里親譲渡仲介のお手伝い

里親譲渡仲介のお手伝いでした。

「3〜4ヶ月の子猫にご飯を毎日あげている。2万円で引き取ってくれるNPOがあったから捕獲してほしい」

という内容が依頼主からの一番初めのお電話でした。

もちろんお断りしました。

「どこかに持っていくから捕獲だけしてほしい」

というご依頼は猫命の安全が保証されないので、全てお断りしています。

TNRのご依頼の場合は、活動歴をよく知っているボランティアさんでない限り、捕獲場所に放すところまでお手伝いさせていただきます。

保護のための捕獲のご依頼の場合は、保護飼育されるお部屋やケージまで、ねこから目線。で猫さんをお届けさせていただき、飼育環境が整っていることを確認させてもらうことが最低条件です。

・シェルターの場所は秘密。

・数万円支払って猫を引き渡したら二度と面会できないし、安否確認の連絡もお断り。

心配だと思わないんでしょうか?

「でもNPOらしいから、ボランティア団体らしいから、ちゃんとしてるハズでしょ?」

いいえ、残念ながらそんなことは全くありません。

最近では

動物愛護団体に引き渡した猫が消息不明になっている事が分かり裁判になったケースもあります。

NPO法人や保護団体のシェルターがひどいネグレクト状態になっていることが発覚して、大問題になったケース、まだ大問題にはなっていないけど、危ないと噂されている団体は数え切れないほどあります。

動物愛護の気持ちが当初はあったとしても、成猫や人慣れしていない子猫をきちんと保護して里親さんを見つけるというのは人にとっても猫にとってもしんどく大変な作業です。

そこを理解し、保護飼育と人慣れ修行を依頼主さん自身が頑張る覚悟をお持ちの方の場合は全力で里親探しのお手伝いをします。

・・・

そうお話して、捕獲のご依頼をお断りした数日後またお電話がありました。

「Twitterで里親になってくれる人が見つかって、今会って話している。里親譲渡の手順も必要な医療も分からないので、仲介サポートをしてほしい」

というご依頼でした。

里親希望者さんにもお電話を代わっていただき、生後4ヶ月で触れない人慣れレベルの猫さんなので、里親になったとしても猫と触れ合ったり癒されたりという楽しい猫ライフはすぐには訪れませんが、それでも大丈夫ですか?

と確認をし、それでも子猫を保護して里親になりたいという意思を確認できたのでお手伝いさせていただくことになりました。

・・・

里親さん、依頼主さん、ねこから目線。の3者でLINEグループを作ります。

まずは里親さんに必要な飼育セットを購入準備していただき、飼育セットが準備できた時点で依頼主さんと捕獲作戦に入ります。

捕獲日初日は残念ながらターゲットの猫さんが現れなかったため、依頼主さんに捕獲器の使い方やコツをお伝えし後日トライしていただくことにしました。

・・・

捕獲作戦から3日目、依頼主さんが無事保護に成功しました!

翌日に避妊手術と初期医療を受けるために動物病院に搬入するので、ひとまず深夜に猫さんを受け取りに行きました。

チラッと猫さんを見ると、

こ、子猫?

小柄ではありますが少なめに見ても6ヶ月にはなっていそうなサイズでした。

毛並みと顔つき的には1歳は超えていそうです…

・・・

一犬猫病院さんに搬入し、手術と検便、血液検査、ワクチン、ノミダニ駆除、爪切りを実施してもらいました。また、どうしても室内に馴染めない場合や、威嚇具合に里親さんが挫折した場合に、元々住んでいた場所にTNRするという選択肢も残しておけるよう、耳カットもお願いしました。

可愛い猫さんです。体重は2.3kgしかなく、とっても小柄でしたが、推定年齢は2〜3歳でした。エイズ白血病はどちらも陰性。検便でも虫は見られませんでした。

諸々をグループLINEで報告します。

子猫では全くありませんでしたが、それでも家族として迎えたいという里親さんの意思を確認できたので、手術を終えた猫さんを里親さん宅にお届けに行きました。

お家には立派な三段ケージを用意してくださっていました。

猫さんが室内に慣れて、心を許してくれるまでだいぶ時間がかかると思います。焦らず気長に待ってあげてください。と話すと

「猫を飼って癒されたいというより、Twitterでこの子を見た時に、家で保護して守ってあげたい。夫婦でそう強く思ったんです。だから長く時間がかかってもいいんです。いつかこの子がここを家だと思って、私たちを家族だと思ってくれたら嬉しいです。」

と話してくださいました。

なんて、素敵な里親さんでしょうか。

依頼主さんが諦めずに発信し続けた成果でもあります。

Twitterで写真を見た時に「しじみちゃん」という名前も決まっていたそうです。

しじみちゃん、ここはきっと大丈夫だよ。

捕獲器の中では怒ってましたが、里親さん宅初日からめちゃくちゃ食欲もあるので、案外早く慣れてくれるかもしれません。

ひとまず、LINEグループでこまめにやり取りをしながら1ヶ月間のトライアルです。

るい君、きらちゃん里親募集開始です!

箕面市より、里親募集のご依頼です。

依頼主さんのガレージにご飯を食べにくるようになったノラ猫さんのTNRをしようと思ったら、なんと子猫が2匹真っ先に捕獲器に入ったそうです。

悩んだ末、子猫はリターンせず、保護して里親さんを探すことにされました。

保護当時は、シャーシャーで怖かってしまっていた2匹ですが、保護主さんご家族の努力によってだいぶ人馴れしてきました!

では、お待ちかねの子猫たちの紹介です!

るい君。

オス、生後4ヶ月。
去勢手術済み、ワクチン摂取済み。
FIV/FelV ともに陰性。

【性格】
保護当初は、少し弱そうだったルイ君。
今では好奇心旺盛で、おもちゃに飛びついてドタバタ遊びます。元気で活発な男の子です。

・・・

きらちゃん

メス、生後4ヶ月。
避妊手術済み、ワクチン摂取済み。
FIV/FelV ともに陰性。

【性格】
おだやかで優しい性格で、きょうだい想いの女の子です。愛くるしい目で周りの様子を見ています。

保護した当初は、キラちゃんが前面に立って人間にファーっと言っていましたが、あれはルイ君(弟)を守っていたのだなと思います。

・・・

姉弟の2匹で保護しています。
2匹とも食欲旺盛で、ご飯を喜んで食べます。優しいキラちゃん(姉)は、ルイ君が食べたがると少し下がって譲ります。(でも、あんまりルイ君ばかりが食べていると、ぐいっと出てきて「私も食べる」と言っている感じで食べています)

・・・
2匹への面会希望や、里親申し込みは
こちらからお願いします!

3分捕獲と下心

O市でTNRのお手伝いでした。

ボランティアさんと連携してノラ猫さんのTNRや餌やりを長年されている依頼主さんが、ねこから目線。を知って有料なのにご依頼くださいました!

約束の時間少し前に現場に到着すると、すでにターゲットらしきノラ猫さんが居ました。

依頼主さんと合流して、ターゲットの猫さんであることを確認していただき、捕獲器を設置しました。

後は、じっと待機です。

すると、依頼主さんが

「コーヒー飲む?」と。

「え、いいんですか??飲みます!」

と答えると

「じゃあスタバ行ってくる」

とスタスタと歩いていく依頼主さん。

え?

自販機じゃなく?!スタバ?!

都会〜

嬉しい〜

と思いながら依頼主さんの背中を見送ると

「カシャン!」

早っ!!

確認しに行くとターゲットの猫さんがしっかり捕獲されていました。

設置から3分ほどでした。

猫にもよりますが、餌やりの時間を定時にしてくださっている依頼主さんの現場はスムーズに捕まることが多くありがたいです。

猫さんを包んで落ち着かせて、

依頼主さんにすぐ連絡をとケータイを取り出し…

『でも今電話したら、スタバに着く前だろし、、、もう少し後で電話するか、帰ってくるのを待つ、、?』

とコーヒー飲みたい下心が一瞬よぎりました。笑笑

が、さすがに、イヤイヤイヤ、

と思い直し、依頼主さんにすぐ連絡しました。

すると

「はやー!ま、コーヒー買って戻るわ〜」

と連絡してくださいました。

優し〜。

下心と良心の呵責が起きた捕獲でした。笑

一犬猫病院さんに搬入して、翌々日にリターンをしてお手伝い完了です!

クロちゃんさくらゃんトライアル決定しました!

Mさんと2匹のノラ猫の話

というタイトルのブログで緊急里親募集を呼びかけさせていただいた2匹に嬉しい続報です。

多くの方が記事をシェアしてくださったおかげで、素敵な方から里親希望のご連絡をいただきました!!

さっそく本日、保護主のMさんと一緒に里親希望者さん宅を訪問させていただき、じっくりお話をしてきました。

・・・

2匹一緒に里親に!と言ってくださったお気持ちは一晩たっても変わっていないですか?

お問い合わせをくださった時は、ブログを読んで、感情が動いていた時で、冷静に考えてみて、無理はしていないですか?

1匹はりんご猫ですが、それでもいいですか?

慣れるまでには、だいぶ時間をいただくことになると思います、、

どうして応募してくださったんですか?

などなど、正直に猫さんの性格などお伝えさせていただいたり、色々お伺いさせていただきました。

めちゃくちゃ可愛くて元気な先住猫さん。

まだ若く元気が有り余っていました。クロちゃんのいい遊び相手になってくれそう、、!

先住猫さんがとっても大事にされていることは一目で分かりました( ´ ▽ ` )

もう1匹シニアの先住猫さん。クールで穏やかな性格です。

応募してくださったきっかけは、このシニアの先住猫さんの親猫夫婦だそうです。

クロちゃんとさくらちゃんのようにおしどり夫婦でいつもくっついて舐め合ってお互いが寿命を全うするまで仲良く暮らしていたそうです。

「クロちゃんとさくらちゃんの話を読んで、2匹のことを思い出し、人も猫もずっとくっついて居たいと思える相手には、生涯で1人出会えたらラッキー。せっかくその相手を見つけているのに、人の都合で離れ離れになるのは可哀想だし、仲のいい2匹を間近で見守りながら生活できたらどんなに幸せだろうか、と思って応募しました。」

と教えてくださいました。

さらに

「クロちゃんに猫エイズがあるといったって、当のさくらちゃんが全く気にしていないのに、人があーだこーだ言って引き離すのは違うと思う。不妊手術済みの猫同士では感染率がとても低いことを知っているし、人に移らないことだって知っています。先住猫たちと仲良くなれるかだけが心配ですが、ぜひうちに来てもらいたいです。」

と言ってくださいました。

本当に本当にありがたいです。

お家の中も猫が楽しめる工夫が。

天袋の奥も猫が遊べるようになっていました。

保護主Mさん側の期限と、里親希望者さんのお休みのタイミングがちょうど重なり、明後日から2匹一緒にトライアルに入ることになりました。

よかったね!クロちゃん、さくらちゃん!

早朝TNRのお手伝いと、のらねこさんの手術室オリジナルグッズ

今朝はN市とS市でTNRのお手伝いでした。

どちらの依頼主さんも継続的にご自宅周辺のTNRを進められています。捕獲器もお持ちなので捕獲する前日までにねこから目線。に連絡をくださいます。

依頼主さん「◯日の朝5時から捕獲したいんですけど、捕まったら病院への搬入いけますか?」

病院の手術の枠を確認して、大丈夫であればOKですの返信をします。

N市の依頼主さんは昨日も朝にチャレンジされましたが、捕獲器のご飯を食い逃げされてしまったとの連絡がありました。

食い逃げされた捕獲器の中の写真送ってくださったので、一緒に次の作戦をあれこれ相談し、翌日リベンジされることに。

そして、今朝「無事ターゲットの猫さん捕まりました!」と連絡をもらい現場にお迎えに行きました。早朝は道が空いているので楽です。

ふわっと中毛のノラ猫さん。

耳の中がとても汚れていました。耳ダニでしょうか。長毛の猫さんは耳内のトラブルが多い気がします。不妊手術と一緒にノミダニ駆除薬を付けてもらえるのと、ある程度耳の中を綺麗にしてもらえるので明日には少しスッキリすると思います^ ^

そして、S市の依頼主さんからも「捕まったーG20ギリギリセーフや〜」と連絡が入ったので一緒にお迎えに行き、2匹をのらねこさんの手術室に搬入しました。

それと、N市の依頼主さんから「のらねこさんの手術室グッズ」の購入依頼もいただきました。

知る人ぞ知る、のらねこさんの手術室オリジナルグッズ。のらねこさんの手術室でしか売っておらず、病院の方含め特に誰もPRしていないので、病院に来院したお客さんのうち、たまたま待合席の奥に座った人しか気づかない物販コーナー。

「お金はミニ樽へ」スタイル。無人販売というゆるさ。

置いてあるグッズも時々変わっています。実はねこから目線。でグッズの製作のお手伝いさせていただいています。

今日は

のらねこさんオリジナルデニムポーチ

のらねこさんロゴ入りステッカー

手のひらサイズなのに300円という安さ。

のらねこさん3周年記念ステッカー限定50コ

まだ結構残ってます。4周年までには売り切れますように。

数日前まではTNRステッカーやNECOとECOをかけたステッカーもありましたが、今日は在庫切れでした。追加で入荷するか、新しいものを作るかは考え中だそうです。

のらねこさん捕獲送迎スタッフのUさんが撮影したさくらねこのポストカード。6種類あります。

ロンTはラスト1着でした。追加では作らず、次は別のグッズが登場する予定だそうです。何を作るのかはこれから考えるそうです。

そんな感じの知る人ぞ知るゆる〜い物販エリアを勝手に紹介させていただきました〜。

公園猫TNRの最終章

公園の治安を守るためのTNRで、捕まったボス猫さん。

ボランティアさんの思惑通り、オヤツ程度に時々食べにきてきた程度だったボス猫さんの来園頻度はだいぶ減ったそうです。

おかげで、ボランティアさんたちが保護したかった小柄な女の子が安定してご飯を食べに来れるようになったそうです。

餌の時間に待っていると、ちゃんと現れたターゲットの黒猫さん。

無事、保護完了です。

のらねこさんの手術室さんに搬入させていただきました。

お釣りは猫に使ってね基金

ご精算の時に

「お釣りは要らないから猫に使って!」

と言われる事がよくあります。

しかもお釣りは数百円とかではなく数千円単位だったりします。

「お仕事でやらせてもらっているので、寄付は集めてないんです」

と答えても

「なんかあるやろ!ほなコーヒーでも飲んで!」

などと言って余分にくださるのです。

コーヒーをそんなに飲んでもお腹壊しそうです。

私が代表をしているNPOに使わせてもらうのもなんか違うなーと思い、とりあえず

「お釣りは猫に使ってね基金」

と茶封筒に書いてその都度貯めていっていました。

使い道に悩んでいたところ、昨夜の深夜TNRのお手伝いをしている中で、最後に捕獲された猫さんのしっぽがとても痛々しい状態になっていました。

恐らく断尾手術が必要な状態でした。

依頼主さんは毎月多頭のTNRを自費でされていて、今回も既に3匹捕まっている状態での4匹にケガ猫さん。おそらくプラス4〜5万円かかる見込みになりました。そこで、

「あ、そうだ」

と思いつき「お釣りは猫に使ってね基金」から1万円断尾猫さんの手術費にカンパしました。

猫から目線。のお仕事を通していただいた基金は、猫から目線。の仕事を通して出会った猫さんに使ってもらおうと思いました。

先生に診察しされる猫さん。

良くなりますように。

「お釣りは要らないよ!」と言ってくださった皆様、ありがとうございました。

おかげさまで彼のしっぽの壊死を止めることに少し役に立てました。

※基金には私の独断と偏見と思いつきで、活躍してもらいます。基金がある時とあれば無い時もあると思います。公平性は特にありません。これからも積極的には集めません。

室内捕獲からの診察と手術

O市にて、室内捕獲からの診察と手術のご依頼でした。

3月下旬にTNRのために捕獲した猫さんはお腹がパンパンの妊娠後期だったため、室内で保護し出産から離乳するまで見守ることにしたそうです。

無事に4匹の元気な子猫を出産しました。離乳までの約2ヶ月、母猫さんは全然人慣れしなかったため、母猫さんは手術して元の場所に戻してあげ、4匹の子猫は里親探しをされるそうです。

というわけで、7畳ほどの保護部屋でフリーになっている人慣れしていない親子の室内捕獲と、病院への搬入のご依頼でした。

まず母猫さんを誘導作戦で捕獲器に入ってもらおうとしましたが、頑なにダンボールハウスから出てこない様子なので、猫用ネットで捕獲させてもらうことにしました。

お母さん、驚かせてしまってごめんなさい。

子猫たちも猫用ネットと抱っこで順次捕獲完了です。シャーシャー言っていましたが、本当に噛んだりはしない、ちょっと人慣れ済みな子たちでした。

一犬猫病院さんに搬入し、お母さんは手術、子猫たちは健康診断です。

まだ満2ヶ月は経っていないのに3匹は1kg超えしていました。外で育ったノラ猫の子猫だと生後3ヶ月くらいでやっと1kg超える子が多いですが、栄養状態がとっても良さそうでした。

チビたちが素敵な家族と出会えますように。

お母さんが、穏やかな余生を送れますように。

「公園の治安を守るため」のTNR

O市の公園で、以前黒猫一族7匹の保護を実施した依頼主さんからのご依頼でした。

過去記事 公園から保護部屋へ

公園に住み着き、ボランティアさんたちがお世話をしていた7匹が保護部屋に移ったことにより、ほどなくして空いた公園に新しいノラ猫が姿を見せ始めたそうです。

また、黒猫。

その子はなんと、数年前に居なくなったと思っていた黒猫一族の一員だったメス猫さんらしいのです。

ボランティアさんは悩みつつも、その黒猫さんも保護しようと考えました。

が・・・

この辺りのメスというメスを追いかけまわすボス猫が公園に登場するようになってしまったそうです。

その為、ご飯をたべようとするターゲットのメス猫さんが怯えてご飯を食べに来れない=餌の時間が安定しない=捕獲しにくい

という問題がありました。

そこで、まずはボス猫さんをTNRして、すこし落ち着いてもらいたい。

とのことでした。

ボランティアさんは既に捕獲器の使い方をマスターされているので、しばらく捕獲器をお預けしていました。

が、なかなか入らないボス猫さん。

「今晩、捕獲にチャレンジしてダメだったらもう諦めます」

というラストナイト。

18時からボランティアさんは捕獲にチャレンジされ、私は19時に現場へ。

ボスが捕まったら、病院へ搬送し、捕まっていなかったら捕獲器の回収の予定でした。

19時に到着すると、ボス猫さんは現れておらず、もう諦めることに。

捕獲器を片付けて、精算も済ませ、「お疲れ様でした」と挨拶したその時。

「あ、来た!」

と、タイミング悪く?良く?

ボス猫さん登場。

捕獲器をセットし直し、再度設置しました。

待つこと、5分。

「カシャン!」

ボス猫さん保護完了です。

撤収しようとすると現れるのもTNRあるあるみたいです。

一犬猫病院さんに滑り込みで搬入させていただきました。

全然振り向いてくれないボス猫さん。

背中が物語る逞しさがあります。

これからは、穏やかな老後を送ってくれますように。