また飼い猫へ

スタッフ小池です。

T市で保護のための捕獲のお手伝いでした。

数ヶ月前に団地にボロボロの首輪をした状態で突然現れた猫さん。

迷子かな?とっても人懐っこく、道ゆく人にスリスリ。

飼い主さんが居るなら気づいても良さそうなのにいっこうに迎えにきてくれる気配はなかったそうです。

団地では引越しなどで置いていかれてしまう猫さんが時々居るそうです。

見かねたボランティアさんが一生懸命里親さんを探し、とうとう里親になってくださる方が見つかったそうです!

抱っこはできないものの、かなり人慣れしているのでキャリーを置いて、オヤツをあげます。

ポイっとキャリーの中にオヤツを投げ入れて、、

そっと近づいて、、

パタン。

保護完了です。

閉じ込められて、めちゃくちゃ不機嫌な猫さん。笑

手術済みなので、動物病院でノミダニ駆除と血液検査や爪切りをしてもらって里親さん宅にお届けしてお手伝い完了です。

ボランティアさんと里親さんのおかげでまた飼い猫として生活を送ることができます。

捨てるのも人なら保護してくれるのも人ですね^ ^