負傷猫さんの保護のお手伝いと、お釣りは猫に使ってね基金のご報告

T市から負傷猫さんの捕獲のご依頼でした。

T市といっても拠点である川西市から15分程度でいける2つのT市ではなく、深夜でも1時間半かかるT市からはるばるご依頼をくださいました。

依頼主さんは、りるさんというペンネームで猫の保護活動家として活動されているそうです。

ご自分で既に10匹ほど保護され、最後の最後に残った怪我をしている1匹の猫さんが通常の捕獲器にはどうしても入ってくれない警戒心の強い猫さんだったそうです。

・・・

深夜23時半

現場に集合し、依頼主さんと捕獲器の設置場所の相談をします。

警戒心の強い子向けの捕獲器の設置が終わり、次の打ち合わせに入ろうとすると、、

ん?

ちょこんと座っている猫さん。

猫さん、今日は来るの早いですね。汗

慌てて依頼主さんと待機の体制に入ります。

尻尾の先がちぎれ、肉と骨が見えてしまっています…。

・・・

かなり警戒心の強い猫さん。

なかなか捕獲器の中のご飯を食べてくれません。

それでも、依頼主さんが2ヶ月かけて餌付けして信頼関係を作ってくださっていたおかげで、少しずつ捕獲器の中のご飯に近づいてきてくれます。

二度とほど餌の置き方を変えます。

捕獲器から少し離れた所で座り込んでしまう猫さん。

それでも、信じて依頼主さんとじっと待ちます。

猫さんが立ち上がり、再び捕獲器の近くへ。

依頼主さんとじっと待つこと40分。

無事、ターゲットの猫さんを捕獲することができました!

怪我をしている尻尾からは血が滴っていました…。

すでに依頼主さんが動物病院さんに相談されているらしく、近日中に治療を受けることができるそうです。

依頼主さんの保護部屋へ猫さんを搬入してお手伝い完了です。

猫さんは断尾手術になるため、医療費が多くかかる見込みです。そのため、「お釣りは猫に使ってね基金」から5000円カンパさせていただきました。

お釣りは猫に使ってね!と言ってくださった皆様、ありがとうございました!!

おかげさまで、ずっと諦めなかった依頼主さんと、猫さんの役に少し立つことができました。

依頼主さんの活動ブログはこちら