保護と代理受診。猫におちょくられる…

都会で長らく幽霊ビル(大人の事情で揉めていて立ったまま使われていないビル)だった所に4匹の猫が住んでいました。

ところが、そのビルに買い手がつき3月には工場が再開されることになったそうです。

4匹は不妊手術も数年前に終わっていました。

毎日餌をあげていた方は悩みに悩んで、4匹を保護することにしたそうです。

その捕獲と、初期医療の代理受診のご依頼でした。

現場には猫たち1匹1匹にダンボールハウスがありました。これも来月には撤去になってしまうそうです。

黒猫さん2匹は、初日に保護が完了。

残りの2匹は、人にはだいぶ慣れているものの、捕獲器に対する警戒心が強く初日の捕獲は断念しました。

捕まった黒猫2匹を一犬猫病院さんで診察してもらいました。保護部屋に移す前に、ワクチン、ノミダニ駆除、爪切りをしてもらいました。

1匹は喧嘩の後のような治りかけのケガがありました。

診察後は保護部屋にお届けしました。

とっても素敵な保護部屋でした!

そして、翌日の今日。

残っている2匹の捕獲リベンジです。

捕獲器を仕掛け、車に潜んでいると…

「何してんの?」とボンネットに…

この子に関しては、TNRの時と、なぜかつい最近、2回捕獲器で捕まっているため、捕獲器を熟知しています。踏み板の手前までのご飯は綺麗に食べて、お尻は外に出したまま。

ぬぬぬ…

そして、結構人慣れしていて、足もまで来たりするので、いっそ猫用の網で捕まえてみるか…?

と猫用の網を出して、依頼主さんと相談して、振り返ると…

座ってる。網の上で座ってる…。

完全にバカにされてる…。泣

もう1匹のボスはそんなやり取りを冷めた目で見ている。

また後日作戦を変えてリベンジすることになりました。

はたしてこの子たちは保護できるのか…。

どこの現場も2回目以降の捕獲は捕獲成功率が半減してしまいます。

でも依頼主さんが諦めていので、なんとか頑張りたいところです!

後日はこちら

保護と代理受診。猫におちょくられる…” への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。