1年越しの再会から家猫へ

スタッフ梅です。

毎年夏になると、お店の発電設備で過ごすサビちゃん。去年から姿がなく心配していましたが、1年振りに姿を確認でき安心し、ご飯をあげ見守りを再開した依頼主さん。

ところが、お店の人から注意を受けたり、サビちゃんの毛艶が悪く健康状態も気になったりで、モヤモヤしていると、ある人に背中を押され保護を決意されたそうです。

この矢印の奥でお昼寝中のサビちゃん。おやつでちょこちょこ誘導します。

15分くらいすると、ひょこっと出てきました。

ちらっとこちらを確認し

にょきっ

いい匂いのするの見っけ。

無事保護完了し、そのまま一犬猫病院さんへ保護のための診察へ。エイズ陽性、りんご猫さんだということが分かりましたが、依頼主さんにサビちゃんを家族に迎えない、とゆう選択肢はありません。

放心状態のサビちゃん。。

ここは快適だよ。少しずつ慣れてってね!

サビちゃんの心と身体がゆっくり癒えていきますように。