白血病キャリアのニャーちゃんトライアル経過報告2

油をかけられ、火のついたタバコを投げつけられていた白血病キャリアのニャーちゃん。

トライアル開始から1カ月が経ちました。

病気のこと、先住猫さんとの相性もあるので、里親さんが焦らず心に余裕を持ってニャーちゃんと向き合ってもらえるようにトライアル期間は2ヶ月間に設定しています。

2週間前に処方してもらったお薬が切れたので、里親さんと一緒に病院へ行きました。

大人しく診察を受けるニャーちゃん。

前回の通院から見ると、症状に劇的な改善はみられませんが、保護当時から考えると口臭やヨダレにかなりの改善が見られます。

大きな変化といえば、心の部分かなと思います。

ニャーちゃんは歯肉炎が酷いので、食後にご飯がいっぱい口周りや中に残ってしまいます。でもニャーちゃんは綺麗好きなので、食後には念入りにグルーミングします。なので、体中がご飯混じりのヨダレでベタベタになってしまうのです。。。

そこで、里親さんが毎日ニャーちゃんのお顔周りや手足を綺麗に拭いてくださり、体のマッサージをしてくれています。先日、初めてマッサージ中にニャーちゃんのゴロゴロを聞けたそうです!

保護主さんも聞いたこのないニャーちゃんのゴロゴロ( ;∀;)

さらに最近は洗濯ネット無しでも大人しくマッサージなどのケアさせてくれるようになったそうです。

さらに、先住猫さんとの距離も縮まり、ゲージフリーの時間が増えてきています。

私が行くと、2匹でベット下に避難。笑

ご飯は先住猫さんの約2倍食べるそうです。笑

また、「ニャーちゃん」というのは保護時に保護主さんが付けた仮の名前です。

今回の通院で、里親さんが「実は名前をつけていました。もうトライアルから1カ月が経ち、だいぶ慣れてきてくれたのでお伝えしますね!我が家では『まる』と呼んでます(^-^)」

と教えてくださいました。

嬉しい〜

まるっぽい〜

と保護主さんと感謝感動しました。

コタツでこんにちは。な一枚。

白黒コンビ素敵!

素敵な里親さんと先住猫さんに感謝です。

まるちゃん、ぼちぼちいこね(^-^)