5ヶ月ぶりの帰宅

スタッフ小池です。

脱走猫さん保護のお手伝いでした。

今年の4月7日に飼い猫さんが脱走してしまったと相談がありました。

すぐにチラシ作成とポスティングをお手伝いし、カメラを貸し出し捜索がはじまりました。

いくつか目撃情報が入るものの、飼い主さんの地域は何故かターゲットの子と同じ三毛猫が沢山いる地域でした。

目撃情報があれば、ターゲットの猫さんか確認し、また目撃情報が無くなったらチラシを配る。

諦めず地道に繰り返してきた飼い主さんのもとに

「チラシの猫がお庭に来るようになった」

と連絡があったそうです!

飼い主さんが確認したところ、ターゲットの猫だと確認。

2日連続で情報提供者の方のお庭に現れたため、ねこから目線。に捕獲のご依頼をくださいました。

19〜21時くらいに現れるそうなので、18時に現場に集合に警戒心の強い猫さん向けの捕獲器を設置します。

ターゲットの猫さんは既にTNR時と保護時の2回捕獲器で捕まっているため、通常タイプの捕獲はもう通用しません。

警戒心の強いねこさん向けの捕獲器を設置して待つこと1時間。

ひょこっとターゲットの猫さんが現れました!

警戒しながらも少しずつ捕獲器の中へ。

無事!保護完了です!!

飼い主さんに確認していただくと「もっちで間違いありません!」とのことでした。

良かった!

飼い主さん宅のケージに入れてお手伝い完了です。

蚊のアレルギーで耳もお鼻も痛そうな状態になっていました。

翌日に飼い主さんと動物病院に行くそうです。

目撃情報が途絶えてしまった苦しい期間も諦めずに探し続けてくださった飼い主さんの気持ちが届き、5ヵ月と11日ぶりに帰宅することができました。

もっちお帰り!!