裏の細道

スタッフ梅です。

今回のご依頼は。 裏庭にいる、白黒の兄弟猫たちを保護したいので、捕獲してほしいというご依頼。

事前に、現場の写真を送っていただきました。 おっとっと。。 あたし。。 通れるのだろうか。。

兄弟たちが、ご飯を食べるところ。

依頼者さんと合流し、ここから入ります。と、案内されたそこは、、、

元々人が通るところではない、家と家の隙間を、横になりながら、すり抜けていく。

決してスタイルのよくない私は、服がまっちろけにw

奥まで行って、さらに塀を飛び越える。。     こんなところに、毎日猫さん達のために、通っている。

すごいです。。

いました。猫さんたち。 数頭は、慣れている子がいるとゆうことで、依頼者さんに1頭は、キャリーの中に入れていただきました。

ところが!

猫さんが入ったキャリーが、この隙間を抜けることが出来ない! わわわ。どうしよう。。

この庭?の家の方に、家の中を通していただける様、許可をいただいてます。と、依頼者さん。

なんと、ありがたい。。 捕獲器も、通していただきました!

西部警察の石原裕次郎ばりに、覗きながら隠れて待ちますw

続々集まってきました。

「カシャン」

見ると、なんと2頭入ってました。。

お、重い。。

(外でのケージ入れ替えは逃走の可能性があるので、病院で分けてもらいました)

捕獲器が、1つずつしか置けないので、入れば回収→家の中を行き来して次の捕獲器をセット。。

3頭目は、捕獲器を気にしつつも、何だかその場でウロウロクネクネ。なかなか入らない。そして、何だか甘えたような鳴き方。

この子、人馴れしてる子やな。と、思い、隠れていた簾を上げて、おいでおいで作戦。

撫でられたので、気を許してくれた所で、抱っこで捕獲器へw

残りは1頭。4頭全ての捕獲現場を目の当たりにし、警戒心強くなっちゃった猫さん、どこかへ姿を消してしまい、次回へ。

4頭の手術と保護チェックを済ませ、保護主さんの職場へ連れていき、お手伝い完了です。

みんな里親募集するそうです。素敵な出会いがありますように(*´罒`*)