工夫と努力の捕獲作戦

O市でTNRと保護のための捕獲のお手伝いでした。

場所は超繁華街の中のビル3階のカレー屋さんのベランダ。

飲食店が多く、換気などの配管が入り組んでいるビルの3階に上り下りすることはノラ猫さんとっては容易いようです。

ターゲットは地上と3階のベランダを行き来している母猫さんと、3階の通気口の中に住む子猫2匹です。

給湯器の上にいる母猫さんの頭上に通気口があります。この中で子育てをして、生後3ヶ月になった最近は子猫がひょこっと通気口から顔を出すようになったそうです。

もう一回言いますが、ここは3階です。

ここなら一般の人は入れないし、優しいカレー屋さんのシェフからご飯を貰えます。賢い母猫さんです。

・・・

今回の依頼主さんはカレー屋さんから相談をうけたボランティアさんです。

母猫さんは、ベランダに捕獲器を置いたらすぐに捕まりそうですが、子猫2匹も確実に保護したいですし、捕まった3匹の猫さんを速やかにお店から出して、繁華街を抜け、車に運び込む作業はなかなか大変そう、、、

ということで、ねこから目線。に協力の依頼をしてくださいました。

・・・

捕獲作戦決行日までの約半月間、捕獲器を閉まらない状態にして慣れさせつつ、何時に出てくるのか、カメラを設置して観察されたボランティアさん。本気度が違います。

・・・

そして、当日。

朝、現場に集合し、ベランダに捕獲器を設置します。後は、猫さんたちが現れてくれるのを待つだけです。

ベランダは、カレー屋さんの厨房の奥にあるため、ボランティアさんと私は客席で待つしかありません。

ベランダにカメラを置いて、客席に座りつつ状況を観察します。

カレー屋さんがチャイを淹れてくれたおかげで、完全にお客さんに溶け込んでいます。笑

あ!お母さん猫が来ました!!

入るかな、、

あ、手前だけ食べて居なくなった、、、

あ!子猫がきた!

と、やきもきしながら画面を見守っていると、まず最初に捕獲器に入ってくれたのは子猫さんでした。

母猫さんは警戒しているのか、時々姿が映るものの、捕獲器に入ってくれません。

もう一匹の怖がりな子猫さんに関しては一回も姿が写りません。

そこで、カレー屋さんが

「いつも鳥の生肉あげてるよ」

と鳥の生肉を切って捕獲器の中に入れてくれました。

すると、、

え、いつ入ってたの?!

というスピードで、誰も見ていない一瞬の隙に母猫さんが捕まりました。

カツオより、ちゅ〜るより、お肉派だったようです。

そこからさらに数時間粘りますが、どうしても最後の怖がりな子猫さんが出てきてくれません。

捕まっている母猫さんと子猫をお預かりし、ねこから目線。は切り上げました。

ボランティアさんたちは夜まで、粘られましたが、どうしてもビビリー君が出てきてくれません(いつのまにか夜にはビビリー君という名前が付いていました)。

・・・

ボランティアさんたちの調査によると

手前の高さまでは、通気口から降りて来るものの、それより下には降りてこれないようです。

木のベンチを使って捕獲器の場所を気持ち高くしてもダメだそう。

それにしてもボランティアさんから送られてくる報告画像のクオリティがめちゃくちゃ高いです。

・・・

数日経っても降りてくる気配がありません。

ボランティアさんとあれこれ相談するなかで

「降りてこないなら、捕獲器を近づけよう。高さのある台を作ろう!」

となったボランティアさん。

そうと決めてからの行動がまた早いんです。

1人がアイデアを出し、それを受けてもう1人が採寸。

その寸法を元にホームセンターへ。

大人の本気が見えます。笑

ボランティアさんお2人で4時間ほどトンカチして出来上がったのがこちら↓。

おおおおお!!良さそうです!!!

さっそく捕獲器を落ちないように固定して、餌を置いてみたそうです。

すると、、、

すぐ、降りてきて食べ始めたそうです!

これはいける!

と確信したボランティアさん。

捕獲器の奥に餌(カレー屋さんの新鮮な生肉。笑)を入れて、ビビリー君を待ちます。

そして、ビビリー君が捕獲器奥のご飯を食べているのを確認して、扉を閉めたそうです!

「小池さん!ビビリー君捕まえました!!」

とお電話をいただき、すぐに迎えに行きました。

一緒に土台の片付けもお手伝いしました。

連日お店に通って作戦を練って、工夫と努力を重ねて全頭の保護を達成したボランティアさん

・・・

母猫さんはリターンで、子猫2匹はボランティアさん宅にて保護し、里親さんを募集されるそうです!

手術を終えた子猫さんをボランティアさんの保護部屋に送り届けました。

あかりちゃんと

ひかる君

という名前になったそうです^ ^

素敵な里親さんが見つかりますように!!

・・・

そしてそして、今回のボランティアさんは、数ヶ月前に、大通りの中央分離帯で鳴いている子猫の緊急保護依頼をしてくださった依頼主さんです。あの、警察沙汰になって保護された子猫さんは、、

すっかり大きく元気になっていました!

麦次郎くん。

心配だった血液検査も終わり、FIVもFelV も陰性だと分かったそうです^ ^

11月2日(土)に大阪市都島区で開催されるキャットソシオンさんの譲渡会に参加するそうです!

保護猫たちの里親になりたい方はぜひ行ってみてください^ ^