脱走猫さん保護のお手伝い

K市で脱走猫さん保護のお手伝いでした。

連休中に実家に飼い猫さんを預けて泊まりで出掛けていたら、早朝に猫さんが脱走してしまった!とのことでした。

急いで旅行を切り上げて実家に帰って皆で13時から21時まで探しまわったものの、見つからないんですと、ご相談くださいました。

夕方に現場に行けそうだったので、まずは下記のことをお願いしました。

●飼い主さん以外は探し回らないでください。

猫さんにとって馴染みの無い人がウロウロしていたり、ガサガサしてしまうと、猫さんが怖がり、かえって追い払う結果になってしまいます。

居ても立っても居られず、皆んなで呼びかけて歩き回ったり、隙間に隠れてないか物という物を動かしたり覗いたりしたくなる気持ちはとても分かります。でも、ぐっと我慢です。

夕方、現場に到着し

猫さんが使っていたトイレを出していてくださった場所に、動物観察カメラと餌、捕獲器二台を設置しました。

あとは、「きっとまだ近くにいるので、大丈夫です!夜にならないと動き出さないと思うので、ひとまず休んでください。」と心配しきってしまっている飼い主さんと責任を感じてしまっているお母さんを励まします。

・・・・

深夜、近所のノラ猫さんが捕獲器に入ってしまったそうです。残念、、、。

なかなかビックサイズのノラ猫さんです。

・・・

ですが、その騒動の後にターゲットの猫さんが現れているのが確認できたそうです!

一度捕獲器で捕まった経験があるからか、捕獲器には入ってくれず、脇の餌を少し食べて帰っていきました。

・・・

翌日も夜に姿を現したターゲットの猫さん。

前日、カメラに映っていた時間に合わせ、この映像の直後に飼い主さんが現れます。

そして、猫さんを呼んだそうです。

「呼びかけたらすぐに、鳴き返してくれて、オモチャとオヤツでゆっくり近づいて、抱っこで保護できました!」

とのことでした!

抱っこで保護できたのは凄いです!!

無事にキャリーに入れ終わったシーンがカメラに映ってきました。

良かったー!!!

脱走から2日、ねこから目線。にご相談いただいた翌日に無事保護することができたそうです!

捕獲器は全然役に立ちませんでしたが、カメラが役に立ったようで良かったです( ´ ▽ ` )

脱走猫さんの保護手伝いのご依頼はあまり多くないですが、今のところ、開業から6件お手伝いしました。

振り返るとそのうち5件で無事保護できています。見つからなかった1件はご相談いただいた時に既に脱走から1ヶ月半が経過していました。

脱走してしまって、すぐに動くことはとっても大切だなと思います。

迷子のご相談は早めにお願いしますm(_ _)m