脱走チョコちゃん保護のお手伝い

スタッフ小池です。

里親さんのお家から脱走してしまったチョコちゃん保護のお手伝いでした。

里親さん宅に行き約2ヶ月経った頃の8月11日に脱走してしまい、保護主さんと里親さんで周辺を探しまわるも手がかりが無いと、脱走から約1ヶ月後の9月19日にねこから目線。にご相談をいただきました。

ひとまず、チラシを作成し、2,360部のポスティングを発注しました。

10月6日にポスティングが完了し、少しずつ目撃情報が寄せられてきました。

ただ、チョコちゃんは最も多い柄であるキジトラ模様のため、違うノラ猫さんの目撃情報も多く寄せられました。

保護主さんと里親さんが、目撃情報があるたびにに一軒一軒現場に行きカメラと餌を設置してチョコちゃんかどうか確かめる、という地道な作業を繰り返してくださいました。

その結果、「1ヶ月ほど前から痩せていた猫に餌をあげている。その子がチョコちゃんに似ている」という情報のお家で10月11日のカメラにチョコちゃんが映りました!

保護主さんがLINEで写真を送ってくださり、一緒に検証します。

こちらは背中の薄めの縞模様と左手の太い縞模様がバッチリ映っているのでチョコちゃん。

こちらの子は縞模様の濃さと配置的に違う猫さん。

と2匹のキジトラさんが深夜から早朝にかけてご飯を食べに出没することが分かりました。

暗闇の捕獲では、2匹の違いを見分けるのは困難ななめ、もしもチョコちゃんではない方のノラ猫さんが捕まった場合はTNRをするこということで、捕獲依頼をねこから目線。にいただきました。

・・・

18日の深夜3時。

張り込みから20分ほど経った頃

キジトラの猫さんが現れました!

捕獲器の中に入ったことを確認して、捕獲器を作動させます。

チョコちゃんでした!!

雨上がりでお腹が空いていたのか、すぐに現れてくれました。

良かったー。

一晩ねこから目線。でお預かりし、翌日に動物病院でノミダニ駆除と去勢済みのオスであることを確認してもらい、保護主さんのお家にお届けしてお手伝い完了です。

脱走から約2ヶ月でした。