脱走猫ダリ君捕獲のお手伝い

スタッフ小池です。

K市でお家のベランダから脱走してしまった猫さん捕獲のお手伝いでした。

飼い主さんのお家の二階のベランダから出てしまい、お隣のお家と、お隣のお家のお隣のお家の壁(ややこしい。笑)の10〜15cmほどの隙間に入ってしまったそうです。

断面図で見ると↑な感じ。

ベランダの下と一階の屋根の隙間に入り込んでいる感じです。

そのまま進んで、地上に飛び降りるか、Uターンしてベランダ側に戻ってくるか、という状況でした。

ひとまず、依頼主さんと一緒にUターンしてベランダにもどってきた場合に備えて、二階のベランダの奥に捕獲器を設置し、ほかの出入口をワイヤーメッシュや布で塞ぎました。

初日と2日目は動きませんでした。

3日目に動いてくれたものの、風の影響もあり、ワイヤーメッシュの隙間をこじ開けて地上に降りた様子でした。泣

籠城から迷子に切り替えて、飼い主さんと対策を練り直します。

迷子チラシの印刷とポスティングを業者に依頼していただき、動物観察カメラを設置していただきました。

ポスティングと観察の結果、ノラ猫も餌やりさんもめちゃくちゃ多く、ダリ君と同じキジトラ模様の猫さんも沢山居ることが分かりました。

そこで、しばらくはやみくもに捕獲器を設置せず、観察と呼びかけをしていただくことに。

脱走から10日。

有力な情報が無く、やきもきする中で、夜に飼い主さんがベランダから「ダリー」と呼ぶと「ニャー!」と鳴き返してきた気がして、外に出ると隣の家の塀にダリ君が居たそうです!!

ちゅーる3本とカツオをバクバク食べるも、抱き上げたら塀の奥に逃げ込んでしまったそうです。

ずっと室内で生活していた猫さんはお外ではかなりの緊張状態にあります。

めちゃくちゃお家に帰りたくて、飼い主さんの声にも反応するのに近づくと逃げてしまったり、抱き上げると暴れてしまったりします。

ダリ君も、慌てずに餌付けをすることに。

飼い主さんのカメラ観察の結果、早朝と夜に塀の上に現れることが分かり、その塀から飼い主さん宅の窓まで手作りの橋を作られた飼い主さん。めっちゃ覗いているダリ君。

橋を渡って帰宅してくれることを願いつつ、並行して捕獲器での捕獲を試みていただくことに。

ダリ君が現れる場所は、簡単には入れない場所なので、お隣さんに了解を得て捕獲を塀の上からベルトで下ろして設置することになりました。

工夫が必要な作業の丁寧さがめちゃくちゃすごい飼い主さん。

上手に捕獲器を設置してくれました。

初日は、捕獲の3分の1くらいまで食べ進んで、姿を消してしまったダリ君。

今日、3分の1まで食べで安全に出た経験をした猫さんは、明日は更に奥まで入ってくれます。

焦らず、明日再捕獲をチャレンジすることに。

捕獲器の中のご飯設置を細かくお伝えしたかったので、翌日は20時頃に飼い主さん宅にお伺いし、捕獲器にご飯を入れさせてもらい、飼い主さんに設置してもらいました。

飼い主さんが設置すると、直ぐに食べに出てきたダリ君!

このまま捕獲なるか、、

と思いきや、半分まで食べで出てしまいました。泣

後の張り込みは飼い主さんにお任せして、私は再びチャチャ君の現場へ。

捕獲器には再び近づかないものの、ウロウロしている様子がカメラに写っていたダリ君。

飼い主さんが、深夜2時43分に再度捕獲器にご飯を入れ直し、再設置してくださいました。

すぐに出てくるダリ君。

深夜3時ジャストに無事、捕獲器に入ってくれたそうです!!!!!ダリ君お帰り!!!

脱走から13日目でした。

毎日のようにLINEでやり取りをしていました。1つ提案すると、そこから10も20もアイデアを出してあれこれ工夫してくださった飼い主さん。

飼い主さんの気持ちがダリ君に届いて本当に良かったです^ ^

飼い主さんもダリ君もお疲れ様でした!!

帰宅してからのダリ君はめちゃくちゃ甘えん坊さんになったそうです!笑