ご近所TNRのお手伝い

O市でTNRのお手伝いでした。

自宅周辺に沢山ノラ猫がおり、誰かが毎晩置いていく山盛りの餌の不衛生さと、増えてきたノラ猫たちの糞尿などで住民さんたちのイライラが高くなっていたそうです。

そんな中、依頼主さんの自宅前に弱った子猫がうずくまっていたそうです。

慌てて保護し、温めたり水分を口に含ませたりと懸命に介抱しましたが、その日の晩に息を引き取ってしまったそうです。

自分が餌をあげて面倒を見ているわけではないが、このままではいけないと思い、近所に生息しているノラ猫のTNRと子猫3匹の保護をしたい。というご依頼でした。

ノラ猫さんを一番見かける時間を観察していただき、朝5時45分に捕獲作戦を実施することにしました。

・・・

現場に到着すると、空き地で寝ている三毛子猫さんと、路地からひょこっと顔を出した白黒子猫さん。

すぐに捕獲器に入ってくれました。

もう1匹いる子猫は、依頼主さんが前日に保護できたそうなので、子猫はこれで全頭です。

残るターゲットは三毛猫お母さん2匹です。

すぐに捕獲器に入ったのはサビ猫さん!

サビ?!

毎日は見ないけど、時々くるノラ猫さんだそうです。サビ柄ということは確実にメスなので手術対象とすることにしました。

続いて、

ターゲットの三毛猫さん!

残るはあと1匹の三毛猫さん、、

出てきておくれ、、とキョロキョロしていると塀の上に三毛猫さんが登場しました!

続いて路地からも三毛猫さん登場です!

ん??

多くない??

三毛猫さん、なんと3匹いたようです。

2匹目の三毛猫さん、入ってくれました。

そして、メインターゲットの子猫のお母さん三毛さんもしばらくして無事保護完了しました。

あと、茶白と茶トラのオス2匹がウロウロしていましたが、多めに用意してた捕獲器の台数マックスになってしまったので今回はメスを優先することにしました。

そして、昨晩捕まってダンボールの中に入れている状態の子猫さんをキャリーに入れ替えるために依頼主さん宅へ。

依頼主さん「この中です」

と玄関に置かれたダンボールの中を覗くと、中は空っぽ。

私「居ないですよ」

「えっ!!!」

と真っ青な依頼主さん。

でも、子猫の鳴き真似をすると、すぐに鳴き返してくれ、お風呂場に籠城していることが分かりました。

無事、保護完了です。

成猫4匹はTNRで、子猫3匹は依頼主さんが保護し、里親探しをされるそうです!

地域の方々への説明用に実施報告書を作成しおわたししました。

手術を頑張ったノラ猫さんたちを見る地域の方々の目が優しくなりますように。

また子猫たちに素敵な家族が見つかりますように!

大阪ねこの会一斉有料手術会場に搬入しました。