白くん保護のお手伝い

スタッフ小池です。

「お家の前の道路で弱った猫がじっとしている。顔をみるとニャーニャー鳴くが、近寄ると逃げてしまう。保護して治療を受けさせてあげたい。」

という相談の電話が朝入りました。

↑依頼主さんが撮影した写真。

そこで餌付けされている子じゃないのであれば、今日を逃してしまうと2度と出会えないかもしれません。

朝の現場を終えてから、白猫君の現場に急ぎます。

お昼前に到着すると、まだ依頼主さん宅周辺に白猫君が居てくれました。

保護器を設置しますが、鼻が詰まっているのか、なかなかご飯に気付いてくれません。

カツオを投げて捕獲に誘導すること10分。

無事保護完了です。

目ヤニと鼻水が酷いですが、食欲もあり思ったより弱っていないため、去勢手術とノミダニ駆除、ウイルス検査と爪切り検便等、保護のための初期ケアをしてもらって翌日に依頼主さん宅へお送りすることになりました。

白猫君が戻って来るまでの間に、ケージ、猫トイレ、ご飯、猫じゃらしを準備してもらうようお願いしました。

手術翌日、依頼主さん宅へ白猫君をお届けです。

ご家族皆んなで楽しみに待っていてくれました。

用意してくださっていたご飯をモリモリ食べる白君。

行き倒れた先が素敵なお家の前で良かったね。

ちゅ〜るは本来舐めるものなんですが、まだ理解できていないようで、しっかり噛んで離さない白君。笑

いっぱいご飯食べて、はやくお家に慣れてね^ ^