お釣りは猫に使ってね基金とたこ焼きと。

職場一斉TNRの現場で、目を負傷していたキジトラ猫さんは眼球摘出手術になりました。

肉芽が目から飛び出してしまっており、眼球は既に小さくなっていたそうです。癌などの原因が考えられるそうですが、手術の結果眼球以外に浸潤している様子はなかったそうです。

数日間の入院になりました。

また、同じ現場で捕獲された茶トラくんも脚をびっこひいているということで、レントゲン検査をしてもらうことに。

大腿骨の粉砕骨折をしていました。

でも、骨折から数ヶ月経過しており、この状態で骨が固まりつつあることと、脚を引きずったり現在もかなりの痛みがある状態ではないということから、脚への手術はしないことになりました。

眼球摘出手術とレントゲンなど、プラスで2、3万円の費用がかかったので、今回も「お釣りは猫に使ってね基金」から5000円だけカンパさせていただきました。

「お釣りは猫に使ってね」と言ってくださった皆さまありがとうございましたm(_ _)m

※ねこから目線。はボランティア団体ではありませんので、寄付は集めていません。「お釣りは猫に使ってね」と半ば強引にお釣りを受け取ってくださらない場合の余剰金を茶封筒に入れているだけです。

・・・・

眼球摘出のキジトラ猫さんは入院になりましたが、ほかの3匹は本日捕獲場所でリターンしてきました。

元気に帰っていったさくら猫さんたちを見守りつつ、依頼主さんと話しているとビルのスナックから出てきたお姉さんが「お食べ〜」となにやら自転車の陰で猫にあげています。

この現場のノラ猫さんたちには依頼主さんが決まった時間に決まった場所でご飯をあげ、食べ残しは回収しています。

放置される餌は不衛生ですし、ノラ猫が嫌われ者になってしまう原因となりやすいです。

その為、依頼主さんが置かれた餌をすぐに回収しに行かれました。

「猫も困ってましたわ!何置いてたと思います?!」

と怒りながら戻ってくる依頼主さん。

手にはホカホカのたこ焼き。笑

「きっとお客さんにもらっていらなかったんやと思います。」と話す依頼主さん。

それでも、

「それオレが貰ったのーー」

とさくら猫さんが着いてくるので、たこ焼きとカツオを交換してもらいました。

「ま、こっちで許すニャ!」

ホカホカのたこ焼きは、私がお夕飯として美味しくいただきました。

〜〜追記〜〜

眼球摘出手術無事に終わったそうです^ ^