あずきちゃん・豆太くんの保護

S市で保護の為の捕獲と病院送迎のお手伝いでした。

依頼主さんのお庭に現れ、「ごはーん!くださーい!!(ニャーニャー‼︎)」と爆音で要求鳴きする子猫さん2匹が今回のターゲットです。

キジ白のあずきちゃんは依頼主さんが捕獲器で先に保護が完了していました。

相方が居なくなり、警戒心がMAXになってしまった黒ちゃん(豆太)が、捕獲器に寄りつかなくなってしまったため、ねこから目線。にお手伝いの依頼をくださいました。

・・・

夜現場に到着して警戒心の強い子向けの捕獲器を設置します。

じっと、豆太がきてくれるのを待ちます。

到着した時に鳴き声がしたので、近くにはいるはずです。

2時間ほどじっと待ちます。

が、、、、

はじめの頃にあった気配も無くなってしまいました(T-T)

子猫なのに手強いです、、、

・・・

1日あけて、今度は早朝にリベンジすることに。

警戒心の強い子向けの捕獲器を設置して待つこと数分。

雨戸の隙間から覗くと、

います。奥に豆太がきています。

導線的に少し置いたおやつを食べています。

いい感じに進んできた、、

と、、

思ったのに、、、

突然何かに驚いてピャッと走ってお庭の外へ。

ぬぬぬ、、、、

また戻って来てくれることを願って待ちます。

1時間経過・・・

帰って、こず、、、

悔しいですがタイムアップです。

・・・

かなり警戒心が強いので、依頼主さんと相談して、「大掛かりな捕獲器でまたチャレンジするよりも、通常の捕獲器を使って1週間かけて慣らしていただく方が、結果的に早そうですね」という方針になり、捕獲器の慣らし方をお伝えしました。

今回、捕獲には全く役に立てなかったねこから目線。です(泣)。

・・・

ひとまず、先に捕まっているあずきちゃんを避妊手術とワクチンやウイルス検査をしてもらいにのらねこさんの手術室に搬入しました。

可愛い〜

・・・・

そして、1週間後

「やっと捕獲器の奥でご飯食べれるようになりました!」

と依頼主さんからメールが!

すごーい。早ーい。

とりいそぎ病院の予約を取り、予約日に捕獲作戦を決行していただきます。

そして当日の早朝、依頼主さんが見事に豆太を捕獲してくださいました!

依頼主さんの努力勝ちです。

急いで豆太をお迎えに行き、一犬猫病院さんに搬入しました。

可愛い〜!!

手術が終わった豆太くんを依頼主さん宅にお送りして、あずきちゃんが待つケージに入れてお手伝い完了です。

約2週間ぶりの再会です^ ^

2匹がはやくお家に慣れますように。