【お釣りは猫に使ってね基金】三毛さん眼球摘出手術

先月に不妊手術のお手伝いをさせていただいた三毛猫家族

保護主さんが気にしていた三毛お母さんの右眼の腫れを不妊手術の際に獣医さんに見ていただいたところ、摘出手術が必要な状態の可能性が高いと言われていました。

そして、三毛お母さんに手術を受けさせる決断をされた保護主さん。

今回、右眼の腫瘍摘出手術の予定調整と病院送迎のお手伝いをさせていただきました。

一犬猫病院さんで診察を受ける三毛さん。この日に手術です。頑張れ、、!

・・・

手術から5日後。

三毛さん退院可能になりました。

病院から退院した三毛さんを保護主さんの元へ。

保護部屋に到着すると、押入れに避難する三毛さん。子どもの茶トラくんがさっと追いかけて寄り添います。

三毛さんお疲れ様。

来週の抜糸でひと段落です。

三毛さんの眼球摘出手術は10万円ほどの費用になりましたので、「お釣りは猫に使ってね基金」から1万円カンパさせていただきました。

「お釣りは猫に使ってね」と言ってくださった皆さまありがとうございましたm(_ _)m

※ねこから目線。はボランティア団体ではありませんので、寄付は集めていません。「お釣りは猫に使ってね」と半ば強引にお釣りを受け取ってくださらない場合の余剰金を茶封筒に入れているだけです。

・・・・