ご近所白くんのTNR

TNRのお手伝いのご依頼でした。

依頼主さんは、昨年からお家の周辺のTNRを積極的に取り組まれている猫ナースさん

ノラ猫たちの妊娠率が高くなる前にTNRをしたい猫がいます、とご連絡くださいました。

お家の周辺で見かけるノラ猫さんがいつどこでご飯をもらっているのかリサーチされたそうです。

そして、予想以上にご近所に餌やりボランティアさんが居られたことを発見し、TNRの協力をとりつけたそうです!

猫ナースさんは捕獲器をお持ちなので、ねこから目線。は病院の送迎のお手伝いです。

・・・

捕獲日初日、ターゲットの白猫君が捕獲器に入ったものの、暴れて逃げてしまったそうです(>_<)

翌日リベンジするも、捕獲器の奥まで入ると危険だと理解してしまった白猫君。

見事にギリギリまで食べて食い逃げしたそうです。

賢いです。

一度捕獲器で怖い思いをすると、二度と捕獲器に入ってくれない猫さんも多いです。

そこで、一旦捕獲を延期して1週間かけて捕獲器慣らし作戦を実施していただくことに。

・・・

そして約1週間後、3度目の正直の日。

どーん!と立派な白猫君の捕獲に成功したそうです。

「捕まりました!」

のご連絡をいただき、白猫君をお迎えに行って一犬猫病院さんに搬入してお手伝い完了です^ ^

手術翌日。捕獲現場に白猫君をお送りします。

餌やりボランティアさんにも見守られながら、さくらねこデビューした白猫君。

・・・

「妊娠シーズンに入る前にTNRしたい!」

とご依頼をくださった猫ナースさんはじめ、1月はコアなボランティアさんからのご依頼が多いです。その一方で、一般の方からのご依頼はとっても少ない傾向にあります。

1月からノラ猫さんたちがどんどん発情期に入ってきています。

これは、年間7,652匹の不妊手術をしているのらねこさんの手術室が出している統計です。

毎年、3月は妊娠率がピークになります。

3月後半からはどんどん産まれていきます。

猫は交尾をした刺激で排卵する動物なので、交尾をすればほぼ100%の確率で妊娠します。

そして、約2ヶ月後に1〜8匹の子猫を出産します。

目視でお腹が大きく見えるのは、すでに妊娠後期に入っています。

「ずっとご飯あげているノラ猫のお腹が大きくなってきたから急いでTNRをしたい」という一般の方からのご依頼が3月頃が急増します。

でも、妊娠していると母猫さんの手術の負担が大きくなります。傷口も妊娠後期になればなるほど大きくなります。

もし、今ご飯をあげているノラ猫さんが発情期に入っているのであれば、確実に2ヶ月後には出産します。

それを知っているから、コアなボランティアさんからは、どうしても捕まらないノラ猫さんの捕獲のご依頼が1月に入ります。

発情期がくる前に、妊娠する前に、できればTNRしてあげてください。

猫さんのためにもTNRのピークは出産シーズンの春ではなく、発情期前の10〜1月であるべきです。

TNRのご依頼お待ちしています!

中猫一族のTNR

スタッフ梅です。

S市の、公園入口付近に集まる猫さん達の、TNRのお手伝いでした。

「私が来たら、みんな一気に出てくるから」と、依頼者さん。依頼者さんには姿を隠してもらい、現場に捕獲器を一気に4つセットします。

依頼者さん登場すると、静まり返っていた公園入口に、猫達がニャニャーと走ってきました!警戒されるだろうと、捕獲風景を遠目で見ます。

まず入ったのが三毛さん。

入ったところから、布をかぶしてもらい、2、3頭目と、順番にすんなり入っていきました!!

最後の1頭がウロウロ。なかなか入らない。。 みんなの入るとこばっちりみてたもんね。。w とりあえず、猫さんの入った捕獲器を、車へ移動。

捕獲器には、入らないけど、付近をウロウロするので、まだお腹空いてるだろうなと、慣れてそうな雰囲気があったので、近くに行き、美味美味ごはんで捕獲器へ誘導。

ちょこまかしながら、手からも食べる中猫さん。10分ほど、格闘し、誘導で捕獲器内へ。

「カシャン」

捕獲完了です!

翌日、一犬猫病院に運び手術。その翌日、リターンで、元いた場所に元気に走っていきました!!

遠くへ行くこともなく、近くでこちらを見ながらウロウロw可愛いなぁ(๑ ́ᄇ`๑)

念願のサビ猫さんTNR

T市でTNRのお手伝いでした。

10匹ほどのノラ猫さんがいる現場で、どうしても捕まらない1匹のサビ猫さんが居るそうです。

お食事風景。

サビ、キジ、サビ、サビ、黒、黒、黒、サビ、黒、、

ほ、保護色の子ばっかりの一族のようです。

依頼主さん曰く、現場にはカラスが多いため、淡い色合いの子猫は目立ってしまいカラスに襲われてしまうそうです。

ターゲットのサビ猫さん。何度も出産を繰り返している賢い母猫さんだそうです。

餌やりボランティアさんが複数居る現場だそうです。不特定多数の方が連携せずに給餌している現場は捕獲が難しいです、、。

そこで、依頼主さんたちが時間をかけて、いつどこに餌やりボランティアさんが現れるのか、そのタイミングに集まる猫は何匹いるのかを調査され、コンタクトを取られたそうです!!すごい!

そして、夕方ならターゲットのサビ猫さんが単独または2、3匹で現れてくれることが分かったそうです!すごいです!!

そして、時間をかけて餌付けと人づけをされたそうです。

しかし、どうしても通常の捕獲器には入ってくれないので、ねこから目線。に捕獲のご依頼をくださいました。

・・・

捕獲日当日。現場近くで依頼主さんと待ち合わせします。

人通りや猫さんの出没経路を考慮して、依頼主さんと相談しながら警戒心の強い子向けの捕獲器の設置場所を決めます。

設置場所が決まったところで、依頼主さんには離れて待機していただき、ねこから目線。で捕獲器を設置します。

設置が完了したところで、依頼主さんに連絡していつも通り登場していただきます。

ここまでのところでは、猫さんの気配は全くありません。本当に10匹もいる現場なの?という雰囲気でした。

じっと待っていると、依頼主さんがいつも通り自転車で登場しました。

茂みの方に呼びかけています。

すると、3分ほどで、、

ターゲットの猫さんが登場しました!

どこに居るかわかりますか?

正解は・・・

ココです!

拡大すると、、

保護色って有効ですね。

そして、そのままスーッと捕獲器の元へ。

奥のご飯を食べてくれたところで、捕獲器を作動させて保護完了です!

サビさん、驚かせてごめんね。

依頼主さんの餌付けと人づけが完璧だったおかげで、打ち合わせから捕獲完了まで30分かからずにスピード捕獲することができました。

これで、この餌場のノラ猫さんのTNRは100%になったそうです!ボランティアさんたちの努力のおかげで、ノラ猫さんたちの生活守られていました^ ^

のらねこさんの手術室に搬入してお手伝い完了です。

出来ることをコツコツと。

今回のご依頼は、ねこから目線。事務所から片道100キロのW市。

昨年夏ごろから、お庭に来るようになった外猫さん。我が家の庭がごはん場と寝床になり、室内にまで入り、少し遊ぶようになりました。

やってきた当初。(がっつりシャー猫さん。。w)

お部屋まで範囲を広げてきた頃。

お顔の変わりよう!だいぶと優しいお顔になってます!

そんなこんなで、1度、捕獲試みるも失敗。ねこから目線。にご依頼がありました。

捕獲当日まで、キャリーで、箱に入る練習をしてもらい、いい感じに慣れてきました。

朝8時高速運転中、キレイな朝日を見ながら、猫さんのごはんの時間に、現場に到着し、猫さんお庭で待機中。すぐに捕獲器をお部屋の中にセットします。

扉を閉めて、隙間からカメラを通して確認します。

窓を開けてもらうと、すぐ入ってきました。からの、まず毛繕いw毛繕いが済むと、入口部分から食べ進めます。いい感じいい感じ。おっけーおっけー。

カシャン!!

すんなり捕獲完了です。

依頼者さんと、和歌山スペイクリニックさんへ。

無事、お手伝い完了です!!

捕獲当日よりも、捕獲日までの準備が、実はけっこう大切なんです。

今回は、キャリーに入る練習を、依頼者さんが、実施していてくれたおかげで、スムーズに捕獲が進みました!(1例です。全ての猫さんに通用するわけではありません)

お庭にある、猫さん用のお部屋に、爪研ぎ。帰ってきたら美味しいの用意してもらってね。

TNRと白ねこ姉妹の保護

スタッフ小池です。

O市でTNRと保護のお手伝いでした。

メインターゲットは、人慣れ抜群の白猫姉妹です。

ご飯よりも遊んでほしい!というノラ猫さんにしては珍しい性格だそうです。

ただ、人懐っこすぎる子はその分虐待にあってしまうリスクも高いです。

しかもノラ猫さんたちの住むエリアは猫が嫌いな方と好きな方とのトラブルが日常化しており、餌やりボランティアさんが水皿が置いては誰が踏みつけて割る。餌やりボランティアさんがお世話をしていると隣接しているマンションの上階から水をかけられ妨害されることもあれば、別の上階の方がチクワを投げて一緒にご飯をあげようと協力(?)してくれる人も居たりと、カオスな現場だそうです。

そんな中、元々は3姉妹だった白猫さんのうち、1匹が何者かによって毒殺され、警察がかけつける大騒動になったそうです。

これ以上、トラブルを大きくしてはいけない、虐待に合う危険性が高い子はそのままにできない、、とTNRと保護を決心されたそうです。

・・・

捕獲日当日、現場で依頼主さんと待ち合わせします。

早い時間に白母猫さんが現れ、気まぐれにキジトラ猫さん3匹と、黒猫さん1匹、夕方に白猫姉妹2匹が現れるそうです。

今回のメインターゲットは白猫親子です。

現場に到着してしばらく待つと、キジトラ猫さんが登場しました。

メインターゲットの3匹以外に2匹までは手術の空きがあるので、先着2匹を捕獲することに。

捕獲器の準備をしていると

「これ、いつもあげてるので使ってください!」

と依頼主さんが焼きガツオを出して、

トプトプトプ、、

ゆ、湯煎!!

手厚いー。

お外のノラ猫さんたちへの気遣いが素敵です。

ホカホカになったカツオを捕獲器に入れて、設置します。

無事、キジトラ猫さん2匹が捕獲器に入ってくれました。

さらに待つこと1時間、、

やっと母猫さんが登場しました!

捕獲器を設置して、そっと待つと、、

カシャン!

無事メインターゲットの母猫さんが入ってくれました!

ここまでの3匹は警戒心がきちんとあるのでTNRになります。

残るは、人慣れしすぎている白猫兄弟です。

・・・

待つこと15分ほど、、、

・・・

白猫姉妹が仲良く登場しました!

登場するなり、ゴローンっと甘えてきます。

奥の子は依頼主さんの猫じゃらしで遊んでもらっています。

うーん、確かにノラ猫としては危ない性格です。

か、可愛い、、

ご飯より、人が好き!という感じで、捕獲器に見向きもしません。

なので、捕獲器の横について、「おたべ〜」と見守っていると、、

やっと食べ進む白猫さん。

奥まで食べ進んで、、

保護完了です!!

続いて、もう一匹の姉妹も、、

保護完了です!

人懐っこすぎる白猫姉妹は保護して募集になるそうです。

厳しい環境でも、人を信頼しきって育った2匹の里親になりたい!と思ってくださった方はお問い合わせからご連絡いただければ、保護主さんにお繋ぎします^ ^

・・・

病院への搬入と、リターンと保護場所への送りまでお手伝いさせていただいて、お手伝い完了です!

温かい気持ちで(後編)

スタッフ梅です。

交通事故なのか、酷く噛まれたのか、おしりの筋肉がごっそりなくなり、脱腸していた猫さん。

また出てこないように、お腹の中で固定する手術を受けました。

腸は中に収まったものの、肛門周りがじゅくじゅくと、まだ酷く荒れており、痛々しい。。

じゅくじゅくの傷口を洗浄し、塗り薬を塗布してもらい、入院室へ。

お尻周りの筋肉がほとんど機能しておらず、便が、猫さんの意識ではなく、勝手に出てきている。

逃げる準備万端な猫さんですが、まだお外には帰れません。ごめんね、パシャパシャと。早くどっか行ってほしいよね。。

1週間ちょいが経過し、少ーしずつ傷口が小さくなってきました!

また写真取りに来たな!何回くるねん!と、これまたお怒り。

違うよー、お掃除するのよー。

また便が。。。拭いてあげたいが、触れない子なので、そっとしておきます。。

その間も、食欲はしっかりあるようで、よく食べてくれてました。それだけで、嬉しくなっちゃいますよね。

約3週間。

だんだん小さくなる傷口。赤みもだいぶ落ち着き、毛もしっかり生えてきました!!

入院から1ヶ月。 これなら、お外帰れるよ。と、退院できる日が!

隔離された空間は、やはり外猫さんにとっては、苦痛だったと思うけど、治ってよかったね!よく頑張ったね!ほんと、見つけてもらえてよかったね!

やっと、自由に過ごせる時が来ました。 リターン時、依頼者さん達にも見守られ、猛スピードで去っていってしまいましたw

猫さんの事情を、色々説明し、お手伝いはこれで完了です!

お釣りは猫に使ってね!と言ってくださった皆さま、ありがとうございました!

温かい気持ちで。(前編)

職場TNR。継続編

以前に職場一斉TNRをお手伝いした現場で、新規定着のノラ猫さんの追加TNRのご依頼でした。

最初のターゲットは気の強いキジ白くん。

食べている他の猫さんを追い払ってご飯を食べにくるそうです。

捕獲器を手動にしてセットしてから、依頼主さんに電話し、エサを持って登場していただきます。

真っ先に登場したのは、TNRと同時に眼球摘出の処置をうけたあのキジトラさん

元気そうでよかったです!

続いて、前回たこ焼きをとカツオを交換してもらったキジ白さん登場です。

と、ここでターゲットのキジ白くんがきました。

先に居たキジ白さんの前にグイッと割り込みます。

そして、真っ先に捕獲器のオヤツへ。

その横を通りすぎるのは足を骨折していた茶トラくん

こちらも元気そうです!

他の子たちが奥でご飯の準備を待っている間に黙々と食べ進むキジ白くん。

パタン、と閉めて捕獲完了です。我先に食べにくる子だったのでスムーズでした。手動じゃなくても良かったようです(^^;

・・・

続いて、駐車場の方へ移動しもう一匹のターゲットのチャトラくんの捕獲作戦です。

と、そこへ時々しか現れないレア猫さんも登場しました。

時々しか現れないので、TNRできていないそうで、急遽TNR対象とすることに。

捕獲器を2台設置してしばらく待つと

無事2匹とも入ってくれました!

スムーズにターゲット3匹完了です^ ^

おっきなオス3匹を一犬猫病院さんに搬入して、翌日捕獲場所にリターンしてお手伝い完了です。

裏路地TNRのお手伝い

スタッフ小池です。

S市でTNRのお手伝いでした。

依頼主さんの地域では、ノラ猫を可愛がってお世話してくれているおじいちゃんが居たそうです。

しかし、11月初めにそのおじいちゃんが亡くなり、約6匹のノラ猫さんが残されてしまいました。

そして立て続けに、3匹のノラ猫さんがおじいちゃんの家の近くで亡くなっていたそうです。

死の真相は分かりませんが、残った3匹が心配で、ご飯をあげるようになったそうです。でも、どうやら不妊手術はされていないようなので、ねこから目線。にTNRのご依頼をくださいました。

ターゲットは白黒猫さん1匹と、首輪のついた黒猫2匹ともう1匹黒猫がいるようないないような。

3匹か4匹いるとのことでした。

模様が似ていたりすると、正確な頭数が分からないこたは良くあるので、その場合は多目に見積もって病院の予約を取ります。

病院さんによりますが、1日に15匹以上の不妊手術をこなす病院さんの場合、ノラ猫の不妊手術の予約では、捕まらないということはよくあることなので、病院としてもキャンセルは問題無いそうです。でも予約数より沢山捕まえてしまった!というケースは病院さんとしては対応が難しいそうです。

なので、頭数が正確でない場合は最多で4匹、おそらく3匹でお願いします。というように予約をします。

・・・

手術日の朝5時、現場にお伺いします。

猫さんたちが出没する裏路地を見せていただくとさっそく2匹が待っていました。

若くて首輪のついた黒猫さんはとても人慣れしていて、初対面の私でも抱っこできるほどでした。

捕獲器を設置して、待ちます。

カシャン!

すぐに2匹が捕まってくれました。

もう一台設置してしばらく待つと、首輪の無い黒猫さんが捕獲器に入ってくれました。

写真では見えませんが、首の所を怪我していました。

いるかもしれないもう一匹のために捕獲器を設置して待ちますが、猫さんの気配がありません。

念のため、捕獲器を一台依頼主さんにお預けして、捕まった3匹をのらねこさんの手術室に搬入しました。

・・・

手術の際に、首の怪我を診てもらったところ、噛まれた傷ではないそうで、もう一匹の黒猫さんについていたおじいちゃんがつけてくれた首輪がノミ取り首輪だったので、この黒猫さんにも同じものがつけられていたのだとすれば、ノミ取り首輪のアレルギーかもしれないとのことでした。

手術と同時に耳カットが入るので、効果の切れた首輪は取ってもらってリターンすることに。

近隣の方への説明資料として、実施報告書の作成をお手伝いしました。

裏路地には依頼主さん手作りの超素敵な猫ハウスがありました。

大好きなおじいちゃんが亡くなって、猫さんたちは辛かったと思いますが、近くに素敵な方々が居て命が繋がりました。

手術を頑張った猫さんたちが地域の人たちに見守られて穏やかな余生を送ることができますように。

親子公園TNRのお手伝い

スタッフ小池です。

O市でTNRのお手伝いでした。

母猫と4、5匹いる子猫を一斉にTNRしたい。というご依頼でした。

「できれば、子猫は5匹いっぺんに大きなワナで捕獲できないですか?」

と依頼者さんのご希望でしたが、子猫といってもすでに生後5ヶ月以上になっているそうなので、さすがに大きな捕獲器でもいっぺんに5匹捕獲は無理です。確約はできませんが、なるべく全頭捕獲できるように頑張ります!とお伝えしました。

・・・

現場の公園に到着し、依頼者さんに案内されたフェンスの中を見ると、ターゲットのキジトラの猫さんが4匹団子になって寝ています。

できれば2匹いっぺんに、あわよくば3匹一緒に入ってくれることを期待して、ロングタイプの捕獲器を手動にして設置します。

まず1匹猫さんがフェンスから出てきました。

・・・ちょっと、大きくないですか??

続いて、もう一匹猫さん登場です。

先ほどの猫さんよりは小柄です。

一匹目は母猫さんでしょうか?

子猫も小柄といえど予想以上に大きいです。汗

さらにもう一匹出てきてくれましたが、捕獲器大渋滞です。

一匹目の猫さんが大きすぎて2匹も途中まで捕獲器に入っているものの尻は捕獲器の入口からはみ出しているし、3匹目は入れなくて捕獲器の後ろで順番待ち・・。

作戦変更です。

普通タイプの捕獲器を一台用意して、すこし離れたところに設置します。

ちょいちょい、とどうしても捕獲器の入口を見つけられない子猫さんが保護器の中でお食事中の兄弟にちょっかいを出している間に、母猫さんはそっと自分だけ新しい捕獲器の方へ。

この2匹ならギリギリ一緒に入ってくれそう、、

ですが、やっぱり一匹の子猫さんがどうしても捕獲器の入口が分からないらしく、今度は入口と反対側からチョイチョイ、、

入口に気付いてくれーー。

と、子猫たちにヤキモキしている間に、母猫さん捕まりました。

どうしても入口を見つけられない子猫さんは一旦諦めて、満腹になってしまいそうな子猫さんを先に捕まえることに。

げふー。良く食べたね。

捕まった2匹を包んで落ち着けてから、フェンスを覗くと、残りの2匹が寄り添って遊んでいます。

あと2匹だけなら、警戒心の強い子向けの大きな捕獲器でいっぺんに捕まえられそうなので、急いで設置します。

無事、2匹一緒に捕獲成功です!

「あと1匹いた気がするんですけど、、」

と周辺を探す依頼主さん。

「あ、いた!」

離れていたキジトラさんも捕獲完了です。

無事、予定数の5匹を捕獲しきることができましたが、サイズにだいぶばらつきがあるようなので、本当にターゲットの4兄弟かはちょっと怪しそうです、、。

私が捕獲をしている間に依頼主さんは公園の清掃の方や利用者さんたちとお話しされ、ノラ猫情報を収集されていました。

どうやら夕方に集まってくる別集団も居るそうで、また追加TNRの計画を立ててくださるそうです!

続く、、?

庭から魚屋さん

スタッフ梅です。

家の裏庭に、姉妹猫が現れるようになって、手術したいので、捕獲してほしいという、今回のご依頼。

早朝の出発時間、、、 どしゃ降りの大雨。。あちゃー、これ猫さん出てくるかな。。と、思い、依頼者さんに連絡。

自宅の猫ハウスにはいないけど、魚屋さんにいることもあるので。。ということで、現場へ向かいました。

到着して、いつものエサ場に捕獲器を設置します。降り続ける雨。

私が来るまでは、声はしていたみたいなのですが、猫さんなかなから現れず。。 魚屋さんにいるかも。と、依頼者さんが見に行くもおらず。。

雨が少しずつ止み始めた頃、何度か、魚屋さんと依頼者さん宅を行き来を繰り返していると。。

ん?

いた。

魚屋さんまで50mほど。。

魚屋さんにいましたーと、依頼者さんに伝えに行くと、こちらも近くにいるんです。と。

確かに声がする。近くでにゃーにゃー、依頼者さんの声に反応するものの、なかなか捕獲器に入ってくれない。。

お庭の猫さんは、依頼者さんに託して、私は魚屋さんへ捕獲器を設置しに行きます。

ん?あら?猫増えている。。

ターゲットの猫さんは、お腹が空きすぎて、なかなかもらえないごはんに、いてもたってもいられないw

よくその魚屋さんから、ごはんをもらっていると聞いていたので、開店準備をしていたご主人に、いつもあげてるカニカマを頂きました。

いつもの美味しいカニカマを嗅ぎ付け、捕獲器近くに。

お腹が空いていた、猫さん。警戒しながらも、カニカマを食べ進め、、

「カシャン」

1頭捕獲出来ましたと、依頼者さんの元へ。 よかったー。と、とりあえず一安心。

さぁ、あとは鳴いている猫さん。

いるもののなかなか捕獲器近くにも行ってくれず。。

そっちには行かないよ!と、どこかへ、スタスタと姿を消しました。。

魚屋さんに、いるかな?と、見に行くと、いました。w

同じくカニカマで誘導するも、なかなかの警戒心。ですが、やはり空腹には耐えられません。結局カニカマでつられ、捕獲完了です。

何とか2頭捕獲出来ました!

まだ授乳中の母猫もいるようで、授乳が終われば、捕獲しましょうとお話し、後にしました。

お庭から魚屋さんまで、たくさん歩いた現場でした!w