片道100kmのTNR

W市でTNRのお手伝いでした。

片道100kmという超遠方からのご依頼でした!

現場は遠いものの、現場から車で15分のところに和歌山スペイクリニックさくらねこさんがある立地でしたので、猫さんの移動負担は最小限に抑えることができました^ ^

メインターゲットは依頼主さんのお家周辺に突然現れ、ちゃっかり住み着いたノラ猫親子さんです。

できれば、お家周辺の町内をウロウロしているノラ猫さんも一緒にTNRしたい!というご相談でした。

また「初めてのTNRを前に、ご近所さんにどうやって説明したらいいだろうか?」とご相談いただいたので、公益財団法人どうぶつ基金さんが無料配布している冊子を紹介しました。

漫画調になっているので、読んでもらいやすいですし、内容も分かりやすくまとまっています。

冊子以外にも、ポスターなど送料のみで送ってもらうことができます!

詳細はこちら

・・・

依頼主さんはさっそく、取り寄せてご近所さんに説明されたそうです!すごい!

TNR当日。

早朝6時に現場に集合します。

子猫さんは依頼主さんに慣れているので、抱っこで洗濯ネットに入れて完了です。

続いて、母猫さん。

大好きなちゅ〜るで無事捕獲器に入ってくれました。

残るは、町内をウロウロしているノラ猫さんです。

捕獲器を設置して待機します。

と、そこに登場したのは7kgくらいありそうな特大のオス猫さん。

で、でかい、、

これは大きめの捕獲器に変えないとダメそうです。

入口がかなり狭く見えます、やっぱり無理そうです。

まさか、、入れます??

上手に小さくなって(でもパンパン)、捕獲器の中のオヤツを食べるオス猫さん!

捕まりそう!でも捕まったら捕まったで狭すぎて心配、、、など色々考えていましたが、

オス猫さんの身体が大きすぎて前足は半ば位にあるのに一番奥のオヤツも余裕で食べてれしまっています。汗

綺麗に食い逃げしていかれました。泣泣

悔しいですが、安全に病院に運べるサイズの捕獲器に変更してリベンジしてもらうしかありません。泣

続いて、同じ場所で標準サイズのノラ猫さんが無事捕獲器に入ってくれました。

・・・

特大サイズのオス2匹は残念ながら今回捕まえることはできませんでした・・・。

和歌山スペイクリニックさくらねこさんに搬入して、翌日に捕獲場所にリターンしてお手伝い完了です。