病院脱走猫さんの捕獲お手伝い

T市で脱走猫さんの捕獲のお手伝いでした。

動物病院の帰りに駐車場でキャリーの扉が開いて猫さんが逃げてしまったそうです。

相談をいただいた夜、

脱走現場で待ち合わせます。

逃げた場所に数日以内に戻ってくる猫さんがほとんどなので、病院の駐車場に許可をもらって、ターゲットの猫さんの匂いのついたタオルと、餌、観察カメラを設置しました。

そして、チラシをその場で作成し半径200m圏内の住宅にできる限りのポスティングをお願いしました。

逃げた晩、翌日の早朝とカメラを確認しますがまだターゲットのぐれちゃんは写っていません。

チラシを見た方からの連絡もまだ無しです。

が、

なんと!

昼夜連日、ぐれちゃんを探し回っていた飼い主さんが脱走現場から150m離れた民家の駐車場に座っているぐれちゃんを見つました!

すごい!!

「ぐれちゃん、居ました!!でも近づくと逃げてしまいました。どうしましょう?」

とすぐにお電話をくださいました。

追いかけず、見守っていてもらうようお願いし、捕獲器を持って現場に急行しました。

発見場所から少し移動した所でじっとしているぐれちゃん。

外は水瓶をひっくり返したようなどしゃ降りです。

捕獲器の準備をして、飼い主さんに設置をお願いしました。

ノラ猫の多い場所なので、ぐれちゃんの匂いがしっかり染み込んだタオルを上にかけ、他のノラ猫避けをした上で、オヤツで導線を作ってもらいました。

・・・

待つこと20分!

無事、ぐれちゃんの保護に成功しました!

脱走から2日目の夕方でした。

飼い主さんの執念と努力が身を結すび、早期に保護することができました!!

捕獲できた頃には雨はすっかりあがっていました。