駆虫と爪切りのお手伝い

スタッフ小池です。

S市で駆虫と爪切りのお手伝いでした。

保護猫姉妹の里親さんになった依頼主さん。

猫さんのお尻から何か白いモノが出ているのを発見、、、

調べてみると、ノラ猫さんがよくもっている寄生虫でした。

動物病院に相談し、首の後ろにつけるお薬を処方してもらい、1ヶ月間の間をあけて2回つければ大丈夫!となりました。

が、、、

まだまだ触れない猫さんたち。

人慣れしている猫さんなら簡単なことも、人慣れ過程の保護猫さんには超難題です。

そこで、ねこから目線。に駆虫薬をつけるお手伝いの相談をしてくださいました。

・・・

依頼主さん宅にお伺いすると

「布団の中に隠れてます」

とのことで、そっとお布団を覗くと、、

にゃーん!可愛い!!

不機嫌そうなすみれちゃん(左)と驚き顔のもみじちゃん(右)。

駆虫が必要なのは、不機嫌なすみれちゃんです。

布団の中でスルッと洗濯ネットに入ってくれるかな、、と思ったものの、ダダッと冷蔵庫裏へ避難したすみれちゃん…。

ちょっと冷蔵庫を手前に出させていただいて、網で捕獲です。

洗濯ネットに入れてから、駆虫薬をつけます。

ついでに爪切りもしてほしい!とのことなので、ネットに入ってもらったついでに爪切りもします。

とっても大人しく爪を切らせてくれました。

・・・

続いて、もみじちゃんは動物病院に2回目のワクチンを打ちに行くそうなので、洗濯ネットに入れてキャリーに入れます。

もみじちゃんは布団の中で固まってくれていたので10秒ですんなり洗濯ネットに入ってくれました!ありがとう!!

猫の手ってクリームパンみたいで本当に可愛いですね!!

もみじちゃんは、爪切りをしてから洗濯ネットに戻してキャリーに入れます。

注射頑張ってね〜

2回目の駆虫が終わったすみれちゃん。

もう大丈夫だよーと話しかけてみたのの、「まだ帰らないの?」とものっすごく不機嫌な表情です。笑

そりゃそうですよね…

・・・

ねこから目線。では飼い猫さんのペットシッターなどは受けていませんが、どうしても触れない飼い猫さんや、飼い猫になりたての触れない保護猫さんで、動物病院に受付拒否されてしまった子に関してはお手伝いしていますので、お気軽にご相談下さい^ ^

まだまだ人慣れ過程の保護猫さんでも、家族に迎えてくださる優しい里親さんをねこから目線。は全力で応援します!!