿を消しました。。

魚屋さんに、いるかな?と、見に行くと、いました。w

同じくカニカマで誘導するも、なかなかの警戒心。ですが、やはり空腹には耐えられません。結局カニカマでつられ、捕獲完了です。

何とか2頭捕獲出来ました!

まだ授乳中の母猫もいるようで、授乳が終われば、捕獲しましょうとお話し、後にしました。

お庭から魚屋さんまで、たくさん歩いた現場でした!w

裏の細道

スタッフ梅です。

今回のご依頼は。 裏庭にいる、白黒の兄弟猫たちを保護したいので、捕獲してほしいというご依頼。

事前に、現場の写真を送っていただきました。 おっとっと。。 あたし。。 通れるのだろうか。。

兄弟たちが、ご飯を食べるところ。

依頼者さんと合流し、ここから入ります。と、案内されたそこは、、、

元々人が通るところではない、家と家の隙間を、横になりながら、すり抜けていく。

決してスタイルのよくない私は、服がまっちろけにw

奥まで行って、さらに塀を飛び越える。。     こんなところに、毎日猫さん達のために、通っている。

すごいです。。

いました。猫さんたち。 数頭は、慣れている子がいるとゆうことで、依頼者さんに1頭は、キャリーの中に入れていただきました。

ところが!

猫さんが入ったキャリーが、この隙間を抜けることが出来ない! わわわ。どうしよう。。

この庭?の家の方に、家の中を通していただける様、許可をいただいてます。と、依頼者さん。

なんと、ありがたい。。 捕獲器も、通していただきました!

西部警察の石原裕次郎ばりに、覗きながら隠れて待ちますw

続々集まってきました。

「カシャン」

見ると、なんと2頭入ってました。。

お、重い。。

(外でのケージ入れ替えは逃走の可能性があるので、病院で分けてもらいました)

捕獲器が、1つずつしか置けないので、入れば回収→家の中を行き来して次の捕獲器をセット。。

3頭目は、捕獲器を気にしつつも、何だかその場でウロウロクネクネ。なかなか入らない。そして、何だか甘えたような鳴き方。

この子、人馴れしてる子やな。と、思い、隠れていた簾を上げて、おいでおいで作戦。

撫でられたので、気を許してくれた所で、抱っこで捕獲器へw

残りは1頭。4頭全ての捕獲現場を目の当たりにし、警戒心強くなっちゃった猫さん、どこかへ姿を消してしまい、次回へ。

4頭の手術と保護チェックを済ませ、保護主さんの職場へ連れていき、お手伝い完了です。

みんな里親募集するそうです。素敵な出会いがありますように(*´罒`*)

また飼い猫へ

スタッフ小池です。

T市で保護のための捕獲のお手伝いでした。

数ヶ月前に団地にボロボロの首輪をした状態で突然現れた猫さん。

迷子かな?とっても人懐っこく、道ゆく人にスリスリ。

飼い主さんが居るなら気づいても良さそうなのにいっこうに迎えにきてくれる気配はなかったそうです。

団地では引越しなどで置いていかれてしまう猫さんが時々居るそうです。

見かねたボランティアさんが一生懸命里親さんを探し、とうとう里親になってくださる方が見つかったそうです!

抱っこはできないものの、かなり人慣れしているのでキャリーを置いて、オヤツをあげます。

ポイっとキャリーの中にオヤツを投げ入れて、、

そっと近づいて、、

パタン。

保護完了です。

閉じ込められて、めちゃくちゃ不機嫌な猫さん。笑

手術済みなので、動物病院でノミダニ駆除と血液検査や爪切りをしてもらって里親さん宅にお届けしてお手伝い完了です。

ボランティアさんと里親さんのおかげでまた飼い猫として生活を送ることができます。

捨てるのも人なら保護してくれるのも人ですね^ ^

こんな所に子猫?

スタッフ小池です。

O市で子猫の緊急保護のお手伝いでした。

よく猫を見つける才能を持っているボランティアさんから突然の電話があり、

「某大型量販店に来ているんですが、立体駐車場の3階に4ヶ月くらいの子猫がいるんです!自分の車じゃないので捕獲器積んでなくて💦」

との事でした。

(普段は捕獲器を常備しているんですね)

・・・

子猫用の捕獲器を持って急いで現場に向かいます。

依頼主さんも一旦荷物を取りに帰宅され、1時間後に現場で落ち合うことになりました。

ひと足先に現場に到着した私。

かなり大きなお店の立体駐車場の3階です。

本当にこんな所に猫が居るのかな、、?

と思いつつも

依頼主さんからの情報を元に広〜い駐車場を歩くと

テテテテテテ、、、

と、黒い子猫が横切りました!

居るー!!

捕獲器を準備して、オヤツで誘導します。

だいぶお腹が空いているようです。

ゆっくりパクパクと捕獲器のオヤツを丁寧に食べ進む子猫さん。

お客さんが通ると一旦捕獲器から出てしまいます。

が、また捕獲器のオヤツを食べに戻ってきます。

5分ほどで、、

無事、保護することができました^ ^

ちゅ〜るも綺麗に全部舐めきっています。笑

子猫さんが捕獲器に入ったところでちょうど依頼主さんも到着されたので、子猫さんをお渡ししてお手伝い完了です。

依頼主さんのお家でシャンプーしてもらったそうです。

すでにゴロゴロ甘えているそうです。笑

可愛い〜

明日、不妊手術や血液検査を受けて里親さんを募集するそうです!

良い人に見つけてもらえたね(=´∀`)

素敵なご縁がありますように!

温かい気持ちで。(前編)

昼夜の寒暖差が激しく、体がまだ追いついていない、スタッフ梅です。

しっぽを怪我しており、断尾したい猫さんがいるので、捕獲してほしい。という、今回の依頼。

治療費が高額になるかもわからないことも承知のうえで、現場へ向かいました。

いつもの餌場で待ち構えていたターゲットの猫さん。

確かに、尻尾がもげている。かなり痛々しい。

捕獲器セット中、この木陰に身を隠している猫さん。

人がいなくならないと、食べにこないとゆーことなので、誘導ごはんを置きながら、去りました。

すると、すぐに捕獲器内へ。 食欲はあるんやね。と、少し安心。

のらねこさんでも、快く見てくださる、一犬猫病院へ運びます。

私→先生、、尻尾がもげてしまってるんです。

Dr.→ん?なんだこれ?尻尾?

私→??

Dr.→尻尾じゃないようやけど、、、

私→そうなんですか?(尻尾じゃないならなんだこれ。←心の声)

Dr.→脱腸?

私→脱腸!?なんと!!

どうやら、何かの影響で、直腸が外に飛び出してしまったようです。。

Dr.→これは今からやらなあかんなー。

私→今からですか!?

診察時間終了間際。。。 このまま、長時間放置すると、直腸が壊死してしまうため、緊急オペになりました。

頑張るんやでーと、声をかけながら、パシャパシャ写真を撮るもんだから、、、

むむっ

なんやこいつ

パシャパシャうるさいな

はよあっちいってーなー

なんやこいつ

目合わしたらあかんな

と、視線をそらされたところで、本日はお別れ。

どうやら、交通事故なのか、酷く噛まれたのか、何かの影響で、尻尾ごと肛門周りの筋肉がごっそり落ちて、出てきてしまった直腸。

また出てこないように、お腹の中で固定する手術をしたとのこと。

数日間、食事や体調管理で入院です。

手遅れでありませんように。

お釣りは猫に使ってね基金から、5,000円カンパさせていただきました。

「お釣りは猫に使ってね!」と言ってくださった皆さま、ありがとうございました。

後編へつづく