J市で親子TNR

本日はJ市でTNRのお手伝いでした。

依頼主さんは1週間ほど前になんとわざわざ川西市まで相談に来てくださいました。

お母さんのお家の周りに4匹のノラ猫が住んでおり玄関先でご飯をあげている、本当は飼ってあげたいが自分は離れたペット不可のマンションに住んでいる…。ノラ猫たちのためにしてあげられることは何かないだろうか、というご相談でした。

とってもとっても優しい依頼さんで、里親探しや保護施設に引き取ってもらうことなども考えていたそうですが、状況をお伺いする限り、ノラ猫たちの状況は命の危機があるような場所でもないし、人が触れるくらい慣れている子たちでもありませんでした。

私は無理な保護は反対です。

動物保護施設はだいたい満杯です。時折ある空きは、命の危機に迫っている子のためにあると思っています。

なので、本人さんが里親さんが見つかるまで保護して猫さんと向き合う覚悟がある方の場合は全力で保護と里親探しをお手伝いしますが、どこかに引き取ってもらいたいとうお話には協力できません。

今回も、TNRと餌のあげ方の工夫を提案しました。

そして、ゆくゆく、ものすごーく人馴れしたらその時に里親探しを検討しましょうということにしました。

TNRにも色々不安があったようです。手術したら寿命が短くなってしまうんじゃないか?安全なんだろうか?そういう不安をひと通り吐き出してくださり、ゆっくり1時間お喋りしました。そして、安心してTNRのお手伝いの予約をして帰ってくださいました。

確かに、TNRはどこの動物病院でもいいわけではありません。不安に思うのも最もだなと思いました。安心していただけてよかったです。

そして、一週間経った今朝、片道1時間のJ市へ捕獲にうかがいました。

まだ子猫だと思われていた2匹が初めに捕まりました。

親猫さんたちは現れず、夕方に捕獲リベンジすることに。

子猫2匹はのらねこさんの手術室に搬入しました。

子猫2匹は2匹とも妊娠初期でした。猫の発情期は人が思っているより早い事がよくあります。

そして、夕方に捕獲リベンジです。

親猫さん現れますように。

願いが届いたのか、目的の母猫さんが捕まってくれました。

ん?

お?

あ、目的の母猫さんであってました。近い。

そして、お父さんらしき猫さんも捕まってくれました。

  • お父さんも驚かせてごめんなさい。ちょび髭がオシャレですね。
  • 親猫2匹は、一犬猫病院さんに搬入させてもらいました。

    みんな、手術頑張れーーー