8年越しの・・・

N区から8年前からご飯をあげてお世話をしているノラ猫の女の子の捕獲依頼でした。

捕獲器に対する警戒心がとても強く、捕獲器を持ってきてただけで逃げてしまうため不妊手術ができずに今に至っているそうです。

ノラ猫で不妊手術を受けずに8歳となればかなりの高齢です。最近弱ってきているようで心配でたまらないので、これを機に保護して老後は自分のお家で過ごさせてあげたい。という想いを語ってくださいました。

警戒心がかなり強い子ということなので、捕獲作戦前に念入りに打ち合わせをします。

現場写真を見ながら、エサをあげる場所、猫が出てくる場所、歩いてくる方向、食べる向き、、。根掘り葉掘り聞きます。

そして、先に現場に行ってあれこれ悩みながらトラップとカメラを設置します。

猫に気づかれないように依頼主さんと会話ができるようにイヤホンマイクをつけてもらい準備完了です。

私は先回りして隠れて様子を見守ります。

ここもトラップ設置時は猫の気配ゼロでしたが、依頼主さんが登場して猫さんの名前を呼ぶと、すぐに現れました。

8年間の信頼関係はダテじゃないですね。

依頼主さんが上手に誘導してくださり、捕獲作戦開始から5分程で無事、ターゲットの猫さんを保護することができました。

驚かせてごめんね。

一犬猫病院さんに搬入しました。

打ち合わせから捕獲して、動物病院に搬入するまでで約1時間でした。

今日手術を受け、一泊入院します。明日の夕方に病院から引き取り依頼主さん宅にお送りします。