京都医健でゲストスピーカー

今日は京都医健専門学校のY先生の授業に呼んでいただきました。

ひとコマは「人もねこも一緒に支援プロジェクト」の具体的な活動やベース理論の話しをさせてもらい、2コマ目は私が事例を提供してY先生ファシリで事例検討のワークをしました。

とっても楽しかったです。

社会福祉士の卵の皆さんに沢山猫の種を植えてこれました!感謝!

ペットも家族として捉えて、支援をデザインしてくれる援助職者が増えますよーに!

大阪ねこの会定期集会

日曜日は、大阪ねこの会定期集会におじゃまさせていただきました。

1500人以上の会員数を誇る大阪ねこ会。

定期集会に120人以上集まります。凄いです。

定期集会を講堂でやるボランティア団体ってなかなか無いと思います。

荒井代表の面白い小話のような挨拶から始まり、大阪ねこ会に所属している(?)沢山の活動グループ紹介がありました。

所属といっても傘下という意味ではありません。大阪ねこの会は関西圏で活動する個人ボランティアさんや中小グループが入っている連盟?協会?ネットワーク組織?のような存在だと思います。

グループ紹介の前には荒井さんから

「グループの代表者に喋ってもらうので、あ、こんな人がやってるなら参加してみよ!とか、あ、こんな人がやってるならやめとこ(笑)、って感じで聞いてください」

と会場を笑いに巻き込む前振りが。

この、ゆる〜い感じなんだけども、おさえるべき所がしっかりおさえられてる組織運営が凄いなーと感じました。

次第の最後の注意書きもまた素敵です。

定期集会の参加者特典として、フードサンプルとノラ猫の不妊手術1匹無料券がもらえました。

なんだそれ。

すごい団体さんです。

集会の参加費が無料なだけでも太っ腹なのに、お土産までしっかりつています。大阪人の心を鷲掴む工夫がちりばめられていました。

そこで、恐縮ながらド緊張しながら、「多頭飼育崩壊ケースへの理解と介入」というタイトルで30分ほどお話させていただきました。

多頭飼育崩壊ケースへの介入は、ねこ専門のお手伝い屋さんの方ではなく、NPOの人もねこも一緒に支援プロジェクトで取り組んできている分野です。

猫の殺処分という問題に対して、TNRという予防的な取り組みが広がっているように、多頭飼育崩壊という問題に対しても予防的な取り組みを作っていく必要があります。

この定期集会の前夜に大阪市内の高速でガス欠になり1ヶ月分の冷や汗をかいたのですが、この定期集会ではPCの電源コードを忘れバッテリーが切れるんじゃないかという焦りで、また冷や汗を大量にかきました。

無事にバッテリーは定期集会の終了とともに切れたのでセーフでしたが、帰宅しても電源コードは未だに見当たらずPCが使えないと仕事にならないので泣く泣くAmazonで購入しました。トホホ。

大阪ねこの会は入会無料です!会費もゼロ、活動ノルマもゼロです!

入会はこちら

ちなまに、大阪府民じゃなくても入れます。私も兵庫県民ですが会員になっています。

大学ねこ連盟の勉強会からのTNR

本日は、所属する大学ねこ連盟の勉強会でした。

大学猫サークルは、どうしても学生の入れ替わりが頻繁にあるので、新しい世代は捕獲の仕方が分からなくなってしまったりします。うる覚えの知識で捕獲器を使うと大変な事故が起きかねません。

そこで、今日は捕獲器の使い方、捕獲を成功させるためのポイント、人も猫も安全な搬送について説明させてもらいました。

遠方の大学猫サークルはスカイプ参加です。

そして、夜は一犬猫病院さんで手不妊手術をしてもらったノラ猫さんを受け取り、依頼主さん宅に送り、もう1匹のノラ猫さん用に捕獲器を預けてきました。

手術頑張ったね。お疲れ様です。

ネコ市ネコ座でトークイベント

本日はネコ市ネコ座に参加させていただきました!

まずは、大阪ねこの会代表の荒井さんのお話を聞きました。大阪ねこの会の成り立ちや、活動戦略はとても勉強になります!

長く継続していて、多くの人が集まっている団体さんはそれだけの工夫があるなと実感。

※写真、荒井さんのブログから拝借しました。

勝手にスミマセン…

そして、私は午後のステージで

プロジェクト代表を務める「人もねこも一緒に支援プロジェクト」での活動から「多頭飼育崩壊現場レポート」をさせてもらいました。

なんとなくのイメージが広がっている多頭飼育崩壊に対して、違う角度から認識を新しくしてもらえたら、という想いでやらせてもらいました。

※写真は荒井さんが送ってくださったもの。ありがとうございます。

大きなイベントで貴重なステージ枠を下さった、ネコリパブリックさん、ありがとうございました!