さくら猫さんを病院へ

5年ほど面倒を見てきたさくら猫さんが、ここ5日ほど全くご飯を食べなくなってしまった。動物病院に連れて行きたいから捕獲して欲しい。というご依頼でした。

一度不妊手術のために捕獲器で捕まった経験がある猫さんのうえ、食欲が無いので、警戒心の強い子向けの捕獲器を用意しました。

ターゲットの猫さんが現れる朝5時に現場に集合です。

毎日毎日ご飯をあげてくれている依頼主さんが呼ぶと、どこからともなく現れるターゲットの猫さん。

捕獲器のご飯にも、依頼主さんが差出すご飯も、くんくんすらしません。

それでも、ただ依頼主さんの近くには寄ってきて、「ニャー」と甘えた声をだします。

依頼主さんに歩く導線をお伝えし、その依頼主さんの後を歩く猫さんが捕獲器の中を横切る形になった瞬間に合わせて仕掛けを動かし、無事保護することができました。

依頼主さん指定の動物病院に搬入し、人慣れしていないノラ猫さんを先生が診察できるよう洗濯ネットに猫さんを入れ、お手伝い完了です。

猫さんは酷い尿毒症になっていたそうです。

依頼主さんが保護して治療に当たってくださるそうです。回復できますように。