開業から1年が経ちました!

いつもブログを読んでくださりありがとうございます。

ねこから目線。〜猫専門のお手伝い屋さん〜

を2018年の8月下旬にそれそれはひっそりと開業してから、なんと1年が経過していました。

驚きです。

9月も半ばになってしまいましたが、ざっと1年を振り返ってみたいと思います!

2018年8月から2018年9月までの1年間で捕獲をお手伝いした猫の頭数は

427匹でした!

4月からご依頼がコンスタントに入るようになりました。

2月に有名なネコリパブリックさんのネコ市ネコ座のステージイベント、3月に超大型団体である大阪ねこの会さんの定期集会に呼んでいただき、5月にはフェリシモ猫部のねこ先生がブログに紹介してくださった効果は絶大でした。

また、一度依頼してくださった依頼主さんが口コミでご近所さんや友人に紹介してくださったことも沢山ありました。

感謝しかありません。本当にありがとうございました!!

ひと現場あたりの捕獲頭数が多いのは余り大変ではないのですが、ひと月の現場数が20ヶ所を超えてくると体力の限界がチラつくことが分かりました。笑

ねこから目線。は一人です。

時々、「深夜早朝に動いているからおじさんだと思ってた!」と言われることもありますが、20代(ギリギリ) 女子(?)一人でやらせていただいてますm(_ _)m

それでも毎日楽しくやってこれたのも、色んな人の温かさに常に触れることができてきたからだと思います。

例えば、

深夜早朝の捕獲を終えて、フラフラになりながら不妊手術のために猫さんを搬入させてもらったハッピータビークリニックさんで

「ちょっと寝かせてもらってもいいですか?」

と今思えばすごいお願いをポロっとこぼしてしまった時もありました。

すると

「保護猫部屋空いてるからいいですよ!」

と即答してくれました。

可愛すぎるフリースまで貸してくださって、1時間ほど爆睡して起きるとそっとスタッフさんからお供え物が。

温かすぎて、疲れなんて吹っ飛びます!泣

そういうあったかいエピソードが数えきれないくらいあります。

・・・

里親探しのご依頼もたくさんありました。

里親探しのご依頼では、31匹の保護猫さんを里親さんに繋ぐお手伝いができました。

1匹1匹の写真を見ると保護主さんと保護猫さんのエピソードを思い出してじ〜んとします。

・・・

人に使ってもらう手段になること

1年間で 400 匹を超える TNR をサポートすることができたのは個人的に驚きでした。

個 人ボランティアとして、これまでも TNR をしてきましたが、せいぜい年間 30 匹くらいで した。ねこから目線。の仕事を通して、沢山やりたい TNR 活動が存分にできなかった理由 は「お金」と「時間」と「労力」の限界だったんだなと理解しました。

すごく乱暴にまとめると、
●若い世代は、時間と労力があるけど、お金がない。 ←私

●中堅になると、お金は少しあるが、時間がない。 ←依頼主さん

●年配なると、お金と時間はあるが、労力がない。 ←依頼主さん

という理由で、

それぞれの世代ごとに TNR や保護猫活動を頑張りたいけど存分にはできない理由が ありました。

自分の現場にこだわらず、中堅層年配層の方々に使ってもらう「手段」となることに徹することで 自分一人では到底できなかった頭数の TNR を実施することができたんだと思いました。

それが、私なりの「社会中の歯車になる」という事だったのかな?

と思いました。

・・・

これからも、精一杯頑張っていきたいと思います!

ブログ読んでくださってありがとうございます!!

図々しくも、ねこから目線。1周年記念に私のAmazon欲しいものリストを一般公開設定にしました!笑

※ねこから目線。はボランティア団体でもなく、NPOでもなく、完全に営利企業として開業していますので、寄付をもらう義理も筋合いもありません。Amazon欲しい物リストは、寄付ではなく個人的なプレゼントをブログを読んでくださっているあなたにねだっているという脅威的な図々しさを発揮した産物です。プレゼントしていただくと経費が浮いて私が飛び跳ねて喜びます。笑

Amazon欲しいものリスト

調子に乗るなと怒られたらそっと非公開に戻します。笑

ねこから目線。はどんな人?

と時々聞かれます。

ブログを最後の最後まで呼んでくださった方にだけ写真を載せたいと思います。笑

この写真は有名なカメラマンの太田さんの福島での活動に同行させていただいた時に撮ってくださった宝物の写真です。

3年くらい前の写真なので、+3年分老けてます。

これからも、ねこから目線。をよろしくお願いいたします!

開業から1年が経ちました!” への2件のフィードバック

コメントは受け付けていません。