首輪の危険

スタッフ梅です。

お家から脱走してしまった猫さん。つけていた首輪が片腕を通って、たすきがけ状態になってしまい、捕まえたいのになかなか捕まらず、1ヶ月が経過してしまい、ねこから目線にご依頼が入りました。

朝夕6時に、玄関にごはんは食べに来るという猫さん。夕方、現場へ向かうも、土砂降りの雨。1時間探し回るも現れず断念。翌日リベンジへ。

翌日すっかり晴れ、再度現場に向かい、警戒心強い子向けの捕獲器を設置。

待つこと20分。。猫さんやって来ました!

確かに、首輪がたすきがけになっています。左腕が浮いたまま、ひょこひょこ歩きにくそうですね。。

ごはんがあることに気づいた猫さん。だけど、いつもの場所とちょっと違うことに、違和感を感じお家をぐるっと回って玄関へ。

何とか捕獲器方面へ誘導すること15分。。。

無事保護出来ましたー!

ピントが合っていませんが、左脇に首輪が掛かっているのがわかります。

洗濯ネットに入れ直し、首輪をハサミで切りました。

その、首輪は革製品。傷口があたっていた部分がひどく変色しています。

猫さんはそのまま、病院で診てもらったそうですが、傷口は脇からお腹にまで裂けており、翌日手術になったと連絡がありました。

良かれと思ってつけた首輪が、時に危険を及ぼしてしまうことがあります。

首輪で怪我をしてしまう猫さん、実はすごーーく多いです。

毛繕いの際に、ズレて口にはまってしまい、噛んだりしてるうちに口角が傷ついたり、何かの拍子に、胴体にズレていき、今回のようなたすき掛けになってしまい、体にくい込んだり、屋内外問わず、何かに引っかかり首をつった状態になることも。。。

猫さんには、絶対首輪が必要!というわけではありません。確かに、迷子になった際の目印になったり、メリットもあったりします。

逆に、音や着けていることですらストレスを感じる猫さんもいますし、擦れて皮膚が悪くなることもあります。何より、一番のデメリットは、上記のような事故の危険です。

メリット、デメリットをしっかり理解した上で、首輪を選ばなくてはなりません。

今回の猫さんがしていた首輪は、ベルトタイプの革製品。一定の力が加わると自然に外れるバックルタイプの首輪を選ぶのも、危険を避けることに繋がります。

↑絶対に取れないので危険なベルトタイプの首輪

↑一定の力が加わるとパチっと外れるセーフティーバックルタイプの首輪。

首輪をつけると、やはり可愛さが増します。だけど、時に重大な事故に繋がりかねません。そんな危険から大切な猫さんを守るのは、飼い主さんしかいません。

ほんと無事に保護出来て良かった。。

と、ほっとした現場でした!

首輪をつけるなら、セーフティバックルタイプで。耳の良い猫にとって鈴はストレスでしかありません。できれば無い方がいいです。

ねこから目線。が広まりますように。

第一に脱走防止ですけどね!!

降りられない猫さんの捕獲

スタッフ小池です。

お家から脱走してしまい、ご近所さんの屋根の上から降りられなくなってしまった猫さんの捕獲のご依頼でした。

火曜日にお家から脱走してしまった猫さん。

飼い主さんが探したところご近所さんの屋根の上で鳴いているのを見つけたそうです。

呼びかけに反応するものの、降りてこれない様子で、どうしたらいいのか悩んでいるうちに、かれこれ5日もたってしまったそうです。汗

そこで、ねこから目線。に捕獲のご依頼をくださいました。

屋根の上となると、色々大変そうなのでスタッフ梅さんと2人で現場へ。

現場に到着すると、確かに屋根というか、門の上に猫さんが居ます。

自分で降りられそうな高さですが、かれこれ5日間も降りてこないそうなので捕獲器を仕掛けます。

大型の三脚の一番上に乗って手を伸ばしてやっと載せられる高さでした(怖)。

捕獲器を設置すると、すぐ近寄ってくる猫さん。すごくお腹が空いていたんですね。泣

設置から10分程ほどで保護完了です!

屋根から降ろす時に足がプルプルしました。汗

気合で屋根から降ろして、三脚下で待機している梅さんに受け取ってもらいます。

猫さんが大きいので、捕獲器も大きいタイプ。めちゃくちゃ重たかったです。汗

受け取る梅さんの表情もめちゃくちゃ必死そうでした。笑

屋根の上で飼い主さんを呼び続けた猫さん。

無事お家に帰れました。

もうお外に出ないでね。

・・・

降りられない猫さんの捕獲で、ねこから目線。の通算捕獲頭数が900匹になりました!

1週間ぶりの…

スタッフ梅です。

O市で、玄関から逃げ出してしまった猫さんの捕獲のお手伝いでした。

玄関の頭上に、監視カメラが設置されているご自宅。 確認すると、脱走した猫さんの姿が! 事態を聞いた、脱走猫さんの元々の保護主さんも、現場に駆けつけ、捕獲器を玄関と路地裏に設置し、一緒に捜索! ペット探偵にも頼んだが、そう上手いこといかない。

まずは、玄関にカメラを設置し、いつどのタイミングで、猫さんが来るのか調べます。

カメラ設置初日。深夜に、白の首輪をつけた猫さんが写ってます。この子が、脱走してしまったきぃちゃん。

外猫さんとごはんの睨み合いっこ。。

翌日夕方。ムギワラさん。

茶トラさん。

黒キジさん。

………

猫さんむちゃいる!w

夜8時。

玄関周りをうろちょろ。

玄関前に座り込むきぃちゃん。帰りたいんやね。。泣

きぃちゃんによく似た、かぎしっぽのキジさん。。↓↓↓

きぃちゃん自ら帰ってくるように、少し扉をあけていた飼主さん。きぃちゃんではない猫さんが入ってくるように。。

深夜、、

ムギワラさん。

黒キジさん。

とにかくひっきりなしに、色んな猫さんがやってきますw

さらに翌日の夜も、ウロウロするきぃちゃんが写っています。

鈴の付いた首輪がはっきり見えます。

カメラ設置から3日目。

保護される前に、一度捕獲器に入ったことがあるそうで、おうちにお伺いして警戒心強い子向けの捕獲器を設置し、車の助手席の窓を開け、きぃちゃんが来るのを待ちます。

設置から30分経過した頃。

ムギワラさんが来ました。

1時間経過。

黒キジさんが来ました。

後、またムギワラさん。茶トラさん。かぎしっぽの黒キジさん。

きぃちゃんだけが来ない!!

暗くて見にくいが、玄関外のライトを消してもらい、待機から2時間半が経った頃。。。

「チリン」

チリン…?

白い首輪が目印だと思っていたが、見事に暗くて見えず、、、

耳を澄まし、鈴の音が、食べる動きに対し、数回聞こえたので、きぃちゃんと確信!!

「カシャーン」

確認すると、白い首輪が!見事きぃちゃんでした!鈴の音、神!w

ちょうど、きぃちゃんをお部屋に戻したタイミングで、保護主さんもいらっしゃり、みんなで歓喜!大喜び!

「諦めないでよかった」

カメラに写った時間などを、細かく記しておられました。すごい!

保護主さんも、仕事終わり、毎日のように深夜まで現場に捜索へ。

飼主さんも、気が気じゃなく歩き回って捜索。

みんなの強い気持ちが、重なった結果だと思います。素晴らしい。

何事もなかったようなお顔w無事帰宅できてよかったね!

もう出ちゃあかんよー!

脱走猫。緊迫の24時間。

「Kさん!(スタッフ)猫が家から出ちゃった!落ちたら死んじゃう!どうしようどうしよう。。」

そんな緊急の電話を受けたスタッフKも、スタッフUも各々、別現場に。。。

11階にあるお部屋の玄関の扉をすり抜け、真正面にあった階段をぐるぐると降り、行き着いたのが、8階の角部屋のポーチ。

2人ともすぐにはS市の現場に着く事が出来ない。緊急性が高いので、以前のブログに投稿していた、S市のTNRボランティアさんに、応援を要請。すぐに捕獲器を持って駆けつけてくれました!

猫ちゃんの近くに捕獲器を設置。

ここからは見えませんが、この柱の裏の壁に張り付いて固まっているのです。。

入るかどうか。。静かに待ちます。。

そーこーしてる間に、スタッフUが現場を終え、違うタイプの捕獲器やら網やらを揃え急いで現場へ!

逃げ出してから約3時間。微動だにせず固まったまま。捕獲器にいれた美味しそうなご飯にも反応せず。。とゆーことは、違う捕獲器を設置したとしても、反応は変わらないと判断。自分の置かれた状況を理解できずひたすら固まる猫ちゃん。

さて、どうしたもんか。。ここ。8階です。どえらく高い。網で捕まえることも考えますが、万が一すり抜けられ、手すりの壁を越えると、、最悪の状況が脳裏をよぎります。

焦りは禁物。今置かれた状況を、猫ちゃん自身が理解し落ち着かなくては、きっと動かないだろう。とにかく一晩、捕獲器に入るか待つことに。飼い主さん、徹夜で付き添います。

翌朝、どーしても休むことが出来ない仕事へ行かれる飼い主さんの代わりに、Uが張り込み。

あら?少し移動してる。ご飯も全く食べず。これでは捕獲器に入らないので、一度撤収。

昨日は暗がりの中だったので、改めて見ると。。やはり高いです。。

さぁ、方法を考えます。この前の部屋が空き家と聞き、扉が開いたら逃げ込まないかな?と、管理会社、不動産へ交渉。が、部屋内は無理ですと。ですよね。。泣

捕獲器がダメなら、もっと広いスペースに、お気に入りのベッドなどをいれ、そこに逃げ込まないか作戦。

それだ!!決行です。 朝から違う現場へ行ってたKさん。終わり次第、Lサイズのケージを購入し合流してくれました。

いそいそと組み立て、周囲の視界を塞ぎ、中にはお気に入りのドーム型ベッドをいれ、中に入っていった所で、紐を引き扉を閉める作戦です。

ゆっくり近づき、静かに置いて退散します。

シーーーーン。。。 遠めから確認します。 い、いる。うごいてない。

んー。。次の作戦を考えながら、ひたすら待機します。1~2時間ほど待ちましたが、変化なし。 ケージ入口の角度を、ジリジリと猫側へ。

そーしてから、少しすると、、、隙間から顔が!わわーーー!右見て左見て、行けるのか確認。 ダメダメー戻って戻って!心で叫ぶ私たち。

すると、今度は。。

手すりに上がって逃げ場を探す猫ちゃん。ひぇーーーー!!!!これはまずい。頭を抱えるスタッフ。

とにかく、これ以上刺激をしないよう、祈り待つしかない。

隣の広場に行きたかったようだが、無理だと判断したようで、元の位置に戻った。

いや、もー、ほんとに、心臓に悪い。いや、心臓が痛い。この時間がほんとに地獄だった。

平面からは、姿が確認出来ず、上の階からケージに入っているのかいないのか、確認します。

うん、入っていない。。 焦ってはダメだ。とにかく落ち着き、焦らず時間かけてやろうと。

少しずつうろちょろし出す猫ちゃん。時間が経つにつれ、状況にも慣れてきたのか、毛繕いをする姿が。 ね、猫ちゃんの方が落ち着き出している!!こっちは、気が気じゃないのに!!

最悪の状況も考え、ネットも用意しようという話になり、Kさんが購入に走ります。 そーこーしてる間に、仕事が手につかない!と、飼い主さんが帰ってこられました。

まずは、最悪の状況時のため、ネットを張ります。再度言いますが、8階です。出来れば使いたくはないネット。飼い主さんの、布団を借り、クッション替わりに。万が一に備え準備します。

あとは、もう飼い主さんについてもらうしかない!声をかけてもらい、ちゃんと反応する猫ちゃん。

うんうん、そーよね。怖いよね、早く帰りたいよね。

1人がネットで受け止める役。1人はネット係に状況を逐一連絡する役に分かれます。

この日は雨。真上を向くと、顔面はもちろん、口や目にも雨が、、、そして、首が痛くなってくる。。追い打ちをかけるように、大量の蚊が発生、あちこち吸われる始末。 そんなことはどーだっていい。

なだめる飼い主さん。なかなかケージに入ってくれない猫さん。長期戦になりそうです。

連絡、ネットの係を交代し、飼い主さんと色々策を練り、網を渡すも、警戒心がやはり強く断念。

ケージの入口を猫さんの方に向け直し、飼い主さんの誘導で入らないかな作戦。 そう簡単にはいきません。

んーー、、、ベニヤ板を屋根にし、飼い主さんも壁になり、逃げ場を、ケージしかないようにしてみようか?と、ベニヤ板を買いに行こうと走り出した瞬間。。

『入った!入った入った!!!!』 と、飼い主さん!すぐに、ネット係へ、入りましたーーーーと、叫び、ケージの扉を確実に閉めに。

歓喜!!ハイタッチで喜び合い、胸をなでおろしました!!この時、夕刻、18時。

脱走から24時間後のことでした。 ほんとにほんとに、無事に帰れてよかったね。

最近、脱走の猫さんのご相談がとても多いです。 「今までそんな事なかった。いつもそんな事しない。そんな子じゃない。」

ずっと同じなんて、ないんです。猫だって、毎日違う動きするし、気が変わるし、想定外なんて、いつ起こってもおかしくない。

だから、その子の事をよく知る。日頃の予防策。が、大事になってくると思う。失ってからでは遅いのです。

遅くなりましたが、先月からお世話になっております。スタッフUと申します。

とある動物保護施設で10年間従事し、現在に至りますw

わからないことも多々あり、毎日奮闘いたしております!よろしくお願いします!