脱腸子猫さんの保護

スタッフ小池です。

O市で脱腸している子猫さんの緊急保護のお手伝いでした。

「1週間ほどお尻から赤い長いものが出ている子猫がいる。捕獲して病院に連れていきたい。」

というご依頼でした。

お尻から赤い長いもの?

脱腸だったとしたら、なるべく早く病院に連れて行ってあげないと命取りです。

現場にお伺いすると、確かに白黒の子猫さんのお尻から赤いものがプラプラと出ています。

間違っても出ている腸を傷つけないように慎重に捕獲しました。

すぐに捕獲器に入ってくれた子猫さん。

まだ変色はしていなさそうです!

一犬猫病院さんに搬入し、緊急で避妊手術と脱腸の整復手術をしてくださいました。

手術翌日に依頼主さん宅にお送りしてお手伝い完了です!

優しい保護主さんに出会えて良かったね。

お釣りは猫に使ってね基金から、5,000円カンパさせていただきました。

「お釣りは猫に使ってね!」と言ってくださった皆さま、ありがとうございました!

母猫さんと兄妹の子猫さんは数日後に保護することになりました。

脱腸子猫さんの保護” への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。