哀愁漂う背中猫さんのTNR

スタッフ梅です。

エサやりさんによく懐いていて、一度捕まえて、手術のために病院に行ったものの、手術出来ないまま元の場所に戻ってしまった猫さん。

学習した猫さんは、警戒してなかなか捕まえることが出来ず、ねこから目線にお手伝い要請がありました。

現場へ向い、警戒心強い子向けの捕獲器を設置。いつもなら、エサやりさんが来たら姿を現すのに、なかなか出てこない。。

何か勘づいているか?と、思いきや!

「あの子、あの子!」

出てきました。

と、合わせて反対方向から濃いめのキジトラさんが!

ふつーに入ってごはんを食べていきます。それを真横で見ていたターゲット猫さん。

この中にごはんあるけど、あれ?エサやりさん行っちゃうの?と、何とも哀愁漂う背中。

エサやりさんがいなくなると、同じように姿を消してしまうターゲット猫さん。再度来てもらうよう頼むと、やはり出てきました。

エサやりさんに、近くにいてもらうと、少しずつ中で食べるように!

完全に中で食べてるのを確認し、作動させます!

無事捕獲完了です!

のらねこさんの手術室で、手術してもらい、翌日リリースでお手伝い終了です!