3世代TNRのお手伝い

S市でTNRと保護のお手伝いでした。

依頼主さんは通勤路の細い路地に住み着いているノラ猫さん親子の存在に気がつき、お世話をするようになったそうです。

親猫2匹のTNRと子猫の保護のための捕獲のご依頼をくださいました。

・・・

まずは、夜に現れる三毛猫さんがターゲットです。

20時に現場に集合します。

捕獲器を設置するも猫さんの気配はありません。

捕獲器を設置して、依頼主さんにいつものご飯の音を出してもらいます。

すると、「にゃーん♪」と三毛猫さん登場です!

お世話してくださるボランティアさんとノラ猫さんとの絆はすごいです。

依頼主さんに捕獲器の元へ誘導していただき待つこと数分。。。

カシャン!と聞こえるハズ。

が、、、

カシャン!って言わない、、、

嫌な予感がして路地を除くと、

「どうもー!!」

と、捕獲器のオヤツを食べ始めていたはずの三毛猫さんがこちらを見ています。

ぬぬぬ、、、

気を取り直して、依頼主さんにもう一度捕獲器の奥にご飯を入れてもらいます。

そして、再度待つこと数分。。

「カシャン!」

無事、三毛猫さん捕獲完了です。

初日はここで、切り上げで翌朝に同じ場所に現れるキジトラ母猫さんと、母猫にそっくりな子猫さんの捕獲に挑みます。

・・・

翌朝、現場に到着すると、ターゲットの2匹の猫さんがのんびりしています。

捕獲器をセットすると、

「カシャン! 」

まず、母猫さんが捕獲器に入ってくれました。

そして1分後

「カシャン!」

子猫さんも無事保護完了です。

子猫さんは依頼主さんが保護して里親を探されるそうです。

のらねこさんの手術室に搬入して、翌日に捕獲現場にリターンしてお手伝い完了です。

三毛猫さんがおばあちゃん、キジトラさんがお母さん、そしてキジトラ子猫さん、という3世代のTNRでした。

・・・

手術翌日、捕獲した場所で猫さんを放します。

一泊入院用のケージを開けても、空いてることになかなか気づかない三毛猫さん。

「あ、いつもの場所だ。」

「あ、開いてるのね。ふー疲れたわ」

と、余裕の足取りで帰っていかれました。

「毎日20時頃にご飯持ってくるからね」

と依頼主さんが優しく声をかけてくれていました。

夜中に入れてもらったご飯は3匹とも完食だったそうです。

三毛猫さん、キジトラさんの余生が穏やかでありますように。

子猫さんに素敵な里親さんが見つかりますように!