スタッフ小池です。

換気の為に開けていた玄関から、お外に出てしまい迷子になってしまったふうちゃん。

ねこから目線。の迷子猫代わりに捜索・捕獲プランのご依頼をいただきました。

【状況】

●1月29日に玄関から出てしまった。

●翌日30日の早朝に近くで見つけたが、抱っこに失敗して逃げてしまった。

●それ以降全く姿が見えない。鳴き声もない。

●去勢済みのオス 11歳。

●足が少し悪い。

●迷子から3日目の2月1日にねこから目線。に依頼

ご依頼をいただいた当日の夜に飼い主さん宅にお伺いさせていただき、状況や猫さんの性格のヒアリングを行いました。その場で迷子のチラシを作成と印刷の注文を行いました。

【作戦】

・ふうちゃんは子猫の頃から完全室内飼育の猫さんの為、まだ周辺でジッとしている可能性が高いので超近距離を重点的に捜索する。

・周辺にはノラ猫さんも多く喧嘩等で遠く離れてしまった可能性も想定できるので、迷子猫チラシの作成と注文をし、広域捜索の準備も平行して実施する。

・・・

この日は遅い時間だった為、飼い主さん宅の玄関先ガレージにカメラを設置して翌日捜索を行うことにしました。

・・・

翌日カメラを確認すると、3匹のノラ猫さんが入れ替わり立ち替わりにパトロールにきていました。かなりノラ猫さんの多い地域のようです。

捜索中も沢山のノラ猫さんに遭遇しました。

ただ、幸いなことに遭遇する全てのノラ猫さんがさくら耳になっていました。TNRをしてくれているボランティアさんがいらっしゃる地域のようです。

隠れられる隙間がありそうなお家はインターフォンを押して、入らせてもらいます。

怪しい箇所が何箇所か絞れたところで、飼い主さんのお話しを思い出しながら、カメラを設置する場所を考えます。

●飼い主さんのお家から出てしまい、翌日にふうちゃんが目撃されたのは、お家を出て右に数軒行ったお家のガレージだったそうです。そして、そこで保護に失敗し、さらに家沿い右に逃走。一番初めの角を右に曲がった所で見失ったそうです。

壁沿いを右に右に動いていく典型的な怖がりさんのパターン。だとすると、右に曲がってから道を真っ直ぐ進んでいったというよりも、右に入れる隙間があったら直ぐに入り込んだ可能性が高そうです。

となると、一番初めにふうちゃんが見つけるであろう穴は、この家と家の間を塞いでいる錆びたトタンの扉の下・・・。と、よくよく見ると黒く長い毛が一本引っかかっていました。

これは、ふうちゃんの可能性高そうです・・

家主さんの許可をいただき、大きなお屋敷を見させていただくと、お庭の縁側の下ともう1箇所床下に入れる穴がありました。

そこでカメラを2台設置させてもらいました。

そして翌日カメラを確認すると・・

ふうちゃんがバッチリ写っていました!

お庭の縁側の下のカメラにも、お屋敷の端っこの穴に置いたカメラにも写っていました。

ふうちゃん以外にも5匹ほどのノラ猫さんが写っていました・・

どうやら、入っていない猫さんが出てくる様子も写っているので縁の下は2箇所の穴と繋がっているようです。

潜伏場所が分かれば、あとは捕獲に移ります。

怖がりなふうちゃんは他のノラ猫さんの気配が無い時にそっと出入口付近に顔を出す程度で、1、2日に1回程しかでてきません・・

捕獲器のご飯を新鮮に保ち続けながら、ふうちゃんが勇気を振り絞って、出てきてくれるタイミングを待つしかありません。

家主さん、飼い主さんにもご協力いただき、捕獲器を設置して待ち続けること3日目。

ふうちゃんが捕獲器に入ってくれました!!

脱走から7日目でした。

お家に戻り、『お水もたくさん飲み、ご飯もたくさん食べ、気絶したように寝ています!』とお写真をいただきました!

ふうちゃんも飼い主さんも長い長い1週間お疲れ様でした!!

ちなみに、今回のふうちゃん保護のお手伝いは、代わりに捜索・捕獲プラン、延長無しでした。

代わりに捜索・捕獲プランは3日間の捜索と記載していますが、これは直近3日間ではなく、ねこから目線。のスタッフの現場捜索日が合計3日間という意味です。

ふうちゃんのケースでいうと、↓のスケジュールになりました。

脱走からすでに1ヵ月以上経っているケースや、普段から外中自由に行動している飼い猫さんの場合は、周辺の目視で見回っても見つけられる可能性は低いので、注文したチラシが届いてから捜索開始取るため、下記のようなスケジュールになります。

目撃情報が全く寄せられない場合は、チラシ配布の日数を増やしたり、リアクション待ちの日数を増やしたりする場合もあります。捜索のスケジュールに関しては脱走猫のさんの性格や周辺環境、脱走からの日数に応じて組んでいくことになります。

・・・

迷子になってしまった猫さんの捜索に関しては、初動が早ければ早いほど保護できる可能性が高くなります。ですが、脱走から数か月後に保護できるケースも多くありますので、あきらめずにご相談ください。

ねこから目線。の迷子猫探しはこちら

オンザコート様とのコラボウエア販売中です!

パーカー、Tシャツ、入荷しました!

ねこからナイト2月はお休みです!