庭から魚屋さん

スタッフ梅です。

家の裏庭に、姉妹猫が現れるようになって、手術したいので、捕獲してほしいという、今回のご依頼。

早朝の出発時間、、、 どしゃ降りの大雨。。あちゃー、これ猫さん出てくるかな。。と、思い、依頼者さんに連絡。

自宅の猫ハウスにはいないけど、魚屋さんにいることもあるので。。ということで、現場へ向かいました。

到着して、いつものエサ場に捕獲器を設置します。降り続ける雨。

私が来るまでは、声はしていたみたいなのですが、猫さんなかなから現れず。。 魚屋さんにいるかも。と、依頼者さんが見に行くもおらず。。

雨が少しずつ止み始めた頃、何度か、魚屋さんと依頼者さん宅を行き来を繰り返していると。。

ん?

いた。

魚屋さんまで50mほど。。

魚屋さんにいましたーと、依頼者さんに伝えに行くと、こちらも近くにいるんです。と。

確かに声がする。近くでにゃーにゃー、依頼者さんの声に反応するものの、なかなか捕獲器に入ってくれない。。

お庭の猫さんは、依頼者さんに託して、私は魚屋さんへ捕獲器を設置しに行きます。

ん?あら?猫増えている。。

ターゲットの猫さんは、お腹が空きすぎて、なかなかもらえないごはんに、いてもたってもいられないw

よくその魚屋さんから、ごはんをもらっていると聞いていたので、開店準備をしていたご主人に、いつもあげてるカニカマを頂きました。

いつもの美味しいカニカマを嗅ぎ付け、捕獲器近くに。

お腹が空いていた、猫さん。警戒しながらも、カニカマを食べ進め、、

「カシャン」

1頭捕獲出来ましたと、依頼者さんの元へ。 よかったー。と、とりあえず一安心。

さぁ、あとは鳴いている猫さん。

いるもののなかなか捕獲器近くにも行ってくれず。。

そっちには行かないよ!と、どこかへ、スタスタと姿を消しました。。

魚屋さんに、いるかな?と、見に行くと、いました。w

同じくカニカマで誘導するも、なかなかの警戒心。ですが、やはり空腹には耐えられません。結局カニカマでつられ、捕獲完了です。

何とか2頭捕獲出来ました!

まだ授乳中の母猫もいるようで、授乳が終われば、捕獲しましょうとお話し、後にしました。

お庭から魚屋さんまで、たくさん歩いた現場でした!w

おっとり一族の10匹TNR

スタッフ小池です。

M市で一斉TNRのお手伝いでした。

10匹ちょっとのノラ猫さんがいる現場で、初回の目標は10匹とのことでした。

エサは常に置きっぱなしで時間餌付けがされていないので、正確な頭数と現れる時間が特定できない現場でした。

それでも依頼主さんが事前にリサーチし、餌やりさんとコンタクトをとり、よく猫さんが現れる時間帯を探ってくれていました。

・・・

当日、約束の時間に現場に到着すると、数匹のノラ猫さんがのんびりと過ごしていました。

さっそく、捕獲器を準備して設置していきます。

すぐに4匹の猫さんが捕獲器に入ってくれました。

この排水管から次々と猫さんが出てくるのがちょっと面白かったです。

奥はお庭に続いてるようです。

ひとまず、最初から現場に居た猫さんは捕まったので、あとは後から猫さんが現れるのをじっと待ちます。

じばらく待つと、どこからともなく猫さんが登場します。

その猫さんたちを順次捕獲していったのですが、ここの猫さんたちの特徴は、捕獲器の扉が閉まっても誰もパニックにならない。ということでした。

カシャン!

と扉が閉まっても、振り向きすらせずに黙々と食べ続ける猫さんたち。

え?扉閉まってない??

とこちらが不安になって、包みに行くのをためらってしまうくらいです。笑

皆んな捕獲器内のオヤツを完食しています。驚

そんな感じで、おっとり一族の捕獲はゆっくり2時間少しで10匹完了しました。

ハッピータビークリニックさんに搬入して、翌日にリターンをお手伝いして完了です^ ^

リターンの日はちょうど火曜日でした!

火曜日といえば、ハッピータビーの交流カフェの日です!

ここでは、200円でドリンク飲み放題、おやつ食べ放題で、ベテラン猫ボラさんが猫の相談に乗ってくれます。相談ごとがなくても、猫好きの人たちとお喋りして交流することができます^ ^

とーってもすてきなボランティアさんやお客さんとお喋りできて楽しいので、火曜日にハッピータビークリニックさんに搬入搬出がある時はちゃっかり参加させてもらっています。

200円セット。

なんともいえない表情をしているのは、マシューくん。

めちゃくちゃ懐っこくて可愛いです。

今日の交流カフェも賑わっていました!

今回の依頼主さんとも、数ヶ月前の交流カフェでお会いしたことがきっかけでした^ ^

渋めのアールグレイ、猫の毛を添えて。笑

そして、ハピタビさんオリジナルカレンダーができるそうです!!

各写真とっても素敵です。最後にはTNRの説明も。プレゼントを兼ねた啓発に良さそうです。

ねこから目線。さんでもぜひ説明して!とサンプルを見せていただきました!

でも値段や予約開始日はまだ未定だそうです!笑

詳細が決まり次第ハピタビさんのブログにUPされるハズなので、要チェックですよ!

コツコツと700匹!

ねこから目線。で捕獲(主にTNRのため)をお手伝いさせていただいた猫さんの頭数が700匹を越えました!∑(゚Д゚)驚

この間、600匹になりました!と書いたばっかりな気がするのに、、

と思って統計をみたところ、11月の捕獲数だけですでに113匹でした!

「へ〜」と興味なさそうなスタッフ小池の保護猫くん。トライアル決まりました。

今月はひと現場で10匹前後のTNRのご依頼が多かったので捕獲数も多かったようです。

沢山のご依頼本当にありがとうございましたm(__)m

これからもご依頼により答えられるよう努力していきたいと思っています。

・・・

コツコツした積み重ねはとても大切だと日々感じることが多いので、里親募集のお手伝いに関しても、何曜日に掲載した里親募集記事に対して、何曜日の何時にお問い合わせが来ているのか、単身者なのか家族なのか、などなど、これまでの100件以上のデータをコツコツ集計して分析しています。

何曜日の何時頃にサイトにUPするのが一番効果的なのか、保護猫さんたちに素敵な家族を見つけることができるように考えています。

経験を蓄積し、より多くのご相談の役にたてるよう日々パワーアップできるように頑張っていきたいと思います!

これからもよろしくお願いいたします。

街中のお寺にてTNRのリベンジ

O市でTNRのお手伝いでした。

スタッフ小池です。

繁華街の真ん中に突然現れるお寺にはノラ猫さんが13匹ほどいるそうです。

工夫と努力の捕獲作戦をやりきり、TNRはひと段落する予定だったボランティアさんが新たに発見された現場でした。

依頼主さんの調査によると、数年前にあるボランティアさんがTNRをしてくださっていたこの現場。しかし、どうしても捕まらなかった1匹のメス猫が出産を繰り返し、また増えていってしまっていたそうです。

今回のターゲットはお寺に現れる13匹のうちの捕まらない母猫さんとその子ども6匹の計7匹です。

数年前にTNRをしてくださったボランティアさんとも繋がることができ、協力体制もバッチリです。事前準備の徹底ぶりがさすがです。

・・・

捕獲日当日。

深夜に現場で待ち合わせです。

かなり人慣れしている4匹は依頼主さんとボランティアさんが餌をあげつつ、上手に捕獲器に誘導して、手でゆっくり扉を閉め、捕獲していきます。扉がガシャン!と閉まらないので、捕まった本人も周りの猫さんたちもパニックになることなく捕獲が進んでいきます。

依頼主さんとボランティアさんが捕まえ→私が受け取り車まで運び→もう1人の依頼主さんが包んで車に積む。という連携で進みます。

続いて、ちょっと距離感があり、誘導作戦では捕獲器に入ってくれない大きなキジトラ猫さん。やっと私の出番です。

オヤツを入れて捕獲器を設置し、カツオで誘導します。

無事、捕獲完了です。

残るターゲットは、5年捕獲器をかいくぐり、出産を繰り返している母猫さんと、とっても臆病な中猫さんです。

警戒心の強い子向けの捕獲器を設置し、深夜の餌やりボランティアさんが来られるのを待ちます。

深夜0時を過ぎたところで、餌やりボランティアさん登場です。

すると、どこから見ていたのか、屋根の上からタタタッと母親さんが降りてきました。

捕獲器の存在を少し警戒しているようですが、時間をかけ、オヤツで誘導し捕獲成功です!

メインターゲットの母親さんが無事に捕まってくれて良かったです。

ほどなくして、臆病な中猫さんも現れました。すると、すんなり警戒心の強い子向けの捕獲器に入ってくれ、捕獲完了です!

風邪症状が酷そうです、、

これで、神社にご飯を食べに来ているノラ猫さんは全頭捕まりました!

念願の100%達成です!!

隣接コロニーに最近現れるようになった猫さんも一緒にTNRする予定でしたが、この日は現れてくれませんでした。

その猫さんはボランティアさんが後日捕獲にチャレンジされることになりました。

捕まった7匹を大阪ねこの会一斉有料手術会場に運び、手術翌日に捕獲現場にリターンしてお手伝い完了です。

・・・

TNR成功の三原則をどうぶつ基金さんが提唱しています。

この三原則はとっても大切だと思います。

即行: 多頭の現場ほど、1ヵ月に2匹ずつTNRする、という訳にはいきません。なんせ、母猫さんがら1度に7匹の子猫を産むことが可能なのですから。7匹未手術の猫さんが居るなら、なるべく一度にTNRしてしまう必要があります。

徹底: 今回の現場も、数年前に母猫さん以外の全頭にTNRが完了していました。

しかし、母猫さんを諦めて90%でTNRを終えてしまうと、どうしても数年で元の木阿弥に戻ってしまいます。

継続: 仮にどうしても捕まらない猫さんが居たとしても、その猫さん以外に新規猫さんの移入があった時点でTNRをする体制ができていればこんなに増えてしまうことはなかったはずです。新人が1匹のうちに早期に対応できるといいですね。

裏庭の3姉妹

K市でTNRのお手伝いでした。

裏庭の塀を越えて、毎日ご飯を食べにくるノラ猫3姉妹が今回のターゲットです。

・・・

当日、ご飯の時間に合わせて依頼主さん宅にお伺いします。

「ご飯を置いてくださっている場所はどこですか?」

と聞くと、「ここのお部屋です」

と裏庭に面したお部屋に案内されました。

私「室内ですか?」

依頼主さん「そこの窓をいつも開けていて、ここにご飯を置いてあげます。食べたらここのベットで暫く寝てから帰っていきます。」

なんと。

ノラ猫3姉妹専用の綺麗なお部屋でした。

捕獲器を室内に一台と、室内に入る手前の縁側の上と下に一台ずつ設置しました。

依頼主さんと別のお部屋で待っていると、すぐに姉妹が登場しました。

ドキドキしながらじっと待っていると

「カシャン!」

と一匹捕まった音がしました。

複数台設置している時は、すぐに取りに行くか悩みます。

入った子が暴れている場合は、早く布で包んで暗くして落ち着けてあげる必要がありますが、人が近づくと他の猫さんたちは逃げて行ってしまいます。

捕獲器に入っても、人さえ近付かなければ、一瞬驚いても落ち着いて続きをゆっくり食べ始める猫さんも居ます。

それなら、一緒に来ている他の猫さんが近くの捕獲器に入ってくれる可能性があるのであえて、すぐには近付かないで様子を見ます。

そっと近づいて様子を伺うと、どうやら縁側上の捕獲器に一匹入ってくれたようです。

暴れておらず、落ち着いているので、もう一匹の猫さんが「ん?どしたの?」と近くでクンクンしています。

この感じなら今は近付かない方が良さそうです。

そっと戻って聞き耳をたてます、、

すると、2分ほどで

「カシャン!」

音がしてすぐに三毛猫さんが走って逃げていきました。

その隙に2匹を保護します。

縁側の上と下の捕獲器に可愛らしいサビ猫さん2匹が入ってくれていました。

縁側が好評のようなので、室内の捕獲器を縁側に設置し直して、三毛猫さんが戻ってきてくれるのを待ちます。

10分ほどで三毛猫さんも戻ってきてくれました!

無事、3姉妹一緒に一犬猫病院さんに搬入しました。

手術の翌日にリターンに猫さんをお送りすると、素敵なお手紙をくださいました!

すっごく嬉しいです(T-T)

次から次へと

スタッフ梅です。

とある繁華街の一角。

この隙間から、猫が溢れ出てくる。 という、今回の現場。

夜中1時。現場に到着し、捕獲器をセット。

写真に収めたかったのですが、置いた瞬間から、猫さん達が、すぐさま捕獲器内に!

あたふたしながら、依頼者さんにも手伝って頂き、

捕獲器セット→猫入る→包んで暗くする→次の捕獲器セット→。。。

捕獲器に入る瞬間を目の前で見ても、次から次へと出てくる猫さん達。。 よほどお腹が空いていたんでしょう。。警戒しながらも、始まって30分程で・・・6頭捕獲できました!

ここから、一気に猫さんの姿が消えました。 「裏側も見てきます」と、依頼者さん。

いない。。

少しご飯を、捕獲器の外においてみます。

すると。

黒い頭がチラチラと!

出てきましたね。

何度も、手前まで入っては出てを繰り返し、5分後。。

「カシャン」

7頭目が捕獲完了です!

ここから完全に猫さんが出てこなくなり、1番捕まえたかった子は、3時くらいに来るんですと。。

2時半前。 待ちます。ということで、3時まで粘ることに。

なかなか姿が見えないので、裏側を見に行ってもらうと、、、いました。

依頼者さんに捕獲器をセットしてもらい、すぐに入りました!

8頭、捕獲できました!

天神橋バンビ動物病院へ、手術に。

翌日6頭は、リターンへ。 生後半年くらいの子猫さん2頭は、一時預かりさんがいるようで、そこで里親さんを募集することに。

2頭のお送りは、車で1時半くらい走り、田んぼ道を抜けた所にあるお宅です。

街灯がなく、車のライトを消すと真っ暗です!w

慣れるまではケージ暮らしです。慣れれば、猫部屋を自由に生活できます!

この子達以外にも、保護猫がいました! この黒猫さん以外にも、茶トラの子猫と、白黒さんがいました。

白黒さんは、近々新しい家族さんの元へ行くことが決まったようです!

わんちゃん、猫さん、合わせて総勢20頭ほどがいました。。 おーーきなお家で、各々がのんびり過ごせる空間でした!

みな、それぞれの道へ。

外猫さんにも、温かい目が向けられる時まで。。 突っ走ります!

ワイヤーケージ作り

10匹ほどの捕獲が続くと、捕獲器の数が足りなくなります。

そこで、役に立つのがYさん考案のワイヤーケージです。

Yさんに作り方を教えていただいて、隙間の時間にせっせと作ります。

保護っ子たちが邪魔お手伝いしてくれています。

捕獲器やワイヤーのように、下部が大きめの格子状だと猫さんがおしっこやうんちをしても、すぐに下に敷いているペットシートを替えてあげることができます。市販のキャリーよりも断然便利です。

TNR病院としても、中の猫さんの状態を外から目視でき、手術の際には横から注射を打てるので、キャリーよりも捕獲器のままかワイヤーケージの方が助かるそうです。

↑捕獲器内のノラ猫さん。

猫さんには、捕獲器から移動してもらう手間をかけてしまいますが、捕獲器よりもすこし広々とします。

↓ワイヤーに入れ替えたノラ猫さん。

100円ショップのワイヤー×6個とホームセンターで売っているステンレス片サドル×48個で作れます。総額800円くらいです。

ワイヤーとワイヤーを片サドルで繋いでいきます。

ペンチでぎゅーっと。

作るのは結構力がいるので、大変です。

指にマメができました。イタタ、、

使わない時は折りたたんでおきます。

キャリーよりも消毒と洗浄も簡単です^ ^